オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ひぐらしのなく頃に奉公式サイトへ
  • エンターグラム
  • 発売日:2018/07/26
  • 価格:通常版:7980円+税/完全生産限定版:9980円+税/ダウンロード版:税込6980円
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Switch「ひぐらしのなく頃に奉」公式サイトがオープン。「雛見沢停留所」などを含む計22本のシナリオを収録したサウンドノベルの概要を紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/24 10:00

ニュース

Switch「ひぐらしのなく頃に奉」公式サイトがオープン。「雛見沢停留所」などを含む計22本のシナリオを収録したサウンドノベルの概要を紹介

ひぐらしのなく頃に奉
通常版パッケージビジュアル
ひぐらしのなく頃に奉
完全生産限定版パッケージビジュアル
 エンターグラムは,2018年7月26日発売予定のNintendo Switch用ソフト,「ひぐらしのなく頃に奉」(ひぐらしのなくころに ほう)の公式サイトをオープンした。
 なお,本作は通常版(7980円+税),ダウンロード版(税込6980円),完全生産限定版(9980円+税)が販売される予定。限定版には,「圭一&紗都子の朗読劇ドラマCD」,「ビジュアルブック」(フルカラー/64ページ予定)が特典として付属するとのこと。
 本稿では,本作の概要をまとめて紹介しよう。

「ひぐらしのなく頃に奉」公式サイト

ひぐらしのなく頃に奉

ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉
 本作は,同人ゲームとして人気を博したのち,家庭用ゲーム機向けにも展開されたサウンドノベル「ひぐらしのく頃に」シリーズの総決算といえるタイトルだ。
 総プレイ時間は100時間以上をうたっており,ボイスは12万ワード,BGMは120曲以上を収録という大ボリュームになる。また,Nintendo SwitchのTVモードなら,フルHDの解像度でプレイすることが可能だ。

 シリーズファンなら,2015年に発売された「ひぐらしのなく頃に粋」PlayStation 3PlayStation Vita)が“完全版”として発売されたのを覚えているだろう。「粋」では,それまでにリリースされた家庭用ゲーム機版の全シナリオ19本が収録され,さらに全編フルボイス化された。

 今回発売される「奉」では,19本のシナリオに加え,家庭用ゲーム機では初となる「雛見沢停留所」「ひぐらしアウトブレイク」「ひぐらしアウトブレイク〜神姦し編〜」が収録される。
 なお,「雛見沢停留所」のキャラクターデザインは,コミカライズ時に作画を手がけた「ともぞ」さんが担当している。

 さらに,おまけモードとして,シリーズに対する知識と愛が試される「クイズオヤシロショック Ver.2018」も用意される。
 そのほか,本作の主題歌「僕達はもう知ってる」は新規制作で,志倉千代丸氏が作詞作曲を手がけ,松澤由美さんがボーカル担当となる。

ひぐらしのなく頃に奉 ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉 ひぐらしのなく頃に奉

ひぐらしのなく頃に奉
 「ひぐらしのなく頃に」は,架空の村落「雛見沢村」を舞台に,連続で起きた怪死・失踪事件を扱ったサスペンス系の物語が描かれている。
 雛見沢村は一見平和な村に見えるが,人が1人死に,1人が消息不明になる奇怪な事件が毎年6月に起きていた。プレイヤーは複数人の視点を通じて,この事件を軸に雛見沢村で起きた事件を読み解いていくことになる。

ひぐらしのなく頃に奉 ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉 ひぐらしのなく頃に奉
ひぐらしのなく頃に奉 ひぐらしのなく頃に奉

 以下に,本作に収録されるシナリオの概要と,主要な登場人物を掲載しておく。ネタバレ要素もある程度含まれるので,文章は折りたたんで隠してある。詳細を読みたい人は「もっと見る」を押してほしい。

「ひぐらしのなく頃に奉」公式サイト


ひぐらしのなく頃に奉

鬼隠し(おにかくし)編

ひぐらしのなく頃に奉
都会から田舎の雛見沢に引っ越してきた前原圭一は、同級生の竜宮レナやクラス委員長の園崎魅音たちと賑やかな、楽しい毎日を過ごしていた。
都会にはなかった、充実した時間を満喫する圭一。

――しかし、村の伝統祭である「綿流し」を目前にして、彼は村を訪れたカメラマンの富竹から村の過去について聞かされる。そして、仲間たちはなぜか、その事を秘密にしていることに気づく……。

綿流し(わたながし)編

ひぐらしのなく頃に奉
偶然入ったファミレスで圭一は、そこでバイトしている魅音とばったり出くわした。いつもの男勝りな彼女と違い、かわいらしい衣装に驚く圭一。
しかしレナは、それが本来の魅音の姿なんだと言って、意味深な注意を投げかけた。そして綿流しの日、圭一は意外な人物からの誘いを受けて、古手神社の祭具殿に忍び込むことになる。
しかしそれは、村でも禁忌とされていた行為だったのだ……。

祟殺し(たたりごろし)編

ひぐらしのなく頃に奉
ちょっとした意地の張り合いで起こった勝負をきっかけにして、圭一は下級生の北条沙都子と仲良くなる。行方不明になった兄を気丈に待ち続ける彼女のことを知った圭一は、沙都子の兄代わりになろうと心に決めて世話を焼くことに。くすぐったいような、あたたかい日々。
しかしそんな安らぎの時間は、邪な闖入者――沙都子の叔父・北条鉄平によって無残にも打ち砕かれる。徐々に心が崩壊していく彼女を見かねた圭一は、ある決断を下した……。

染伝し(そめうつし)編

ひぐらしのなく頃に奉
夏美たち一家が興宮から垣内に引越してきてから、およそ一年が経った。
はじめは慣れない都会の生活に戸惑っていた夏美も、今では仲良しの友達と一緒に遊びに出かけたり、アルバイトをしたりと楽しい毎日を送っていた。そんなある日、夏美は憧れていた同級生の暁から告白される。有頂天になって喜ぶ夏美だったが、通りがかったTVのニュースで彼女は、郷里の雛見沢で起こった凶事を知る。それをきっかけに夏美の周囲には、不穏な影が落ちはじめていった……。

盥回し(たらいまわし)編

ひぐらしのなく頃に奉
仲間たちと楽しく盛り上がる中、綿流しのお祭りが終わった。しかし、その夜に「オヤシロさまの祟り」と呼ばれる怪死事件が起きたことを聞かされた圭一は、得体のしれない不気味さと不安を抱くようになる。
しかも、なぜか事件そのものをひた隠しにし続ける仲間たち……。
思い余った圭一は魅音に相談しようとするが、返ってきたのは…。

憑落し(つきおとし)編

ひぐらしのなく頃に奉
北条鉄平のせいで辛い生活を余儀なくされている沙都子を救うため、圭一、レナ、詩音は結託して「ある計画」を実行に移すことを決意する。 そして村のお祭りである綿流しの日、3人は木陰に潜んで待ち構え、目的を果たした。
これで待ち焦がれた日常が戻ってくる……彼らはそう信じていたが、思いもしなかった綻びから計画は徐々に崩れていく。そして…。

暇潰し(ひまつぶし)編

ひぐらしのなく頃に奉
昭和53年。警視庁公安の刑事・赤坂衛は、建設大臣の孫が誘拐された事件の捜査に駆り出される。そして、その犯人が潜伏している可能性のある場所のひとつ、雛見沢村を訪れることとなった。
その村は、数年後に建設されるダムによって水没することになっており、住まいを奪われる村人たちの反対運動が繰り広げられていた。そこで彼は老刑事の大石、そして不思議な少女『古手梨花』と出会う…。

目明し(めあかし)編

ひぐらしのなく頃に奉
昭和57年。全寮制の学校を抜け出した詩音は、生まれ故郷の雛見沢へと戻ってきた。本来ならば彼女は家の掟により、村で生活することを許されない立場であったが、生来の機転と周囲の人々の協力で興宮で新生活をスタートさせる。
そこで彼女は、とあることをきっかけに優しげな顔の少年、悟史と知り合う。詩音は彼に惹かれてゆくが、二人の間には厚い壁が立ち塞がっていた…。

昼壊し(ひるこわし)編

ひぐらしのなく頃に奉
とある放課後。レナは圭一と一緒にゴミ山での宝探しを楽しんでいたが、ふと空を見上げた拍子に、空から降ってきた『何か』を飲み込んでしまう。
心配して気遣う圭一だったが、特に異常もなく帰宅することに。一方同じ頃、古手神社ではちょっとした事件が起こっていた。神社の秘宝『フワラズの勾玉』が封印を解かれて、消息不明になってしまったのだ。その行方を探す梨花と沙都子だったが、そのひとつの居場所を突き止めて仰天する。なんとそれは先日、レナが飲み込んだ『何か』だった…!

影紡し(かげぼうし)編

ひぐらしのなく頃に奉
昭和58年。悪夢のような雛見沢ガス災害発生から数日後、赤坂は旧知の老刑事、大石の訪問を受ける。そこで彼から、今回の災害に不審な点があることを聞かされて、二人は共同でその謎について調査を開始した。
そして、捜査先の垣内市の女警部、巴の協力を得て雛見沢の出身者へ聞き込みを行う赤坂たちだったが、その相手が次々と変死する事件に巻き込まれて、調査活動は予想外に難航することに。一方、雛見沢御三家の少女『公由夏美』もまた、今までの生活に黒い変化が訪れていた…。

罪滅し(つみほろぼし)編

ひぐらしのなく頃に奉
いつものように大騒ぎを繰り広げ、楽しい時間を過ごす部活メンバーたち。
しかし、レナは自分の家庭に突如降り掛かった不幸に悩み、苦しんでいた。
平和で幸せな日常を取り戻すため、ついにレナは悲しい決断をする。そして、偶然その凶行を知ってしまった圭一たちは、仲間として力になると誓い合い、彼女に手を差し伸べる。一度は圭一たちを信頼しようと思ったレナだったが、その後も罪の意識と身の回りに起きる不可解な現象に苛まれ続け、やがて…。

皆殺し(みなごろし)編

ひぐらしのなく頃に奉
雛見沢に引っ越してきて以来、圭一は持ち前の行動力と優しさで村でも評判の人気者(ひょうきん者?)になりつつあった。綿流しのお祭りでも大役を任され、張り切る圭一とそれを戸惑いながら見守る梨花。
ところがそんなある日、しばらく行方をくらましていた沙都子の叔父、北条鉄平が帰って来て、彼女を連れ帰ってしまった。その男が過去、沙都子にひどい仕打ちをしていたことを知る圭一と部活メンバーは、彼女を助けたい一心で奔走する。そして、梨花は…。

宵越し(よいごし)編

ひぐらしのなく頃に奉
昭和58年6月に発生した火山性ガスの噴出により、一夜にして住民の大半が死亡・行方不明となった雛見沢村。その後、村の一帯は厳重に閉鎖されていたが時代は平成へ移り、20年余りを経てようやく閉鎖が解除された。
そして平成18年のある日、オカルトライターの荒川龍ノ介はとある女性フリーライターと同伴して取材のため、雛見沢村を訪れた。雨の降りしきる中、彼らはそこで車を発見する。が、その中にいた人はみな死んでいた。急ぎ警察に連絡しようと村の集会所跡を訪れた荒川たちは、そこで…。

解々し(ときほぐし)編

ひぐらしのなく頃に奉
昭和57年、秋。南井巴は警察庁の準キャリアとして、垣内署に出向していた。ある日、以前の勤務地である茨城県警の管区内で起きた不可解な怪死事件を偶然知った巴は、顔なじみの少女尾崎渚に依頼されて捜査を開始する。
そして、渚と被害者がとある学校内で起きた傷害事件に深く関わっていたことを受けて、その加害者である少女…竜宮礼奈の転校先、雛見沢村を訪れた。親交のある老刑事、大石の口から語られる雛見沢村の謎と、「オヤシロさま」の存在。さらに彼女は、平穏に暮らしているはずの礼奈が隠し持つ「別の顔」を目の当たりにすることになる…。

祭囃し(まつりばやし)編

祖父の夢を叶えることを願い続け、強い意志とともに努力を重ねてきた彼女は成長して、ついに運命をつかむ「力」を手に入れた。その、神をも恐れぬ彼女の覚悟を悟った「少女」は、ようやく傍観をやめて自ら舞台へと上がることを決意する。そして新たな部活メンバーとして圭一たちの仲間に加わり、絶望的だった梨花の運命を切り開くために彼らに協力を求めるのだった。
強固に閉ざされた、未来への扉。その先に待っていたのは希望と、そして…。

澪尽し(みおつくし)・表/裏編

前の世界で、ついに敵の正体を突き止めた梨花。…しかし、かすかな希望を胸に秘めて目覚めた次の世界では、常にそばで支えてくれた「彼女」の姿がどこにも見当たらなかった…。
一方、その行動力と意気の良さで今や村中の人気者となった圭一は、魅音から委員長の座を譲られる。期待と信頼を込めてお祝いする部活メンバーたちだったが、なぜか梨花の様子がおかしいことに圭一は気づく。そんな彼の想いを知った梨花は、ある決心を固めてずっと隠し続けてきた秘密を打ち明けた…。

賽殺し(さいころし)編

ようやく取り戻した平和な日常。だがそんなある日、部活メンバーとプールに出かけた梨花はその帰り道、交通事故に遭ってしまった。そして次に梨花が目覚めた世界は、今までとは全く違った事実で構成された異様な「雛見沢」だった。
死んだはずの両親が生きていて、仲間たちの様子もおかしい。なによりも、自分のそばに羽入がいないのだ。初めての体験に戸惑いと恐怖を覚えながら、梨花は元の世界に戻るための調査を開始する…。

言祝し(ことほぐし)編

雛見沢が、鬼ヶ淵村と呼ばれていた遠い昔。「少女」は使命を帯びて剣を携え、人里に跋扈して暴威をふるう「鬼」を狩っていた。全ては自らの身体に流れる「血」に課せられた、一族の罪をあがなうため…。
そんな想いを胸に抱いてひとり悲壮な戦いに身を投じていたのだが、ある日彼女は人間の青年と出会い、恋に落ちる。そして子供を授かり、今まで想像もしなかった平和な日常を手に入れた。…だがその後、村に鬼が出没するという噂を聞きつけた彼女は、再び剣を取って立ち上がる。それが、全ての悲劇の始まりであった…。

羞晒し(はじさらし)編

梨花の提案で、プールに行くことになった部活メンバーたち。しかし当日、圭一は慌てて家を出たせいでうっかり海パンを忘れてしまった。
このままでは罰ゲーム?!と恐れおののく圭一だが、ちょっとした縁で不思議な海パンを手に入れ窮地を脱する。しかし、その海パンにはとんでもない魔法、いや呪いがかけられていたのだった…。

ひぐらしアウトブレイク

雛見沢の平和な日常は突如として不穏な空気に包まれる。県境に張り巡らされた封鎖線。防護服に身を包んだ男たち。雛見沢から未知のウイルスが検出されたというのだ…。
平穏な生活を失い、封鎖された雛見沢に疑心暗鬼の闇が渦巻く。
未知のウイルスとは…オヤシロさまの祟りか、陰謀か?
そして防護服の男たちの正体と、梨花の行方は…圭一とレナはバットと鉈を握りしめ、決死の戦いに挑む。この惨劇の結末とは…!?

ひぐらしアウトブレイク 〜神姦し(かみかしまし)編〜

アウトブレイクから続く物語り。興宮での攻防の末、采という少女と出会う圭一たち。その頃、1人残った梨花は富竹と合流し、ウイルス散布の実行者がとある人物だと知る……。
園崎家のシェルターで合流する一行だったが、それは「人ならざる者たち」が集うことを意味していた…。小さな行き違いが個々の対立となり、やがては人類の存亡を掛けた大事件へと発展する。

雛見沢停留所(ひなみざわていりゅうじょ)

某地方の山奥…。その村外れにあるバス停「雛見沢停留所」…。女子高生の梨花は、後輩の魅音と共にこの場所を訪れる。
雛見沢でのダム建設を巡り絡み合う人間模様、そして語られる地域に根付く「オヤシロさま」の祟り。待ち受けるのは惨劇か、それとも…!?
「ひぐらし」では少女だった古手梨花が本作では女子高生として登場し、梨花より年上だった魅音が後輩となるなど、本編とは大きく異なるキャラ設定となる。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介



ひぐらしのなく頃に奉
前原 圭一まえばら けいいち
(CV:保志総一朗)

本作の主人公。画家を生業とする父と母の3人暮らし。最近、都会から雛見沢に引っ越してきた。好奇心旺盛で熱血漢、都会の学校では成績優秀だったらしい。口が達者で、「口先の魔術師」の異名を持つ。


ひぐらしのなく頃に奉
竜宮 レナりゅうぐう れな
(CV:中原麻衣)

圭一の同級生。
世話好きな性格で、毎朝一緒に学校に通うなど、圭一とは一番の仲良しである。
かわいいものに目がなく、見つけると手当たり次第自宅に「お持ち帰り」してしまう癖がある。
かぁいいモードに入ったレナには一切の物理法則が通用しない強さがあるとか……。


ひぐらしのなく頃に奉
園崎 魅音そのざき みおん
(CV:雪野五月)

圭一の上級生。
クラスでは委員長を務めるリーダー格。
テンションが高く、ノリが良い姉御肌ゆえに周囲から慕われている。たまにおじさん臭くなるのはご愛嬌。
「部活」と称し、圭一たちと様々な遊びで日々盛り上がっている。


ひぐらしのなく頃に奉
古手 梨花ふるで りか
(CV:田村ゆかり)

主人公の下級生で沙都子とは同学年。
年齢に似合わぬ落ち着いた、物静かな性格。
沙都子とはまるで正反対だが、二人一緒にいることが多い。
たまに発する「み〜」「にぱ〜☆」などの口癖は、子猫のような愛くるしさで、破壊力抜群。
かぁいいモードのレナにいつもお持ち帰りされそうになる。


ひぐらしのなく頃に奉
北条 沙都子ほうじょう さとこ
(CV:かないみか)

圭一の下級生。
文法的に怪しいお嬢様口調でしゃべる。
負けず嫌いな性格で、生意気な面もあるがまだ幼く、圭一や魅音にからかわれ泣いてしまうことも。
また、トラップを仕掛けるいう趣味を持ち、その才は魅音すらも恐れるほどである。


ひぐらしのなく頃に奉
園崎 詩音そのざき しおん
(CV:雪野五月)

隣町・興宮に住む、魅音の双子の妹。
「エンジェルモート」というファミレスでアルバイトをしている。
外見は魅音と瓜二つだが??

ひぐらしのなく頃に奉
大石 蔵人おおいし くらうど
(CV:茶風林)

毎年雛見沢で起こる怪死事件を追う刑事。定年退職までに事件を解決させようと執念を燃やす。
ひぐらしのなく頃に奉
富竹 ジロウとみたけ じろう
(CV:大川透)

年に数回、東京から雛見沢にやってくるフリーのカメラマン。野鳥撮影を専門にしているらしい。
ひぐらしのなく頃に奉
鷹野 三四たかの みよ
(CV:伊藤美紀)

大人の魅力を大いに感じさせる診療所の看護師。雛見沢の歴史に興味を持ち、独自の研究を行っている。
ひぐらしのなく頃に奉
入江 京介いりえ きょうすけ
(CV:関俊彦)

村唯一の診療所の医師。落ち着いた大人の印象を与えるが、実はとんでもなくメイド好き。

熊谷 勝也(くまがい かつや)
(CV:川村拓央)

興宮署の刑事。したたかでフットワークが軽く、大石が最も信頼する部下のひとり。
知恵 留美子(ちえ るみこ)
(CV:折笠富美子)

圭一たちが通う学校の担任教師。まだ年若いが、生徒たちに対する責任感は人一倍。カレーが大好き。
岡村 傑(おかむら すぐる)
(CV:瀧本富士子)

圭一の後輩で、学校のクラスメイト。純粋でぽやんとした、ちょっと小太りの田舎少年。親友の富田といつも一緒にいる。梨花萌え。
亀田 幸一(かめだ ゆきかず)
(CV:田中一成)

県内の高校で野球部に所属するエースピッチャー。その豪速球は全国級で、甲子園でも大活躍中。が、その実態はスイーツと萌えを愛でる熱血バカ。
富田 大樹(とみた だいき)
(CV:松元恵)

圭一の後輩で、学校のクラスメイト。実家は豆腐屋。痩身でメガネをかけており、どことなく理屈っぽそうな印象を与える。沙都子萌え。
公由 喜一郎(きみよし きいちろう)
(CV:塚田正昭)

雛見沢村の村長。かつてのダム反対運動では武闘派で鳴らしたが、今は人のいい好々爺。
 

北条 鉄平(ほうじょう てっぺい)
(CV:宝亀克寿)

沙都子の叔父で、どうしようもないくらいの荒くれ者。最近、隣町・興宮から戻ってきた。

北条 悟史(ほうじょう さとし)
(CV:小林ゆう)

沙都子の実兄。争いごとを好まない温和な性格。一年前に自宅を出たきり行方不明になっている。

間宮 リナ(まみや りな)
(CV:氷上恭子)

レナの父親が付き合っている女性。たびたび竜宮家を訪れて、3人で食事に出かけたりしているらしい。レナとは一見仲良しのようだが……。

ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【染伝し編】



ひぐらしのなく頃に奉
公由 夏美きみよし なつみ
(CV:水橋かおり)

雛見沢名家のひとつである『公由家』の親戚筋の女の子。かつては興宮に住んでいたが、父親の都合で都会へと引越した。
父母と祖母の4人暮らしで、明るく愛嬌があるおばあちゃんっ子。都会生活にもようやく慣れてきたが、時々ストレスを感じている。現在、千紗登の紹介で介護士のアルバイトをしている。


ひぐらしのなく頃に奉
南井 巴みない ともえ
(CV:井ノ上奈々)

垣内(かきうち)署の刑事一課所属の刑事で、階級は警部。警察庁推薦組の幹部候補として、垣内署に出向している。
真面目だが、少々頑固で融通の利かないところが欠点。綿流しの夜に発見された、謎の焼死体を捜査したことがきっかけとなって、雛見沢の事件に関わってゆく。


佐伯 千紗登(さえき ちさと)
(CV:佐藤利奈)

夏美のクラスメイト。都会の生活に慣れていない夏美のことを色々と気遣っている。マシンガントークの達人。有名な大病院の娘だが、およそ令嬢らしくないお調子者。
藤堂 暁(とうどう あきら)
(CV:日野聡)

夏美の同級生で、片想い相手。美術の特待生として在学中。夏美の友達である千紗登と珠子とは、幼馴染の間柄。少々口下手で、朴念仁気味。千紗登によくからかわれている。
牧村 珠子(まきむら たまこ)
(CV:福井裕佳梨)

夏美のクラスメイトで、委員長。千紗登の幼馴染で、暴走しがちな彼女のストッパー兼ツッコミ役。しっかり者で、家庭でも姉として小さな弟妹の面倒を見ている。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【影紡し編】



ひぐらしのなく頃に奉
赤坂 衛あかさか まもる
(CV:小野大輔)

警視庁公安の刑事で、階級は警視。
雛見沢大災害の後、謎の解明に奔走する大石に協力して、雛見沢村出身者の調査を行うべく垣内市を訪れた。
夏美たちには「興宮書房」の人間だと名乗っている。
妻の雪絵を5年前に失い、忘れ形見の美雪と二人暮らし。


赤坂 美雪(あかさか みゆき)
(CV:沢城みゆき)

赤坂の娘で、昭和58年時点では5歳。公務に忙しい日々を送る父を誇りに思いながらも、時々寂しさも感じている。それでも、心配をかけまいと健気に振舞う、優しい少女。
南井 まどか(みない まどか)
(CV:下田麻美)

垣内署所属の警官で、交通課巡査。巴の妹。元々はキャバクラでホステスをやっていたが、顧客のひとりだった山沖の勧めで警察官に就職した。楽天的でのんきな性格のため、正反対の巴とはよく衝突するが、姉のことを誰よりも心配している。
山沖 薫(やまおき かおる)
(CV:若本規夫)

垣内署長で、階級は警視正。飄々としたナイスミドルだが、冗談と本気の境目がわからないほどに言動がいい加減な、自称『昼行灯』。現在、娘ほど年下のまどかと婚約中で、その姉の巴には蛇蝎のごとく嫌われている。…が、気にしていない。
藤田 慎吾(ふじた しんご)
(CV:千葉進歩)

垣内署所属の刑事で、刑事一課巡査部長。同年代の巴にはあごで使われるパシリ役だが、彼女とのコンビは県警内でも有数の検挙率を誇る。妻帯者だが、どちらかというと恐妻家。巴には数々の弱みを握られて、頭が全く上がらない。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【宵越し編】



ひぐらしのなく頃に奉
反町 美雪そりまち みゆき
(CV:沢城みゆき)

主に野外系の記事を得意とする女性
フリーライター。暗闇でも物おじせず、飄々とした言動の中にも隙がない。
雛見沢には昔から興味があったらしい。


園崎 魅音(そのざき みおん)
(CV:雪野五月)

和服姿の、妙齢の女性。常に日本刀を肌身離さず、危険な雰囲気を漂わせている。雛見沢出身者で荒川以上に色々と詳しいが謎の多い人物。
荒川 龍ノ介(あらかわ りゅうのすけ)
(CV:前野智昭)

「週刊セブン」編集部に出入りするフリーライター。雛見沢村の大災害をさらに調査し、実際に自分の目で確かめようと現地取材を強行する。見栄っ張りだが、実は結構怖がり。
黒澤 工(くろさわ たくみ)
(CV:石田彰)

十和田と同棲している青年。荒川たちが来た時には泥酔して、部屋の隅で寝転がっている。が、帰り間際に突然、姿を消してしまう。
乙部 彰(おとべ あきら)
(CV:宮田幸季)

とある目的で雛見沢を訪れたが、同行者とはぐれてしまい、雨の中で迷っていたところで魅音と遭遇する。気が小さく、常に消極的。魅音には「悟史」という少年に似ていると言われるが……。
十和田 八重(とわだ やえ)
(CV:新谷良子)

閉鎖が解除された雛見沢に興味を持ち、同棲相手の工とドライブでやってきた。帰り支度をしていた間際に、荒川たちと出会う。引っ込み思案で、おとなしい性格。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【祭囃し/解々し編】



ひぐらしのなく頃に奉
尾崎 渚おざき なぎさ
(CV:仁後真耶子)

垣内近辺の町に住む少女。
元々は茨城に住んでいたが、とある事件のために転校した。
内気で人見知りする性格。それでも、昔はまだ明るかったとのことだが…。


ひぐらしのなく頃に奉
羽入はにゅう
(CV:堀江由衣)

頭から角が生えた、謎の転校生。
梨花の親せきとのことだが、詳細は不明。
少々臆病で泣き虫だが、時々はっとさせられるような鋭い発言をすることも。


塚田 理(つかだ おさむ)
(CV:中村悠一)

厚生大臣を務める代議士の第二秘書。巴の高校時代の先輩で、物静かな外見だが末は政治家を目指す野心家。以前は巴と交際していると噂が立つほど親密な仲だった。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【澪尽し編】



南井 巴(みない ともえ)
(CV:井ノ上奈々)

警察庁広報部の報道対応係長で、亡くなった尾崎渚の事件の真相を追って竜宮礼奈の存在にたどりつく。強い意思を持って困難に立ち向かう女刑事。夏美とは年齢を超えた親友の間柄。
公由 夏美(きみよし なつみ)
(CV:水橋かおり)

垣内の高校に通う女子学生。最近では新しい町での生活にも慣れて、明るく暮らしている。雛見沢御三家の重鎮、公由家の親せき筋だが村のことについてはあまりよく思っていない…?
竜宮 礼奈(りゅうぐう れいな)
(CV:中原麻衣)

雛見沢分校に通う女子学生。茨城に在住していた頃、学校で傷害事件を起こして転校した。現在は自らを「レナ」と名乗って、過去を思い起させないほどに明るく振る舞っている。
花田 史郎(はなだ しろう)
(CV:間島淳司)

巴の元部下で、同僚の藤田とともに彼女のパシリ役を務める刑事。それなりに優秀だが、やや皮肉屋で自信過剰なところが玉にキズ。趣味は車の改造とカーレース参加。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【言祝し編】



ハィ=リューン・イェアソムール・ジェダ
(CV:堀江由衣)

五次元の壁を越えて現在の世界に移り住むようになった「リューンの民」の入植状況を見守り、先住民への危害など違反行為を行う者に対して制裁することを任務とする「監視者(ジェダ)」のひとり。高位分子生命体のため、分子結合を操作することで肉体を実体・虚体に変換することができる。
古手 陸(ふるで りく)
(CV:関智一)

古手神社の若き神主。引退した父と二人暮らしをしている。穏やかで世間ずれしていない優しい青年だが、芯は強い。巫女衣装には異常なこだわりがある…?
古手 桜花(ふるで おうか)
(CV:田村ゆかり)

羽入と陸の間に生まれた子。園崎家と公由家の手厚い庇護で育ったため、少々甘えん坊。不可視体となった羽入を感知できるなど、霊感に似た能力がある。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【アウトブレイク〜神姦し編〜】



ひぐらしのなく頃に奉
うね

惨劇に包まれた雛見沢に、偶然居合わせてしまった不幸な少女。
しかし彼女には重大な秘密が隠されていた…。


ひぐらしのなく頃に奉
田村媛命たむらひめのみこと

羽入と同じ、人ならざるモノたちの長。
“この地”には羽入たちよりも古くから住まい、かつては羽入たちと争ったこともある……。


ひぐらしのなく頃に奉 登場人物紹介【雛見沢停留所】


ひぐらしのなく頃に奉
園崎 魅音そのざき みおん

楽天的でいつも騒がしい後輩。
梨花の事を「梨花さん」と呼び、度を超えて慕っている。
都会に憧れ、山奥である雛見沢から離れたいと考えている…。


ひぐらしのなく頃に奉
古手 梨花ふるで りか

真面目で優等生に見える、少し大人びた印象を持つ女の子。
魅音の先輩で、魅音のハメを外した行動のストッパー役。
雛見沢のダム計画に反対をしているが、それにはとある事情が…。



  • 関連タイトル:

    ひぐらしのなく頃に奉

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2018/07/20)
ひぐらしのなく頃に 奉 通常版 - Switch (【Amazon.co.jp限定特典】アイテム未定 同梱)
Video Games
発売日:2018-07-26
価格:8618円(Amazon) / 7100円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月23日〜07月24日