オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」,第33回FFXIVプロデューサーレターLIVEの模様をレポート。2017年1月配信予定の「パッチ3.5」に関する詳細情報が明らかに
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/11/26 17:15

ニュース

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」,第33回FFXIVプロデューサーレターLIVEの模様をレポート。2017年1月配信予定の「パッチ3.5」に関する詳細情報が明らかに

 スクウェア・エニックスは2016年11月25日,サービス中のMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」PC/Mac/PlayStation 4/PlayStation 3。以下,FFXIV)の公式番組「第33回FFXIVプロデューサーレターLIVE」(以下,PLL)を配信した。
 出演は,先週の社内の状況がカオスだったと語るプロデューサー兼ディレクターの吉田直樹氏と,ロンドンの出張帰りというコミュニティチームの室内俊夫氏の二人。今回は,「パッチ3.5実装コンテンツ特集Part1」と題され,パッチ3.5に関する新情報が明らかになった。本稿ではさっそく,その内容をお伝えしたい。

パッチ3.5 PART 1は2017年1月中旬配信予定
ワールドを超えたパーティ募集が可能に


ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」公式サイト


 まず吉田氏は,パッチ3.5のタイトルが「THE FAR EDGE OF FATE(宿命の果て)」になると述べ,パッチ2.5では“FALL”という単語にこだわったが,今回は“EDGE”にこだわったと述べた。これがどういう意味なのかは,リリースを楽しみに待ってほしいとのことで,このパッチ3.5を以て,パッチ3.xシリーズは終了することになるという。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 なお,パッチ3.5はPART 1とPART 2の二部構成で,PART 1は2017年1月中旬,PART 2は3月のリリースが予定されている。ただし吉田氏によると,パッチ2.5のとき,プレイヤーからPART 2のリリースと拡張ディスクの発売日の間が空きすぎているという意見があったので,PART 2については見直しもあるかもしれないとのことだった。


パッチ3.5に実装される項目


■新たな三闘神クエスト
 続いて,パッチ3.5で追加される具体的な内容へ話が進んだ。
 パッチで「新たなメインクエスト」が実装されることは言うまでもないが,さらに,三闘神クエストが今回,完結するとのこと。吉田氏によれば,魔神セフィロト,女神ソフィアに続き,パッチ3.5で「鬼神ズルワーン」が実装され,「鬼神ズルワーン討滅戦」「極鬼神ズルワーン討滅戦」という2つの討滅戦が用意されるとのこと。ここで吉田氏は,鬼神ズルワーンのアートを紹介した。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■新たなサブストーリークエスト
 新たなサブストーリークエストとして,「聖アンダリム神学院記」「ヒルディブランド 蒼天編」,そして「アニマウェポンストーリー」の続きが用意される。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■新たなインスタンスダンジョン
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 新しいインスタンスダンジョンは,2つ追加される。
 まずは「巨大防壁 バエサルの長城」で,これは,ガレマール帝国領となっているアラミゴとグリダニアの境に築かれた防壁のこと。吉田氏は帝国がグリダニアから蛮族や蛮神の影響を排除するためのものと説明した。2016年10月に行われたファンイベント「FINAL FANTASY XIV FAN FESTIVAL 2016 Las Vegas」では,このバエサルの長城を超えてアラミゴに向かうことになるという説明がされており,どうやらメインストーリーに深く絡んだダンジョンになるようだ。
 バエサルの長城のスクリーンショットを公開した吉田氏は,「外郭攻略 カストルム・メリディアヌム」と雰囲気が似ているとも述べた。

 2つめは,「霊峰浄化 ソーム・アル(Hard)」。名前のとおり,すでに実装されている「霊峰踏破 ソーム・アル」のHard版になる。吉田氏によると,霊峰踏破 ソーム・アルはストーリー上,麓から登っていくようになっていたが,今度はとある出来事によって,下っていくという。こちらのスクリーンショットも公開された。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■新たなアライアンスレイドダンジョン
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 「シャドウ・オブ・マハ」シリーズの続編となる新しいアライアンスレイドダンジョン,「影の国ダン・スカー」が実装される。24人で攻略することになるダン・スカーについて吉田氏は,「(ストーリーが)完結することはするけど……」と言葉を濁す。含みを持たせた終わり方なのかもしれない。

 上記の「FAN FESTIVAL 2016 Las Vegas」では,「最初のボスとは,飛空艇の上で戦うことになる」という説明があり,今回はさらに,「不安定な場所での戦いになるので,マップの端へ近づかないほうがよいのではないか」という説明が加えられた。吉田氏のこの話から察するに,飛空艇から落下するというギミックがあるようだが,果たしてどうなのだろうか。
 ここでは,ダン・スカーで得られる装備のアートが公開されている。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■パーティ募集機能アップデート
 パッチ3.5では,パーティ募集機能がアップデートされ,データセンター内であれば,ほかのワールドのパーティ募集を閲覧したり,参加したりすることが可能になる。ただし,対象となるのはコンテンツファインダーおよびレイドファインダーに対応したものに限られるとのこと。
 例えば「宝の地図」など,パブリックフィールドを用いるコンテンツの場合にワールドが異なると,パーティを組むことはできても,一緒にプレイすることはできないという。吉田氏は,ワールドが異なるメンバーで構成されるパーティでも,制限解除や下限レベルシンク,ロットルールなどは,従来のパーティと同様に設定できると付け加えた。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

 また,NPCに話しかけることで突入する「死者の宮殿」と「雲海探索ディアデム諸島」にはまだ対応できておらず,ワールドを超えたパーティでのプレイはできないそうだ。吉田氏は,順次対応していく予定するだと述べた。

 パーティ募集で参加したメンバーは,ワールドの垣根を超えてパーティチャットが可能になるという。吉田氏は,サーバーの負荷を高めると前置きしつつ,ほかのワールドの経済情勢を聞いたり,好きなテーマで雑談したりと,チャットを目的とした募集もアリなんじゃないかと話した。なお,ブラックリストについては対応するべく現在作業中であり,また,フレンド機能については間に合わないとのこと。
 ワールドの異なるパーティを組んだ場合,同じ名前のプレイヤーが参加する可能性があるが,チャット欄の名前にワールド名が付加されるので問題はない。また,別のワールドで遊んでいる友人と一緒にプレイしたい場合には,募集にパスワードをかけることも可能だ。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■フロントライン
 現在のフロントラインは,同じグランドカンパニーに所属しているプレイヤー同士でしかパーティが組めないが,パッチ3.5ではその制限が撤廃される。
 つまり,グランドカンパニーが異なっていても,同じ勢力として一緒に戦うことができるわけだ。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 さらに,フロントライン中のFCやLSといったチャットもパッチ3.5で可能になるという。アビューズ行為を防ぐため,これまではチャットできない仕様になっていたが,吉田氏は「ファイナルファンタジーXIV: 紅蓮のリベレーター」(以下,紅蓮のリベレーター)で新たなPvPが実装される予定であることを明かしつつ,アビューズ行為が横行するかどうかはユーザーに委ねることにした,と述べた。

■デュエル
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 パッチ3.5では,アイテムレベル(以下,ILv)シンク機能が2つ追加される。1つはザ・フィーストと同じILv150に揃えるというもの。もう1つは,申請者のILvに揃えるというものだ。また,デュエル開始時には,すべてのリキャストタイマーがリセットされる。

■バディチョコボアップデート
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 コンテンツファインダーの待ち時間にバディチョコボを呼び出し,「F.A.T.E.」などのコンテンツをプレイしたいという要望は,かなり初期からあったという。それが,今回,ようやく実現する。
 吉田氏の説明によれば,パッチ3.5ではバディチョコボ専用の処理が大幅に改善され,バディチョコボは呼び出すとパーティメンバーではなくペットの枠に入るようになるとのこと。もちろん,召喚士と学者はペットとの同時使用が可能で,パーティメンバー8人+バディチョコボ8体という構成も可能になる。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■召喚士のエギについて
 これまで,ファンの間で「エギのミラプリ」と呼ばれていた,エギの姿をほかの蛮神に変更するという機能がついに実装される。パッチ3.5ではカーバンクルの3種類だけになるが,吉田氏はセフィロトやラムゥなども現在開発中であり,どこかのタイミングで実装していきたいと説明した。なお,変更した姿は,もちろんほかのプレイヤーにも表示される。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■ビギナーチャンネル
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 ステータスには,新たに「リターナー(復帰者)」が追加される。リターナーは,1つのジョブがレベル50に達し,前回のログアウトから45日以上経過しているキャラクターが使用できるステータスで,ビギナーチャンネルへの参加が可能になる。また,吉田氏によると,メンターとパーティを組むことで,経験値ボーナスが取得できるという。
 さらに,ビギナーチャンネルにも手が入り,勧誘されたとき,加入するかどうかの確認ダイアログが表示されるほか,ビギナーが任意に脱退することも可能になる。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

■そのほか
 パッチ3.5では,装備試着画面で染色プレビューが行えるようになるほか,ハウジングに家具として「絵画」が実装される。吉田氏は,探索手帳をクリアしておくことで購入できる絵画が増えると,絵画家具の担当者が話していたと述べた。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド


パッチ3.5以降の予定


■お得意様開拓コンテンツ「シロ・アリアポー編」
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 ギャザラーおよびクラフター向けの新たなコンテンツで,特定のNPCから依頼のあった蒐集品を採集,制作することで信頼度を上げていくという,お得意様開拓コンテンツ。
 パッチ3.5に続くパッチ3.5xでは,NPCとしてシロ・アリアポーが登場する。吉田氏は,紅蓮のリベレーター以降も得意様となるNPCを追加していく予定であり,将来的には「おしゃれ」をテーマにしたコンテンツとして,自分のおしゃれ度を測ってもらうような内容に発展させていきたいと述べた。

■雲海探索ディアデム諸島
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
 現在のディアデム諸島は完全にリニューアルされ,提示されるお題をこなしていくと報酬がもらえるといった内容に変更される。マップは現在のものと大きくは変わらないが,行ける場所や行けない場所があると吉田氏は話し,また,全域を巻き込んだボスバトルなどのハプニング要素もあるいう。入り口は「雲海探索ディアデム諸島(狩猟)」「雲海探索ディアデム諸島(採集)」のように,ギャザラーはしっかり分けられる。

■ザ・フィースト
 パッチ3.5xでは,新たな対戦マップが追加される。ただし,ルールは現在と同一で,現シーズン終了時に実装されるとのこと。現在のシーズン3はパッチ3.55までなので,パッチ3.55で新マップが実装されるということになる。
 吉田氏は,プレイヤーにとって初めてのマップとなるため,実装後にプレシーズンを1回だけ行う予定だと話す。また,ザ・フィーストで暴言の通報が多いため,対戦中のチャットは使用できなくなる。その代わりとして,ターゲットの指示や挨拶などの定型文をPvPアクションとして追加し,ホットバーに登録して利用してほしいとした。

ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド


特別ゲストに声優の田中理恵さんが登場
田中さんの要望に吉田氏がたじろぐ場面も



 PLL後半のトークセッションには,特別ゲストとして声優の田中理恵さんが登場した。
 カヌ・エ・センナのほか,蛮神ガルーダや女神ソフィアの声を担当する田中さんだが,最近のプレイ内容を聞かれて,「アレキサンダー零式:天動編3層」をクリアし,「死者の宮殿」は地下180階まで行ってブラックペガサスを手に入れたと答えた。また,「極女神ソフィア討滅戦」では,サウンドディレクターの祖堅正慶氏の手伝いをするために,ワールドを移転して,一緒にプレイしたという逸話を紹介。
 好きなミラプリ装備を聞かれた田中さんは,ミコッテの男性のサバイバー装備がカッコいいと答え,その答えに合わせて吉田氏が新しく実装予定のオシャレ装備のアートワークを公開した。


 さらに田中さんは,バイクのマウントはどうなったのかと問いかけ,吉田氏は紅蓮のリベレーターでグラウンドマウントについて速度を上げる予定があると説明した。まだ,確定していないが,速度を上げることになればバイク実装の可能性もあると答えた。その後,田中さんの要望に吉田氏がたじろぐ場面を経て,言うつもりはなかったと前置きしつつ,蛮神をテーマにしたオシャレ装備が開発中であることを吉田氏が明かす一幕もあった。というところで,今回のPLLは終了。

「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」公式サイト


 12月24日,25日には「ファイナルファンタジーXIV ファンフェスティバル2016 in TOKYO」が開催され,そこで紅蓮のリベレーターやパッチ3.5に関する新たな情報が公開される予定だ。紅蓮のリベレーターへ続くパッチ3.5がどのような展開になるのか,ファンフェスティバル2016 in TOKYOがファン注目のイベントになるのは間違いない。
  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

  • 関連タイトル:

    ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月20日〜02月21日