オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/09/02 12:44

イベント

プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に

 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
 2013年8月31日,ドワンゴおよび日本将棋連盟は,「電王戦タッグマッチ」を東京都内のニコファーレで開催した。「電王戦」は,プロ棋士と最強コンピュータ将棋が対戦する将棋棋戦で過去2回実施されている。
 今回の催しは,2014年3月〜4月にかけて行われる「第3回将棋電王戦」に向けたプレイベントという位置付け。「第2回将棋電王戦」に出場した5人のプロ棋士が,それぞれ対戦したソフトとタッグを組み,5チームがトーナメント形式で公開対局を行った。各対局は「棋士とコンピュータとの共存」をテーマとし,ソフトが示す指し手をもとに棋士が最善手を判断しながら駒を進めていく方式が採用されている。

●出場者<棋士とコンピュータのタッグ形式>
  • 三浦弘行九段 × GPS将棋
  • 塚田泰明九段 × Puella α
  • 船江恒平五段 × ツツカナ
  • 佐藤慎一四段 × ponanza
  • 阿部光瑠四段 × 習甦

 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
三浦弘行九段
 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
佐藤慎一四段
 決勝戦に駒を進めたのは,三浦弘行九段と「GPS将棋」のタッグと,佐藤慎一四段と「ponanza」のタッグ。持ち時間1時間/秒読み30秒(チェスクロック方式)で対局が行われた。
 序盤はほぼ定跡どおりに進行したが,中盤以降には三浦九段も佐藤四段も,持ち時間を使いコンピュータに先読みさせて,差し手を探る局面が見受けられた。

 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
中盤に入ると,三浦九段と「GPS将棋」による堅い守りに対して,佐藤四段と「ponanza」が攻めきれない様子がうかがえた
 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
対局の解説は森内俊之名人(写真右)と,聞き手の矢内理絵子女流四段により行われた
 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に  プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
対局中は両チームともに,プロ棋士とソフト開発者が打ち合わせをする場面が見られた

 三浦九段の堅い守りを崩せず,劣勢を強いられていた佐藤四段だったが,対局の終盤,持ち時間を使いきってからの秒読み30秒という制約の中で指した好手をきっかけに形勢を逆転。そのまま勢いに乗って,優勝を決めた。

 解説を務めた森内俊之名人が,コンピュータの推奨する手とそこから予想される展開について,「この手を思いつく人間はなかなかいない」「この手を見られただけで,今日は来たかいがあった」と感嘆する場面もあった。

 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に  プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
終盤は「ponanza」の推奨する手だけではなく,自身の考える手で指したという佐藤四段。結果,評価ポイントで大差をつけて勝利した

 プロ棋士と将棋ソフトがタッグを組んで対局する「電王戦タッグマッチ」決勝戦をレポート。優勝は佐藤慎一四段&「ponanza」の手中に
優勝トロフィーを手にする「ponanza」を開発した山本一成氏(写真左)と佐藤慎一四段
 対局後,佐藤四段は「途中,どうやっても好転しない苦しいところがあり,開き直りました。自分と『ponanza』の読みが食い違う局面もありましたが,自分の手を指しました」と振り返った。また,三浦九段も,終盤における佐藤四段の判断力に賛辞を贈っていた。

 一方,「ponanza」を開発した山本一成氏は「佐藤四段が『ponanza』の推奨する手を無視することが多く,1〜2回揉めた場面もありました」と対局の裏側を語り,会場を沸かせたのち「それでも勝つことができたので,非常に嬉しいです」と優勝の喜びをあらわにした。

 電王戦タッグマッチの全対局の模様は,ニコニコ生放送でタイムシフト視聴が可能だ(niconicoプレミアム会員登録が必要)。興味を持った人はぜひチェックしてみよう。

ニコニコ生放送「将棋 電王戦タッグマッチ 完全生中継」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月28日〜05月29日