オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
Samsung,「Galaxy S9」「Galaxy S9+」をバルセロナで発表。新世代フラグシップはSnapdragon 845搭載
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/02/26 02:00

ニュース

Samsung,「Galaxy S9」「Galaxy S9+」をバルセロナで発表。新世代フラグシップはSnapdragon 845搭載

 スペイン時間2月25日,Samsung Electronics(以下,Samsung)は,バルセロナ市内で自社イベント「Galaxy Unpacked 2018」を開催。その場で,スマートフォン新製品「Galaxy S9Galaxy S9+」を発表した。新世代のフラグシップモデルは,Qualcomm製ハイエンドSoC(System-on-a-Chip)「Snapdragon 845 Mobile Platform」(以下,Snapdragon 845)を採用する,世界初の製品になるという。
 なお,発売時期や価格などは,本稿執筆時点では明らかになっていない。

Galaxy S9
Galaxy

Galaxy S9+
Galaxy

 イベントは,スペイン時間の2018年2月26日に開幕するモバイルネットワーク関連展示会「Mobile World Congress 2018」に合わせたもので,本稿の掲載時点でも続いている。ここでは,直前に行われた報道関係者向け事前説明会で明らかになった内容を中心に,注目の新製品に関する情報をお伝えしたい。


外観はGalaxy S8シリーズを踏襲


Galaxy S9(左)とGalaxy S9+(右)の背面
Galaxy
 本体の基本的なデザインは,現行の「Galaxy S8」「Galaxy S8+」を踏襲した印象だ。“無印”は5.8インチ,「+付き」は6.2インチサイズでアスペクト比9:18.5という縦長有機ELパネルを採用する点も従来製品と変わっていないため,目に付く違いはあまりない。
 あえて違いを探すと,本体左右端,Samsung言うところの「edge」にある湾曲した円弧部分が,Galaxy S8およびGalaxy S8+よりもほんの少し“立った”,「Galaxy Note8」(以下,Note8)に近い形状となった程度だろうか。この分だけ,グリップ感はほんのわずかだが従来モデルから異なる印象を受けた。

 また,左右のベゼルは従来モデルでも狭額縁だが,Galaxy S9とGalaxy S9+では,上下のベゼルも少し狭めているという。上部ベゼルに搭載するセンサー類も,ベゼルの色と合わせることで目立たなくし,画面への没入感を高めてあるそうだ。

 本体のカラーバリエーションは下に示した2枚の写真とキャプションを参考にしてもらえればと思う。

Galaxy S9の背面。色は左からミッドナイトブラック,コーラルブルー,ライラックパープル,チタニウムグレーだ
Galaxy

Galaxy S9+の背面。アウトカメラはデュアルレンズとなっている。色は左からコーラルブルー,ライラックパープル,ミッドナイトブラック,チタニウムグレーで,Galaxy S9と同じだ
Galaxy

 Galaxy S9とGalaxy S9+のグローバルモデルにおける主なスペックは以下のとおり。これまでの採用実績からすると,搭載SoCは,日本や米国など向けがSnapdragon 845で,欧州向けはSamsung独自のSoC「Exynos 9810」になるのではなかろうか。
 なお,これらは事前配布の資料に基づくもので,未公開部分はイベント終了後に公開予定だそうだ。現在進行中の発表内容によって,スペックの一部を更新する可能性があるので,その点はあらかじめお断りしておきたい。

●Galaxy S9・S9+の主なスペック
  • メーカー:Samsung Electronics
  • OS:Android 8.0(Oreo)
  • ディスプレイパネル:[Galaxy S9]5.8インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
    [Galaxy S9+]6.2インチ有機EL「Infinity Display」,解像度1440×2960ドット,HDR表示対応
  • プロセッサ:Qualcomm製「Snapdragon 845」もしくはSamsung製「Exynos 9810」(※市場により異なる)
  • メインメモリ容量:[Galaxy S9]4GB,[Galaxy S9+]6GB
  • ストレージ:内蔵(容量64GB・128GB・256GB ※市場により異なる)+microSDXC(最大容量400GB)
  • アウトカメラ(メイン):有効画素数約1200万画素,F1.5
  • アウトカメラ(サブ,Galaxy S9+のみ搭載):有効画素数約1200万画素,F2.4
  • インカメラ:未公開
  • バッテリー容量:[Galaxy S9]3000mAh,[Galaxy S9+]3500mAh
  • 対応LTEバンド:未公開
  • 対応3Gバンド:未公開
  • 待受時間:未公開
  • 連続通話時間:未公開
  • 無線LAN対応:IEEE 802.11ac
  • Bluetooth対応:5.0
  • USBポート:Type-C
  • 本体公称サイズ:[Galaxy S9]68.7(W)×147.7(D)×8.5(H)mm,[Galaxy S9+]73.8(W)×158.1(D)×8.5(H)mm
  • 本体公称重量:[Galaxy S9]約163g,[Galaxy S9+]約189g
  • 本体カラー:ミッドナイトブラック,コーラルブルー,ライラックパープル,チタニウムグレー


カメラ機能の強化が見どころ


 Galaxy S9とGalaxy S9+における最大のアピールポイントは冒頭で触れたSnapdragon 845の採用だが,強化されたカメラ機能も見どころだ。
 両機種とも,スマートフォンとしては最も明るいというF1.5のレンズをアウト側のメインカメラに採用している。F1.5レンズの採用によって,暗所でも今まで以上に鮮明な撮影が可能になるとのことだ。

暗所の撮影デモ。左がGalaxy S8で,右が新しいGalaxy S9。同じ光量でも,これだけ結果が違う
Galaxy

 一方,晴天下のように十分に光量がある撮影シーンでは,光量を制限するF2.4の絞りが利用できるという。Samsungによれば,絞りの変更はカメラモジュール内の絞り羽根が機械的に動いて行うそうだ。ただ,開放F値の選択肢は1.5もしくは2.4で,中間値の設定はない。
 このF1.5とF2.4の切り替えは基本的に,撮影環境に応じた自動制御となるが,撮影モードをマニュアルに設定すれば,ユーザーが任意に切り替えることも可能だそうだ。

 前段のスペック一覧に入れたとおり,Galaxy S9+は,F1.5のカメラに加えて,Note8が搭載していたのと同等の仕様を持つサブカメラも備えている。サブカメラは望遠用で,光学2倍ズームでの撮影が可能なほか,メインカメラと合わせて撮影することで,背景のボケた写真の生成も行えるとのことである。
 なお,Galaxy S9のアウトカメラは1台だけだ。

 Galaxy S9とGalaxy S9+では,レンズの刷新に合わせてメインカメラのモジュールも新しくなっており,撮像素子の直下にDRAMを搭載してバッファとすることで,スーパースローモーション撮影が可能になっている。
 スーパースローモーション機能は,960枚/秒に相当する高速度撮影が可能で,0.2秒分の撮影画像を6秒間のスーパースローモーション映像として表現できるそうだ。ユーザーによる撮影ボタン操作で撮影を開始するだけでなく,動きを検知して自動的にスーパースローモーション撮影を開始するといった機能も備えているという。

 背面カメラに触れたついでに,同じく背面にある指紋認証センサーについても触れておこう。
 Galaxy S8とGalaxy S8+,そしてNote8では,指紋認証センサーがアウトカメラ右側という,ボディ中心から見て高い位置にあったため,「指先が届きにくい」というユーザーの声も少なくなかったようだ。そこでGalaxy S9とGalaxy S9+では,指紋認証センサーの位置をアウトカメラの下側に変更した。結果,ユーザーは,センサーに触れるために持ち替えることをしなくても,指先が指紋認証センサーに届くようになっている。

Galaxy S9(左)とGalaxy S9+(右)を握った様子。Galaxy S9+はデュアルレンズ自体も縦に並んでいるため,上から順にレンズ,レンズ,指紋認証センサーと並んでいる。両機種とも,指紋認証センサー,縦持ち時のアウトカメラ下になっており,大柄なGalaxy S9+でも指先が届きやすくなった
Galaxy Galaxy

私物のNote8(左)とGalaxy S9+(右)のサイズ感を比較してみた。指紋認証センサーの位置が中心近くに移動したことは,大きな改善と言える
Galaxy

 なお,Galaxy S9とGalaxy S9+が備える生体認証機能は,指紋認証センサー,虹彩認証センサー,顔認証センサーの3種類で,これはGalaxy S8シリーズと変わっていない。
 ただ虹彩認証は,周囲の光が強い晴天下の屋外では使いにくい面があったり,顔認証は暗所に弱かったり,場合によっては写真などを利用して突破される可能性もあったりと,それぞれ弱点を抱えている。そこでGalaxy S9とGalaxy S9+では,複数の認証機能を組み合わせることで,認証を強化してもストレスのない認証速度を実現していると,Samsungは主張していた。
 また,指紋認証の利用を容易にするため,新たに指紋認証センサー上で指先をスワイプする指紋設定方法にも対応したそうだ。従来の方式では,センサーに十数回タッチする必要があったところ,新方式では数回のスワイプで済むという。


Galaxy Sシリーズ初のステレオスピーカー内蔵


 意外に思う人もいるかもしれないが,Galaxy S9とGalaxy S9+は,Galaxy Sシリーズとして初めてステレオスピーカーを搭載した製品になっている。本体の上下にスピーカーを備えて,横持ち時には左右からのステレオ音声が楽しめるので,ステレオのゲームサウンドに威力を発揮しそうである。内蔵スピーカーが2基になったことで,音量も約1.5倍になったそうだ。
 Galaxy S9とGalaxy S9+のサウンド機能は,Samsung傘下のオーディオ機器ブランドであるAKGがチューニングを行っているそうだ。また,Dolby Atomosベースのバーチャルサラウンド出力が可能な点も,Samsungはアピールしていた。

 プリインストールのAndroid OSはAndroid 8.0(Oreo)。インカメラを使って自分の3Dアバターを作成し,「AR Emoji」として,各種メッセンジャーソフトで利用するという機能も備えるそうだ。

AR Emojiのデモ。正面を向いて写真を1枚撮影するだけで,3Dのアバターを作れる。このときGIFアニメーションも同時に作成されるため,プラットホームやSNSをまたいでメッセンジャーなどで利用できる
Galaxy Galaxy

 Galaxy S9とGalaxy S9+対応の周辺機器はイベント終了後にあらためて紹介したいと考えているが,Samsung純正のドッキングステーションシリーズ「DeX」に新モデル「DeX Pad」が加わったことだけは,ここで紹介しておこう。

 既存の製品である「Dex Station」は,スマートフォンを縦に差し込むスタンド型だったが,DeX Padは,Galaxy S9もしくはGalaxy S9+を水平に取り付けてデスクトップPC風に使用するときは,スマートフォン本体をタッチパネルやタッチキーボードとして使えるようになった。
 インタフェースとしては,HDMI出力に加えてUSB Type-A×2を装備。従来製品が,解像度1920×1080ドットのフルHD映像しか出力できなかったのに対して,DeX Padは,HDおよびWQHD(※1280×720ドットおよび2560×1440ドットと思われるが数字は未公開)での表示にも対応するそうだ。ただし,Gigabit Ethernet対応の有線LANポートは,省略されてしまっている。

Galaxy S9もしくはGalaxy S9+をデスクトップPC的に使う周辺機器のDeX Pad。Android 8.0対応が必要だそうで,当面は両製品のみ対応とのこと。Galaxy S8シリーズおよびやNote8は,OS更新後に対応することとなるそうだ
Galaxy Galaxy

 DeX Padのメーカー想定売価は119ドル(税別)。DeX Stationの発売時価格よりも安価になっているそうだ。

SamsungのGalaxy S9・S9+特設Webページ(英語)

  • 関連タイトル:

    Galaxy

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月18日〜06月19日