オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
懐かしのポケモンと共に旅ができる「ポケモンレスキュー」は,ポケモンの歴史を巡る旅のよう。体験会をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/15 12:25

イベント

懐かしのポケモンと共に旅ができる「ポケモンレスキュー」は,ポケモンの歴史を巡る旅のよう。体験会をレポート

 ポケモンは2017年12月14日,東京都墨田区の「ポケモンセンタースカイツリータウン」において,「ポケモンレスキュー」の体験会を開催した。
 ポケモンレスキューとは,過去のタイトルで一緒に旅したポケモン達を,11月17日に発売された「ポケットモンスター ウルトラサンウルトラムーン」へ連れて行こうという取り組みのこと。レスキュー隊がポケモンファンの家を訪れ,カートリッジから思い出のポケモン達を連れてきてくれるTVCMを見たことのある人も多いのではないだろうか。


TVCMそのままのポケモンレスキュー隊員。深いポケモン愛を持つ,レスキュー隊員にふさわしい人材

 補足しておくと,ポケモンレスキューという名前の新機能の追加や,スタッフ派遣サービスがスタートしたわけではない。もともとポケモン達をお引っ越しさせる機能をフル活用すれば,ゲームボーイアドバンス(以下,GBA)の第3世代のシリーズタイトルで一緒に旅したポケモン達を,ニンテンドー3DSの第7世代タイトルに連れて行ける。これを周知するためのCMとして,レスキュー隊のイメージと,ポケモンレスキューという名前が用いられているのだ。

 この日はポケモンセンタースカイツリータウンに,TVCMそのままのポケモンレスキュー隊が登場。来場者のポケモンお引っ越しを手伝っていた。

ポケモンレスキュー隊の7つ道具。各世代のカートリッジと,ニンテンドーDS,ニンテンドー3DS,そして画面を綺麗にするマイクロクロース
ポケットモンスター ウルトラサン

 現在,ポケモンレスキューの対応ソフトとして公式からアナウンスされているのは,GBA版「ポケットモンスター ルビー・サファイア・エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン」(第3世代)と,ニンテンドーDS版「ポケットモンスター ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー」(第4世代),「ポケットモンスター ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2」(第5世代),そしてニンテンドー3DSバーチャルコンソール版「ポケットモンスター 赤・緑・青・ピカチュウ」「ポケットモンスター 金・銀」となる。

ポケットモンスター ウルトラサン
 具体的な方法は,ゲーム内の「パルパーク」「ポケシフター」と,ニンテンドー3DS用ダウンロードソフト「ポケムーバー」「ポケモンバンク」を併用して,「ウルトラサン・ウルトラムーン」のカートリッジへポケモン達を連れて行く。
 必要となるのは,これらのソフトと各世代のカートリッジおよび対応したゲーム機本体,インターネット接続環境,そしてポケムー365日ぶんで500円(税込)のポケモンバンク利用料だ。

 イメージとしては,歴史の古いカートリッジから新しいカートリッジへ,ポケモンの世代とソフトをまたいで電車を乗り継ぐような感じだろうか。これまでパルパークやポケシフターを使ったことのある人なら,「今までのお引っ越しの手順を順々に行い,最後にポケムーバー&ポケモンバンクでウルトラサン・ウルトラムーンへゴールする」と表現した方が分かりやすいかもしれない。
 参考までに,最も多くの手順が必要になる「ルビー・サファイア・エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン」の場合を見てみよう。

■その1
 まず,「ルビー・サファイア・エメラルド・ファイアレッド・リーフグリーン」から,「ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー」へ移行する。ここでは「ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー」のパルパークを使う。ダブルスロットを使用するので,ニンテンドーDS LiteかニンテンドーDSが必要となる。

ポケットモンスター ウルトラサン
ニンテンドーDS Liteのダブルスロットに,第3世代のカートリッジと第4世代のゲームカードをセット
ポケットモンスター ウルトラサン
「全国ずかん」を手に入れた後に使える「パルパーク」で,お引っ越しするポケモン達をゲット
バクーダのお引っ越し,第1段階が完了
ポケットモンスター ウルトラサン

■その2
次に,「ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー」から,「ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2」へ移行する。移行には「ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2」のポケシフターを使う。ニンテンドー3DSまたはニンテンドーDSシリーズ本体が2台必要だ。

ポケットモンスター ウルトラサン
ワイヤレス通信でニンテンドーDSと3DSをリンクさせ,DSダウンロードプレイを使ってポケシフターをニンテンドーDS側へ送る
ポケットモンスター ウルトラサン
「ポケシフター」は殿堂入り後に使える機能。弓でモンスターボールを飛ばし,お引っ越しするポケモンをゲットする
バクーダは第5世代のカートリッジに
ポケットモンスター ウルトラサン

■その3
最後に,「ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2」から,「ウルトラサン・ウルトラムーン」へ移行する。ここでニンテンドー3DSのポケムーバー&ポケモンバンクを使うことになる。

ポケットモンスター ウルトラサン
ポケムーバーを使い,ポケモンバンクにポケモン達を預ける
ポケットモンスター ウルトラサン
ポケモンバンクを使い,ポケモン達を連れ出す
バクーダは第7世代へ到着
ポケットモンスター ウルトラサン

 「ダイヤモンド・パール・プラチナ・ハートゴールド・ソウルシルバー」の場合は2番目,「ブラック・ホワイト・ブラック2・ホワイト2」および「赤・緑・青・ピカチュウ」「金・銀」の場合は3番目の手順から始めればいい。世代が新しくなるほど手順が少なくて済むわけだ。

ポケットモンスター ウルトラサン

 お引っ越しの最中には,ボックスを整理したり,パルパークやポケシフターをプレイして対象のポケモンをゲットしたりする必要がある。いろいろと準備を整えていると「ああ,この時のグラフィックスはこんな感じだったな」「この音楽は懐かしいな」「そういえばこいつは“ひでんわざ”要員だったから,お引っ越しの前に忘れさせておかないと」などなど,当時の思い出が甦ってくる。ついにデータが第7世代のカートリッジに着いた時などは,ちょっと感動してしまった。

レスキュー隊員は,懇切丁寧にお引っ越しのやり方を教えてくれた

 データ移行がエモーショナルな体験になっているのは,ひとえに制作スタッフの愛によるものだろう。お引っ越し元のカートリッジからはそのポケモンがいなくなり,移行のためにはパルパークやポケシフターといったミニゲームでゲットする必要があるなど,ポケモンをデータとしてではなくパートナーとしてあつかう仕組みにより,思い入れは増すことになる。
 また,ニンテンドーDSにGBA用のスロットを用意したり,ニンテンドー3DSにニンテンドーDSの互換機能を付けるといったハード面と,ポケムーバーやポケモンバンクといったソフト側の取り組みが実を結んだ結果とも言えるだろう。
 いくつかの手順を踏む必要はあるが,GBAのルビー・サファイアから15年を経た思い出のポケモン達と再び旅ができるというのは,当時のトレーナーにとってはたまらない体験であることは間違いない。残念ながら,今回のポケモンレスキューはこの日限りとのことだが,各地のポケモンセンターなどで同様の試みが行われても良いのではないかと感じられた。

この日,ポケモンセンターを訪れた人は,レスキュー隊員にお引っ越しの実演してもらったり,疑問点を聞いたりしていた
  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ウルトラサン

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ウルトラムーン

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月22日〜07月23日