オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
中国進出時の2大障壁は「規制対応」と「ローカライズ」。デベロッパ400社に調査
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/06/07 20:28

リリース

中国進出時の2大障壁は「規制対応」と「ローカライズ」。デベロッパ400社に調査

配信元 Mobvista International Technology Limited 配信日 2018/06/07

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


世界のモバイルゲームディベロッパー400社に調査
中国進出時の2大障壁は「規制対応」と
「ローカライズ」、約7割が回答
〜詳細情報をホワイトペーパーで発表〜

広告主のユーザー獲得やアプリディベロッパー向けに広告トラフィック収益化サービスをグローバルで提供するMobvista(本社:中国広州、読み方:モブビスタ)は、グループ企業でゲームの解析ツールを提供するGameAnalytics(本社:英ロンドン、読み方:ゲームアナリティクス)と共同で、中国国外のモバイルゲームディベロッパー400社に中国進出時の状況を調査しました。その結果、中国進出時に予想以上に苦労した点が「固有の法律やルールなどの規制への対応」と「ローカライズ(現地化)を正しく行うこと」の回答が、それぞれ7割近くにのぼることが明らかになりました。本調査結果は、Mobvistaが本日発表したホワイトペーパー「モバイルゲーム中国進出ガイド2018」で詳報しています。

現在、中国はゲーム(PC、モバイル)市場で世界の1/4を占める世界一の市場です。中国のコンサルティング調査会社iResearchは、2016年の中国のモバイルゲームの市場規模は160億ドル超に達したと発表しています。また米調査会社のNiko Partnersは、2022年までに420億ドルに成長すると予測しています。近年、この大きな市場を目指して、日本を含む多くの海外のゲームディベロッパーが中国に進出する動きがみられます。

規制の対応では、たとえば海外企業のiOS以外のゲームは公開前に、中国行政機関傘下のSAPPRFT(国家新聞出版広電総局)の承認を得なければいけません。承認にはSAPPRFTが定める伝統、文化、安全保障など各種条件をクリアする必要があります。また、ゲームのローカライズでは、北京語・広東語、簡体字・繁体字など言葉や文字のローカライズはもちろんのこと、キャラクターや背景を中国ユーザーの好みにあわせたデザインへ変更、Google Playが無くそのかわりに200以上あるアプリストアへの対応などがあります。本調査結果には、海外ゲームディベロッパーがこうした中国特有の対応に追われる現状が反映されていることが見て取れます。

ホワイトペーパー「モバイルゲーム中国進出ガイド2018」では、規制とローカライズの調査結果のほかその対策方法、およびプロモーション、効果計測、マネタイズ、中国ユーザーの属性といった、海外ゲームディベロッパーが中国進出する際に把握しておきたいヒントを一通り得ることが可能です。ホワイトペーパーは、こちら(https://www.mobvista.com/jp/ebook/launch-mobile-game/)からご覧ください。
  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月20日〜06月21日