オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
リチャード・ギャリオット氏の処女作「Akalabeth: World of Doom」がGoG.comで無料公開
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/12/25 16:00

ニュース

リチャード・ギャリオット氏の処女作「Akalabeth: World of Doom」がGoG.comで無料公開

 「Ultima」シリーズでコンピュータRPGの発展に大きな影響を与えたゲーム業界の大御所,Richard Garriott(リチャード・ギャリオット)氏の処女作である「Akalabeth: World of Doom」が,GoG.comとギャリオット氏の提携により無料で公開中だ。


 「Akalabeth: World of Doom」は,ギャリオット氏が18歳の高校生だったときに,宇宙飛行士の父親Owen Garriott(オーエン・ギャリオット)氏に買ってもらったApple IIで制作したゲームであり,「ダンジョンズ&ドラゴンズ」に感化された世界観になっている。また,前年にプレイしたアドベンチャーゲーム「Escape」に感動したギャリオット氏はダンジョンをワイヤーフレームで表現し,ロールプレイングゲームでこの技術を利用する初のタイトルとなった。
 マウス対応はしておらず,キーボードでの入力のみとなっているが,「生存に食料が必要になる」「ホットキーでコマンド操作ができる」といった,のちの「Ultima」シリーズに続くゲームコンセプトも垣間見られる作品だ。

 そんな本作をギャリオット氏は当初,サンドイッチを入れるジップロック型のビニール袋に入れて,地元のコンピューターショップに自分で売り歩いていた。それがパブリッシャの目にとまり,19歳になったころには,15万ドルのライセンス料を手にしていたという彼のサクセスストーリーの第1歩となった。

 この無料公開は,現在GoG.comで開催中のクリスマス限定セールに絡んだもので,同サイトでは「Ultima」シリーズ作品が最大80%オフ販売中だ。もちろん「Akalabeth: World of Doom」は,「Ultima」シリーズを購入しなくともGoG.comアカウントを持っていれば無料ダウンロードできる。
 RPGの原点の一つとも言って過言ではない「Akalabeth: World of Doom」を,遊んでみる価値は十分にあるのではないだろうか。

「Ultima 1+2+3」「Ultima 4+5+6」「Ultima 7 THE COMPLETE EDITION」「Ultima 8 GOLD EDITION」「Ultima 9:ASCENSION」「ULTIMA Under World 1+2」がそれぞれ2.39ドルで,さらに,それら6パッケージすべてをセットにすると7.14ドルで購入可能だ

「GoG.com」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ウルティマIX:アセンション

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2014/12/25)
EA Best Selections ウルティマ 9 アセンション
Software
発売日:2004-03-18
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月10日〜12月11日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月