※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.3
キャラクター紹介
先行プレイレポート
ゲーム情報総ざらい
オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/10/28 20:33

ニュース

その名も「Tango Gameworks」。ゲームクリエイター三上真司氏率いる開発会社TangoはZeniMax Media傘下へ

 ベセスダ・ソフトワークスの親会社であるZeniMax Mediaは本日(10月28日),ゲームクリエイター三上真司氏の設立したゲーム開発会社Tangoを買収したと発表した。

「ベセスダ・ソフトワークス/ゼニマックス・アジア」公式サイト

「Tango Gameworks」公式サイト


 三上氏といえば,「バイオハザード」シリーズを始めとした多くのタイトルに携わり,20年におよぶ実績を持つ名クリエイター。三上氏は今回の発表に関して,

「開発スタジオを信頼し,ヒット作を生み出す為に必要な様々なサポートを惜しまないと言うスタンスのパブリッシャーとの出会いを新鮮に感じる。ゼニマックスの非常にクォリティの高いシリーズ作品が全てを物語ると思う。ゼニマックスの一員となり,一緒にベストなゲームをつくっていける事を誇りに思う」

とコメントしている。

 三上氏により設立された開発スタジオTangoは,高品質なゲームをマルチプラットフォーム向けに展開するという目標を掲げており,主要メンバーには「バイオハザード」「デビルメイクライ」「ファイナルファンタジー」などのシリーズで活躍した日本のトップレベルのスタッフが集結している。同社は今後,「Tango Gameworks」としてゼニマックスの傘下でさらに開発体制を強化していくとのことだ。

リニューアルされた「Tango Gameworks」(旧Tango)公式サイト

 突然の発表に驚いたファンもいると思うが,三上氏は今後もクリエイターとしてゲーム制作をリードしていくとのこと。まずは氏の手がける,「Tango Gameworks」としての第1作の発表を待とう。

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月21日〜12月22日