オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/11/12 20:08

イベント

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
 2012年11月12日,同人・インディーズゲームの展示会「東京ロケテゲームショウ」が東京都・板橋区にあるグリーンホールで開催された。
 フレッシュなアイデアに満ちた挑戦的な作品が非常に目立っていた本イベント。来場者の意見を熱心に聞く若い開発者の姿や,サークル同士で意見交換をする場面なども数多く見受けられたのも印象的で,大規模なゲームショウとはまた違った魅力を放っていた。

 中でも注目だったのが,黒川文雄氏飯田和敏氏中村隆之氏納口龍司氏という,ゲーム業界で数多くの実績を残してきたメンバーで構成されたサークル「チーム・グランドスラム」だ。グランドスラムのブースでは,ビル解体&人質救出ゲーム「モンケン」というプロジェクトの存在が確認できた。サークル結成の経緯とモンケンについて,黒川氏と飯田氏に直接訊いたので,その内容を会場全体のレポートとあわせてお届けしよう。

黒川文雄氏(左),飯田和敏氏
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

会場はご覧の盛況ぶり。どのブースも非常にアットホームな感じだった
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。まず「グランドスラム」というサークル名が非常に気になるのですが……。

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
黒川文雄氏(以下,黒川氏):
 ダサいでしょう(笑)。僕が音楽,映画,ゲーム,すべてのエンターテイメントを経験しているからっていう理由で付けたんです。サークル名の提出期限があと1,2時間しかなかったから「あっ,これでいいや」って感じで。

4Gamer:
 飯田さんは名前を聞いてどう感じましたか。

飯田和敏氏(以下,飯田氏):
 個人的に,あんまりいいとは思わないですけどね(笑)。ただ,黒川さんは実際にすべてのエンターテイメント産業を通ってきた人なので,その名前を付ける資格があるんですよ。僕はまだそこまで行ってはないので。

黒川氏:
 制覇したかどうかは分からないですけど,一応すべて経験しているよっていうことですね。

4Gamer:
 なるほど。では,グランドスラムのプロジェクトである,「モンケン」について聞かせてください。

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
飯田氏:
 「モンケン」の根底にあるものって,実は「あさま山荘事件」なんです。あの事件では赤軍が人質を盾に10日間閉じこもってましたけど,その時,人質を救助するために使われた重機の名前が「モンケン」っていうんですよ。「モンケン」では,昭和に起こった印象的な出来事を裏のテーマとしてなぞっていきたいなと思っています。

4Gamer:
 キャラクターが可愛らしい感じに描かれているので,裏にそういう重いテーマがあったというのは驚きました。ゲームの開発段階はどのくらいでしょうか。

飯田氏:
 基本的なロジックの部分は全部できているので,あとはまとめるだけという感じですね。ただその前にロケテゲームショウに参加して,皆さんの意見を聞きながら最終的な調整をしようと。

4Gamer:
 なるほど。「モンケン」では,飯田さんはどのようなこと担当しているのでしょうか。

飯田氏:
 僕は納口さんに「やれっ!」っていう係です。藤子不二雄みたいなタッグって感じですかね。

4Gamer:
 どっちがFでどっちがAか,気になるところですが(笑),次にグランドスラムのこれからの活動予定を教えていただけますか?

黒川氏:
 いろいろと考えてはいるんですけど,せっかく飯田さん,中村さん,納口さんという素晴らしい才能に出会えたので,やはり物作りをメインにしながら,様々な活動をしていきたいですね。

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
飯田氏:
 まだ始まったばかりのサークルなので,「これから」しかないんですよね。なのでとてもワクワクしています。今日みたいに,将来のゲームカルチャーの担い手がいっぱいいる中で,僕らみたいなロートルは邪魔かもしれないけど,やっぱり僕らも,いつまでも遊んでいたいと思っていますからね。
 歳は取っちゃいましたけど気持ちは若いし,実はまだそんなに達成感もない。自分達のキャリアを振り返ると,長いことやってきたなって感慨にふけることもありますが,基本的には忘れっぽい性格なので。
 あと,ゲーム作りって常に変動していくじゃないですか。学生さんでも,スマートフォンやタブレットでゲームを作る人達がいっぱい出てきている。素人とプロの境界が揺らいでいる時代なので,こういうダイナミックな状況で何ができるのかいろいろと試してみたいですね。

4Gamer:
 実際に会場をご覧になられて,どのような印象を持たれましたか。

飯田氏:
 まだ負ける気はしないかな(笑)。

黒川氏:
 言うなぁ(笑)。

飯田氏:
 でもすごく刺激は受けますよ。さっき言った,境界の揺らぎを感じますね。これはゲームに限ったことじゃなくて,あらゆるコンテンツが,一次創作,二次創作,三次,四次と続いていって,もはや従来の考え方だけでは成立しない産業になってきているなと。

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
黒川氏:
 昔と比べて,若い人がいろいろなことに挑戦できるフィールドも増えましたよね。ツールもデバイスも多種多様で,そういう意味では入り口も出口も広い。僕らは既成のものに囚われすぎた感じもするんですよ。いわゆる,フォーマットがないとできないとか,ハードウェアがないとできないとか,そういうことを言われて時代を過ごしていたから。
 でもそうじゃなくて,「ノールールで活動できる」というのは環境として素晴らしいですよね。なので,その中で自分達ができることをやってみたい。同時に,今まで自分達が既成概念として持っていたものとか,権威とかは一旦取り払わなくちゃいけないとも感じています。あと,こういう場で出会った人達と,何か次のチャレンジができるかもしれないと思いますしね。お互いプラスになることがあればハッピーだし,ここがそういう場になればいいなと。

4Gamer:
 なるほど。では実際にインディーズでゲームを作ってみた感想をいただきたいです。 

飯田氏:
 僕はコンシューマゲームで,意識的にやっちゃいけないことをやって,“脱法ゲーム”を作ってきたので,なんでもアリだと逆にやりにくい感じがしましたね(笑)。

黒川氏:
 コンシューマっていうのはビジネスなので,細かい契約とか,大きなお金が発生しますよね。なので,最終的には(ゲームは)出来上がると思うんですよ。
 でも同人とかインディーズって,ほかで仕事をしている人もいれば,それをメインじゃなくて趣味でやっている人もいる。そういう意味でいうと,よほど「ゲームを作りたい」という気持ちが強くないと,出来上がるまでの時間が苦痛に感じるんだろうな,とは思いました。

飯田氏:
 〆切りもない,制約もない,ギャランティーもない,じゃあ何でやるのかって言ったら「楽しそうだから」っていうことだけだと思うんですよね。

4Gamer:
 確かにインディーズで活動されている方って,そういうモチベーションでやっている方がほとんどですよね。

黒川氏:
 インディーズでゲームを作ること自体が勉強の対象になっている学生さんとかだったら,ある意味目標は一緒なのでいいと思うんですけど,僕らみたいに自分達の意志でやっていると,お互い持っているものに違いがあるから,そこの擦り合わせが大変ですよね。

4Gamer:
 分かりました。「モンケン」については,開発が進んでお話できることが増えてきたら,またお聞かせいただきたいと思います。本日はありがとうございました。

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
手作り感満載なグランドスラムブース。開発途中のため,画面撮影はNGだったのが残念だった
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
ブースの看板(?)にたくさんのモンケンを描き込んでいる納口氏

 ここからは,会場内で特に印象に残ったブースをフォトレポート形式でお届けしていく。会場の様子を少しでも感じてもらえたら幸いだ。

「SENSE OF WONDER NIGHT 2012」の受賞作品であるFullPowerSideAttack.comの「BREAKS」。タッチ操作でボール操りながらブロックを崩していくシューティングゲームだ。音楽ゲームの要素も盛り込まれており,プレイしながら自分でMixを手がけているような感覚を味わえる点もユニーク。音楽好きな人には,ぜひチェックしてもらいたいタイトルである。
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

ぜろじげんがPlayStation Mobile向けに開発しているアドベンチャー&カードゲーム「Royal Red Royal(仮題)」も出展。キャラクターはフルボイスで,しかも8か国語対応予定とのこと。会場でスタッフとのミニゲームに勝った人は,ゲームに登場できる権利がもらえた
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

神奈川電子技術研究所の「僕は森世界の神になる亜種」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

間に合いません。のリズムゲーム「RollCubeBeat!」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

Mercenaryの縦スクロールシューティング「Another Apocalypse? Dual Pagan」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

横浜デジタルアーツ専門学校の生徒で構成されている「らむねビン」は,Android用パズルゲーム「とまれなクエスト」を出展
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

記憶図書制作委員会の2Dパズル系ポイント・アンド・クリックアドベンチャー「リゼットの処方箋」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

幸福資源ryokutya(緑茶)のネットワークゲーム。スタッフによると,開発はまだまだこれからといったところらしい
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

エンドレスシラフの縦スクロールシューティング「∀kashicverse -Malicious Wake-」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

OBLIQUEGLASSの2Dシューティング「地獄のヘリコマンドー(仮)」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

EIGHTHTOWNのハイスピードアクション「CHASER -Limited Infinite-」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

福島GameJamの「RISE OF Beetle」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

ぴり辛トマト350円のパズルゲーム「ぱねくるっ!」。DSiウェア「プチコンmk?」で作成したとのこと
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

こびとスタジオLiveはWindows Phone7向けに配信予定の「新・魔法合成屋さんのミケ」「Tap Flip Multiple」「NINJA VS CHIKUWA」を出展。ブースには,「NINJA VS CHIKUWA」に登場する忍者の姿も
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

うしみつバナナ組のSTGゲーム「君が見た光3」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

NEXT-SOFT+はシミュレーションゲームRPG「Rime Berta」を出展
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

HSPプログラミングコンテストのブースも
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

Team Martiniの「Pechan」
黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート 黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート

黒川文雄氏,飯田和敏氏らが参加する同人サークル「チーム・グランドスラム」も出展。インディーズゲームの祭典「東京ロケテゲームショウ」をレポート
一夢小路の出展しているノベルゲーム

東京ロケテゲームショウ公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月17日〜10月18日