オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
GUNGRAVE VR
  • 発売日:2017年内
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「GUNGRAVE」がPlayStation VR用タイトルとして日本国内で2017年内に発売。内藤泰弘氏と今堀恒雄氏が協力し,韓国IGGYMOBが開発
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/08/29 14:07

ニュース

「GUNGRAVE」がPlayStation VR用タイトルとして日本国内で2017年内に発売。内藤泰弘氏と今堀恒雄氏が協力し,韓国IGGYMOBが開発

GUNGRAVE VR
 韓国BLUESIDEは,PlayStation VR対応のアクションシューティングゲーム「GUNGRAVE VR」PS4)を2017年内に日本国内で発売すると発表した。内藤泰弘氏,今堀恒雄氏も「GUNGRAVE VR」に携わっており,本作のメインテーマは,今堀氏が「GUNGRAVE VR」のために作曲した楽曲「Bara Armati」となるそうだ。
 なお,PS4版のあとに,OculusやViveなどのVRヘッドセットに対応したPC版のリリースも予定しているとのこと。

GUNGRAVE VR

 「GUNGRAVE VR」では,シリーズの世界観を保ちつつ,2作め「GUNGRAVE O.D.」以降のストーリーが展開されるそうで,ゲームとしては,主人公である「ビヨンド・ザ・グレイヴ」の二丁拳銃と棺桶を使ったアクションをそのまま継承。オブジェクト破壊をはじめとする三人称視点の“フルブレイクアクション”と,VRゲーム用に最適化した一人称視点の“ダイナミックシューティング”を用意しているとのこと。

 ちなみに,開発を担当しているIGGYMOMBは,Netmarble,GRAVITY,Gamevil,Softmaxなどでキャリアを積んだ人材が集まった韓国のゲーム開発スタジオだ。「GUNGRAVE VR」のほかにも,「GUNGRAVE G.O.R.E」を開発しているという。
 「GUNGRAVE G.O.R.E」のプラットフォームは資料に明記されていないが,IGGYMOBはモバイルゲームの開発会社であることから,スマートデバイス向けにリリースされる可能性がありそうだ(関連記事)。

IGGYMOB公式サイト



<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


- フルブレイクガンアクション「GUNGRAVE」、VRになって帰ってくる -

(株)ブルーサイド(代表キム・セジョン)は、韓国のゲーム開発会社(株)IGGYMOB(代表ソ・ジョンヒ)が開発しているVR専用のシネマティックアクションシューティングゲーム「GUNGRAVE VR(ガングレイヴ VR)」をPlayStation VR用に日本に年内発売する予定であると発表した。

「GUNGRAVE VR」は、SONY PlayStation 2用ソフトとして2002年にリリースされた「GUNGRAVE」をPSVR用に最適化して開発された最新作品だ。
「GUNGRAVE」の世界観をそのままに2作目の「GUNGRAVE O.D.」以降のストーリーで展開し、ゲーム性もリリース当時に高く評価された無限シューティング、オブジェクト破壊といった爽快感を失う事無く、フルブレイクアクションがVRゲーム用に最適化されている。
原作のメンバーが開発に加わりシリーズの系譜を継承した作品だ。

圧倒的存在感のある主人公の孤高の殺し屋「ビヨンド・ザ・グレイヴ」の2丁の愛銃「ケルベロス」による華麗な射撃と背中に背負った「棺桶」を活用した豪快なアクションをそのまま継承している。

サードパーソン視点を通じた「フルブレイクアクション」とファーストパーソン視点の「ダイナミックシューティング」を全て盛り込んだ「GUNGRAVE VR」は、2017年中にSONY PlayStation VRを通じて先にリリースされた後、続いてOculus、Viveなどの人気VRハードウェア用にもリリースされる予定だ。

開発会社のIGGYMOBはNetmarble、GRAVITY、Gamevil、Softmaxなど、韓国の大型開発会社で多年間勤務したシニア級以上の人力で構成されたゲーム開発スタジオであり、現在「GUNGRAVE VR」と「GUNGRAVE G.O.R.E」を開発している。

また、「GUNGRAVE」のオリジナルイラストレーターの内藤泰弘さん、音楽を担当した今堀恒雄さんも「GUNGRAVE VR」に関連した作業を支援しており、 今堀恒雄さんが「GUNGRAVE VR」のために作曲した「Bara Armati」が「GUNGRAVE VR」のメインテーマ曲として収録された。

IGGYMOBの事業総括理事の新安清源は「多くのファンのみなさんに愛されてきたGUNGRAVEの最新作をVR用ゲームとして発表する事ができ、非常に嬉しく思います。原作特有のダイナミックさと華麗なアクションをVRならではの驚くべき没入感で経験することができるように最善を尽くして開発しています」とし、「キングダムアンダーファイア、N3などで日本でも知られている韓国のブルーサイドと協業をするだけに、ユーザーのみなさんに満足して頂けるクオリティーでサービスできると期待しています。」と感想を明かした。



  • 関連タイトル:

    GUNGRAVE VR

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月17日〜11月18日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
70
2017年05月〜2017年11月