オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
スプラトゥーン2公式サイトへ
  • 任天堂
  • 発売日:2017/07/21
  • 価格:パッケージ版,DL版:5980円(税別)
  • Yahoo!で買う
読者の評価
74
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

スプラトゥーン2

スプラトゥーン2
公式サイト https://www.nintendo.co.jp/software/switch/splatoon2/
発売元 任天堂
開発元
発売日 2017/07/21
価格 パッケージ版,DL版:5980円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
74
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • ver1.1.2時点で感じた事 85
    • 投稿者:おめがー(男性/20代)
    • 投稿日:2017/08/18
    良い点
    前作と比べて
    ・ニンテンドースイッチのソフトになった事により外でも無線環境があれば遊べるようになった
    ・ローカル通信モードでの遊びが追加された
    ・対戦ではなく協力プレイのサーモンランが登場、殺伐とした感じがやや薄まる
    ・1人プレイであるヒーローモードのやりこみ要素が前作の数倍に
    ・ガチマッチのランク評価で飛び級も出来るようになった
    ・ガチマッチでの勝敗評価システムが変更され、勝ち数と負け数は別々にカウントされるようになり、前作みたいにランクアップが近くなっても連勝する必要は無くなった
    ・フェスにその時限定のオリジナルステージが追加されるようになり楽しみが増えた、その追加されたステージは今までのステージとは趣向が異なっていて新鮮
    悪い点
    色に関する事
    ・色覚サポートが前作と全く同じでオレンジと青で固定、せっかく色々なインクで塗りあうゲームなので色弱の人でも色々なインクを楽しめる別のアプローチが欲しかった
    ・ゲーム内の光の反射や背景の色でお互いのインクがよくわからなくなる時がたまにある

    その他
    ・迷惑プレイヤーの通報にはスマホアプリがほぼ必須でそれが出来ない時はニンテンドースイッチの機能でブロックするだけ(現状sns投稿に関する通報は出来るのでアップデートに期待したい)
    ・現状の新規ステージは狭くて、左右と真ん中に主要ルートがあり、起伏が多いステージが目立つ気がする
    総評
    前作からボリュームupによる正当進化をしたスプラトゥーン2
    今作も見た目はカジュアルでも中身は熾烈な対戦ゲーなので、勝ち続ければ良ゲー、負けがかさなればクソゲー扱いしてしまいかねないゲームだと思う、しかし負けこんで嫌になっても勝ち続けて満足したのに時間がたてばまたやりたくなる魅力はやはり健在

    今後の大型アップデートや来年からのオンライン有料化によってどうなるのかが楽しみであり不安でもあり・・

    後、テンタクルズのキャラクターの掘り下げをもっともっとしてほしい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 2 4 5
  • 期待を超えたゲーム 95
    • 投稿者:わんこ(男性/20代)
    • 投稿日:2017/08/16
    良い点
    ・塗るというキルをしなくても貢献できるゲーム性
    ・サーモンラン、ガチマッチ、ナワバリバトル、リーグ戦等の多彩なモード
    ・マッチングが快適
    ・2時間毎に変わるステージやガチマッチのルール
    ・ローカルプレイができる
    悪い点
    ・キルばかり狙う人、煽ってくる人、回線が落ちて常時人数不利になったりとゲームとは関係ないがプレイヤーの質の悪さ(ごく少数)
    ・サーモンランが常時開設されていない
    ・ステージの大きさや少なさ(アプデ対応予定)
    ・一部の武器がとても優遇されている
    総評
    前作をプレイしていない自分からすると、とても面白いゲーム。
    音楽、グラフィック、そしてなによりマッチングが快適であるということ。
    まだまだ荒削りな部分があるが、今後のアップデート情報に期待。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 4 4 5 4
  • 総じて練られてない感のあるゲーム 50
    • 投稿者:テン(男性/30代)
    • 投稿日:2017/08/14
    良い点
    ・ポップなキャラクターとシンプルなゲームシステムでやるべき事が分かりすくとっつきやすい。

    ・豊富な武器で遊べる。普通のTPSやFPSと違い、武器を変えるだけで戦術がガラリと変わるので、次はこれを試してみようという面白さがある。

    ・プレイ人数が多く、オンリーワンのゲームである以上これからも減りにくいと予想出来る。
    オンライン対戦でこれは非常に重要
    悪い点
    ・全体的に説明不足。
    紙媒体はおろかゲーム内の取説もない。さらにチュートリアルは全部を説明してくれるわけではない。
    ルールに関してはゲーム内でほぼ説明なしというのは初心者にはかなり辛い。

    ・マッチの勝敗のみがプレイヤーの利益に直結するシステム。それに対して雑なマッチングバランス。
    どれだけ頑張っても負けた場合、経験値は一気に減り、5分の1程度かそれ以下である。
    勝てないプレイヤーは新しい武器もなかなかアンロックできず、モチベーションが上がらない。
    マッチングに関しても余計な所にこだわってしまったため、武器をバランスよく配置しているが
    逆にプレイヤーの力量に直結するランクはその分軽視される。
    同じランクでも三段階に分かれるが、チームごとの配分が明らかに均等でない時が多い。

    ・ゲームを開始した時にマップの変更等のアナウンスが行われるがスキップ出来ない。
    マップに関してはゲーム開始時に確認できるのでアナウンス自体が不要である。
    また、Coopモードやフレンドが居ないと遊べないモードなど、人によっては選ばないモードの説明も入る。
    それにも関わらず、小話を挟んだ助長な会話が続くので苛立つ。
    総評
    スイッチを購入するきっかけのゲームでしたが、個人的に期待外れでした。
    正直そこまで騒ぐほどのゲームではないと思います。

    オンラインに関しても他の大手FPSやTPSに比べてバランスや快適性が練られていない感が強いです。

    ゲーム一回がかなり短いので暇つぶしにはなります。
    人はいっぱい居ますし、好きな人は好きみたいなので当分過疎る事はないでしょう。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 2 2 3
  • 本体を購入してまでやるほどのゲームではない 20
    • 投稿者:ジオ(男性/20代)
    • 投稿日:2017/08/11
    良い点
    サーモンラン
    悪い点
    一部のブキ(ローラー系)の攻撃判定が大幅に悪化して産廃と化した
    ラグのおかげでヒッセンなどの特にエイムをしなくても当てられる一部のブキが強くなりすぎている
    戦闘中にラグが発生しており、ちゃんとエイムしていても当たらない、攻撃を受けて耐えられるダメージだと思ったら実はやられた、イカ移動時にでる水滴が出ないなどのゲームに致命的な欠陥が出ている。
    装備に付与するギア効果の種類がランダム決定
    マップデザインが稚拙、同じような構造のマップが多くて飽きる
    フェス時に同じメンバーで連戦できない
    切断放置に対する処罰がほぼない
    総評
    現状ラグのために真面目にやるとバカを見るゲームなので、勝敗は全く気にせず遊ぶかやらない方がマシなレベル
    デザリングでならラグなしという話ですですが、そこまでやる価値があるのか疑問。
    とにかくラグが多すぎてまともにエイムが信用できないのは、床の塗り面積で勝敗が決するとはいえ、どうしても敵を倒さなければならない状況もあるのにラグのせいでストレスが溜まるのはゲームとして致命的欠陥。

    エイムが信用できない。
    先に敵に当てたと思ったら実は相手の方が先に当てていたためやられた。
    2発食らってまだ大丈夫だと思ってたら実は4発当てられてやられていた。
    敵が高速移動して気が付いたらやられていた。
    冗談のような話だが全部体験済み。有線接続でこれなので無線だと。

    それに付随してヒッセンなどの特にエイムを正確に合わせなくても敵に当てられる攻撃範囲の広いブキが強くなりすぎている、下方修正が行われてもなお猛威を振るっている時点でバランス調整が全く機能していない。

    同じようなマップが多くて魅力的に見えない。どのマップでも大体同じような展開になりがち。

    特にswitch本体が品薄でこのゲームのために何時間も並んだり抽選でやっとのことで購入したらラグだらけだったなんてシャレにもなりません。
    プロコンまで購入したら総額5万近く、決して安い金額ではない。それでラグだらけのゲームをやらされれば文句を言いたくもなります。

    購入を迷っている人へは、せめてラグ問題が解決するまで購入はやめた方がいいと忠告します。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    2 3 1 1 2
  • 面白さ話題性は十分な「スプラトゥーン1.5」 85
    • 投稿者:graceFeel(男性/30代)
    • 投稿日:2017/08/08
    良い点
    ・引き続きハイセンスな「イカ」達が活躍する唯一のゲーム性
    ・ネットがつながれば、いつでもそこでも遊べる
    ・無理に大幅な変更はせずグレードアップしたシステム
    ・既存ステージに1の一人用ギミックをプラス
    ・他のプレイヤー層を取り込む「サーモンラン」「イカッチャ」
    ・Switchではコントローラーが軽くなりだれでも遊びやすく
    悪い点
    ・2から遊ぶひとにはハードル高め
    ・1と比較すると新鮮さが薄く、飽きやすい
    ・ヒーローモード、カジュアルマッチ(ナワバリバ)以外は難易度が高め
    ・ガチマッチはハマるが、とにかく疲れる
    ・引き続きハメ要素が強いため一方的になりがち
    総評
    前作から引き続き購入、今作はガチマッチ、サーモンランメインで50時間ほどプレイ済み。ガチマッチはAランク程度の普通?のプレイヤーです。

    スコア85点は前作プレイヤーの期待を裏切らないゲーム性の良さ、独特の世界観を活かした「イカすゲーム」を出してくれた、という意味でつけました。

    前作では話題性の高さや、カジュアル層を巻き込んで一大ムーブメントとなった、新星「スプラトゥーン」が堅実な大幅なアップデートとして打ち出したものが今作といえます。
    任天堂Switchとなったことでどこでも遊ぶことができるようになったのが凄く大きいです。(ハードの都合上公衆無線LANへの接続は難しいですが)ネットが繋がる場所であれば、どこでも遊びぶことができ、テレビも不要になったことから遊び勝手は確実に向上しています。
    またjoy-conは小型で、ゲームパットより軽く、子供でも簡単に操作しやすくなったので操作自体は疲れません。

    ゲーム内容は大きな改定はないものの、ゲームバランスや遊びの幅が広がる新要素が多数含まれており、新しいプレイヤーへの窓口も用意されているのが良かったです。

    周りでも対戦が苦手だった人たちがカジュアルマッチやサーモンランを遊ぶために購入するという姿が見られたのが驚きでした。

    悪い点は防御重視のビルド(ギア、スペシャル)が難しくなっており、プレイヤースキル、そして攻撃の精密度がより強く、一方的な試合も少なくないことに起因します。

    スプラトゥーンでは厳密なライフ表示は存在しないものの、一定時間交戦状態がなくならないとダメージが解消できないルールと、ブキ毎の攻撃力に起因する必ず相手を倒すことができる確殺ヒット数が設定されています。

    前作では「防御UP」系のギアを装備することでライフを増やすことが可能で、またダメージを無効化(無敵)するスペシャルも存在しました。今作では防御系ギアはサブ攻撃(ボム)の防御UPのみ、防御系スペシャルも「相殺」を目的としたものに変更されたため、スペシャルで人数差を打開するのは難しくなっています。

    ガチマS帯に行くには連携と有利なチームメイトを勝ち取る運、独特のセンスが必要です。そこら辺は相変わらずだなぁ。とも感じました。

    このような「1.5」のゲーム性で続編を出す任天堂のやり方は、スーパーマリオシリーズ(ギャラクシー2)でも公言されているもので、個人的には窓口を広げつつプレイヤーの認知度を上げるために非常に良い手法だと思いますが、新鮮度が薄くなるのは残念です。

    今はフィーバーが続いているものの、1ほどの新鮮さがないため、1ヶ月ほどで落ち着くとも言われており、その後のアップデートが非常に重要になると感じます。

    今後のアップデートでは、カジュアル、ガチマッチでの新ルール導入や新ブキ導入でのプレイ感の向上で面白くなるような調整に期待したいですね。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 3
  • 前作の成功に慢心した作品 35
    • 投稿者:ぜくろう(男性/30代)
    • 投稿日:2017/08/08
    良い点
    1.中毒性の高いゲーム性
    2.数時間毎に変わるステージ構成
    3.バイト(サーモンラン)が楽しい
    4.ヒーローモード(ソロ用ストーリーモード)のボリュームとボス攻略が楽しい
    5.武器毎の立ち回り研究が楽しい
    悪い点
    1.マッチングがゴミ。連勝すると明らかに動きがおかしい人や、初心者と強引に組まされストレス。一度選択すると何も出来ない、キャンセルが不可能。
    2.ステージが少ない、作りが違うのに大差がない
    3.テンタクルズとかいうアイドル?のゴリ押しニュースが邪魔。スキップ出来ない。スマホでステージ情報を確認してるのに、知らせてくる。
    4.放置したり、利敵行為をしている味方をキック出来ない、試合中のリタイアが許されない。
    5.フェスのゴリ押し。フェス中破面白くもないフェスのみをやらされる。また、前作にあった野良と組み続ける事を廃止した改悪。
    6.不親切さ。ライト層を対象のゲームのイラストなのにチュートリアルなどもなく、説明書も説明不足。
    7.武器も強さに偏りがあり、シューター系統の通称スシコラ、テッセンがどこでも安定している。
    総評
    総じて期待外れ。
    ライト層向けのイラストの割に下手なFPSゲーより、キルに偏ったキルゲー。
    塗りも重要だがキルより明らかに劣る。
    また、キルに夢中になり過ぎてもガチマッチでは状況判断が必要となる。
    ただ、その点を把握してプレイしているのは少ない。
    そのため、苛つくマッチングが多い。
    腕前ランクも少し当てに出来ない状況なのも苦言を呈したい。

    素材はとても良いが、プロデューサーなどが味付けを失敗した作品となっているため、今作は前作に現状は劣っている。
    今後のアプデでもう少し丁寧に対人バランスをはかってくれれば、神ゲーになる可能性も残しているので今後に期待したい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    3 2 1 4 3
  • 2を銘打つにはあまりにボリューム不足 35
    良い点
    ・前作のいい点すべてが2にも反映されている
    悪い点
    ・続編というよりはアップグレード版(ボリューム的には1よりはるかに劣る)
    総評
    いい意味でも悪い意味でもそのまんま
    進化といえるほど革新的なシステムが導入されたわけでもなく
    マップやギアが増えたわけでもない(むしろ減った)
    グラフィックの向上はハードが変わったのだから当然のことだとは思うが
    全体的なデザインのセンス等は相変わらず良好と感じた。

    アップデートを繰り返してきた1と発売されたばかりの2の内容を比べればボリュームに差があるのは当然なのだが
    「2」を銘打つ限りはそれなりの内容で発売してほしかった。

    ネットゲームやスマホゲームで言うなら「見切り発車」と揶揄されても仕方のない商品だと思う。
    プレイ時間
    100〜200時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 2 1
  • スプラトゥーン決定版! ひとりでも複数人でも楽しめる任天堂対戦ゲーム屈指の名作 100
    • 投稿者:グリーン(男性/10代)
    • 投稿日:2017/08/03
    良い点
    ○相変わらずよく考えられているゲームシステム
     スプラトゥーンは、他のシューターよりアクションゲームに近いです。が、基本アクションがかなり独特で奥深いものがあります。
     移動を例に考えてみます。普通のゲームだったら、スティックを倒すだけでボタンでダッシュができたりステップ移動ができたりして、そうやって移動していきます。しかし、これは慣れると退屈と退屈な時間になります。
     しかし、スプラのイカ移動は、インクの塗ってあるところを2倍の速さで移動することができます。ここで、インクは人状態でしか塗ることが出来ないのがミソで、最速で中央に行くには、人で歩き撃ち→直線状に塗れたらイカ移動→慣性を維持してジャンプする→人状態で歩き撃ち・・・の繰り返しをする必要があります。最初は難しいかもしれませんが、これだけでも楽しい!勿論、ある程度自陣を塗ってスペシャルを溜めてから戦いに参加するという戦略もあります。
     また、自陣インクが移動を有利にするということは、敵インクを塗り替えることは敵の移動を不利にすることができると言えます。
     「人で塗ってイカで泳ぐ」という基本アクションが、移動についてだけでも、ここまでこのゲームを奥深くしています。これはこのゲームの奥深さを体現していると言えるでしょう。本当はもっとアクションの良さを語りたいのですが…一例は紹介したのでこれぐらいでお願いします(笑)
    ○「成長」を楽しめるゲームシステム
     このゲーム、前述のように操作は結構複雑で、経験者と未経験者の差が大きく、最初は全然勝てないと思います。でも、言い換えれば、新規さんもそれだけ大きな成長の過程をを楽しめるというわけです(2年前まで全員初心者でしたからね)。
     ゲームのシステムも成長を促進させてます。1プレイは3分。ステージは2ステージのうちランダムで選択され、2時間毎に選ばれる候補のステージが変わります。ブキは1度マッチングを止めなければ変えられません。
     つまり、同じステージ、同じブキで何回も対戦することになります。何回もプレイしている内に、戦闘技術や立ち回りの成長が実感できます!この過程が本当に楽しい!そして、ブキが変わればまた立ち回りも戦闘のしかたも変わりますから新たな成長のサイクルにハマっていき、飽きることはありません!初心者の方なら塗りポイント更新を狙うだけでも楽しいでしょう。何回も何回も繰り返してギリギリで勝てたときの熱さはほんと凄い!
    ○ステージ、スペシャルはほぼ入れ替え!
     ここまで2独自を要素を語ってなかったのでいい加減にしておきます…
     マリオカートシリーズのようにステージは新旧入ってますが、初期は新ステが6、旧ステリメイクが2の計8個(前作は初期5個、最終16個)収録。どのステージも個性的です
     ブキはお馴染みのチャージャーやローラーの新アクションが加わっていたり、二丁拳銃ので新武器種「マニューバ」が加わっていたりします。サブウエポンは半分くらい前作と違う組み合わせに。スペシャルウエポンは全て一新!上手く倒せると気持ちいい〜ようなスペシャルばかりです!
    ○サーモンランとヒーローモード
     新たな協力プレイのモード、サーモンランは一言で言うと「最高」です!
    様々な種類の敵が一気に押し寄せてきますが、どの敵も攻略法があって雑魚以外はただ撃ってるだけだと勝てません。
     4人で協力して、ボムを食わせたり弱点を狙ったりして、みんなで「金イクラ」を運びます。
     オフラインのヒーローモードはステージ数はほぼ前作と同じですが、一ステージのボリュームが1.5倍くらいになってます。武器が色々使えたり、ギミックが大幅に増えて、単調さが少なくなってます。初心者のチュートリアルにもピッタリです!
    悪い点
    ○シューター優遇のバランス
     前作初期のバランスに比べたらマシですが、全体的にシューターが強いです。運営の対応が早いのでそのうち改善されるとは思いますが…
    ○マッチング中にミニゲームが遊べなくなった
     前作はマッチング中、「イカジャンプ」というミニゲームをプレイする事が出来ました。しかし、今作は1画面のニンテンドースイッチで発売されたのでプレイ出来なくなっているんです。
    ○スペシャルがスペシャルしてない
    「スペシャルウエポンは全て一新!上手く倒せると気持ちいい〜ようなスペシャルばかりです!」と言いましたが、これは倒せればの話で全体的にスペシャルが弱めです
    強すぎなのも問題ですが、プレッサーやイカスフィアなど、拘束時間がながいのに、上手く使って1,2キルが限界なのはちょっと…という気がします。無敵が無くなったのは良調整です
    総評
     前作で好評だったルールに加えて身近な人と楽しめる新機能、そして協力プレイ特化モードを追加。
    さらにはスイッチの様々なプレイスタイルにも対応で携帯ゲームとしても、据置ゲームとしても、その中間(テーブルモード)としても遊べるのでまさに鬼に金棒です!

     前作での特徴であった「緩やかなつながり」も健在。アポなしでカンタンにフレンドに合流して野良対戦。ゲーム起動時の広場ではオンラインプレイヤーが見られ、投稿されたイラストを見たりギアの注文も出来ます。定期的に開催されるフェスによってSNSなどで大きな盛り上がりを体感する事ができます。今作は前作初期に対する注目度が段違いなので、前作よりもっと盛り上がること間違いなしです(製品版フェスはまだ開催されてませんが、体験版フェスを見て確信しました)。

    また、今作ではリズムアクションゲーム「イカラジオ2」が収録されていますが、これが凄い!
    おまけとは思えない程凝っています。40曲以上遊べ、2難易度が選べます。判定も2種類あって全曲ALL「FLASH」を狙うとなると数十時間は遊べるのでは無いでしょうか。難易度もかなり歯ごたえありますし。ちなみに、サウンドテストとしての役割も果たしています。発売前は不安視されてたBGMですが、「Endolphin Surge」「Don't Slip」「フルスロットル・テンタクル」などお気に入りが沢山見つかりました。(良ければ調べてみて下さいね!)

    グラフィックもインクの質感が大幅に向上してるなど進化してます。動画で比べても一目瞭然ですが、実機だともっとよく分かります。ロードも全然違っていてとてもサクサクです

    これからより一層話題になって進化していく事間違いなしの今作!間違い無く傑作です!
    プレイ時間
    10〜20時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 4
  • 革新的な前作から正当進化したTPSアクションの最高傑作のひとつ! 95
    • 投稿者:チル(男性/20代)
    • 投稿日:2017/08/03
    良い点
    ・まず前作で完成度の高かったものを越えているという点。前作越えを順当に行えているためそれだけで良い。具体的には下記。
    ・グラフィックス……進歩している。ほとんど作り直したと言っているのがわかる程度に手が込んでいて、視界内に飛び込む情報が格段に良質に。
     衣のサクサク感、触手のヌメツヤ感。インクはそれぞれ細かく種類が変わっていて見ただけでどうなっているかがパッとわかる。これは重要で戦局情報を判断するのに向いている。
     UIも進歩し前作とくらべても周囲と比べても見やすくわかりやすく。戦局がどうなっているかも楽に把握可能。
     新コンテンツサーモンラン時の独特の雰囲気が完全に表現されていて一見の価値あり。

    ・サウンド……前作の曲とそのアレンジ、また別流行という理由での多数新曲。世界観を踏まえつつも大事にされている曲たちが常に楽しませてくれる。
     お気に入りはカガヤクンデス・マーチ。

    ・快適さ/運営……ユーザーに寄り添いつつそれを超えるように常に配慮されている。先日も発売後初めてのバランス調整で対応の早さとポイントをついた内容で賞賛が送られた。
     発売前と発売後常に熱を絶やさないように立ち回っており実際稀有の評価を得ている。自分も非常に良いと感じている。前作から今作につながるストーリー展開やゲーム内ブランド紹介、それに新ブキ紹介や現実展開を交え多くのワクワクを与えてくれてありがとう。

    ・熱中度/ストーリー……本作はストーリーはあくまでオンライン部分の補助である。と共にその出来は賞賛したい。前作のオマケと言った感覚を出来る限り薄くしてガッツリとやりあえる環境がある。
     道中の何気ないやりとりから最後の展開にいたるまで丁寧でなおかつ感動出来るものとなっている。詳しくはネタバレになるから書かないがここを読んでいる4号はこれを読む時間をストーリーに回されたしー。
     隠された資料を集めることで世界観に深みが増す。個人的にここがとても大切でどこまでも世界が広がっていく感覚が味わえる。
     ゲームはどれをとっても熱中出来る。それはSwitchという手軽なハードとの相性の良さもある。さっとスリープから覚まして1戦が楽だ。
     新モードサーモンランは中毒性が高すぎて最近バイトしたいとしか思っていない。なぜバイトは熱中してしまうのか。ここを解明できればゲーム体験の革新が出来るのではないか。なぜなら中身は言ってしまえば前からあるタイプのウェーブ型協力系CPU撃破ゲームだ。分解理解再構築のうまい任天堂の底力を感じれる。なぜこんな文を書いているのか。バイトがしたい。

    ・ボリューム……これは現時点ではなんとも言及しづらいが現段階でも前作の資産と今作のものを合わせなおかつ無駄な脂を削いで徹底的なバランス見直しが行われた結果前作プレイヤーでも「盛りだくさん」を感じれる。
     ここからさらに莫大に膨れていくことは前作プレイヤーなら想像にかたくない。
     更にサーモンランがあまりにも莫大な遊びごたえがありまた多くの時間が吸われることを確信出来た。
    悪い点

    ・グラフィックス……ダウニーが見える。しかもやたら金持ちになっている。

    ・サウンド……バイト終了時の曲が「もう少し残って」って言っているように聴こえてこわい。

    ・快適さ/運営……Miiverseがなくなって絵投稿後の自身の絵閲覧やイイネ数、時間による新規表示部やらそういうのがわかりにくくなった。

    ・熱中度/ストーリー……○○○ちゃんどこ

    ・ボリューム……時間を捧げる事になるから忙しい現代人には大変
    総評
    前作の出来が良かっただけに今回はどうなるか、代わり映えしないのではという心配は杞憂に終わった。
     初心者はより巧妙かつより実践的になったヒーローモードによる遊んで鍛えられる環境、ナワバリのマッチング機能改善が見られより楽しむための導線がはっきりしていると感じられる。
     前作プレイヤーも今作プレイヤーも入り乱れ前作よりさらに誰でも楽しめる作りとなった今作の細かい配慮により今もロビーに出向けば多くのイカたちがたむろしている。
     特に負けた時の言い訳をしやすくするためにゲーム上ではデス数も見れずキル数はアシスト込みになった。デス数自体はスマートフォンアプリからチェック可能だがこの差は大きい。ゆるく常に楽しく続けやすいからだ。
     今度のフェスはおそらく大賑わい、それこそ喜びと悲しみそして怒りや楽しい!といった声で埋まると確信できる。
     そのときに鯖(サーバー)が落ちたりしないかはまだ不安ではあるが……
     スプラトゥーンから2になり着実にそして大きく進化したこの本作を今はとても喜びたい。
     それと同時に細やかな不満点(手元画面がなくなって地図を見る方式が変わったことなどわずかに)があるがそこらへんも慣れと改善が期待が出来る。
     何より今が最高に楽しい。突進しては倒されるいわゆるダメイカと言われる私だがどうすれば良いか、どうやれば良いかが特にわかりやすくなっているのは気のせいではないだろ。
     今日も今日とて新しく追加された、倒されたときのみに使える「やられた!」ボタンを押す日々を楽しんでいきたい。

     高評価の理由
     革新的な前作に引き続き革新性が月日により薄れた今により強力になって一新され最高にイカした想像を越えたゲームになって帰ってきたため。
     また前作にはなかったサーモンランも既存の遊びをスプラトゥーン1のときのように分解理解再構築されていてゲーム的に重要なポイントを担っていると判断したため。
     また減点部分は高得点部分を揺るがすほどの差異ではないため。
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 5 5 5
  • 待ちに待ったスプラ2 85
    • 投稿者:Splatoon2(女性/20代)
    • 投稿日:2017/08/03
    良い点
    サーモンランなどいろんな武器が使えるように、また初心者にも上達への配慮が伺われる。
    ガチマッチのルールごとのウデマエも実装。前作から要望あったよねこれ。
    時間泥棒
    コントローラーが軽くなり腱鞘炎の人が減ると予想。
    またWiiUより耐久性ありそうなので修理費もやさしいはず。
    イラスト投稿のウデマエが完全に前作を凌駕している。
    悪い点
    前作の信者が多数いて、よーいどんでゲーム始めた為マッチングがカオスになってる。
    現状初心者は駆逐される模様。
    本体の入手難易度が高い。
    イカ娘衣装の廃止
    総評
    スイッチ持ってる人は買うべきシフト。
    これで人生狂わすほどの破壊力を秘めたゲーム。
    初心者でもマッチングが機能してくれば絶対に絶対に楽しめるソフト。

    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 3 5 5 5
  • ボリューム不足ながら、中毒性高し 85
    • 投稿者:ツナ缶(男性/40代)
    • 投稿日:2017/08/03
    良い点
    1試合が3分なので手軽に始められていいですね
    ステージ、ギアや武器次第で戦略を色々と考えられます
    可愛いキャラのお手軽ゲーと思ってましたが
    思った以上に戦略性が高くて、色々と考え、工夫しながら遊んでます
    とにかく中毒性が高く、一度始めるとつい何試合もやってしまいますね
    悪い点
    やはり、ボリューム不足は否めません
    私はレギュラーマッチをメインで
    ソロプレイのヒーローモード、サーモンランを少しづつ進めてますが
    ボリューム不足から単調になりがちと言えます

    サーモンランを時間制限にしたのもよく分かりませんね
    総評
    スプラトゥーン2でイカデビューしましたが
    正直に言えば面白さは思った以上でした
    スピーティーな展開で常に状況確認が必要なので本気でやっちゃうんですよね
    負けても自分だけのせいじゃないのでそれほど気にならないのがいいです
    格ゲーだと負け込むとイライラしちゃうんですけど

    しかし、コンテンツの少なさは間違いないので
    今後のアップデートでコンテンツや遊びの幅を広げてほしいですね
    プレイ時間
    20〜40時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 4 5 3
  • 良くも悪くも前作の影響を強く受けた作品 80
    • 投稿者:田中(男性/20代)
    • 投稿日:2017/08/02
    良い点
    ・前作ヒーローモードでは通常では使用できなかった武器も含め、今作で使用できる全武器種を使用でき、よりチュートリアルとして意味を成している
    ・前作から順当に最適化されているUI
    ・不評であった前作ステージのギミック、配置等の良調整
    ・追加された髪型服装でより個性を強く出すことができる
    ・ゲソタウンで購入できる通常と異なるギアパワーを持つギアにより、A=αといった没個性なギア編成とならない
    ・スマートフォンとの連携で開催ステージルールの確認が容易に
    ・ステージ変更時間が4時間から2時間に
    ・ギアパワーの付け替えが多少容易に
    悪い点
    ・新規プレイヤーには難易度の高いヒーローモード
    ・調整しきれていない武器格差
    ・無敵スペシャル廃止にも関わらずほぼそれとして使用できるスペシャルが依然として存在する
    ・依然として存在するマッチングの偏り
    ・最序盤での新規プレイヤーと前作プレイヤーとの住みわけが不十分
    ・新キャラクターテンタクルズがストーリーには関わらない
    ・ヒーローモードクリア後もこれと言ったサプライズが無い
    総評
    前作プレイ済みですが、今作からの新規プレイヤーに対する配慮が足りていないように感じることが多々ありました。(ヒーローモードの難易度、ストーリーの構成など)
    また前作で不評であった部分が調整されているとは思いますが、テストプレイ自体がまだ足りていないような調整の甘さを感じます。
    発売してすぐにアップデートによる調整を行って頂きましたが、この程度の武器の格差を発売前からなぜ修正出来なかったのかと疑問を感じます。
    しかし依然として武器やスペシャルの偏りがあるため、今後のアップデートに期待しています。
    新鮮かつ、ゲームとして前作でほぼ完成されていた前作との比較はどうしても誰しもが思う事である為、そこのハードルを超えてより良いゲームに今後なって行くと期待しています。
    新規でプレイしようという方は、ワイワイと楽しめるゲームというよりはスポーツに近いものである事、プレイになれないうちはかなり苦戦する事、先ずチュートリアルになっているヒーローモードをプレイして操作に慣れる事を念頭に置いてプレイされることをオススメします。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 3 4 4
  • スプラトゥーン2 95
    • 投稿者:くまー(男性/50代)
    • 投稿日:2017/08/02
    良い点
    ナワバリ中心で遊んでますがとにかく中毒度が高いです。
    勝っても負けても次はこうすればどうだとか試行錯誤してる時間が最高です。
    そして考えた時間だけ、プレイした時間だけ結果がついてくる。
    どんなうまい人でも裏を取られたら倒されるしうまくない人でもひたすら塗って貢献できる
    かなり絶妙なポイントに調整してきてるように思います。
    個人的には勝ちやすいパターンの少なかった前作よりずっと楽しめてます。
    悪い点
    操作そのものはWiiUのコントローラが楽に感じます。
    慣れかもしれないですが。
    総評
    ある程度煮詰まってた部分を見事にリセットできた良い続編だと思います。
    前作で特定の武器特定の戦術にこだわってた人ほど色々使ってほしいかな。
    今作から始める人はいきなり前作をやるより壁を感じにくいと思います。

    ※操作感覚が違ってくるので出来ればプロコンもセットでの購入をお勧めします。
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 4 5 5
  • 前作からの正当進化、時代を築く神ゲー 95
    • 投稿者:ギソ(男性/30代)
    • 投稿日:2017/08/02
    良い点
    WiiUで最も熱いソフト、スプラトゥーン新作がSwitchにて登場。
    分かりやすい直観操作、塗りを交えた多面的戦略、短時間での決着は毎回爽快な遊び心地である。
    イカした世界観とそれを支える神BGMも健在である。

    前作からの正当進化
    ・ジャイロ感度が良好になり、画面酔いしにくい
    ・マップも改善されており、落下による死亡が減っている。
    ・武器も正当進化で、全体的に良バランスである。さまざまなプレイングや立ち回りが出来て楽しい。
    ・一人用モードも武器が増えて、コースのバリエーションが増えるなど、ますます充実している。
    ・タッチパッドを持ち上げずとも、コントローラーで快適に操作できる。
    悪い点
    大いに楽しめておりほぼ文句ないのだが、細かい瑕疵をあげるとすれば下記の改善に期待したい。

    ・対人戦のゲームには不可避の問題であるが、使いやすくスコアが出やすい武器、出にくい武器は存在する。ただし、初心者から使えるスプラシューターが使いやすく結果も残せるという点ではまだマシか。

    ・回線切れが起きると、4人対3人になるため、極端にゲームバランスが崩れる。COMが替わりに参加でもいいと思うが、そうはなっていない。

    Switch品薄はゲームの責任ではないだろう。
    総評
    熱いバトルに老若男女が毎日時間を忘れてプレイできる名作であろう。
    Switchを代表するゲームにとどまらず、時代を築くゲームといえるのではないか。

    ゲームプレイ動画などで様々な実況者のプレイ動画を楽しめるのも、人気ゲームのメリットだ。
    細かい調整でさらに遊び心地がよくなると思うので、一層の進化に期待したい。
    プレイ時間
    60〜100時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 5 5 5 4
  • スタートダッシュはまずまず 60
    良い点
    スイッチにより家や携帯プレイによる友達の家での持ち寄り等、選択できるようになった武器の追加
    お金やランクへのサポート
    スマホとの連帯
    サーモンラン
    悪い点
    1の追加要素程度のパッとしない続編
    シオカラーズの後がまの魅力の無いキャラ
    1からの調整による出来
    武器バランス
    ステージの既視感
    不満要素のあったマッチング関係が手付かず
    総評
    このシリーズの特徴はアップデートで良くなっていく事なので今後に期待ですが
    2にもなってマッチング関係が特に変わってないのは結構ストレスです
    (一度待機になるとキャンセルできない・待ってる間に何も出来ない)
    間に合わせで作られたような感じがします
    正直な所、1よりも面白くないのが現状です

    厳しく言ってしまいましたが、携帯機としても遊べる今作は子供達には夢のようなソフトである事は間違いありません。
    アップデートもまだまだあるでしょうし、8月からが本番なのは間違いないでしょう

    もう少し爽快感のあるBGMがあると(1のような)ありがたいです



    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 2 2 3 3
  • 慢心が産んだ二作目 20
    良い点
    キャラやギア(服装等)デザイン、
    悪い点
    1作目のヘビープレイヤーにターゲットした難易度
    2作目からの初心者への導線がほぼ皆無
    総評
    格ゲーやFPSの苦手なプレイヤーは、ユニークなキャラが魅力的でも買わない方が良いかと思います。同じ任天堂でもゼルダやマリオとは大違いで、初心者が上手くなる為の導線がほぼ放置状態です。軍服着てるリアルなグラフィックならともかくこのキャラでワイガヤの楽しいゲームを想像して買うとかなり後悔します。Switchのスペックで出来る最高グラフィックの軍服ゲーでもつくるか、BF4の移植に投資した方がマシだったかもしれません。
    前作のヒットに慢心したプロデューサーと、同時期発売の某大作RPGにぶつけたくてこの内容を許した任天堂の大きなミスではないかと思います。ゼルダの伝説BOTWのようなな幅広いユーザーに楽しんでもらう作りこみをこのゲームにも期待したのですが、可愛げなキャラとは裏腹に、シューティング苦手な初心者が上手くなりたかったら涙流して猛練習せよ!嫌なら買うな!の姿勢です。いっそのこと前作でS+のユーザーだけの月額課金オンゲでよかったのでは?
    プレイ時間
    40〜60時間
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    4 4 1 3 3
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
AD(最終更新日:2017/08/21)
Splatoon 2 (スプラトゥーン2)
発売日:
価格:5076円(Yahoo)
amazonで買う
Yahoo!で買う
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月