オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
信長の野望・大志公式サイトへ
  • コーエーテクモゲームス
  • 発売日:2017/11/30
  • 価格:通常版:9800円(+税)
    TREASURE BOX:1万3800円(+税)
    GAMECITY & Amazon.co.jp限定セット:5万2800円(+税)
読者の評価
28
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

信長の野望・大志

信長の野望・大志
公式サイト http://www.gamecity.ne.jp/taishi/
発売元 コーエーテクモゲームス
開発元
発売日 2017/11/30
価格 通常版:9800円(+税)
TREASURE BOX:1万3800円(+税)
GAMECITY & Amazon.co.jp限定セット:5万2800円(+税)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
28
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • 過去最大の汚点 5
    良い点
    /靴靴ぞΧ箸梁え方
    合戦(中規模以上)
    悪い点
    〜換3Dマップが劣化(hpのマップカットはどこですかー)
    ▲瓮ぅ鷁萍未陳腐(あれはスマホ版ですかー)
    C枉襪籠擦覆描和い里いい箸海蹐鯀瓦討屬漸している。
    だ鑪の要素が全て委任できるようでは面白みが全くない。
    総評
    今までのコーエーゲームの中で最大級に落胆している。
    シブサワはこれをよしとして売り出した神経を疑うレベル。
    シミュレーションゲームの2大ソフトといえば、光栄とシステムソフトだと思っている。
    その中で大衆の支持を得られたのが信長の野望である。私が思うにこれはビジュアルの勝利であると思う。そして、機転となったのが天翔記であり、嵐世記であったと思う。
    一枚マップと箱庭内政、拡大戦場、創造で攻城戦の復活、これらはグラフックの向上に伴い、そこにプレイヤーの干渉が入ることで戦略の楽しさが生まれてきたと思っている。
    それが今回の劣化メインマップで全てぶち壊されている。築城したり、町を発展させたりのメインの面白さがこのゲームのどこにあるのか。
    スマホゲームのテストをPC版PS4版に持ち込むな!!
    ゲームの発表から今回初めて発売が遅延しなかったことに感心したが、いざ、ゲームを開始してHPで発表されていた倍精度3Dマップがいくらクリクリしても現れなかったこの絶望感は詐欺に値する。
    たぶん、メインシステムがこれでは、次に来るだろうPKは全く期待できないだろう。
    イメージソング・・・飾り以下だ。
    プレイ時間
    5時間以下
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 2 1 1 1
  • 城ゲー。どっちかっていうと天翔記系の戦闘重視スタイル。 75
    良い点
    ‐棋というかオセロというか、ダイナミックで楽しい合戦。
    外交の重要性向上。
    I霈能力のバランス調整。
    そ盤の緊張感、中盤の歯ごたえ。
    ゴ蔑化された内政。
    悪い点
    々臉錣琉冉い出来ない。
    ⊂襯押次
    シリーズ恒例後半のダレ。
    ぢ攻塗り絵ゲー。
    チ澗療に似非戦国臭強めなのが目立ってしまう。
    志は存在感が思ったより薄い。←超ガッカリ
    Щ拆襪發辰蛤遒蕕擦蹈丱!
    総評
    【よい点】
    ,箸砲く合戦は面白い。最初は戸惑うが、慣れれば士気をコントロールしながらダイナミックに戦える。敵の動きを読みながら、うまく布陣を維持していく楽しみがある。合戦ゲーとしてはそこそこ良作。
    基本、城の数=軍勢なので、序盤の同盟勢力はかなり重要。また今川・武田の三国同盟は北條家の無尽蔵とも言える兵力によって現実味があり、織田・徳川・長尾上杉家で今川や武田を攻めるときにうんざりできること間違いなし。
    I霈能力にだいぶ見直しが入り、武田四名臣がのきなみ強化されていたり、北條家の一門武将が底上げされていたり、誰だコイツ?ってやつが強かったりして新鮮味がある。また勢力ごとの武将数も底上げされている感があり、八柏道為のようなローカル武将も出ていて歓喜(能力は中堅扱いでやや不満だが)。一方で戦国初期の大名が強い傾向はまだ維持されているものの、修正されてきている印象。山口教継はおらん。
    そ盤はよほどの大勢力でもないかぎり、一戦一戦に大名家の存亡がかかる。中盤は周囲に気配りしておかないと、突然ノーマークの方向から攻撃されてあせることも。具体的には今川・武田・長尾を倒した後、北条家をじっくり喰っていたら、たまたま国境を接していたそこそこ巨大な南部が宣戦布告してきて二正面作戦を強いられ大苦戦したのに驚いた。蘆名や伊達、山内上杉などが残っていたので、今までの作品の印象から弱小を攻撃して攻めてこないと油断していた。この突然やられる感覚は天翔記に近い。
    ズ作は内政はやりこむ感じではなさそう。基本委任していた。内政しても城の数を増やさないと負ける。その意味で富国強兵での成り上がりプレイを楽しみたい人には魅力はあまり無い作品だが、逆に合戦に集中できるよう配慮されているという点では委任しても勝手にやりくりしてくれる内政は煩わしくなくてよい。

    【悪い点】
    々臉錣琉冉い出来ないのは痛い。本作の合戦はたしかに楽しいが、繰り返しやるとさすがに飽きる。とくに勢力が大きくなる中盤以降は委任したい。
    ⊂襪凌堯畄垣の数。軍勢は1つの城から1つの軍勢が基本(複数編成も出来る)。城が命。そのため序盤からとにかく城の数を増やすことが大事。兵力は多少少なくても軍勢の数が多ければうまく撃退できる。逆に少数の城に兵力がたくさんあっても、城の総数が足りなければ軍勢数で負ける。総兵力ではなく、軍勢数が勝敗を左右し、その軍勢数は城の数そのもの。そのため序盤から城数を確保しにいかないと必然的に負ける。
    8緘召呂い弔眥未螢瀬譴襦F本の大部分を支配すれば、即ゲーム勝ち確定終了の惣無事令もあるが、方策を解放する条件に特定武将を配下にしていることが条件のものもあり、武将コレクション要素もあるので、やめどきが難しい。シリーズ毎度のことだが、後半は後半で楽しめる要素がほしい。今回は志で何か変化があるかと思ったが、なかった。
    ぞ訖瑤魍諒櫃垢詆要もあるせいか、初級でさえCPUが序盤から自勢力拡大に精を出し、塗り絵を始める。どのシナリオで始めても5年も経つと小勢力はほぼつぶれる。意外なところで波多野家が拡大したり、三木家が北方に拡大する場合がある一方、浅井・朝倉や斉藤家はいつまでも閉じこもったりする。今までにない展開は楽しめるが、しかし本来の戦国時代とはほど遠い日本地図が作られる。本作のように合戦ゲー的な作品(天翔記や嵐世紀)と同じく塗り絵が早い。
    イ茲できているために似非戦国臭さがにじみ出ているところがあり、合戦は陣形に特殊効果がつくのがなんかむりやりっぽいし、楽しいがリアルな戦術性は感じない。日本全国の地形もウリだと言うわりに、事前情報だと城ごとの生活感さえ感じさせるようなイメージがあったが、そんなことはなかった。いつも通り城はマップ上のアイコンと化している。
    志の存在感は薄い。なんかもっと外交で存在感があるのかと思ったらそんなことなかった。基本的に戦争開始時に志固有っぽい台詞をいうのが目立つ程度。たとえば謙信は弱小大名家を併呑すると警告を発してきたりするのかと思ったが、そうでもなかった。発売前は志によってCPUから積極的に外交の働きかけがあるのかと思っていたが、そんなこともない。ただ天翔記のように外交しまくってくるのもこれはこれでウザイので難しいが、志は意外と存在感が薄い。外交行動などに変化があるのかもしれないが、それを感じない。
    Ц朕妖に支城を作って自分の大名領国を愛でる箱庭プレイが好きなので、支城を作るのに制限が多すぎ、総数も低めなのは評価×。というか支城がもっと積極的に作れれば城数の問題も解決するのにいまいち遊び心を理解してくれないいつものコーエーである。

    【総評】
    合戦ゲーとしては面白いことは確かで毎度の如く熱中できるところはあり、個人的にオススメであるが、富国強兵を楽しみ、地図を愛でる箱庭ゲーとしての信長を求める人には不満だろう。将星録・烈風伝ではなく、初代や天翔記路線のゲームであった。印象的には「トータルウォー:ショーグン2」みたいな感じでああいうの好きならいける。個人的には好きなのでいけた。ただ合戦ゲーは賞味期限が短く、いろいろ天下統一して飽きると基本そこで終わりである。天下統一せずに強国の支配をはねのけながら領国を愛でる道を次の信長の野望には求めたい。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 3 3 5 3
  • スマホ版の信長の野望 5
    • 投稿者:コト(男性/30代)
    • 投稿日:2017/12/01
    良い点
    インストールする時間を含めて半日位(13時間)は時間が潰せたのと、プレイするまでは
    ワクワクできた点。
    悪い点
    プレイヤーが出来る事は殆どありません。
    それぞれの感想は下記の通り。

    内政:農業は言うに及ばず商業ですらやれる事もやる事も無く、委任で十分。
    外交:鼻で笑えるレベルの内容で、周りに適当に良い顔をしていれば十分。
    軍事:物見って知ってますか?
       斥候って知ってますか?
       部隊全体で物見に向かうって、一般的には馬鹿ですよ。
    人事:外交が高いのが2−3人いれば後は脳筋だけでやっていける。
       内政?智謀?必要ない。
    総評
    4Gamerさんも提灯記事で「現代的なストラテジーに進化しつつ」と書いていますが、
    「現代的な」の部分は「今はやりのタップするだけのスマホゲー的な」という意味です。
    私のようにライターさんの名前からParadox系のゲームを想像して買うと痛い目を
    見ますよ。

    三国志13と同様に、無料のスマホゲーと同レベルの内容です。
    これを10,000円位で売っている時点で5点です。
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    1 3 1 1 1
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月15日〜12月16日