オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/12/28 00:05

企画記事

149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
アシスタントプロデューサー
綾野智章

代表作:「ストリートファイターV」

いやー今年もやってきましたね。この季節が。12月に入ると4Gamerさんからの連絡がそろそろあるかなと意識するようになってきました。いや、それどころか実は一年中考えてて「あ、これ年末の4Gamerさんの記事用にネタとっておこう」と考えるようになってきました。いざ書き始めると2015年の記事が気になるので、チラチラと振り返り見るのですが、一番目につく変化といえば化粧が濃くなったことですねぇ。来年は涙袋メイクに挑戦したいです。
それでは2016年の集大成をどうぞ!

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

すいません1つにできなかったので、勝手に部門ごとに紹介したいと思います。

【PC部門】「League of Legends」
2016年3月から日本でオープンβが始まり、そこでLoLを本格的にはじめました。ストリートファイターに携わる身でありますので、やはりeスポーツの動向は気になります。
LoLは世界一のeスポーツタイトルですので学ぶところは非常に多いです。それはビジネス面においてもそうだし、コミュニティへの対応についてもそうです。「え、こんなことまで公開するの?」って言うぐらい包み隠さずコミュニティに公開してますから、ストリートファイターでも見習いたいです。

ちなみに使っているチャンピオンは専らリヴェンです。というのもLoLの中で格ゲーらしいキャラクターであると評価されているからです。「タイマンの殴り合いなら得意だぜ! はっはっは」と意気揚々プレイしたはいいけど、もうボッコボコにやられる。なにが「格ゲーらしいキャラ」だよ!全然勝てねえじゃねえか! そもそもLoLは格ゲーではないので、そりゃ勝てないんですが。

LoLというゲームは1人のキャラクターだけでなく、各レーン(と呼ばれるマップ上のルート)を担当できるように複数のロール(攻略する役割)が操作できることを要求されるゲームなのです。ですのでリヴェンだけプレイしていちゃダメなのです。アタッカーであるACの役割をすることもあれば、補佐するサポートに回る必要もあります。敵の盾としてタンクの役割も必要でしょう! それどころか敵キャラを倒すことがゲーム上の勝利に必ずしもつながるとは限らないのです! 

わかってます。頭ではわかっちゃいるんだけど、でもどうしても勝負よりも目の前の相手を倒すことばっかり考えてしまう……。勝利の概念が違うことの他にも、対戦ゲームであるにもかかわらず「キャラクターレベル」が存在したり、立ち回りにも「ダメージ交換」という概念が存在したりと、本当に知らないことだらけ。新しい知識が入ってくるという状態がすごく面白いです。

【スマホ部門】「モンスタースーパーリーグ」
うってかわってこちらは難しいことも何もない。これまでのRPGと全く同じ知識がガンガン通じちゃうゲーム。しかも自動。クエストもボス戦もすべて自動。なんならクエストまるごと20回も自動で回してくれる超便利機能つき。それがモンスタースーパーリーグなんだよね。

自動でクエスト回している間に別ケータイでモンストとかPCでLoLができちゃう。もうストレスが何もない。現時点でスマホゲーに必要なものが全て揃っているように見えます。
ただつらい……お金が……お金が全然足りません。何をするにしてもゴールドを要求されるので、常に金欠です。現実世界と同じです。あとガチャで星5の、いわゆるスーパーレアキャラが全然出ないです。本当に出ませんからね! でもそれが楽しいです!。

さて……この辺で……ってえ? 【CS部門】はないのかって?
いやー鋭い! CS部門はね、みんな最高だったんですよ! みんなが一番! ね? それでいいじゃないですか。全部最高でした。え? ダメだって? わからない子だね、これが社会で生きるっていうことだよ。いいね。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年はコーヒーが激アツでした……。
中でも今年は「コールドブリュー(水出しコーヒー)」これが来まくりでしたね。
缶コーヒーにもコールドブリューを見かけましたから、相当なブームだと思います。
個人的にもコールドブリューは相当飲みましたね。一般的なアイスコーヒーとはちがい雑味のないスッキリとした味がとても美味しい。夏に韓国に行くと日本では展開していないコールドブリューが飲めたんですよ。日本にも来るといいなあ。

それとロフトなどの雑貨屋にいくと、コーヒーグッズコーナーの充実ぶりが今すごいんですよ。紅茶コーナーの立場がないぐらいの充実ぶりです。

コーヒー自体には僕は前から目がなくて、仕事中にしょっちゅう飲みます。新宿にはたくさんスタバがあるので1日に2回は行っていました。2杯目が100円で買えるワンモアコーヒーがお得でお得で……。
そんな中、昨年大阪転勤が決まりまして、困ったのがコーヒー環境。近所にスタバとか、コーヒーショップがないんですね。しかたなく自販機の缶コーヒーでなんとか我慢していたのですが、流石に我慢の限界がきまして。
そこでひらめいたんです。「近所にスタバがないなら俺がスタバになればいいじゃないか……!」ということで、豆とドリッパー、ドリップポットを買ってきて会社でドリップし始めました。当初は豆にもこだわりました。東京出張の折、ちょうど新宿に新商業施設NEWoManがオープンしまして、そこに入っているブルーボトルコーヒーから豆を買ってきて、飲む直前にミルで豆を挽いていました。

すんごくいい匂いで、「ひょっとしたら俺は店が出せるのではないか。」と考えるほどでしたが……しかし、豆を挽くのがめんどくさい……。いや豆を挽くのはまだいいです。ミルのメンテがめんどくさいです。掃除しないと酸化したコーヒー豆がミルの中に残ってしまいますから、飲むたびに掃除していました。これが重労働でした。

ということで今では、お店で豆を挽いてもらっています。香りが逃げちゃうんだけど、コーヒーが飲めないよりましということで……我慢しています。しかもドリップポットとかもう使ってなくて、会社の電子ポットから直接ジョバジョバーっと……してます。もう最初のこだわりは何だったんだっていう。結局、体が楽な方を選んでしまうんですね……。

さて、ドリップコーヒーを飲んでいると今度は不思議とエスプレッソが欲しくなるもの。「今年は絶対に携帯用エスプレッソマシーン「ハンドプレッソ」を買ってやる!
と思ってたんですが、救世主があらわれました。それが、「ボス ラテベース」です。こいつにミルクを注ぐだけで美味しいカフェラテになるんですね! 最高です! アイスはもちろんホットもいけます。めちゃくちゃうまいです。Amazonで24本入りのラテベースを箱買いしました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

やはり2016年話題になった人といえば、映画「シン・ゴジラ」の総監督、庵野秀明さんとか、映画「君の名は。」の監督、新海 誠さん。もしくはドラマ「逃げるは恥だが役に立つ」の森山みくり役の新垣結衣さん。

ガッキーかわいい。ガッキーは超かわいい……と言いたい。声を大にして言いたいんですけど……! 見つけてしまいました。世代交代にふさわしい逸材を。そう桜井日奈子ちゃんです!
彼女は岡山の奇跡と呼ばれている逸材です。しかし奇跡がもう1つ。なんと実は私、綾野も岡山出身なのです!
これには燃えました! 「うおおお!ひょっとしたら19年前ぐらいに、日奈子ちゃんと同じ空気を吸っていたかもしれない!!! デュフフ」

と思い、早速Wikipediaでソーシャルハックをおこなったところ、生年月日が1997年4月2日だと判明! そう、この日は僕が大阪芸大に進学した日なのです。神様は僕達が岡山で巡り合うことを許してくれないか! そして時は流れ、綾野も東京で就職することになりました! そして日奈子ちゃんも僕の後を追って2016年に東京へ進出し女優デビューすることとなります。しかしなんと僕が2016年に大阪カプコンへ転勤することとなるのでした……。

ということで、まだ日奈子ちゃんと同じ空気を吸えたことがないのです。同じ日本にいるのに、二人の距離が遠すぎて会いたくても会えないなんて、神様は試練を与えたがるといいますが、負けませんよ!

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

来年後半には「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」(マーベル VS. カプコン:インフィニット)が発売予定です。
それだけではありません。格闘ゲームの金字塔、ストリートファイターもいよいよ30周年を迎えます。この記念イヤーにカプコンに居られることを誇りに思っています。4Gamer読者の皆さん、またストリートファイターファン、できるだけたくさんの方々とこの記念イヤーを盛り上げたいと思っています! ご期待下さい!

「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」(PC / PS4 / Xbox One
(C) 2016 MARVEL
(C)CAPCOM CO., LTD. ,
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
ディレクター
市原大輔

代表作:「モンスターハンターダブルクロス」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「バトルフィールド1」
スポーツとしてのFPSも良いですが、ヒストリカルとして楽しむ層にもちゃんとタイトルを用意してくれるのがEAさんのすばらしいところ。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「クレイジージャーニー Vol.1〜3」(DVD)
第一回のTV放送から夢中です。フィールドワークの狂人たちから滲み出るオリジナルな価値観が魅力。
DVDには収録されていませんが、吉田悠軌さんの回がお気に入り。コンプリートDVD-BOX発売してください!

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

上記のクレイジージャーニーに出演された方は注目してしまいます。
出演回数的に、丸山ゴンザレスさんに期待。次はどこでどんな取材をされるのでしょうか。楽しみです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「モンスターハンターダブルクロス」2017年3月18日発売です。
まだ公開していない情報もあります。楽しみにしててください!
モンハンダブルクロスでも、一狩り行こうぜ!!

「モンスターハンターダブルクロス」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
プロデューサー
江城元秀

代表作:「逆転裁判6」「逆転裁判5」「逆転検事」シリーズ

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ペルソナ5」
ゲーム中はもちろん、タイトル画面やサブ画面などあらゆるデザインがオシャレでセンスを感じました。
バトルシステムやバトル中のハウスミュージックもテンションが上がって久々にRPGにハマりました。
こちらに答えている現在もプレイ中です。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「シン・ゴジラ」
今年は劇場まで足を運んで観た作品が少なかったのですが、中でも「シン・ゴジラ」は印象深かったです。
東京の街がゴジラに破壊されていくシーンは、ある意味美しさを感じで口半開きで鑑賞してました(笑)。
カプコンの東京支店があるあたりも破壊されていたので、余計身近に感じたのかも知れません。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

ドナルド・トランプ氏
月並みで恐縮なのですが、もともと国内でも選挙特番が好きで、アメリカ大統領選も注目してました。
以前NHKのBS2でトランプ氏特集を見た時、アメリカ国内の経済格差が取り上げられており、もしかしたら……と思っていた事が現実になって衝撃を受けました。少なからず日本にも影響があると思うので、来年の世界情勢に注目しています。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年は、とにもかくにも「大逆転裁判2 -成歩堂龍ノ介の覺悟-」の開発に全力投球しつつ、逆転裁判15周年のアニバーサリーに相応しい1年になるように頑張りたいと思っています。

1月22日の「逆転裁判15周年特別法廷」以外にも、ファンの皆さんに楽しんで頂けるような企画を考えておりますので、2017年も「逆転」シリーズの応援を、よろしくお願い致します!!



カプコン
プロデューサー
川田将央

代表作:「バイオハザード7 レジデント イービル」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」
いつものとおり、かつてのあの映画のような破天荒な冒険を楽しめる定番的な作りは,衝撃からは遠い存在だったりしますが、ゲーム開発の現場にいる人間の一人として、そのクオリティの高さにただただ呆れ返っています。良質のアクションドラマをストレス無く連続で体験できる感覚は、本作の完成度の高さを如実に示しています。最近の日本ではなかなかリリースされない、誰にでも薦められる大作です。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

BABYMETAL「METAL RESISTANCE」
去年に引き続きとなり恐縮ですが、止まるところを知らないBABYMETALの躍進。このアルバムでイギリスのアリーナコンサートを成功させ、ビルボードのTOP40にランクインまでは予想しつつも、ワールドツアーを敢行しながら日本のロックフェスを制覇して東京ドーム2DAYSを成功させた後にレッチリとのイギリスツアーで締めるなんて今年も凄かったねえと感動していたところでGUNS N' ROSESとMETALLICAから声が掛かるとか、我らメタル世代は大パニック中なんです。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

今年はドナルド・トランプ氏です。
2017年もいろんな意味で注目を一身に受ける人物でしょう。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

様々な理由から年々ゲームを作り始めることも難しくなってきていますが、先ずは「バイオハザード7」をしっかり売っていきたいですね。尖るべきところがしっかり尖ったタイトルとしてインパクトが強烈なタイトルに仕上がっていますので、触りだけの体験版だけではなく、しっかり本編も遊んでいただければ幸いです。

「バイオハザード7 レジデント イービル」(PC / PS4 / Xbox One
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
ディレクター
木下研人

代表作:「Dragon's Dogma Online」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ドラゴンクエストビルダーズ アレフガルドを復活せよ」
サンドボックスを使いドラクエが進行するプレイ感の創出にハマリました。
脇を固める各章のキャラクターやアクションの要素も役割を果たしていて、ついつい時間を忘れて(実は忘れてないのに)遊んでいました。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

海外ドラマ「ゲーム・オブ・スローンズ」シーズン6
長期ドラマ作品として、脚本も映像も非常に高いクオリティを提供し続けてくれています。
シーズン6でも胸を打つドラマが盛りだくさんで、登場人物それぞれの描き方に引き込まれました。
現在予定されている最終章の構想よりももっと長く続けて欲しいと願っています。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

リオ五輪引き継ぎセレモニーを作り上げたクリエイターユニット
責任重大なミッションに挑むトップクリエイターの方々の制作心境の話がとても面白かったです。
同じく「シン・ゴジラ」の庵野監督。ゴジラ映画を作るって凄い重圧だと思います。
世界レベルで活躍されたクリエイターの方々のお話が印象深かったです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

一番大きなところではDDONシーズン3の構想です。
より高いレベルで楽しんで頂けるよう、新たな試みも含め意欲的にゲームを新革させていきます。
遊んでくださる皆様と共に良い2周年が迎えられるように邁進してまいります。
引き続きどうぞ宜しくお願いいたします。

Dragon's Dogma Online(PC / PS4 / PS3
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
プロデューサー
小林裕幸

代表作:「バイオハザード」シリーズ,「戦国BASARA」シリーズ,「Dragon's Dogma」シリーズ

Twitterアカウント
<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Pokémon GO」
今年の流行語にもなったゲームアプリで、ゲームをやらない人も遊んでいた印象です。仮想現実のお手軽なものだと思います。世界中で流行りましたね。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「イット・フォローズ」
日本では2016年1月8日公開でした。
斬新な設定のホラーで、感染や襲われる仕掛けが面白い!

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

ジェームズ・ワン監督
2016年公開の映画「死霊館 エンフィールド事件」が凄く面白かった。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い」
「斬劇『戦国BASARA』関ヶ原の戦い」という舞台を2月に東京と大阪で公演します。
5月にCG映画「バイオハザード:ヴェンデッタ」を公開予定です。
個人的に2017年は、いろいろ仕込みの年だと思います。



カプコン
プロデューサー
杉山晃一

代表作:「ストリートファイターV」「ウルトラストリートファイターIV」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Shadowverse」
「進化」というシステムが一長一短で面白いですね。ハンドが微妙でも強引に戦況を変えて逆転を狙える反面、プランが乱されて辟易することも。この荒れ要素が受け入れられる人はシャドバ、プレイングで勝負したい人はハース、という棲み分けができてていいと思います。
赤入りアリアリの現代麻雀が好きな方はシャドバ、完先ナシナシの手作り麻雀が好きな方はハース、って感じでしょうか(笑)。
あと、デッキが整って回し方さえ覚えれば、若手や女性プレイヤーも参加できるところに、対戦ゲームコミュニティの未来を感じられていいです。

タイトル名:「セブンナイツ」
スマホゲーはそこそこヘヴィにプレイする私ですが、この作品は非常によくできているゲームだと思います。
「やることが多い」というのは、途中で面倒になるリスクもありますが、最近流行りのオートバトルと、各種コンテンツをちょっとずつつまむことで達成できるデイリーミッションが、それぞれ時間とリワードのバランスがちょうど良く、毎日コツコツに向いています。
バトル1戦が2分程度なので、「ちょっと操作して放置」のながらプレイできるのもいいです。

あとは「ペルソナ5」とか「FINAL FANTASY XV」とか、素敵なゲームもたくさんありますが、その辺は言わずもがなですね!

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年とかじゃありませんが、ヘッドマッサージが最高です。
毎度、「今回は絶対に寝ないぞ」と頑張ってみるのですが……あれは無理ですね。
この世には抗えない力というものがあるものか、と実感します。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

やはりレッドブル・アスリートの……Isseiですね!
先日、カプコンカップ決勝の前日に名古屋で実施された「Red Bull BC One 2016」の決勝トーナメント。
ブレイクダンス界のEVO的な立ち位置なのですが、日本で実施された大会で、見事19歳の日本人ダンサーが優勝という劇的な展開になりました。若手の台頭というのはやはり盛り上がります。
尚、ストリートファイターVコラボで協力してくれたTaisukeも、ベスト8という好成績でした。BC One10年目にして引退表明をしており、来年からはレジェンド枠として運営側に回るようです。Taisukeさん、お疲れ様でした!

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

北米時間の12月3日に、「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」の発表をさせて頂きました。今回は格ゲーファンのみならず、Marvelファンの皆様にも楽しんで頂ける内容になっていると思いますので楽しみにしてください!
また、ストリートファイターVも新シーズンになり、カッコいいキャラが続々と出てまいりますのでお楽しみに!

「MARVEL VS. CAPCOM INFINITE」(PC / PS4 / Xbox One
(C) 2016 MARVEL
(C)CAPCOM CO., LTD. ,
(C)CAPCOM U.S.A., INC. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
第一開発統括 第一開発部部長
竹内 潤

代表作:「バイオハザード」シリーズ

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「バトルフィールド1」
パッケージングの巧さ、商品力の打ち出し方には感服しました。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「シン・ゴジラ」
コミック「ハクメイとミコチ」「プリンセスメゾン」
ブロックバスターの時代から、作家性の時代への変化かと。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

ティム・クック
ジョブズ氏の没後5年、クック氏が完全にアップルの顔となりアップルが今後どうなっていくかを見極める年だったかと思います。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年初頭に、「バイオハザード7 レジデント イービル」が発売となります。
サバイバルホラーの楽しさを、しっかりと味わってもらえるタイトルに仕上がりました。

2017年最恐ホラーゲームをお楽しみに!!

「バイオハザード7 レジデント イービル」(PC / PS4 / Xbox One
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
プロデューサー/ゲーム&サウンドクリエイター
NAOKI MAEDA

代表作:「CROSS×BEATS」「crossbeats REV. SUNRISE」

Facebookアカウント
<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「妖怪ウォッチ3」
一見、子供向けと感じさせるものは強けれど、大人がニヤニヤできるネタ満載のストーリーや世界感、凝られたゲーム内容に強く惹きつけられました。
また、様々なやり込み要素のボリュームが半端じゃなく、未だ3DSを持ち歩き、日々プレイしています。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「東京喰種:re」/石田スイ (著)
「アイアムアヒーロー」/花沢健吾(著)
「亜人」/桜井画門 (著)
“人間”と、“限りなく人間に近しい非人間”が織りなすドラマ、そのリアリティ描写や世界感に嵌りました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

孫 正義氏
明確なビジョンを掲げ、先見の明があり、スピード感を持ち合わせた行動力や決断力、説得力や資金力等、超一流のものを感じざる得ません。
そんな孫氏が現在注力されている「IoT」の現実と未来に期待しています。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年以降は、グローバルを強く意識した行動を、攻めの姿勢でやっていくことを考えています。
また、ゲームという1つのエンタメジャンルに縛られることなく、エンタテインメントという大きな括りで多面展開をすること、これがこの先の僕のクリエイティブビジョンの1つであって鋭意画策中ですので、是非ともご期待頂けますと幸いです!

149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け
「CROSS×BEATS」(iOS
(C)CAPCOM CO., LTD. 2013 ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け
「crossbeats REV. SUNRISE」(ARCADE
(C)CAPCOM CO., LTD. 2015, 2016 ALL RIGHTS RESERVED.



カプコン
第一開発部 第一ゲーム開発室長/ディレクター
中西晃史

代表作:「バイオハザード7 レジデント イービル」「バイオハザード リベレーションズ」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

「INSIDE」が良かった。ゲームデザインもアートも、とにかく美しい!
なんだかんだ一番遊んだのは「Overwatch」。 さすがのBlizzardクオリティ、競技性の前に面白さを作るという姿勢、そして、やさしいFPSの徹底。キャラもいいし、Game of the Yearも納得の完成度かと。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

いろいろありましたが、ここは「囚われのパルマ」で。
うまく表現できないのですが、アンチエスタブリッシュメントなリビドーとのセレンディピティ感。バイオハザードの開発では使わない(使えない)脳の部位を刺激されました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

トランプ大統領。昨今、各国にキャラの立ったトップが割拠してきて、新世界編かな?

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

1月26日、いよいよ「バイオハザード7」発売です。冬の夜には、やっぱりホラーですよね! 7はバイオならではの濃厚なサバイバルホラーを堪能できるものに仕上げています。ファンのみなさまはもちろん、シリーズを遊んだことがない人にもおすすめです。お茶の間に、阿鼻叫喚のひとときをいかがでしょうか。

「バイオハザード7 レジデント イービル」(PC / PS4 / Xbox One
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
プロデューサー
野中大三

代表作:「戦国BASARA 真田幸村伝」「めがみめぐり」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ポケットモンスター サン・ムーン」
もちろん期待していましたが、それを上回る出来でした。過去作で感じていたポケモン疲れを忘れて夢中になってプレイしています。ファンの心理、経験、期待をきちんと分析し、プレイヤーとの対話を重視したタイトルと言えるのではないでしょうか。人気シリーズという椅子にふんぞり返ることなく、チャレンジもマーケティングもしっかりこなした最良作です。まだまだ遊びますよー。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

アニメ「ばくおん!!」と新日本プロレスのユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」です。
前者はコミックから好きでしたが、アニメでもバイク好きの心理を見事についてくる良作でした。バイク人口が増えるといいなあ。ロス・インゴは年間通して注目せざるを得ないユニットでした。何事もトランキーロの精神で臨んでいきたいところです。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

高橋ヒロム(新日本プロレス)、Sareee(ディアナ)、グラン・メタリック(WWE)ですね。
軽量級3人になってしまいましたが、2017年にそれぞれの主戦場でトップ戦線に絡んでくれそうな選手です。生でも観てみたい!

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年は「戦国BASARA 真田幸村伝」「めがみめぐり」という2タイトルをリリースすることができました。いろんな方のご協力をいただいて実現できました。ありがとうございます。2017年もおもしろゲーム作りに夢中になりたいです。

「めがみめぐり」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
プロデューサー
松川美苗

代表作:「Dragon’s Dogma Online」「Dragon’s Dogma: Dark Arisen」「LAST RANKER」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Pokémon GO」
街中に公園に! 自分の家にポケモンが現れる! そしてそれをモンスターボールで捕まえる! と、どこに行っても夢中になりました。
出張時にもiPhoneを片手に熱中致しました。
配信当初の秋葉原。
桜の花びらが降ってるポケストップに大興奮してモンスターボールをなげまくりました。
徒歩がゲーム性になっていたのも良かったです。
みんなでわいわいポケモントレーナーになったのは凄い体験だと思います。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

映画「シン・ゴジラ」
ゴジラも庵野監督作品も大好きで心待ちにしていた作品です。
映画館に観に行って衝撃を受けて、その週末にまた観に行きました。
応援上映も行きたかったのですが、チケットが取れず……。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

錦織 圭選手
2016年はリオデジャネイロ五輪 男子シングルス銅メダル感動しました。
オリンピック、本当に感動しました。東京五輪も楽しみです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「Dragon’s Dogma Online」一色の一年でした。
2017年も引き続き、Dragon’s Dogmaシリーズを楽しんで頂けるように頑張ります。
オンラインゲームの開発は継続して楽しんで頂くことが何より大切だと思っておりますので、引き続き、タイトル制作をチーム一丸となって頑張って行きたいと思います。

Dragon's Dogma Online(PC / PS4 / PS3
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



カプコン
ディレクター
山﨑 剛

代表作:「逆転検事」「逆転検事2」「逆転裁判5」「逆転裁判6」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ペルソナ5」
ストーリー、キャラクター、世界観、ゲームシステム、デザインのすべてが絶妙にマッチしていて、「隙なし!」なタイトルでした。
ストーリーも、今を描こうとしているところが、素晴らしいと思います。やはり、ペルソナシリーズのUIデザインと、戦闘システムはとても好きです。久しぶりにRPGをエンディングまでプレイしました。とても楽しい時間でした。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

日本映画史に残る事件であろう「君の名は。」「シン・ゴジラ」には、ご多分に漏れずガツンとやられました。また個人的には、視聴し始めた「ゲーム・オブ・スローンズ」の完成度の高さに驚かされ、ドハマリしています。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

小説家の米澤穂信さんです。もともと米澤さんの著作は好きだったのですが、今年遅ればせながら「折れた竜骨」を拝読し、あらためてその手腕に感服いたしました。そこから読み損ねていた著作を、追いかけて読んでいるところです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2016年10月からの1年間、逆転裁判は15周年のアニバーサリーイヤーに突入しました。2017年は、シリーズファンにとって楽しい一年になることと思います。また、私個人としても飛躍の年になるように頑張りたいと思います!

「逆転裁判6」(3DS
(C)CAPCOM CO., LTD. ALL RIGHTS RESERVED.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー
荻原 智

代表作:「サモンズボード」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ペルソナ5」
プレイ時間を感じさせない引き込まれるストーリーやダンジョン攻略でやめ時がわかりません(笑)。ものすごく満足感を得られる内容でした。
さらに、昨今のペルソナらしさが全面に出ているコンセプトカラーを活かした色使いかつスタイリッシュなUIなのに、見やすさや操作、視線誘導など理にかなっており、UIからも世界観が構築された上で長時間快適にプレイすることができるUI設計には勉強させていただくことが山ほどありました。
最高のゲーム体験をありがとうございます!

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「人喰いの大鷲トリコ」カウントダウンCM
少しずれた回答で申し訳ないです(笑)
リリースされるまでの「時間」をあえてキーワードにしてカウントダウンCMに仕立てた点に驚きました。
私自身一つ一つのカウントダウンCMに心うたれ、とても感慨深い思いでした。
このなんとも言えない気持ちやワクワク感が合わさったような感覚はとても大事だと思います。
プロモーションという人に伝える手法もそうですが、そもそもこういった人の感情を揺さぶれるようなゲームを自分でも作って行きたいと思いますし、その振り幅が大きいからこそ人の思い出、心にのこる作品になれるのだと考えておりますので、より精進してゲームを作って行きたいと改めて思いました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

特にいません。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年もあっという間の1年でした。
年内最後になってしまいましたが、なんとか「覚醒」システムを導入することができました。
長い間おまたせしてしまって申し訳ないという気持ちとともに、それでも楽しみに待っていてくださったユーザーの皆様、本当にありがとうございます。
サモンズボードはまだまだ進化を止めるつもりはありません。
2016年にやれなかったことも2017年こそはアップデートしていきたいと考えておりますので、お時間をいただいてしまっているものもありますが、ぜひ引き続き楽しみにお待ち下さい!

「サモンズボード」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ディレクター
金田元貴

代表作:「パズドラクロス 神の章/龍の章」:

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「ライフ イズ ストレンジ」
ストーリー、演出、音楽が非常に高いレベルで成立しているゲームです!
タイムリープものですが時間を巻き戻すギミックや演出も面白かったです。アメリカの女子高生の青春モノなので全然違うはずなのに、遊ぶときっと自分の学生時代を思い出してセンチメンタルになるかもしれません。
プレイ時間も短めなので「あー、今週末は青春してぇなぁ!」と思った人にはオススメできます。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「真田丸」
大河ドラマを見たのは初めてなのですが、1年間たっぷり楽しませてもらいました!
主人公の信繁を軸にしながらも父・昌幸や秀吉など複数の人物にスポットがあたる群像劇風なのが個人的にツボでした。
歴史モノは脚色があるにせよ、実際に起こった出来事としてその時代に思いを馳せたり史実を調べたりして自分なりに盛り上がれるので良いですね。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

岸田 繁さん(くるり)
長年活躍されていますが、今年は京都市交響楽団へ交響曲を書き下ろしたりして、さらに活動の場所を広げられているところです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

「パズドラクロス」が12月のアップデートでついにインターネット対戦に対応しました!
来年も引き続き「パズドラクロス」に注力しつつ、次回作もぼちぼち準備していきますのでノンビリご期待ください。

「パズドラクロス 神の章龍の章」(3DS)
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
ディレクター
小林健治

代表作:「パズドラレーダー」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「クラッシュ・ロワイヤル」
クラクラもじっくり時間をかけて楽しめる素晴らしいゲームでしたが、それ故抱えていたあらゆる課題を解決し、非常に簡潔に且つストイックに仕上げられたゲームだと感じました。
リアルタイム対戦ゲームとしても、モバイル環境下で最適化されているルールと感じました。
私自身は、連敗が続くと精神状態が不安定になるので離れてしまいましたが(笑)、学ぶべきことが多いタイトルでした。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

今年メジャーデビューしたヤバイTシャツ屋さんです。
“音楽を楽しむ” ということの本質を、思い出させてくれたように感じました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

須藤元気さんです。
チャレンジするジャンルにすべて驚きがあり、それぞれオンリーワンの成果を残しているため、常に注目しています。
いま何を考えているのだろう……と気になる人物です。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年はパズドラもとうとう5周年を迎えます。
「パズドラレーダー」もこれまで以上の進化とチャレンジを続けていきますので、どうぞご期待ください!

「パズドラレーダー」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員 開発担当本部長
田中弘道

代表作:「セブンス・リバース」,「FINAL FANTASY」シリーズ,「聖剣伝説」シリーズ

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「Pokémon GO」
一時期街中にプレイヤーがあふれ社会現象化したこともあり、いろんな場所で見知らぬ人と同じポケモンを狩り合う体験を共有できたことが楽しかった。ゲームの舞台を現実世界と融合させたという面で、視覚的ではない意味での「拡張現実」が面白い。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「シン・ゴジラ」
単なる怪獣映画やパニックムービーではなく、終始政治的な側面での人物描写を主体にしていて新鮮だった。また舞台も東京で見知った光景が多く、自分たちのオフィスが入っているビルが破壊されたりするのも楽しかった。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

イーロン・マスク
テスラモーターズ、SpaceX、ハイパーループ、OpenAIと次々と未来に向けて様々な事業に挑戦し続けており、今後どんな分野で未来を見せてくれるのか楽しみです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

開発に数年かけてようやく新作の「セブンス・リバース」をリリースできました。まだ物語は始まったばかりです。2017年はこのゲームを更に発展・拡張していきます。よろしくお願いします。

「セブンス・リバース」(iOS / Android
(C) GungHo Online Entertainment,Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
プロデューサー
西村大介

代表作:「ケリ姫クエスト」「ケリ姫スイーツ」

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「遊戯王 デュエルリンクス」
すごいDL数。ここまで急激に伸びたタイトルを久しぶりに見ました。タイトルの強さと、スマホのカードゲームの相性の良さを改めて実感しました。

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「Pokémon GO」
社会現象を巻き起こした「Pokémon GO」は今年のエンターテイメントの中でダントツに印象に残りました。
リリース翌週にバスに乗った時、乗客の8割が「Pokémon GO」をやっていたのには本当に驚きました。
夜中に近所を徘徊する大人が増えたのにも驚きましたが。。。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

人物というか、会社なんですがAmazonです。
運営系のゲームはサービス業に通じるものがあると思っているので、配達無料、プライムビデオ、プライムミュージック、ダッシュボタン等、どんどん便利になってユーザー満足度を高めていくAmazonが、今後どのようなサービスを提供するのか楽しみです。

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

ユーザーの皆様のおかげで、「ケリ姫スイーツ」も4周年を迎え5年目に突入しました!
「覚醒職」「娘メンバー」と一緒に走り続けた2016年でしたが、2017年もユーザーの皆様が気持ちよく「蹴っ飛ばせる」ゲームを目指し盛り上げていきたいと思います。
年末年始もイベント盛りだくさんなので、是非遊んでください!

「ケリ姫スイーツ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
代表取締役社長CEO エグゼクティブプロデューサー
森下一喜

代表作:「パズル&ドラゴンズ」「パズドラクロス 神の章/龍の章」「LET IT DIE」他

<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「人喰いの大鷲トリコ」
表現やディテールの細かさなど、感心させられました。

タイトル名:「アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝」
唯々、凄かったです!

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「真田丸」
三谷幸喜氏がどのように「真田丸」を描くのか楽しみにしていましたが、誰もが見やすい大衆娯楽作品になっており、面白いと思いました。

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

女性では、森高千里(本当に綺麗です。)
男性では、大谷翔平(今までにいなかった二刀流の球界きっての選手だと思います。これからも期待しています。)

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

今年は、「パズドラクロス」「LET IT DIE」「セブンス・リバース」を、3年がかりでリリース出来ましたが、
来年は、もっと短いスパンで、年度中にタイトルをリリースしていけたらと思います。ご期待ください!

「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け

「パズドラクロス 神の章龍の章」(3DS)
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け

「LET IT DIE」(PS4
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け



ガンホー・オンライン・エンターテイメント
執行役員 開発担当本部長 プロデューサー
山本大介

代表作:「パズル&ドラゴンズ」

Twitterアカウント
<質問1>2016年に発売されたゲームの中で、最も感心させられた(あるいは衝撃を受けた)タイトル

タイトル名:「FINAL FANTASY XV」
10年の歳月をかけて作られたFF最新作、映画も含めてすごく楽しませて頂きました!
長年開発に携わられた開発者の方々のことを思うと、本当に頭が下がります。
日本がコンソールタイトルで世界と戦えることを知らしめてくれました!

<質問2>2016年に発売/公開されたエンターテイメントコンテンツの中で最も印象深かった作品

「君の名は。」
数々の美しい背景の描き込みや、黒板に字を書くときの細かいアニメーション、作品にハマりすぎの曲など、あげればキリがないのですが、見終わった後の心地良さが本当に素晴らしかったです! ラスト10分くらいずっと泣いてましたw

<質問3>2016年に、個人的に注目した(している)人物

スクウェア・エニックスの田畑さん、「FINAL FANTASY XV」を最後まで作り上げた開発者の皆さん
理由はQ1で書いた通りです。大ヒットおめでとうございます!!

<質問4>2017年に向けての抱負、また4Gamer読者に向けてのメッセージをお願いします。

2017年もパズドラ走り続けますので、よろしくお願いします!
パズドラ以外の新作もようやく出せるかも!? 僕の一番得意なジャンルで勝負します!!

「パズル&ドラゴンズ」(iOS / Android
(C)GungHo Online Entertainment, Inc. All Rights Reserved.
149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け 149人のゲーム業界著名人に聞く,2016年の回顧と2017年への展望。4Gamer恒例の年末企画をお届け

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日