オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
MONSTER HUNTER: WORLD公式サイトへ
準備中
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[E3 2017]辻本氏と藤岡氏のインタビューから分かった「MONSTER HUNTER: WORLD」の新要素をまとめて紹介
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/06/14 18:14

イベント

[E3 2017]辻本氏と藤岡氏のインタビューから分かった「MONSTER HUNTER: WORLD」の新要素をまとめて紹介

 「PlayStation E3 MEDIA SHOWCASE」で発表されて注目を集めている,「モンスターハンター」シリーズの最新作「MONSTER HUNTER:WORLD」(以下,MHW)。北米時間2017年6月13日にスタートしたE3 2017の会場では,本作のゲームプレイが確認できるシアターが公開されており,ひと狩り終えるまでの流れが見られる。


 今回はそのシアターを確認したあとに,本作のプロデューサーを務める辻本良三氏と,エグゼクティブディレクター兼アートディレクターの藤岡 要氏に話を聞くことができた。本稿では,シアターとインタビューの内容から,現時点で分かる範囲の要素をまとめてみたので,気になる人は確認してほしい。

辻本良三氏(右)と藤岡 要氏(左)


■MHWのタイトルが意味するものは

 MHWのタイトルは,ナンバリングされていない。これに関して,海外ではシリーズ作品の仕切り直しとして,ナンバリングをしないという手法がよく見られるが,MHWも同じように,シリーズを見つめなおすという意味を込めてこのタイトルにしていると,辻本氏は話していた。といっても,藤岡氏は,ナンバリングの気持ちで制作しているそうだ。また,ナンバリングをしないことで,新規のユーザーが参入しやすくするという狙いもあるとのこと。

 サブタイトルの“ワールド”には,モンスターハンターの世界(ワールド)を今の技術で再現するというコンセプトと,ワールドワイドで遊んでもらいたいという思いが込められているという。わざわざ海外のゲームショウであるE3の期間中に発表したのも,世界中のゲーマーに向けてアピールするという目的があったようだ。

MONSTER HUNTER: WORLD


■フィールドはシームレスに,広さは従来作から約2.5倍に

 これまでのシリーズ作品と大きく異なるのが,フィールドの構造だ。従来作のフィールドはいくつかのエリアで区切られ,エリア間を移動するたびにロードがあったが,本作ではすべてのエリアをシームレスに移動できる。また,フィールド自体も従来作と比べて2.5倍ほど広くなっているそうだ。

 モンスターハンターの世界にはエンジンで走る車はないので,広大なフィールドを移動するとなると大変そうに思えるが,本作ではポイント間を素早く移動するファストトラベルが採用されているので,あまり心配はなさそうだ。

MONSTER HUNTER: WORLD


■ペイントが廃止され,優秀な相棒「導蟲」が登場

 PlayStation E3 MEDIA SHOWCASEで公開された映像を見た人は,ハンターの前を先行する粒子のようなもの目にしたと思うが,あれは「導蟲(しるべむし)」と呼ばれる虫だそうだ。猟犬のような役割を持ち,フィールド内がシームレス化し,さらに広くなったため,プレイヤーが迷子にならないように導入されたとのこと。

MONSTER HUNTER: WORLD

 導蟲には,ハンターをモンスターのもとまで導くという大きな役目がある。フィールドで見つけたモンスターの痕跡を導蟲に嗅がせると,モンスターの場所までガイドしてくれる。より多くの痕跡に接触させることで精度が高まるため,しっかり痕跡を調べさせておけば,ハンターは導蟲の後ろをついていくだけで,お目当てのモンスターの場所にたどり着けるわけだ。

 また,これまでのシリーズであれば,モンスターを発見したときにペイントボールないし弾をぶつけるのがセオリーの1つであったが,本作ではモンスターが途中で逃げても導蟲が痕跡を辿ってくれるので,ペイントボールや弾そのものを廃止したそうだ。これならばリオレウスに逃げ回られても安心である。


■ひと狩り行くまでの流れは従来作と変わらず。準備はキャンプでも可能に

 一見すると大きく変化したように見える本作だが,「ひと狩り行こうぜ!」となるまでの流れはこれまでと変わらない。まずプレイヤーは拠点でクエストを受注し,内容をボードに貼り付けて仲間を募る。一人で行きたいのであればそのまま出発できるし,アイルーを連れていくことも可能だ。クエストの条件を達成すればクエストクリアとなる。

 また,これまでは準備を済ませてから狩りに出かけるのが普通だったが,本作ではスタート地点にあるキャンプで,装備を取り替えるなどの準備ができるようになった。装備を間違えてもいちいちリタイアする必要がないだけでなく,思わぬモンスターが現れたときに装備を変えることもできそうだ。


■環境を最大限に利用できるようなレベルデザインに

 ハンターは武器だけでなく,草むらを利用して追跡の目をやり過ごしたり,石ころを投げてモンスターの注意を逸らしたりといった具合に,環境を最大限に利用できる。
 PlayStation E3 MEDIA SHOWCASEで公開された映像でも,ロープをオブジェクトに引っ掛けて移動したり,岩を崩してモンスターにダメージを与えたりといったプレイが見られたが,藤岡氏によると,こういった環境利用こそが本作でやりたかったことだという。
 フィールドの高低差なども,そうした環境利用に合わせる形で考えられているようで,これまでとはひと味違った狩りが楽しめそうだ。

MONSTER HUNTER: WORLD


■初心者でも分かりやすいよう,ダメージ表示を採用

 MHWでは,モンスターに攻撃したときに与えたダメージが数値で表示されるようになった。これは,初めてモンスターハンターをプレイする人でも,ちゃんと攻撃が効いているどうかを分かるようにするため,導入することにしたそうだ。

 従来作からのプレイヤーは違和感を覚えそうだが,辻本氏によると,そこまで違和感はなく,むしろ,どこを狙えばいいのか分かりやすくなり,ゲーム性が増したという。気になる場合は,オプションでオフにすることもできるようだ。


■回復薬などのアイテムは飲み歩き可能に。一部のアイテムはスリンガーに集約

 従来作では,回復薬を飲むとその間に硬直が発生し,そこをモンスターに狙われることがあった。本作ではこの硬直をなくして,移動しながら回復薬が飲めるようになっている。また,飲んでる最中に危ないと感じたらキャンセルできるなど,基本行動に対する硬直はだいぶ減ったそうだ。

 また本作のハンターは,武器のほかにスリンガーと呼ばれるものを所持しており,従来作までにあったアイテムの一部はスリンガーに集約されているとのこと。


■オンラインマルチプレイは最大4人まで。途中参加も可能に

 これまでのシリーズと同じく,本作も最大4人でのオンラインマルチプレイが楽しめる。また,ボードに貼り付けられているクエストに途中から参加できるようになったのも,見逃せない要素といえるだろう。

 もう1つ面白い要素が救援信号だ。これは1人で狩りに出てピンチになったときなどに活用できるシステムで,救援信号を発信するとほかのプレイヤーのボードに,救援信号を出したプレイヤーのクエストが貼り出されるのだという。

MONSTER HUNTER: WORLD


■クロスプラットフォームの予定は,今のところなし

 MHWは,PC,PlayStation 4,Xbox Oneの3機種で展開(現時点の発表では,PC/Xbox One版の発売地域は北米・欧州のみ)されるが,異なるプラットフォーム間でのマルチプレイに対応する予定は,今のところないという。また携帯機向けのタイトルではないので,当然ながらゲーム機を持ち寄るローカルでのマルチプレイも存在しない。

MONSTER HUNTER: WORLD

 シリーズを見つめなおした作品ということで,まだまだ語り切れていない要素が多いとのことだったが,インタビューの時間が限られていたのですべては引き出せなかった。これから発売にかけて新情報が続々と飛び出すはずなので,引き続き注目していきたい。



「MONSTER HUNTER: WORLD」公式サイト

4GamerのE3 2017記事一覧

  • 関連タイトル:

    MONSTER HUNTER: WORLD

  • 関連タイトル:

    MONSTER HUNTER: WORLD

  • 関連タイトル:

    MONSTER HUNTER: WORLD

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月28日〜06月29日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月