オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
AC「マジシャンズデッド」は本稼働版で何が変わったか。“ハンドパワー”で熱くなる,新感覚対戦アションを体験プレイ
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/12/10 23:26

プレイレポート

AC「マジシャンズデッド」は本稼働版で何が変わったか。“ハンドパワー”で熱くなる,新感覚対戦アションを体験プレイ

マジシャンズデッド
 「ガンスリンガー ストラトス」シリーズなどを手がけてきたバイキングが,デベロッパからパブリッシャへの転身後,初の作品となるアーケードゲーム「マジシャンズデッド」。稼働前から全国キャラバンを行うなど,これまで積極的にPRを続けてきた本作が,
2016年12月8日にいよいよ稼働を開始した。
 4Gamerでも,これまでたびたび本作のプレイレポートを掲載してきたが,今回はその最終段階――本稼働バージョンを触らせてもらったので,概要をお伝えしたい。稼働を迎えた本作が,一体どんなゲームになったのか,キャラバンVer.からの変更点を中心に紹介していこう。

■関連記事

「マジシャンズデッド」公式サイト


新キャラクター4名が新たに参戦,計12名に


 以前掲載した全国キャラバンVer.からの変更点でもっとも大きなものは,プレイアブルキャラクターの追加だろう。本稼働Ver.では4名のキャラクターが追加され,計12名がプレイアブルとなる。

■ハーロン


マジシャンズデッド

 スキンヘッドにサングラス,筋骨隆々の体躯に巨大なマシンアームを装着したハーロンは,超能力者グループEIXのリーダーだ。サイキッカーというよりサイボーグという印象だが,見た目どおりミサイルやガトリングガンといった,重火器による攻撃を得意とする(実弾兵器を手元にテレポートさせているらしい)。
 また,念動力で形成した腕で周囲を薙ぎ払ったり,相手を掴んで放り投げたり,あるいはその巨大な腕で,相手の攻撃を受け止めたりといった,多様な戦い方ができる。半面,リチャージにかかる時間は長いので,使いどころは考える必要がありそうだ。

マジシャンズデッド
見た目どおり体力は高めで,移動速度の遅いハーロン。どっしり構えて戦いたい人にオススメかも
マジシャンズデッド
巨大な腕による攻撃はさまざまな使いかたが可能
マジシャンズデッド
ミサイルを射出する攻撃。発射されたミサイルは低速だが,緩やかに相手を追尾する
マジシャンズデッド
マシンアームをテレポートで転送している様子。サイボーグじゃなく,あくまで超能力者です

■キャトル


マジシャンズデッド

 サイキッカー側2人目の新キャラクターは,毒を操る能力者のキャトルだ。小柄で愛らしい見た目ながら,暗殺者のようなスタイルで戦うキャラクターとなっていた。中でも,着弾地点に毒煙が一定時間立ち込める毒煙弾はかなり強力。付近のキャラクターは視界が極端に悪くなるほか,煙に触れると継続ダメージと共に,行動不能に陥ってしまう。
 移動も素早く,味方の強化や足場作りなどのサポート能力にも長けるが,体力は低く,ここが泣き所となっているようだった。敵に目を付けられるとあっという間に撃破されてしまうので,使いこなすには修練が必要そうなキャラクターといえる。

マジシャンズデッド
可愛らしい見た目に反し,いやらしい攻撃を多用するキャトル
マジシャンズデッド
毒煙の効果はかなり広範囲におよぶ。しかもメインウエポン扱いなので,気軽にばらまける
マジシャンズデッド
毒の塊を射出することも可能。着弾地点には毒煙が立ち込める
マジシャンズデッド
こちらは登場演出。やっぱり可愛らしい


■リガード


マジシャンズデッド

 ハットにサングラスと,相当に怪しい風体のリガードは,魔法学園で教鞭を執る教師であると同時に吸血鬼でもある。
 扱う魔法は吸血鬼らしく「闇」を用いたもので,攻撃が着弾した地点に,触れた者(味方や自身を含む)の移動速度を極端に低下させるフィールドを作り出す。ほかにも,ヒットした相手を磔にする攻撃もあり,クラウドコントロールに長けたキャラクターと言えるだろう。
 ただ,格闘攻撃にかかる時間が非常に長く,ほかのプレイヤーの介入でカットされやすいのが欠点といえる。そのためタイマンの状況をいかに作り出すか,あるいは味方を邪魔しないようにしつつ,敵の動きを制限する戦い方がポイントとなりそうだ。

マジシャンズデッド
無数の蝙蝠とともに出現するリガード。吸血鬼らしい演出だ
マジシャンズデッド
闇の弾を発射して,相手の移動を阻害する。味方を巻き込まないように注意しよう
マジシャンズデッド
相手を磔にする弾がヒットするとこうなる。拘束中は追撃も可能
マジシャンズデッド
仕込み刀によるリガードの格闘攻撃は,時間はかかるが威力は絶大。カットされない状況を作り出そう


■テラ


マジシャンズデッド

 新キャラクターの最後の1人は,魔法学園の理事長でもあるテラだ。光魔法を操るマジシャン側の重鎮だが,性格は豪快でチョイ悪なキャラクターとなっている。
 光魔法は,着弾した地点に植物が芽吹かせ,その周囲にいる味方プレイヤーの体力を徐々に回復するというもの。攻撃と回復がワンセットなので,攻撃としてはかなり扱いやすい。老齢な見た目に反して体力も高く,光魔法の効果と相まって,移動は遅いがかなりのタフさを発揮する。
 一方で,攻撃や弾速が遅いため,複数の敵に囲まれると対応が難しいのが玉に瑕といったところか。その場合は持ち前のタフさを頼って,味方の援護を待つことになりそうだ。

マジシャンズデッド
魔術師然とした風貌のテラ。初心者にも扱いやすいキャラクターといえる
マジシャンズデッド
植物の芽吹きと共に行われるショット攻撃。敵に当たればもちろんダメージを与える
マジシャンズデッド
リング状のレーザーを発射。攻撃範囲が広く,着弾した場所にはやはり草木が芽吹く
マジシャンズデッド
杖を振り,光球を発生させる攻撃。年齢に似合わす,かなりマッチョなのかもしれない

 なお,既存のキャラクターにはフォースセットの構成に多少の変化が見られるものの,さほど大幅な変更はないようだった。全国キャラバンなどで本作を体験したプレイヤーは,本稼働後もそのままの感覚で扱えそうである。

キャラクターと共に,マップも追加されていたので紹介しておこう。こちらは新マップのニューヨークシティ。球形のオブジェが置かれたマップ中央の広場がくせ者で,遮蔽をとれる障害物がほぼないため,必ずと言っていいほど激戦区となる
マジシャンズデッド
マジシャンズデッド マジシャンズデッド

こちらはサイキッカー達の本部”ICF”のステージ。両陣営は高台からスタートし,自陣付近にある3つの障害物を利用しながら交戦する構図になる。味方の位置や状況に,どれだけ気を配れるかが明暗を分ける
マジシャンズデッド
マジシャンズデッド マジシャンズデッド

魔法使いたちの総本山“魔法省”。石造りのオブジェクトが多く,その多くが破壊可能となっている。とはいえ地形がデコボコしていので,遮蔽は比較的取りやすい。追加マップは以上の3つで,実装済は計6マップとなった
マジシャンズデッド
マジシャンズデッド マジシャンズデッド

おまけで水属性の魔法でキャラクターを濡らしてみたときのスクリーンショットを紹介しておこう。あれ,なんだか透けてるような……
マジシャンズデッド マジシャンズデッド
マジシャンズデッド


ミッションモードや“時間貸し”モードも搭載。未来を感じる新感覚対戦アクション


 ゲームそのものについての変更点は以上だが,このほかにも新たなゲームモードであるミッションモードの追加など,さまざまな点で遊びやすくなる本作。またゲームと連動したモバイルサイトのオープンで,対戦に勤しむ環境も整っている。

 モーションセンサーを使用したタイトルということで,とまどう人も少なくないだろうが,アーケードゲームの可能性を感じさせるものであることは間違いない。この記事で本作に興味を持った人は,ぜひ最寄りのゲームセンターに足を運んで,この“新しい体験”を味わってもらえたら幸いだ。5クレジットで制限時間まで繰り返しプレイできる“時間貸し”モードもあるので,いきなり対人戦はちょっと……という人も,まずはミッションモードから試してみてほしい。


ミッションモードでは,CPU操作の敵キャラクターが登場する。写真のように,多数の敵を相手に戦うミッションも。1人で挑むも良し,友達と一緒に共闘するも良し
マジシャンズデッド マジシャンズデッド

制限時間内に課せられた条件の達成を目指すミッションモード。初級から順番にプレイしていくと,中級,上級とより難しいミッションが開放されていく
マジシャンズデッド

マジシャンズデッド
ゲームの本稼働に伴い,ゲームと連動したモバイルサイト「MagiDE.Net」。無料会員はプレイヤーネームの登録と戦績の確認のみの利用となるが,プレミアム会員(初月無料/月額486円)になると,称号の設定やキャラクターやインタフェースのカスタマイズ,フォースセットの購入,ギルド機能などが利用できる。やり込み勢はぜひ利用してみよう
マジシャンズデッド マジシャンズデッド

「マジシャンズデッド」公式サイト

  • 関連タイトル:

    マジシャンズデッド NEXT ブレイジング

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月20日〜10月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
72
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
56
アズールレーン (iPhone)
2017年04月〜2017年10月