オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ディビジョン公式サイトへ
読者の評価
72
投稿数:8
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「ディビジョン」オープンβテストをプレイ。スキル開放により,よりバトルが激しく&楽しく変化
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2016/02/24 00:00

プレイレポート

「ディビジョン」オープンβテストをプレイ。スキル開放により,よりバトルが激しく&楽しく変化

 ユービーアイソフトが2016年3月10日の発売を予定している「ディビジョン」(原題:「Tom Clancy's The Division」PC/PlayStation 4/Xbox One)は,正体不明のウイルスによって,文明や秩序が崩壊したニューヨークを舞台に,プレイヤーが治安維持組織「ディビジョン」の一員として活躍するアクションゲームだ。

ディビジョン

「ディビジョン」公式サイト


 4Gamerでは2月2日にPlayStation 4版クローズドβテストのレポートを掲載しているが,2月19日〜22日,PS4版のオープンβテストが実施されたので,ここで,そのプレイレポートを改めてお届けしたい。ゲームシステムやオンライン要素など,基本的な情報についてはCBTのレポートで触れているので,未読の人は参照してほしい。

ディビジョン
ディビジョン

「ディビジョン」クローズドβテストのプレイレポート。崩壊したニューヨークを舞台に,ソロでもマルチでも熱くなれる一作になりそう



CBTとの違いはミッションの追加
新たなスキルが開放されてプレイフィールが変化


 今回のOBTと,CBTの大きな違いは,メインミッションとして「地下死体安置所」がプレイ可能になったことだ。前回プレイできた唯一のメインミッション「マディソン野戦病院」は,最初のミッションということもあって難度も低く,基本的に「カバーしつつ撃ち合い,先へ進む」という流れに特化していた。出てくる敵もカジュアルな格好の「暴徒」ばかりで,特徴も少なかった。

ディビジョン

 だが,今回プレイできた地下死体安置所は,その名のとおりウイルスに冒されて亡くなった人達が安置されている場所で,しかも出てくる敵は主要グループの1つ「クリーナーズ」だけという内容になっている。
 クリーナーズは「浄化」を掲げてニューヨークを暴れ回る集団で,遺体はもちろん自分達以外の目に付いたものは何でも火炎放射器で「消毒」しようとする,まさに文明の崩壊を象徴するような存在だ。実際,ミッション開始直後は穴の中で燃やされる大量の遺体を目にするほか,こちらが射程距離に入ると容赦なく火炎放射器を向けてくるという,かなりやっかいな連中だ。かくいう筆者も,何度も消毒されてしまった。

ディビジョン
ディビジョン ディビジョン

 また,ミッションの最中も「継電器を起動させるため,重いパーツを持って歩かなければいけない」といった要素が追加されており,動きが鈍いときに限って,たくさんの敵が襲ってくる。Co-opなら仲間に敵を任せられるが,ソロプレイではそうはいかないので,なかなか焦ってしまう。
 ほかにも近接攻撃を行う敵が,斧と同時に盾を装備していて耐久度がかなり上がっていたり,最後に出てくるボスがかなりの耐久力を誇っているうえに,中距離からでもガンガン火炎放射器で攻撃してきたりと,初プレイ時はかなり手こずった。難度自体はもちろん,最初のステージより高い印象で,製品版でプレイできる先のミッションは,予想以上に歯ごたえがありそうだ。

火炎放射器を振り回すクリーナーズは強敵だが,燃料タンクを背負っており,背面や側面から攻撃すると火が付き,一定時間後に爆発する。うまくやれば周囲の敵も巻き込め,一気に敵を粉砕したときはかなり爽快だ
ディビジョン
火炎放射器の攻撃を食らうと大ダメージを受けるだけでなく,継続的にダメージが追加されるので非常に危険だ。一番の対策は,「射程距離に入らないこと」だろう
ディビジョン

今回のOBTでは,医療棟と技術棟が使える。アップグレードは20%までだが,強力なスキルMODがアンロックされる
ディビジョン
 とはいえ,冒険は厳しくなっただけではない。メインミッションが追加されると同時に拠点の施設もいくつかアンロックされており,「医療棟」のほかに「技術棟」が利用可能になった。利用には,上記の地下死体安置所をクリアする必要があるが,技術棟では新たなスキル「タレット」の使用が可能になる。そして,物資を集めて施設をアップグレードすれば,最初から持っている「粘着爆弾」のスキルMODが手に入る。このスキル,思った以上に使い勝手が良く,戦闘が一気に面白くなった。

 まずタレットだが,これはグレネードと同じ要領で敵の近くに投げ込むと,壊されるか一定時間が経過するまで猛烈な勢いで敵を自動的に攻撃してくれる。単に削り役として使えるだけでなく,壁に隠れた敵を一方的に攻撃したり,うまく使えば1人で十字砲火が可能になったりと,ソロプレイの強い味方だ。また,Co-opで味方と同時に使えば,かなりの弾幕を張れる。

敵の前に放り投げたタレットに攻撃させ,自分は隠れているの図。この間に回復したり,敵の背後に回ったりできる
ディビジョン

 また,スキルMODを装着した粘着爆弾は,攻撃力を高めて効果範囲を広げたり,多くの敵を一気に行動不能にさせるフラッシュバン効果を与えたりする。これまでは「一定時間で繰り返し使える,弱いグレネード」という感じだったのだが,まさに別物と呼んでもいい活躍が可能な心強い武器となった。PvPエリアの「ダークゾーン」では,こればかり使っているプレイヤーも見かけたほどだ。

粘着爆弾にフラッシュバン効果を付けると,広範囲の敵を一気に無力化できて非常に強力になる。NPCは棒立ちになるので,一方的に叩きのめすことが可能だ
ディビジョン
 このように,使えるスキルが増えてくると,スキルを同時に2つしか装備できないことが,実にもどかしく感じる。死なないための回復スキルは欲しいが,タレットの威力は捨てがたい。いや,やっぱり粘着爆弾で敵の無力化を最優先に……などと,なかなか決断が下せなくなる。NPC戦と対人戦では有用なスキルがかなり違うところも,また悩ましい。
 スキル自体はいつでも替えられるのだが,戦闘中,頻繁にスキル変更を行うのは厳しい。製品版では3つのスキルを同時に装備できるようになるようだが,それでもプレイヤーを楽しく悩ませてくれる要素になりそうだ。

ディビジョン


人質の救出から,拠点の制圧,行方不明者の捜索まで
サブミッションもさまざま


 メインミッションに触れたついでに,前回の記事ではあまり紹介できなかったサブミッションについても説明したい。ゲームの舞台となるニューヨークは秩序が完全に失われており,各所に暴徒や犯罪者がひしめいている。道を歩いているだけで暴徒に出くわして銃撃戦になったり,電器店を襲う犯罪者グループを発見したりと,放っておいても「事件が向こうから寄ってくる」状態だ。
 小規模なグループでも倒せば経験値が手に入るし,同時にアイテムが手に入ることも多いので,無視してもいいのだが,なるべく対処しておくことをオススメしたい。

ディビジョン
ディビジョン

 少し手が込んだサブミッションとしては「人質救出」「ウイルススキャン」などがあり,前者は敵を倒しただけではクリアとならず,施錠された部屋の人質を助けるため,鍵を探す必要がある。もっとも,鍵のありかは分かりやすく表示されるので,迷うことはないはずだ。クリアすると報酬を受け取れるだけでなく,隠されていたアイテムを入手できる場合が多い。

基地にいるオフィサーに話しかけたり,設置されている地図をチェックしたりすることで,さまざまなサブミッションが追加される。やるかどうかはプレイヤー次第だが,経験値やアイテムが手に入るため,なるべくこなしておきたい
ディビジョン ディビジョン

 ウイルススキャンは戦闘がメインではなく,スキャン用の装置を探して起動させ,所定の時間内に情報アップロード用のターミナルにアクセスするというサブミッションだ。「時間制限の付いたアイテム探し」といった雰囲気で,敵は“お邪魔要素”としているだけで,装置を見つけることが最大の目的になる。時間制限はそれほど厳しくないのだが,スキャン装置はかなりうまく隠されており,思いのほか手こずるだろう。戦闘テクより,怪しい場所を見つける観察力が重要になってくる。

鍵や装置など,サブミッションは意外と「モノを探す」系が多い。撃ち合いだけではなく,普段から観察力を養う必要がありそうだ
ディビジョン ディビジョン

 オープンワールドで再現されたニューヨークにあるのは,ミッションだけではない。各所に情報やアイテム,例えば「携帯電話の通話記録」「事件報告書」などが落ちており,これらはコレクション要素であるだけでなく,入手すれば経験値も加算される。それらのある場所に近づけばミニマップに表示されるため,むやみに探し回る必要がないところも嬉しい。
 これらは拾ったあとで中身を確認でき,断片的にだが,ニューヨークがどのようにして今のような惨状になってしまったかが分かる。

ディビジョン ディビジョン

 それらの収集物の中でも面白いと思ったのが,「ECHO」(エコー)と呼ばれるデータだ。これは過去に実際に起こった現象を,その場に3次元データと音声で表示させるというもので,過去に起こった惨劇や事件が単色の静止画像ながら目の前に再現される。とくに前述の「クリーナーズ」が一般市民を火炎放射器で虐殺するシーンなどは,クオリティが高い吹き替え音声のおかげもあって,相当なインパクトがあった。
 筆者はゲーム中の手紙類を読むのが好きなタチなのだが,面倒だという人も多いはずで,こうした分かりやすい演出が用意されたのだろう。

マップのさまざまな場所に存在し,かつての混乱を伝えるECHOビーコン。焼け焦げた車だけが残っているのが,妙に生々しい
ディビジョン

 しかもECHOは,単なるコレクションではなく,「行方不明者を探す」というサイドミッションで,その人の足取りを追う手がかりとしても活用できたりする。ECHOを再生して過去の情報を得,それを元に消息をたどるのは,まるで探偵のようで,いつものドンパチとは趣が異なり新鮮だ。
 製品版では収集できるアイテムや情報も一気に増えると思われるので,こうした「一風変わった」サブミッションもさらに出てくるかもしれない。


プレイヤーが増えたことにより,ダークゾーンは「カオス」に
ソロやCo-opだけでも問題なく楽しめるのはそのまま


 最後に,オンライン要素の変化についても,少し触れておこう。
 本作のCo-opおよびPvP要素となる「ダークゾーン」に仕様上の大きな変化は見られなかったが,誰でも参加できるOBTということで,カオス化がかなり進んだように感じられた。簡単に言って「治安がより悪くなった」印象で,ローグプレイヤーが増加し,ソロでもパーティでも襲われる場面がかなり多くなった。とくに無防備なアイテム回収時は油断できず,近くに別のプレイヤーがいる場合,かなりの確率で襲撃を食らい,なかなか装備が入手できなかった。
 回収地点でアイテムを無視した激戦が繰り広げられることもしばしばで,全体的にアイテムを入手する難度は上がった。

ディビジョン

 Co-opでは,参加できるミッションが限られていたことに加え,強いスキルが使用できるようになったため,ソロでも十分だと感じられた。もともとCo-opでは味方の火力がオーバー気味だったのだが,それがさらに顕著になったというところだ。とはいえ,製品版ではより厳しいミッションが数多く用意されているはずなので,おそらくこれは,OBTに限った話になるだろう。

天候の変化は美しく,そして激しい。場合によっては吹雪で視界がほぼゼロになることも
ディビジョン

 今回のOBT,Ubisoft Entertainmentの発表によれば,全機種の累計で640万人が参加するという,大きな成功になったとのことで,本作に対する期待の高さがうかがえる。CBTから大きな変更はなかったものの,新たなスキルが追加されたことにより,CBTではそれほどとは思えなかったこの要素がゲームプレイにおいて強力な装備と同じか,それ以上に重要であることが確認できた。
 装備の充実には危険なダークゾーンへの参加が手っ取り早いが,スキルの取得や強化にはソロやCo-opでの活動が必要であり,「ソロもマルチも両方プレイすれば強くなれるし,楽しめる」を実感できた。もちろん,ソロプレイのみでもストーリー上は何の制限もなく,自分のペースで楽しめるという点も変わらない。
 トム・クランシー氏の名を冠した完全新作のアクションゲーム,「ディビジョン」。発売は間近に迫っており,今から楽しみだ。

ディビジョン
ディビジョン ディビジョン

「ディビジョン」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ディビジョン

  • 関連タイトル:

    ディビジョン

  • 関連タイトル:

    ディビジョン

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月30日〜10月01日