オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
みんなのA列車で行こうPC公式サイトへ
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
PC用SLG「みんなのA列車で行こうPC」が12月15日発売へ。「だれでも安心して楽しめる」「ノートパソコンでも動く」という構想のシリーズ最新作
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/10/19 14:47

ニュース

PC用SLG「みんなのA列車で行こうPC」が12月15日発売へ。「だれでも安心して楽しめる」「ノートパソコンでも動く」という構想のシリーズ最新作

みんなのA列車で行こうPC
 アートディンクは本日(2016年10月19日),A列車で行こうシリーズの新作となるPC用都市開発鉄道シミュレーションゲーム「みんなのA列車で行こうPC」が,スタジオアートディンクより12月15日に発売となることを発表した。価格は5800円(税別)。公式ガイドブックを同梱した「みんなのA列車で行こうPC with 公式ガイドブック」も,6800円(税別)で同時発売となる。
 なお本作のインストールおよび起動には,Steamクライアントのインストールが必要になるという。

 みんなのA列車で行こうPCは,ニンテンドー3DS用ソフト「A列車で行こう3D」をベースにリファインしたタイトルになるそうだ。そのコンセプトは「だれでも安心して楽しめる」「ノートパソコンでも動く」の2つ。PCに合わせてインタフェースが改良される点,マップ上にあるチップが高解像度となる点,3DS版のシナリオ12種とDLCの追加シナリオ8つに加えて3つの新シナリオを追加となる点,自由にシナリオを攻略できる「フリーモード」を搭載する点がウリである。これからA列車行こうを始めるという人は,公式ガイドブック同梱版も含めて,検討するといいかもしれない。

みんなのA列車で行こうPC

「みんなのA列車で行こうPC」公式サイト


※画面はすべて開発中のものです

アートディンク30周年記念タイトル
みんなのA列車で行こうPC

■商品コンセプト

みんなが遊べる 手軽なA列車を ノートPCでも!

おかげさまで今年30周年を迎えたアートディンク。代表作の「A列車で行こう」シリーズは、時代とともに様々なプラットフォームで展開され、これまで常に新しい進化を遂げてまいりました。
今回発売するのは「だれでも安心して楽しめる」「ノートパソコンでも動く」をコンセプトに据えて、ニンテンドー3DS版『A列車で行こう3D』をベースにリファインした新作 『みんなのA列車で行こうPC』 です。

本作では、A列車入門にふさわしい丁寧なチュートリアルをはじめ、PC版にあわせて遊びやすくなったインターフェース、さらには初心者用モードの搭載、新規シナリオの追加など、より多くの方に楽しんでいただける要素を盛り込みました。
むかし遊んだ方も、初めて遊ぶ方も、ぜひこの機会にA列車を始めてみてはいかがでしょうか?

「A列車で行こう」シリーズとは……
アートディンクは、1985年にシリーズ1作目となる『A列車で行こう』を発売。その後もPCだけでなく、PlayStationをはじめとする家庭用ゲーム機や、ニンテンドーDS/3DSなどの携帯ゲーム機にもシリーズ作品を展開している都市開発鉄道シミュレーションゲームです。
現在は、最新作『A列車で行こう9 Version4.0 マスターズ』(PC)と、その拡張ソフトである『A列車で行こう9 JR東海パック』が好評発売中。30年以上にわたって皆様に愛され続けているロングセラータイトルです。


■ゲームの基本的な流れ

―― 鉄道を広げて、街をつくろう

プレイヤーは鉄道会社の社長となって、線路を敷き、列車を走らせて駅から駅へ人を運びます。
このように人の流れをつくることで、駅周辺には変化が生まれ、やがて駅を中心としたひとつの街へと成長します。
もちろん、街の発展に資材は欠かせません。貨物の輸送も鉄道会社の重要な役割となるでしょう。

開発が進むにつれて駅前にはビルやデパートが建設され、鉄道の利用者はさらに増えていきます。
経営がうまくいき利益が出るようになったら、鉄道網を整備したり、新たな子会社を建てたり、あるいはバスやトラックの運営に着手してみたり、あの手この手で事業を拡大していきます。

そして、様々な問題を解決しながらプレイヤーの思い描く街を創造する。
これこそが「A列車で行こう」シリーズの醍醐味です。

また、本作のベースとなる3DS版では「時代」の概念をゲームシステムに組み込み、老朽化する建物や年代に合わせた建造物、史実に沿った出来事の再現、石炭・石油といった新しい資源の登場など、これまでのA列車にはなかった新しい遊びと体験が盛り込まれています。


■本作の特徴

●画面いっぱいに広がる箱庭
広々としたクォータービュー(斜め見下ろし視点)画面では、街の様子が一目瞭然。
表示範囲はウィンドウのサイズにあわせて調節可能で、ズームイン/ズームアウトにも対応しています。
全体を俯瞰することによって路線の建設ルートも考えやすくなり、より箱庭的なスケール感で楽しむことができます。

※フルHD(1920×1080)で表示した場合
みんなのA列車で行こうPC

みんなのA列車で行こうPC
【発展した街 昼】
みんなのA列車で行こうPC
【発展した街 夜】

●快適に遊べるインターフェース
サテライトマップやカレンダーなど、見たい情報は常に表示できるようにUI(ユーザーインターフェース)を設計。
3DカメラをONにすれば、車窓からの風景を眺めながら街を開発するといったことも可能です。
もちろん、ゲーム内の操作はマウスひとつで簡単に遊べるようになっています。

みんなのA列車で行こうPC

みんなのA列車で行こうPC
【サテライト&カレンダー】
みんなのA列車で行こうPC
【3Dカメラ】

みんなのA列車で行こうPC
【情報ウィンドウ】
みんなのA列車で行こうPC
【会話ログ】

みんなのA列車で行こうPC
【メニューアイコン】

●より鮮明になったグラフィックス
街を彩る建物や自然物など、マップ上のチップのグラフィックスを一新。
3DS版と比べて解像度が4倍となり、よりシャープで繊細な街並みを表現できるようになりました。
デフォルメされた見た目からは、シミュレーションによって変化していくジオラマのような雰囲気を感じられるでしょう。



みんなのA列車で行こうPC
みんなのA列車で行こうPC

●新規シナリオを加えて大ボリュームに
懇切丁寧なチュートリアルを含む3DS版のシナリオ12種に、DLCとして配信された追加シナリオ8つもすべて収録。
さらに、本作で新たに作成された3つのシナリオが加わり、合計23種類ものシナリオが遊べます。
多種多様なシナリオにはそれぞれ異なるクリア条件が設定されており、攻略の楽しみが広がっています。

◆3DS版の既存シナリオ

◆3DS版 DLCシナリオ
  • 3DS版DLC第一弾「風光明媚な温泉街」(税込200円)
  • 3DS版DLC第二弾「第三の道のり」(税込200円)
  • 3DS版DLC第三弾
  • 「コンテスト入賞作品集1」(税込200円)
    「コンテスト入賞作品集2」(税込200円)

◆PC版 新規シナリオ

みんなの集う島
世界中から観光客が集まるこの島では、近年の宅地開発により人口が急増しています。輸送力強化のために、島民の支持を受けて動き始めた「新交通システム」プロジェクトに期待が寄せられています。

みんなのA列車で行こうPC
みんなのA列車で行こうPC

ニュータウン始動
たくさんの緑に囲まれた丘陵地帯を切り拓き、大規模なニュータウン計画が始動しました。理想的な住環境を提供するため、交通インフラの計画と整備を進めながら新しい街をつくりあげましょう。

みんなのA列車で行こうPC
みんなのA列車で行こうPC

めざせ交通王!
四方を山と海に囲まれたこの街は観光資源が豊富なため、毎年多くの観光客で賑わっています。新幹線の開通も予定されており、観光需要の増加を見越した旅客輸送事業の拡大・成長が求められています。

みんなのA列車で行こうPC
みんなのA列車で行こうPC

●初心者でも安心「フリーモード」搭載
すぐに資金が底をついてしまう……といったシミュレーションゲームが苦手な方でも安心の「フリーモード」を搭載。
万が一プレイ中に倒産してしまっても、そのままシナリオを続行可能。資金の制限がなくなり、線路も道路も敷き放題になります。
シナリオごとに設定されたクリア条件に縛られず、もっと自由にシナリオを攻略したいという方にもオススメです。


●さらに遊びやすく、いつまでも遊べる
PCの性能にあわせてゲーム内の速度も向上。動作環境にもよりますが、時間を早送りしてサクサク快適に進められるようになりました。
そのほかにも、自作シナリオやライバルデータの交換機能を実装。Steamの実績にも対応し、いつまでもやり込むことが可能です。


■製品情報

みんなのA列車で行こうPC

みんなのA列車で行こうPC
通常版のパッケージ。
ジャンル :都市開発鉄道シミュレーション
プレイ人数:1人
企画・開発:アートディンク
発売元 :スタジオアートディンク
発売予定日:2016年12月15日(木)
価格 :5,800円(税別)

みんなのA列車で行こうPC

みんなのA列車で行こうPC with 公式ガイドブック
通常版に公式ガイドブックを同梱したパッケージ。
ジャンル :都市開発鉄道シミュレーション
プレイ人数:1人
企画・開発:株式会社アートディンク
発売元 :株式会社スタジオアートディンク
発売予定日:2016年12月15日(木)
価格 :6,800円(税別)

【公式ガイドブックについて】
本作が初めての「A列車」という方も、この公式ガイドブックがあればもう安心! 本編の全シナリオマップも、丁寧な解説でクリアまでを徹底サポート。プランや子会社などの詳細なデータも完全網羅した、安心と信頼のガイドブックです! 執筆は、多くの「A列車で行こう」ガイドブックを担当した杉山淳一氏。

◆動作環境(予定)
OS:Windows 10 / 8.1 / 8 / 7(いずれも32/64bit)/ Vista
CPU:Celeron 1.7GB以上推奨
メモリ:2GB以上
DirectX:DirectX 9.0c以上
HDD空容量:1.6GB以上
ディスプレイ:1280×720ピクセル以上推奨
サウンド:Direct Sound対応
入力機器:キーボード、ホイール付きマウス推奨
その他:インストール時にDVD-ROMドライブ、インターネット環境が必須

※本製品のインストールおよび起動には、Steamクライアントをインストールする必要があります。

「みんなのA列車で行こうPC」公式サイト

  • 関連タイトル:

    みんなのA列車で行こうPC

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月27日〜04月28日