オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ディビジョン公式サイトへ
読者の評価
85
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

ディビジョン

ディビジョン
公式サイト http://www.ubisoft.co.jp/division/
発売元 ユービーアイソフト
開発元 Massive Entertainment
発売日 2016/03/10
価格 パッケージ版:8400円(税別)
ダウンロード版:7500円(税別)
ジャンル
レーティング
備考
その他
  • RSS
  • レビューを投稿する
  • このページのURL:
このゲームの読者の評価
85
グラフ
読者レビューについて
 4Gamer読者レビューは,読者の皆さんがご自身の判断で書いたレビューを掲載するためのコーナーです。掲載前には編集部で主に公序良俗面のチェックを行っていますが,掲載されている情報について,4Gamer.netが正確さの保証を行うものではありません。掲載情報のご利用は,読者の皆様自身の判断と責任で行ってください。
 なお,ゲームの評価を表す「GamerScore」は,投稿されたレビューの平均点を表示したものではありません。投稿の傾向を分析・考慮し,補正を加えることで,有用と思われるスコアを目指した形となっております。詳しくは「こちら」をご参照ください。
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
  • アップデート1.4適用。次のUDに向けてのベースアップ時期か。 85
    良い点
    ・高品質のグラフィックとモデリングでパンデミック後のニューヨークが見事に構築されている。マップは広さに加え、登れる場所が多く地下鉄路線もありで縦横無尽に踏破している感を味わえる。また、コスチュームは種類や色数が多くコーディネートに凝ることも。

    ・フルボイスのローカライズで戦闘中も通信をきちんと把握でき、通信相手もキャラが立っており聞きがいがある、拠点や町の人々の会話が聞けて時になかなか味わい深い。

    ・武器は実銃ベースでミリタリー好きにはたまらない(らしい)。さらにMODパーツで好みにカスタマイズできる。発砲音も小気味よく射撃感はかなり良い。また、銃器カテゴリーごとの特徴づけが強化されたのでどれも有用になっている。

    ・TPSのカバーシューターとして高水準。慣れればカバー間を簡易な操作で自在に移動できるが、対する敵もカバーを活用し攻めてくるので戦術が重要になる。また、不意を打ったりヘッドショットキルした時の敵のリアクションも良い。

    ・収集要素が画像や一般の通信データなどで、世界観の厚みを増すのに一役買っている。拠点の増強でその位置をマップに表示できるので無駄なストレスがない。

    ・これまでの新ミッションや新装備の追加・装備強度の上限開放の履歴からすると、今後も無料の範囲での追加UDが期待できる。

    <アップデート1.4関連>
    ・プレイヤーLV30のカンスト後にワールド全体の難易度を調節可能になり、メインマップでも有用なアイテムドロップが期待できる。さらにミニボス的な敵がリスポーンするようになった。

    ・プレイヤーLVカンスト後も一定経験値毎にアイテム報酬が得られ、雑魚敵との戦闘の無駄感が減った。

    ・上記を含め上位アイテムの入手が全体的に緩和されて、後発組が追いつくのが容易になった。

    ・敵の硬さやダメージ関係がややマイルドに調整された。合わせてプレイヤー側も調整されたが、以前のピーキーすぎる戦闘の不満点は緩和されたと感じる。

    <DLC「アンダーグラウンド」について>
    ・ミッション条件の選択で難易度と報酬を細かく調節できる。UD1.4で報酬にフェニックスクレジットが追加され、総合的にはプレイヤーLVカンスト後の効率の良い稼ぎ場。

    ・地下のランダム要素とハンデの組み合わせで今までにないシチュエーションが生まれ、使う武器やスキルの選択肢が広がった。
    悪い点
    ・トム=クランシーの名を冠し、ベースは現実のニューヨークなので、そこから大きく逸脱したものは今後も期待できない。

    ・現地の方言の吹き替えが関西弁なのでミスマッチ感がいつまでも…。

    ・LVの上昇が早いので装備の更新も頻繁で使い捨て状態になる。加えて武器はMODの付け替えがあり手間がかかる。

    ・TPS RPGであり、大量に撃ち込んでHPを削って倒すプレイ感は良し悪し。UD1.4で敵の数が増え、より隙をつくよう動き回るようになったので、対処を面倒に感じることも。

    ・サーバーが原因のエラー落ちやラグが時に発生する。アップデート後の不具合も恒例。

    ・ダークゾーンは裏切りもあるフリーマッチングエリアであって欲しかったが、現在は装備が極まったプレイヤーのPVPの場であり、相応の準備が整っていないとまともに応戦できない。さらに開発もPVPエリアとして考えている様子。

    ・メインストーリークリア後は各ミッションを高難易度で周回する等のトレハンがメインなので、そこに興味が無いとボリュームに欠けると感じるかも。

    <DLC「アンダーグラウンド」について>
    ・ランダム生成の要素を一通り体験すると、地味な周回プレイの場でしかなくなってしまう。

    ・UD1.4でアンダーグラウンド専用ドロップ装備が他でも入手可能になったため、このままテコ入れ無ければ割高感は否めない。
    総評
    <アップデート1.4適用後の、全体としてのレビューです>

    「トレハン要素のあるリアル系世界観のTPS RPG」これを聞いて食指が動く方はプレイして損は無いと感じます。メインストーリークリアまでテンポも良く、サブミッションをこなしていけばソロプレイメインでも稼ぎはほぼ必要ないバランスです。

    世界観も、エージェント・敵対グループ・一般市民とそれぞれ「人間」を描きながらその演出は押し付けがましくなく、プレイヤーが嗜好に合わせて楽しめるよう配慮されています。

    プレイヤーLVカンスト後はより強い装備を入手してキャラクターを強化しますが、UD1.4でその入手関係がかなり緩和されたので、現時点での最高クラスにとりあえず追いつくのは容易です。今から始めても次回のUDには先行プレイヤーと足並みをそろえてのプレイも可能でしょう。

    発売時からサーバー問題、バグ・グリッチ、そしてエンドコンテンツでの戦闘バランスとずっと問題を抱えている印象ですが、開発側もずっと対応と改善そして調整を続けているのもまた事実です。その結果が出ていない、と評価を下げる方もいるでしょうが、私は今後も「進化」するという期待を捨ててはいません。決定している三番目のDLC配信時期まではUDがあると考えられますので、その「可能性」の部分も含めて評価させてもらいました。

    27インチPCモニターにHDMI接続し、2chのパワードPCスピーカーでプレイしています。
    プレイ時間
    200時間以上
    グラフィックス サウンド 快適さ/運営 熱中度/ストーリー ボリューム
    5 5 3 4 4
  • 前のページ前のページ
  • Pages: 1
レビューを投稿する

4Gamer読者レビューは,皆さんがプレイしたゲームを評価するという読者参加型のコンテンツです。投稿されたレビューは,4Gamer.netに掲載されるほか,「読者の皆さんの評価」である「GameScore」の算出に利用されます。

レビューを投稿する
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月20日〜05月21日