オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/10/27 21:22

業界動向

任天堂,第2四半期決算を発表。経常利益ベースで1078億円の赤字,為替差損は524億円

 任天堂は,2011年の第2四半期決算を発表した。今年上半期の業績は,売上高で前年比-40%の2157億3800万円,経常利益は-1078億7200万円,純利益で-702億7300万円と,厳しい数字が並んでいる。

 かねてより,年末商戦に合わせた攻勢をかけることは明言されていたのだが,その影響か,上半期では「ゼルダの伝説 時のオカリナ3D」以外に目立ったヒット作がなく,上半期の売り上げも伸びていない。また,損失のうち,為替差損が524億円を占めており,ニンテンドー3DSとWiiの価格引下げなどが複合的に作用し,近年にない大きな赤字を計上している。海外売り上げ比率が79.2%と高い任天堂では,記録的な円高の影響が直撃してしまったようだ。
 プラットフォームの転換期で苦しい状況が続く任天堂だが,本体値下げの効果でニンテンドー3DSの出荷台数は307万台に達しており,年末商戦でどこまで挽回できるのかに期待したい。

任天堂IR情報ページ

http://www.nintendo.co.jp/ir/index.html

任天堂,第2四半期決算を発表。経常利益ベースで1078億円の赤字,為替差損は524億円
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月22日〜03月23日