オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
バトルフィールド1公式サイトへ
  • Electronic Arts
  • DICE
  • 発売日:2016/10/21
  • 価格:スタンダード版:8424円,デラックス版:1万584円(いずれも税込)
読者の評価
59
投稿数:9
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「バトルフィールド1」の今後の計画が発表。アップデートは毎月実施し,小隊機能の実装,レンタルサーバプログラムの機能拡張などを予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/07 11:48

ニュース

「バトルフィールド1」の今後の計画が発表。アップデートは毎月実施し,小隊機能の実装,レンタルサーバプログラムの機能拡張などを予定

バトルフィールド1
「In the Name of the Tsar」のコンセプトアート
 エレクトロニック・アーツとDICEは,発売中のFPS「バトルフィールド」シリーズの最新作「バトルフィールド1」PC / PS4 / Xbox One)における,今後の予定を発表した。ゲームのアップデート体制の変更やレンタルサーバプログラムの機能拡張などが伝えられている。

 まずはアップデートに関してだが,「バトルフィールド」シリーズのアップデートは季節ごとに実施されていたのを,毎月行う形に変更するとのことだ。これによって,バランス調整や改善などが速やかに適用されるようになるという。
 これまで,不具合やバグが発見されても,よほど致命的なものでない限り,次の季節パッチを待たなければ改善されることがなかったが,今後はより迅速に対応されることになりそうだ。

バトルフィールド1
「In the Name of the Tsar」のコンセプトアート

 また,まもなく配信が予定されている春のアップデートでは,「小隊」機能がゲームに追加される。この小隊機能は「クラン」や「チーム」あるいはMMORPGでいう「ギルド」的なコミュニティシステムで,仲間とのゲームプレイを強化してくれることだろう。
 加えて,5月のアップデートでは「より快適なプレイ」を実現することにフォーカスするようだ。オペレーションのマッチフローの改善など,ゲームプレイにおける「萎え要素」に対処し,よりフェアなプレイ環境を構築するとしている。

 そして,待望されているレンタルサーバプログラムの機能アップデートについてだが,現在開発に取り組んでおり,できるだけ早くリリースを行いたいとのことだ。現状のレンタルサーバプログラムの機能は非常に限定的で,前作シリーズのような柔軟な運用ができない状態にある。プレイヤーコミュニティを形成するためにも,いち早い機能拡張が望まれる。

バトルフィールド1
「In the Name of the Tsar」のコンセプトアート

 また,ロシア軍が参戦する第2弾拡張パック「In the Name of the Tsar」の新たなコンセプトアートが3枚公開されている。巨大な砲台と河川を上る舟艇,遠くには艦船の姿が描かれているほか,雪上を走る“槍”を持った騎兵と輸送車両らしき姿,走行列車の姿が確認できる。どういった拡張パックとなるのか,続報に期待したい。

「バトルフィールド1」公式サイト

  • 関連タイトル:

    バトルフィールド1

  • 関連タイトル:

    バトルフィールド1

  • 関連タイトル:

    バトルフィールド1

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月11日〜12月12日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月