オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2015/03/31 12:29

ニュース

バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放

 バンダイナムコゲームスは本日(2015年3月31日),同社のオリジナルIPの一部を国内のクリエイターに開放するプロジェクトを発表した。開始時期は4月下旬の予定。

 対象となるのは,「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターで,従来の版権許諾手続きとは異なり,キャラクター監修などが入らず,企画審査のみでコンテンツが使用可能になるという。

 使用可能なプラットフォームやビジネスモデルなどは未定とのことだが,このあたりの条件次第では,昨今のインディーズゲームブームをさらに後押しすることになりそうだ。

バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放
「パックマン」
バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放
「ギャラクシアン」
バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放
「マッピー」
バンダイナムコゲームスが「パックマン」「ゼビウス」など17タイトルのキャラクターを国内クリエイターに開放
「ディグダグ」

バンダイ・ナムコ統合 10 周年記念企画
バンダイナムコゲームスの
カタログ IP オープン化プロジェクトを 4 月下旬より開始
国内のクリエイターへ「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「マッピー」など全 17 キャラクターを開放

株式会社バンダイナムコゲームス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:大下聡)は、2015年にバンダイとナムコが統合して 10 周年を迎えることを記念して、バンダイナムコゲームスのカタログ IP(※1)を国内のクリエイターへ開放するオープン化プロジェクトを4月下旬より開始することとなりました。

 対象タイトルは「パックマン」「ギャラクシアン」「ゼビウス」「マッピー」など全 17 キャラクターで、通常の版権許諾とは異なり、キャラクター監修は行わず、簡易的な企画審査のみでコンテンツ提供が可能となります。多くのクリエイターの皆さんの幅広い発想で、スマートフォンアプリやブラウザゲーム、新規ネットワークデバイス分野への事業展開のアイデアなど、デジタルコンテンツの領域で広く活用いただきたいと考えています。

 なお、コンテンツ提供可能なプラットホーム・企画申請方法・ビジネスモデル等の詳細は、決まり次第ご案内します。

バンダイナムコゲームスは、自社の IP を多くのクリエイターの皆さんのアイデアにより UGC(※2)展開することで、ネットワークエンターテインメントのさらなる事業領域の拡大を目指していきます。

※1バンダイナムコゲームスがこれまでに展開したオリジナル IP
※2User Generated Contents の略。ユーザー生成コンテンツ


■オープン化対象タイトル
パックマン
ギャラクシアン
ゼビウス
マッピー
ギャラガ
ディグダグ
ドルアーガの塔
バトルシティ
スターラスター
バベルの塔
ワルキューレの冒険
スカイキッド
ドラゴンバスター
妖怪道中記
源平討魔伝
ワンダーモモ
ワギャンランド

※2015 年 3 月末現在

■本プロジェクトへの申請・お問い合わせ
カタログIP オープン化プロジェクト事務局 : id@bandainamcoent.co.jp

バンダイナムコゲームス公式サイト

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日