オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ラブプラス EVERY公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2017/冬
  • 価格:基本プレイ無料+アイテム課金
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[TGS 2017]これはニヤニヤが止まらない! 「ラブプラス EVERY」モバイルVR体験レポートステージでマフィア梶田氏が愛を叫ぶ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/09/22 02:52

イベント

[TGS 2017]これはニヤニヤが止まらない! 「ラブプラス EVERY」モバイルVR体験レポートステージでマフィア梶田氏が愛を叫ぶ

 2017年9月21日,東京ゲームショウ2017のKONAMIブースにて,マフィア梶田氏「ラブプラス EVERY」iOS / Android)のVRモードを体験し,その模様をレポートするステージイベントが開催された。本稿ではそのステージイベントの様子をお伝えしよう。


 「ラブプラス EVERY」はコンシューマ機向けタイトルとして誕生した恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス」シリーズのスマホ向けタイトルで,これまでのシリーズ同様に,高嶺愛花(CV:早見沙織さん),小早川凛子(CV:丹下 桜さん),姉ヶ崎寧々(CV:皆口裕子さん)が登場し,日々の恋人生活を楽しめる。
 東京ゲームショウ2017で本作の試遊が可能となっているのだが,ブース内で体験できるのは「高嶺愛花」「小早川凛子」「姉ヶ崎寧々」とバーチャルリアリティの世界で対面できるVRモードだ。

ステージにはMCの山蔭ヒーロさんと,4Gamer編集部のおれっち(Orecchi)が登壇し,ステージのディスプレイには,KONAMIブース内でVRモードを体験するマフィア梶田氏とMCの渡辺未優さんによる中継映像が映し出されていた

 体験レポートはKONAMIブース内の「ラブプラス EVERY」コーナーの入り口からスタートし,梶田氏が十羽野高校で送った学生生活の思い出(?)を語りながら校門(体験コーナーの入り口)をくぐるところから始まる。
 校内に足を踏み入れると,梶田氏はおもむろに靴箱にあった上履きに手をかけ,その匂いを堪能。そのままスタッフに導かれ「2-C」と書かれた教室という名の個室に「僕,こういうお店はじめてなんです」と侵入する。そのコメントに山蔭さんとおれっちから,「そこはスクール! スクールですよ!」と鋭いツッコミが入った。

 席に着席し,梶田氏が制服姿の同級生(スタッフ)に手渡されたのが「ラブプラス EVERY」を体験できるメインディッシュ,もといVRゴーグルだ。スタッフから「あなたの彼女を教えてください」と聞かれ,躊躇なく「凛子です!」と答えた梶田氏。さっそくゴーグルを装着すると眼前には教室の風景が映し出され,運動部の声が聞こえている様子だ。ちなみに,VRゴーグル内でどういった映像が映し出されているのかは,これから試遊する人への配慮からか,ステージ観覧者も見えないようになっていた。どういった世界が広がっているのかは,体験者のコメントから想像するのみだ。

試遊の手順としては,最初にカノジョを選択し,ナナメ上を見上げるとVRモードが開始となるようだ

 梶田氏の実況から察するに,舞台は学校の教室。窓は開いており,机には本が積み上げられている模様だ。周りの状況をひととおりチェックしたところで本命のカノジョ“凛子”が登場すると,バーチャルリアリティでの記念すべき対面に梶田氏は「凛子ーーーーっ!」と歓喜の声を上げた。

 バーチャルリアリティの世界で対面した凛子は「細くて,小さくて,抱きしめたら壊れそう」な華奢な見た目とのこと。試遊をはじめてほどなく,選択肢が複数表示されるようで,その1つには「キスをする」というものがあるらしい。実際に「キスをする」を選択した梶田氏であったが,なぜか凛子はその場から離れてしまった。一体何が起きたのだろうか……。

VR上では凛子との記念すべき対面を果たしているのだが,現実世界では「スタッフさん危ない,逃げて」のような状況になっていた。幸か不幸か梶田氏は現実世界が見えていない

 試遊を終えた梶田氏によると,VRモードはニヤニヤがとまらない内容になっているとのこと。しかし,ローアングルからは眺められない仕様だそうだ。ステージの最後は,カノジョとの恋人生活はもちろんのこと「ラブプラスは恋愛のプロセスも大切。これをきっかけにラブプラスシリーズを始めてみてほしい」という,山蔭さんとおれっちのコメントによって締めくくられた。

 ステージを見ただけでは体験者の眼前にどのような世界が広がっていたのか,そのすべてを把握することはできなかったが,熱心な“リンカレ”として知られる梶田氏の興奮する様子から察するに,VRで対面できるカノジョとの時間は幸せに満ちたものなのかもしれない。
 今冬の配信を控えた本作だが,詳しいゲーム内容はまだ明らかとなっていない。「ラブプラス EVERY」がどのようなタイトルとなるのか,東京ゲームショウ2017に足を運べる読者は,試遊でその一端を確かめてほしい。

ラブプラス EVERY

「ラブプラス EVERY」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ラブプラス EVERY

  • 関連タイトル:

    ラブプラス EVERY

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月12日〜12月13日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月