オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アライアンス・アライブ公式サイトへ
読者の評価
73
投稿数:6
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「サガ」「幻想水滸伝」の主要スタッフが手がける新作RPG「アライアンス・アライブ」インプレッション。工夫しがいのあるバトルと壮大な物語が見どころ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/06/10 00:00

レビュー

「サガ」「幻想水滸伝」の主要スタッフが手がける新作RPG「アライアンス・アライブ」インプレッション。工夫しがいのあるバトルと壮大な物語が見どころ

アライアンス・アライブ
 フリューが2017年6月22日に発売を予定しているニンテンドー3DS向けRPG「アライアンス・アライブ」。
 シナリオを「幻想水滸伝」村山吉隆氏,ゲームデザインを「サガ」シリーズの小泉今日治氏,アートディレクターを同じく「サガ」シリーズの浅野雅世氏,キャラクターデザインを「レジェンド オブ レガシー」の平尾リョウ氏が担当するなど,そうそうたるメンバーで制作された本作は,果たしてどのようなゲームに仕上がっているのか。そのインプレッションをお届けしたい。

アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ
アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

「アライアンス・アライブ」公式サイト



シーンによって視点が変わるストーリー演出


 物語は,雨の世界,燃える世界,監獄世界といった,それぞれ分断された世界(ゾーン)を舞台に進んでいく。主人公は9人おり,ストーリーが特定の局面に差し掛かると場面が切り替わり,別の主人公の視点で異なるストーリーが展開される。

 ゲーム序盤でスポットが当たる主人公は,レジスタンス組織「夜鴉」に所属する少年・ガリルと,同じく夜鴉のメンバーである少女・アーシュラ
 事前情報をあまり集めずにプレイを始めた筆者は,てっきりエンディングまでこの2人の視点で物語が進んでいくのだろうと思っていたので,その後,主人公が魔族のビビアン,イグナス,ティギーに切り替わったときは驚いた。

アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

 この,主人公が切り替わるタイミングや見せ方が秀逸なのも,本作の見どころ。スピード感を感じさせつつも,プレイヤーを置いてけぼりにすることなく,丁寧に物語を紡いでいる。物語が少しづつ収束し,やがてその全貌を現したとき,プレイヤーは何を感じ取るのだろう。

アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

 基本的にはオーソドックスなファンタジー世界がベースになっているが,ストーリー展開は起伏に富んでおり,プレイヤーを飽きさせない。気がついたら数時間プレイしていたなんてこともザラだった。

 最新世代の据え置き機のゲームと比較すると,グラフィックスは“超美麗”というほどではないし,ボイスも実装されていない。しかし,魅力的なキャラクターや独特な世界観に触れていると,そんなことは気にならなくなる。オールドゲーマーにとっては,むしろファイナルファンタジーVII〜IXあたりの,古き良きRPGを思い起こさせるのではないだろうか。

アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ


「サガ」シリーズを彷彿させる独特なバトルシステム


 本作の戦闘は,シンボルエンカウトのターン制コマンドバトルを採用している。キャラクターがそれぞれ,2種類の武器を装備できるのも特徴だ。たとえば,剣と弓,槍と斧,素手と盾など,その組み合わせは自由に決められる。必殺技は武器の種類に応じたものを覚えていくため,育てたい武器をどんどん使っていこう。

武器のスロットは2つあり,剣と槍など,種類の異なる武器を同時に装備することが可能
アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

 バトルのアクセントとなっているのが,コマンドを選択すると一定確率で発動する「覚醒」だ。「サガ」シリーズのファンであれば思わずニヤリとしそうなこのシステムが,バトルの熱を高めるのに一役買っている。

 いちおう説明しておくと,戦闘中にキャラクターが覚醒すると,新必殺技を覚えるか,すでに習得している戦技,印術,魔術といった必殺技のレベルがアップする。強い敵と戦うほど新技を習得しやすいので,戦力を強化したいと思ったら,積極的に強敵に挑戦しよう。
 もちろん,強い敵と戦っても覚醒するかどうかはあくまでランダム。とはいえ,予測できないからこそ覚醒したときは嬉しく,覚醒時のカットイン演出は何回見ても胸躍るのだ。

覚醒するとカットイン演出が挿入される。テンションが上がる瞬間だ
アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ


戦局を一変させる超必殺技「ファイナルストライク」


アライアンス・アライブ
 バトルの駆け引きをより熱いものにしているのが「イグニッション」だ。バトル中,敵を攻撃したり,ダメージを受けたり,仲間が気絶状態になったりするとゲージが溜まっていき,MAXになるとキャラクターがイグニッション状態に突入する。この状態に入ると,「ファイナルストライク」という必殺技が撃てるようになる。武器が壊れてしまうというデメリットもあるが,そのぶん威力は超強力。とくにボス戦などで重宝すること間違いなしだ。

 なお,ファイナルストライクとは技の総称であり,武器によって技名や威力は異なる。また,イグニッション状態のときは覚醒しやすいというメリットもあるので,覚醒を狙ってそのまま戦うか,ファイナルストライクを使って一気に倒すか,状況に応じて戦況を組み立てていくのがいいだろう。

イグニッション状態になると,超必殺技ともいうべきファイナルストライクが使えるように
アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

 成長システムについても触れておこう。本作にはレベルの概念がなく,戦闘終了後にHPやSP,体力や魔力といった各種ステータスが上昇していく。これまた「サガ」シリーズを手がけた小泉氏のカラーが出ていて面白い。

アライアンス・アライブ
 さらに本作では,各種ギルドが存在しており,たとえば図書ギルドタワーの影響下でバトルをすると敵の弱体化,鍛冶ギルドタワーだと敵全体にダメージを与えるといった,さまざまなアシストを受けられる。世界各地にさまざまなタワーがあり,そこでのイベントをこなすと周囲のエリアがタワーの影響下に入るため,積極的に立ち寄っていきたい。

陣形の選択も重要な要素だ。陣形によってステータスが変化するため,とくにボス戦などでは,装備と共に気にしておきたい
アライアンス・アライブ アライアンス・アライブ

 筆者が感じた本作の大きな魅力は,やはり覚醒やイグニッションなどの特徴的なバトルシステムだ。シンプルで分かりやすいターン制バトルに,ランダム性の高い成長システムを取り入れることで高い中毒性を生み出しており,つい時間を忘れて熱中してしまう。

 ニンテンドー3DSでいつでもどこでも気軽に遊べるのも嬉しいところで,PlayStation時代の「ファイナルファンタジー」や「サガ」シリーズが好きという人はもちろん,久しぶりにどっぷりとファンタジーRPGに浸かってみたいという人も,ぜひ手に取ってみてほしい。

アライアンス・アライブ

「アライアンス・アライブ」公式サイト


※画面は開発中のものです
  • 関連タイトル:

    アライアンス・アライブ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月