オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
デジタル・エンターティメント研究会の公開トークライブ vol.2が6月3日に開催
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/05/18 21:02

リリース

デジタル・エンターティメント研究会の公開トークライブ vol.2が6月3日に開催

ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで
配信元 デジタル・エンターティメント研究会 配信日 2018/05/18

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

デジタル・エンターティメント研究会 トークライブ vol.2
「ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」のご案内

 日本未来学会(会長:公文俊平)メディア部会であるデジタル・エンターティメント研究会(代表:橘川幸夫)は、来たる6月3日(日)に公開トークライブ vol.2「ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで」を開催いたします。本イベントは、ビデオゲームをはじめ広く「ゲーム」を扱った文学作品を10年単位で紹介し、これからの「ゲーム」と「文学」のあり方を考えよう、というものです。
 未来のVRゲームを題材にした小説『レディ・プレイヤー1(邦題:ゲームウォーズ)』の映画化や、4月刊行の“伝説のプロゲーマー”による自伝的小説『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』が話題を博すなど、「ゲームと文学」の関係に、いま新たな潮流が起こりつつあります。
 『ポケモンGO』登場後の拡張現実ゲームのインパクトや「eスポーツ」ブームなどを背景に、ゲームをプレイする人々の体験が、時代の現実を映し出す普遍的な題材として、現代文学を再び活性化し始めているのだと言えるでしょう。
 今回のトークライブでは、歴代のエポックメーキングとなった小説作品を振り返りながら、ゲームと文学のホットな化学反応を一望します!

デジタル・エンターティメント研究会の公開トークライブ vol.2が6月3日に開催

▼名称
ゲームと文学―『1973年のピンボール』から『レディ・プレイヤー1』まで
▼主催
日本未来学会 デジタル・エンターティメント研究会
▼日時
2018年6月3日(日) 13:30開場 14:00開演 16:30終了
▼会場
桜神宮会館(東京都世田谷区新町3-21-3、東急田園都市線桜新町駅北口徒歩2分)
http://www.sakura.jingu.net/access.html
▼料金
前売 1,000円/当日 1,500円
チケットはLivepocket(https://t.livepocket.jp/e/8lyky )にて発売中

▼登壇者(予定)
橘川幸夫(株式会社デジタルメディア研究所所長)
浅野耕一郎(ゲームクリエイター)
榎本統太(株式会社デジタルメディア研究所)
中川大地(評論家/編集者 明治大学野生の科学研究所研究員)
野安ゆきお(ゲームジャーナリスト)
平井太郎(編集/ライター 株式会社レッドタビー) ほか

▼構成(内容は変更される可能性があります)
第1部 ビブリオトーク:ゲーム小説クロニクル
「ゲーム」をテーマにしたエポックメーキングな小説たちを、デジタルゲーム登場前夜の1980年代から2010年代の現在まで、登壇者それぞれのお薦めの作品とその背景ごと、ビブリオトーク*形式で紹介していきます。ゲームと文学の交錯から、どんな時代の息吹が見えてくるのか!?
・【紹介作】村上春樹『1973年のピンボール』/いとうせいこう『ノーライフキング』/田尻智『パックランドでつかまえて』/渡辺浩弐『1999年のゲームキッズ』/大塚ギチ『トウキョウヘッド』/桜坂洋『All You Need Is Kill』/赤野工作『ザ・ビデオ・ゲーム・ウィズ・ノー・ネーム』/藤田祥平『電遊奇譚』&『手を伸ばせ、そしてコマンドを入力しろ』ほか
第2部 ディスカッション:ネタバレ上等!『レディ・プレイヤー1』白熱論争
 1980年代を中心とした黎明期のゲームや数々のサブカルチャーネタをふんだんに盛り込み、オタク第一世代を中心に大きな話題を読んだスティーブン・スピルバーグ監督の映画『レディ・プレイヤー1』。サブカル者たちの心の琴線に触れたVRゲーム映画の真価について、登壇者全員で賛否両論の白熱バトルを展開します!
※自分の読んだ面白い本を紹介しあう、本の情報交換会。

  • この記事のURL:

キーワード

下線
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月24日〜05月25日