日本最大級の
総合ゲーム情報サイト

イベント

“理由あって,アニメ化”発表で大盛り上がりだった「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜」の公演2日め「Brilliant Side」レポート

 2017年2月12日,「アイドルマスター SideM」の2ndライブ「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜」の公演2日「Brilliant Side」が,千葉県の幕張メッセ イベントホールで開催されました。

 1日めと同様に登場する「DRAMATIC STARS」以外のメンバーが入れ替わり,「Beit」「W」「S.E.M」「Café Parade」「THE 虎牙道」「もふもふえん」「Jupiter」のアイドル達を演じた23人がステージに立ち,盛り上げた本公演の様子を紹介します。

アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM

●出演キャスト

【DRAMATIC STARS】
仲村宗悟さん(天道 輝役)
内田雄馬さん(桜庭 薫役)
八代 拓さん(柏木 翼役)

【Beit】
梅原裕一郎さん(鷹城恭二 役)
堀江 瞬さん(ピエール 役)
高塚智人さん(渡辺みのり 役)

【W】
山谷祥生さん(蒼井享介 役)
菊池勇成さん(蒼井悠介 役)

【S.E.M】
伊東健人さん(硲 道夫 役)
榎木淳弥さん(舞田 類 役)
中島ヨシキさん(山下次郎 役)

【Café Parade】
狩野翔さん(神谷幸広 役)
天﨑滉平さん(東雲荘一郎 役)
古川 慎さん(アスラン=ベルゼビュートII世 役)
児玉卓也さん(卯月巻緒 役)
小林大紀さん(水嶋 咲 役)

【THE 虎牙道】
寺島惇太さん(大河タケル 役)
小松昌平さん(牙崎 漣 役)
濱野大輝さん(円城寺道流 役)

【もふもふえん】
矢野奨吾さん(岡村直央 役)
古畑恵介さん(橘 志狼 役)
村瀬 歩さん(姫野かのん 役)

【Jupiter】
松岡禎丞さん(御手洗翔太 役)

 1日めと同様,1曲めは出演者全員で歌う「Beyond The Dream」! 出演するメンバーの多くが入れ替わっているということで,1日めとはまた違うパフォーマンスや歌声が楽しめました。もふもふえんの3人が本当に可愛い。


 「今日も最高に盛り上がっていこうぜ!」という仲村さんの言葉で始まった最初のトークパート。それぞれが演じているキャラクターの台詞を披露しつつ,意気込みを語ると,大きな歓声があがっていました。最後に,翔太役の松岡さんが「Jupiter役の……」と話し始めようとしましたが,すぐに「あ,Jupiter役じゃない……俺,星じゃない!」と慌て始め,出演者も含め,会場中で笑いが起こっていました。

 ユニットソングの1曲めは,Beitの「スマイル・エンゲージ」です。Beitの衣装は,王子様のような見ためで,さらにバックスクリーンにお城が映し出されていたこともあり,いきなり王子様が歌いだした! といった感じのステージに。帰り道,近くにいた男性プロデューサーが「お姫様になっちゃったね」と話しながら歩いていましたが,その気持ち分かる。

 指パッチンでお城がカフェに早変わりして始まった「Café Parade!」では,Café Paradeの5人によるミュージカルのような歌とダンスを楽しむことができました。衣装が全員個性的なので,ステージ上がとにかくカラフル! まさに,サイコーのパーティでした。

 カフェだったステージに,今度は風船の木とキノコが! 「うぇるかむ・はぴきらパーク!」では,もふもふえんの3人がそれぞれが演じるキャラクターのもふもふな衣装で飛んだり跳ねたりしていて,仕草も歌も可愛かったです。

 双子で元サッカー選手なアイドル・Wの2人が歌う「VICTORY BELIEVER」では,ボールを蹴るような仕草が盛り込まれたダンスが斬新で面白かったです。楽しそうにレッドカードを出した姿に,思わずニヤリとしてしまいました。

 2月11日に引き続き,DRAMATIC STARSの「DRAMATIC NONFICTION」は,3人の成長を垣間見られるステージとなっていました。ダンスも歌も,本当にパワーアップしていて,まるで親戚のおばさんのような気持ちで見ていました。プロデューサーですけど。

 風の吹く音から始まる,THE 虎牙道の「強く尊き獣たち」。大きな動きのダンスをこなしながら,歌う姿が本当に格好いい! さらに伴奏中は,3人で戦うような仕草を披露して,一つ一つの動作に大きな歓声があがっていました。

 8曲めの「∞ Possibilities」では,S.E.Mの3人が「THE IDOLM@STER SideM ST@RTING LINE -06 S.E.M」のジャケットイラストで持っていた銃を手にして,登場! ステージライトの演出も相まって,とにかく格好いい元教師達のステージでした。

 トークパートでは,DRAMATIC STARS,S.E.M,もふもふえんの3ユニットで,ここまでの本公演を振り返ることに。

 まず古畑さんが,もふもふえんとは会ったことがなかったプロデューサーも多いと思うので,今日お会いできてよかったです! と話すと,会場からは「会いたかったよ〜」といった声があがっていました。

 S.E.Mの伊東さんは,「昨日と今日で“連勤”のプロデューサーも多いと思いますが,明日以降のことは考えるなよ〜」と呼びかけていました。

 続けて,内田さんが「昨日に負けないくらい,みんないい顔をしている! プロデューサーもキャストも,みんないい顔をしている!」と語ったのですが,その後の八代さんも「みんな,いい顔してて……」と話を始めると,会場では笑いが起きていました。仲村さんが「反復かな?」と聞くと,八代さんは「こっからだから!」と言いつつ「やっぱり俺が一番いい顔してる!」と言って,さらに大きな笑いが起きていました。

 9曲めは,八代さんの歌うソロ曲「約束はドリーミングフライト」……ということで,トークパート終了後は,八代さんだけがステージに残る形だったのですが,ステージから去るほかのメンバーと八代さんがハイタッチする姿が微笑ましかったです。

 お次のソロ曲は「フェイバリットに踊らせて」です。小林さんが可愛らしい声で歌う曲はもちろんですが,バックダンサーを務めた伊東さんと榎木さんにアプローチされるも,振っていく……といった動きが,とにかく面白かったです。完全に咲ちゃんだ! 壁ドンや顎クイにも動じない咲ちゃん,もとい小林さんによるビンタで大きな歓声があがっていたのには,笑ってしまいました。

 天﨑さんによる「Piece Montee」は,元パティシエということで,歌詞はケーキ作りを意識したものになっているのですが,それがダンスやバックスクリーンの映像で表現されていて,可愛い! 最後にパクリと何かを食べさせるような振り付けがありましたが,その動きがとくに可愛かったです。

 可愛いケーキ作りから一変,雷の音が鳴り,サタンを肩に乗せた古川さんが現れると,会場からは大きな歓声が! ソロ曲のなかでも,とくに個性的な「我が混沌のサバト・マリアージュ」ですが,古川さんの歌が本当にお上手で,魅了されてしまいました。時折モニターに映る,古川さんのドヤっとした顔が,まさにアスランといった感じで,表情まで完璧で凄いステージでした。

 13曲めの「GOLD 〜NO.79〜」では,中島さんが羽を使った衣装を着用しており,とにかくド派手! そんなド派手な衣装でしたが,歌は大人っぽい魅力に溢れていて,ユニット曲の盛り上がりとは,また違う盛り上がりを見せた楽曲になっていました。

 続けての「Flying Hawk」では,梅原さんの熱い歌声が堪能できました。王子様な衣装の梅原さんと,バックダンサーを務めた寺島さん,小松さんの3人の格好いいパフォーマンスに目が釘付けになりました。

 ソロ曲を6曲歌ったところで,Café Paradeの5人とTHE 虎牙道の3人が登場するトークパートです。

 まずは,古川さんが「お待たせしました!」とCafé Paradeの6人めのメンバー・サタンが「降臨した!」と叫び,サタンの気持ちを代弁しました。THE 虎牙道の3人が「6人って多くない!?」とツッコミを入れると笑いが起きていました。サタンも入れて,315プロダクションで一番メンバーの多いユニット!

 THE 虎牙道は,現在,Webラジオ「315プロNight!」のパーソナリティということで,いつもラジオでやっている掛け声を会場でも行うことに。THE 虎牙道の3人が「せーの!」と掛け声を言うと,続けて会場のプロデューサー達の元気な「たのもー!」が! それに対して全力の「かかってこい!」を返すTHE 虎牙道が格好良かったです。

 15曲めの「カレイド TOURHYTHM」では,最初にJupiterとWのメンバーの名前を呼ぶ部分があるのですが,今回出演できなかった寺島拓篤さんと神原大地さんが演じる天ヶ瀬冬馬と伊集院北斗の名前を呼ぶときは,バックスクリーンに映った冬馬と北斗のシルエットを指差して歌っていたのが,印象的でした。いつか5人で歌っている姿も見たいですね。

 続けての曲も「THE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY」に収録されている楽曲で,BeitとS.E.Mの6人が歌う「エウレカダイアリー」です。前曲の「カレイド TOURHYTHM」は,可愛い曲だと筆者は思っていますが,この曲は,その対局で格好いい曲ですよね。途中の「Bang!」で,さらに大人っぽくなっていて……サイコー!

 矢野さんのカウントダウンで始まった「もっふ・いんざぼっくす♪」は,ほかの「アイドルマスター SideM」の楽曲とは一線を画した個性的で可愛い楽曲です。ダンスも歌もすっごく可愛くて,もふもふハッピーになりましたね。ステージ上には,大きなプレゼント箱が! 最後に,学校の鐘がなると,もふもふえんの3人が「授業が始まるね」と言って,ステージ上からいなくなります。“授業”ということで,次が“あの曲”だと思ったプロデューサーは多かったのではないでしょうか。

 「もっふ・いんざぼっくす♪」の間,ステージに置かれていたプレゼント箱が,もふもふえんの3人がいなくなってからも残っています。なんでかな? と思っていましたが,突然,プレゼント箱の中からS.E.Mの3人が登場。ええ,可愛いプレゼント箱からおじさんが! ありがとうございます。
 そんな登場の仕方をした3人が歌うのは,「Study Equal Magic!」です。出演者もプロデューサーもみんなでタケノコダンスをしていたり,と物凄い盛り上がりで,楽しい空間になっていました。筆者もこの曲大好き。

 「À La Carte FREEDOM♪」では,Café Paradeの5人によるミュージカルのようなステージが再び楽しめました。ほかのユニットの楽曲よりも,メンバー同士のやり取りが歌の中にいっぱい登場するので,見ているのが面白いんですよね。

 20曲めの「Pleasure Forever...」は,Wの2人がトロッコに乗って,プロデューサーの近くに! 1日めのFRAMEとは違い,今回は山谷さんと菊池さんが別々の場所からトロッコで登場し,笑顔でボールをプロデューサー達にプレゼントしていました。

 お次の「Fun! Fun! Festa!」は,「THE IDOLM@STER SideM 2nd ANNIVERSARY」に収録されているBeitのユニット曲です。タイトルからも分かるように,明るい曲調の歌で,出演者もプロデューサー達も楽しそうに声を上げていました。間奏で,梅原さんが「幕張ーーーー!」と叫んでいたのが,印象的でした。

 Beit,W,Jupiterの6人によるトークパートでは,新しくなった衣装について,語っていました。

 今回のライブでは,全員の通常衣装も新しいものになっているのですが,そのなかでWのものは,ボタンがサッカーボールの形になっていたりという細かな変化があったようです。また,全員お揃いの衣装の場合も,Wらしさがあり,2人の衣装だけパーカー付きでした。
 また,堀江さんが持っていたカエールもマントを付けていて,とっても可愛らしかったです。

 22曲めの「サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday」は,S.E.Mがいままで歌ってきた曲とはガラリと雰囲気が違う,大人の魅力あふれる楽曲です。しっとりした楽曲を歌う伊東さん,榎木さん,中島さんの姿に見惚れてしまったプロデューサーも多いはず。

 お次は,DRAMATIC STARSの「MOON NIGHTのせいにして」。1日めも歌われた楽曲ですが,改めてコールの盛り上がりが凄いと感じました。仲村さんが「しー」とポーズを取ったり,八代さんがウインクをしたりすると,物凄い歓声が! 内田さんは,1日めとは異なり,メガネをかけていたのが印象的でした。筆者は,今回のライブでこの曲がすっごく好きになりました。ソロアルバムも買いましたが,サイコー!

 2日めに歌われた楽曲で一番熱い気がする「情熱...FIGHTER」では,間奏の間,ダンスで勝負することに。Café Paradeの楽曲とは,また異なった雰囲気ですが,まるでミュージカルを観ているような,そんなパフォーマンスが楽しめました。

 「想いはETERNITY」は,Beitらしいクールな楽曲ですが,歌詞にキャラクター達の想いがぎゅっとつまっている,熱い曲でもありますよね。バックスクリーンには,ゲーム内の雑誌で見ることができる漫画のコマが映し出されていました。

 Wの「LEADING YOUR DREAM」で,山谷さんと菊池さんがだんだん本当の双子に見えてきたのは,筆者だけじゃないはず。途中,ちょっとしたアクシデントもありましたが,最後まで気を抜かず,歌って踊った姿は,2016年の年末にニコニコ生放送で行われた「ゆくM@S くるM@S 2016」で,ランティスの斎藤 滋氏が言っていた「手を抜いてはいけない」というSideMのルールを守った,素晴らしいステージでした。

 27曲めは,DRAMATIC STARSの「STARLIGHT CELEBRATE!」です。この曲は,1日めのユニットソング最初の楽曲でしたが,2日めは最後の曲でした。1日めは,DRAMATIC STARSの3人の成長を感じることができましたが,2日めは,さらに頼もしい姿に成長していているように見えて,ぐっと来ました。

 1日めと同様に,28曲めは全員で歌う「DRIVE A LIVE」。CDにはユニットごとの「DRIVE A LIVE」が収録されていて,どれも固定的で大好きなのですが,やっぱり大人数で歌うと迫力が違いました。


 「DRIVE A LIVE」が終わると,キャストが一旦ステージから去り,315プロダクションの社長・斉藤孝司のコメントが流れました。その後,1日めに発表された100万ダウンロード突破や新作アプリのPVが続けて流れました……が,どうやら今後の展開は,これだけではないようで,もう1本PVが流れました。斉藤社長の「本日,諸君らに用意したお知らせは,これだけではない」という声で,すでに歓声が物凄いことになっていました。

 そのPVで発表されたのは,「アイドルマスター SideM」のアニメ化決定のお知らせ! やったー。
 終演後,ロビーに出ると,すでにアニメのキービジュアルが飾られており,多くの人が写真を撮ろうと集まっていました。また,会場を出る時に,アニメ化の号外も配られましたが,その号外は現在公式サイトで公開中なので,まだ見てないひとは是非読んでみてくださいね。


アイドルマスター SideM
 再び,出演者が登場し,歓声があがるなか,仲村さんが「プロデューサー,アニメ化だよ!」と声をかけると,さらに大きな歓声が。改めて,バックスクリーンに先程公開されたキービジュアルが表示されましたが,その際,松岡さんが「ちょっとここで聞いてみたいことがあるんだけど……なんでドラスタしかいないの?」と言うと,ほかのユニットのメンバーも「そうだ,そうだー!」と声をあげる事態に。そんな松岡さんの質問に対して,仲村さんが「ドラスタだけじゃありません!」と宣言して,キャストやプロデューサー達から「やったー!」と歓声があがっていました。やったー!

 続けて,出演者からそれぞれ挨拶がありました。
 とくに微笑ましかったのは,Wの2人の挨拶です。高塚さんが涙を流しながら挨拶をしたのに便乗し,泣き真似をしつつ,「ちょっといいですか?」と言って,取り出したレッドカードで涙を拭いていた山谷さんの仕草には,思わずフフッと笑ってしまいました。

 一方,菊池さんが涙声で語り始めると,山谷さんがそっとレッドカードを差し出して,それで涙を拭く仕草をしていたのにも笑ってしまいましたよ。レッドカードずるい。

 以前のライブで嘘泣きをしていた榎木さんは,Wの2人を見て,泣き真似って酷いことなんだなと言い,「今日は真面目にやります!」と宣言していたのにも関わらず,結局今回も嘘泣きをし始めて,笑いが起きていました。

 また松岡さんが,Jupiter3人とW2人の全員が揃って「カレイド TOURHYTHM」を歌いたいということで「Wと6人で歌いたい!」と言うと,一旦は大きな歓声があがったものの,すぐに笑いが……。松岡さん,5人ですよ! 幻の1人が一体誰なのか,もしかして事務員の山村? という謎を残しつつ,最後に翔太の声で「みんな,次のステージで会おうね! チャオ☆」と,北斗の口癖を盛り込みつつ,挨拶を終えました。まさかの「チャオ☆」。

 アンコールでは,全員で「Beyond The Dream」を熱唱! これで2ndライブも終わりかぁ……という寂しい気持ちになりましたが,最後まで全力で歌う姿を見ていると,そんな気持ちもどこかに吹き飛びました。ステージでは,さまざまなユニットのメンバーが肩を組み,楽しそうに歌う姿が微笑ましく,改めて2日間のライブがサイコーだったと感じることができました。


 新作アプリにアニメ化と,大きな展開が立て続けに発表された「アイドルマスター SideM」に登場する315プロダクションのアイドル達の今後の活躍にも,大注目ですよ!

関連記事:新作アプリの発表もあった「THE IDOLM@STER SideM 2nd STAGE 〜ORIGIN@L STARS〜」の公演1日め「Shining Side」レポート

【セットリスト】

M1.Beyond The Dream
M2.スマイル・エンゲージ / Beit
M3.Café Parade! / Café Parade
M4.うぇるかむ・はぴきらパーク! / もふもふえん
M5.VICTORY BELIEVER / W
M6.DRAMATIC NONFICTION / DRAMATIC STARS
M7.強く尊き獣たち / THE 虎牙道
M8.∞ Possibilities / S.E.M
M9.約束はドリーミングフライト / 八代 拓さん
(バックダンサー:堀江 瞬さん/児玉卓也さん)
M10.フェイバリットに踊らせて / 小林大紀さん
(バックダンサー:伊東健人さん / 榎木淳弥さん)
M11.Piece Montee / 天﨑滉平さん
(バックダンサー:菊池勇成さん / 山谷祥生さん)
M12.我が混沌のサバト・マリアージュ / 古川 慎さん
(バックダンサー:高塚智人さん / 矢野奨吾さん)
M13.GOLD 〜NO.79〜 / 中島ヨシキさん
(バックダンサー:狩野 翔さん / 濱野大輝さん)
M14.Flying Hawk / 梅原裕一郎さん
(バックダンサー:寺島惇太さん / 小松昌平さん)
M15.カレイド TOURHYTHM / Jupiter & W
M16.エウレカダイアリー / Beit & S.E.M
M17.もっふ・いんざぼっくす♪ / もふもふえん
M18.Study Equal Magic! / S.E.M
M19.À La Carte FREEDOM♪ / Café Parade
M20.Pleasure Forever... / W
M21.Fun! Fun! Festa! / Beit
M22.サ・ヨ・ナ・ラ Summer Holiday / S.E.M
M23.MOON NIGHTのせいにして / DRAMATIC STARS
M24.情熱...FIGHTER / THE 虎牙道
M25.想いはETERNITY / Beit
M26.LEADING YOUR DREAM / W
M27.STARLIGHT CELEBRATE! / DRAMATIC STARS
M28.DRIVE A LIVE
M29.Beyond The Dream

アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM
アイドルマスター SideM アイドルマスター SideM

「アイドルマスター SideM」公式サイト

「アイドルマスター SideM」ダウンロードページ

「アイドルマスター SideM」ダウンロードページ


「アイドルマスター SideM LIVE ON ST@GE!」公式サイト

注目の記事

1
★★★★★★★★★
2
★★★★★★★
3
★★★★★
4
★★★★
5
★★★★
6
★★★★
7
★★★★
8
★★★
9
★★★
お気に入りタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する
最近記事を読んだタイトル/声優

タイトル/ワード名(記事数)

全件表示する