オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
嵐の中で幕を開けた「アイドルマスター シンデレラガールズ」のライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演をレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/05/15 13:30

イベント

嵐の中で幕を開けた「アイドルマスター シンデレラガールズ」のライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」宮城公演をレポート


 バンダイナムコエンターテインメントは2017年5月13日と14日,宮城県のセキスイハイムスーパーアリーナで,「アイドルマスター シンデレラガールズ」のライブイベント「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」を開催した。
 Serendipityって,なんて読むのだろうと調べたところセレンディピティで,意味としては,「ふとした偶然で幸せをつかむこと」みたいな感じだそうだ。なるほど,アイマスはためになる。また,Paradeとあるように,今回は宮城のほか,石川,大阪,静岡,福岡など,8月までに7都市で14公演を行うという規模の大きなライブツアーが予定されている。ツアー形式は,シンデレラガールズとしては初めてとのこと。
 2016年9月に神戸ワールド記念ホール,10月にさいたまスーパーアリーナで行われた4thライブ以来なので,モノの順序として今回は5thライブに相当する。それにしても,2016年11月に今回の一連のライブが発表されたときは,5月なんてまだかなり先だなあと思っていたら,あっという間に5月になり,月日の経つのは早い。年取るわけだ。

アイドルマスター シンデレラガールズ

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト

(C)BANDAI NAMCO Entertainment Inc.

アイドルマスター シンデレラガールズ
 さて,そんなツアーの幕開けとなる5月13日は,スタジアムに冷たい雨が降り,風も強いという,いわゆる「嵐じゃ! 嵐が来たのじゃ!」という状況で,しかもアクセスが割と難しい会場だけに,正直,どうなるかしらと思ったが,行ってみれば会場前はもう傘の波で,キャパシティ8000人というセキスイハイムスーパーアリーナは,ほぼ満員状態だった。ありがとう,みんな。
 いつもの,「協賛各企業コール」,そしてシンデレラガールズのアシスタントを務めております千川ちひろの諸注意と続いてイベントは幕を開けた。出演は,以下の皆さん。

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!宮城公演出演者(敬称略)

・五十嵐裕美(双葉 杏役)
・上坂すみれ(アナスタシア役)
・桜咲千依(白坂小梅役)
・大空直美(緒方智絵里役)
・金子真由美(藤本里奈役)
・佐藤亜美菜(橘 ありす役)
・鈴木絵理(堀 裕子役)
・伊達朱里紗(難波笑美役)
・千菅春香(松永 涼役)
・東山奈央(川島瑞樹役)
・のぐちゆり(及川 雫役)
・松嵜 麗(諸星きらり役)
・三宅麻理恵(安部菜々役)
・杜野まこ(姫川友紀役)
・朝井彩加(早坂美玲役)


 ちひろによれば,このツアーは「奇跡の大行進」であり,その大行進がいよいよ出発するという。彼女の言葉どおり,オープニングでは15人の出演者はそれぞれに大きな旗を持ち,ステップを踏みながらステージに立った。以前,未央が言ってたように,いやー,旗はテンション上がるなあ。
 卯月がいないので,センターは誰が務めるのかというやや下世話な興味があったが,真ん中に立った松嵜さんが「私たちー」と発声し,全員が「シンデレラガールズです」と声を合わせたときには,意味がよく分からないと思うがグッときた。やっぱり,きらりだよ。還暦が近いので,筆者は最近涙もろい。

アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

 7都市14公演なのでトータルの出演者数は多く,もちろん初めてステージに立つシンデレラも少なくはない。筆者が過去記事などを参照して必死にチェックいたしましたところ,難波笑美役の伊達さんと,及川 雫役ののぐちさんと,早坂美玲役の朝井さんがライブ初参加ではないかと思うが,間違ってたらごめんなさい。また,姫川友紀役の杜野さんはメンバーで唯一,宮城県出身で,会場に向かって方言をレクチャーするなどホーム感がいっぱい。宮城出身のキャラクターとしては,眼帯アイドルの早坂美玲がおりますね。

 文章で説明するのは難しいのだけど,ステージは西洋風のお城をモチーフにした大きなもので,ディスプレイが壁面のあちこちに仕掛けられていて,楽曲に合わせて映像が流れるという仕掛けだ。年を追うごとにステージが凝ったものになっていくような気がするが,おそらくこれは,ほかの公演でも使われることになるのだろう。持ち運び,大変そう。
 衣装も5thライブに合わせて新調されており,おそろいの赤っぽいもので,出演者によれば「いつもより短め」とのこと。ファッションに関する語彙の乏しさは自覚しているが,個人的には,ピンと立った帽子の羽根飾りが好きだ。

 全員による「Shine!!」に続いて,最初のブロックは2人のダンサーと一緒に,「にょわにょわーるど☆」「cherry*merry*cherry」「スローライフ・ファンタジー」,そして「Flip Flop」といったソロステージが続いた。いずれもCD「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS STARLIGHT MASTER」シリーズの収録曲で,リリースのタイミング的にこうしたライブで初披露された楽曲になると思うが,もちろん,スタディやワークそっちのけで予習におこたりないプロデューサーの皆様方におかれましてはコールに遺漏のあるはずがない。見事な一体感だ。「cherry*merry*cherry」ではバック映像と歌詞がシンクロするというギミックがあったらしいけど筆者は気がつかなかったので映像化希望。

 トークのあと,次のブロックは「Angel Breeze」で始まった。個人的に,アイドルの歌を熱心に聞いていた高校時代のことが思い出されてならないメロディとダンスが大好きなナンバーなのだが,たまに書くように,筆者の高校時代はまだベトナム戦争をやっていたので,勘違いかもしれない。それにしても,約8000人の「わかるわー」の大合唱は,ここ以外ではまず聞けないのではあるまいか。いや,それを言ったら,「Flip Frop」の8000人での「モー!」もなかなかレアかしら。
 続いては,上坂さんがいつものアナスタシアとはちょっと違った雰囲気のナンバー,「たくさん!」を宮城県で初披露して……という感じで書いていくとキリがないので,以下,適宜ピックアップしていきたい。セットリストについてはページの最後に掲載したので,ぜひ確認してほしい。

ミラクルテレパシー
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

 「ミラクルテレパシー」はいつも「ミラクルなんとか」の演出がある気がするが,今回は「ミラクルルーレット」で,ステージに立つ鈴木さん,杜野さん,金子さん3人のうち,ミラクルルーレットがランダムに指定した人が「投げキッスをする」という内容だった。これは誰に当たるか分からないガチ企画だったようで,初日に当たっちゃった杜野さんは,ブロック終了後のトークで恥ずかしかったを連発。2日めに投げキッスをしたのは金子さんで,なんか,良かった,すごく。

 会場が大きく盛り上がったのは,やはり東山さん,上坂さん,千菅さんがポップアップでステージに飛び出してきた「Nocturne」で,もはや,3rd以降のライブ定番といえる楽曲かもしれない。足のないスタンドマイクを使ったパフォーマンスは,やはりあれだ,カッコいい。よすぎ。最近「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」でイベントを経て実装された「Nocturne」だが,もちろん,MVの解放は筆者には不可能だ。会場も,どんだけ好きなんだNocturne? というエキサイトぶりだったと思うが,とりわけアーニャちゃん,ノリノリね(瑞樹)。

BEYOND THE STARLIGHT
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

 お次のブロックは属性別のグループ曲で,「Orange Sapphire」(パッション),「Nation Blue」(クール),と続いて,最後は放送中のアニメ「アイドルマスター シンデレラガールズ劇場」の5月のテーマ曲としてヒット中の「キラッ!満開スマイル」(キュート),そして全員で「BEYOND THE STARLIGHT」へ続く。初披露であろう満開スマイルの,アニメとは少し違うダンスはよかったし,ささやくような響きの「Nation Blue」には,ゾクッとくるものがあった。

 そしてここから,「One Life」「気持ちいいよね! 一等賞」「メルヘン∞メタモルフォーゼ!」というソロ曲から,「∀NSWER」へ続いた。「気持ちいいよね! 一等賞」では,いつものようにバットを持った杜野さんに,松嵜さんが架空のボールを投げるという寸劇が……と思ったら,初日にピッチャー役を務めたのは松嵜さんではなくエスパーアイドル裕子で,友紀は外人選手が苦手らしいという情報を得たため,変則サイドスローで投げたものの,あっさりホームランを打たれしまった。ホームゲームなので,杜野さんも負けられない。しかし,2日めの投球を行った小梅がボーリングのようなフォームから投げたボールを,なんと空振りするという,シンデレラガールズライブ史上初の出来事が起きた。どうやら小梅の投げたのはボールじゃなくてオバケ的なものだったらしいが,さらに,ここで会場から「あと1球」コールが沸き起こってしまった。ホームゲームなのに。自分でも必要以上に説明が長くなり,これはバランス的にまずいと思っているのだが,ともあれ,2球めは無事にホームランをかっ飛ばして事なきを得たのだった。おわり。また,「∀NSWER」では,朝井さんが美玲のアイデンティティだという眼帯を装着して歌った。

気持ちいいよね 一等賞!
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

 次の「あんきら!?狂想曲」は初披露で,「純情Midnight伝説」は当然スタンドマイクを使って,きわどいラインを攻め抜き,「Lunatic Show」「サマカニ!!」と続いた。「サマカニ!!」では若い子にまじって瑞樹がセンターを務め,外は寒かったけど,会場はすっかり真夏だ。そして「夢色ハーモニー」でいったん締めくくり,アンコールで「EVERMORE」「お願い!シンデレラ」が歌われて,2日間のライブイベントは終了した。駆け足で,すみません。

Lunatic Show
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

第6回シンデレラガール総選挙 1位 高垣 楓
アイドルマスター シンデレラガールズ
 ちなみに2日め,「夢色ハーモニー」からアンコールまでの間,再び登場したちひろによって新情報が公開されているが,内容は「第6回シンデレラガール総選挙」の結果発表というもの。本日(2017年5月15日)掲載した記事でお伝えしたように,第1位は高垣 楓に決定した。2位が本田未央,3位が藤原 肇という順で,また,合わせて行われた「楽曲総選挙」の結果も第1位は「こいかぜ」で,楓さん,完全勝利だ。
 ユニット楽曲部門では,1位に「Turip」が入り,この結果,楓の「こいかぜ」の新録と,楓と未央,そして佐久間まゆによる「Turip」の新録CDがリリースされることになる模様だ。また,楓のSレアもガチャに登場する。詳しい情報は,今後発表されるとのことなので,お楽しみに。ライブ会場は,10位から順にシンデレラが発表されるたびにもう,一喜一憂というか,いずれにしろ大騒ぎ。どうでした,あなたの推したアイドルと楽曲,トップ10に入ってました? 筆者はかすりもしなかったね。

アイドルマスター シンデレラガールズ
2位 本田未央
アイドルマスター シンデレラガールズ
3位 藤原 肇
楽曲総選挙の1位は,ソロ楽曲部門が「こいかぜ」,ユニット楽曲部門が「Turip」
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

 「cherry*merry*cherry」で智絵里が少し積極的になっていたり,「働きたくない」はずの杏が,まあ,おいしいもの食べられるからいいか,という雰囲気になっていたり,バラードばかりだったアナスタシアがポップでかわいらしい曲を歌ったりと,おなじみのキャラクターが微妙に変化している様子が個人的に面白く,あっという間のようだが,5年はやはり重みのある時間なのだなと思ったりした。この短い記事中,最も多く使った単語が「初披露」だったような気がするが,初披露ばっかりなんだから仕方ない。よって,来場したプロデューサーの皆さんは,多くの初披露に出会えてかなりお得だったのではあるまいか。裏山椎茸。
 とはいえ,奇跡の大行進は始まったばかりだ。5月27日,28日には早くも次の石川公演が控えているというアンバイで,筆者はカゼをひいたようだが,プロデューサーに休日はない。というわけで,次にも期待したい。

夢色ハーモニー
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

EVERMORE
アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ

アイドルマスター シンデレラガールズ アイドルマスター シンデレラガールズ
お願い!シンデレラ
アイドルマスター シンデレラガールズ

THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR 【Serendipity Parade!!!】宮城公演
13日,14日両日
1.「Shine!!」(CINDERELLA GIRLS)
・トーク
2.「にょわにょわーるど☆」(松嵜 麗)
3.「cherry*merry*cherry」(大空直美)
4.「スローライフ・ファンタジー」(五十嵐裕美)
5.「Flip Flop」(鈴木絵理,のぐちゆり,松嵜 麗)
・トーク
6.「Angel Breeze」(東山奈央)
7.「たくさん!」(上坂すみれ)
8.「ミラクルテレパシー」(金子真由美,鈴木絵理,杜野まこ)
9.「Nocturne」(上坂すみれ,千菅春香,東山奈央)
・トーク
10.「Orange Sapphire」(鈴木絵理,伊達朱里紗,のぐちゆり,松嵜 麗,杜野まこ)
11.「Nation Blue」(上坂すみれ,桜咲千依,佐藤亜美菜,千菅春香,東山奈央)
12.「キラッ!満開スマイル」(朝井彩加,五十嵐裕美,大空直美,金子真由美,三宅麻理恵)
13.「BEYOND THE STARLIGHT」(CINDERELLA GIRLS)
・トーク
14.「One Life」(千菅春香)
15.「気持ちいいよね 一等賞!」(杜野まこ)
16.「メルヘン∞メタモルフォーゼ!」(三宅麻理恵)
17.「∀NSWER」(朝井彩加,桜咲千依,佐藤亜美菜)
・トーク
18.「あんきら!?狂騒曲」(五十嵐裕美,松嵜 麗)
19.「純情Midnight伝説」(金子真由美,伊達朱里紗,千菅春香,のぐちゆり,三宅麻理恵)
20.「Lunatic Show」(朝井彩加,桜咲千依,佐藤亜美菜,杜野まこ)
21.「サマカニ!!」(大空直美,鈴木絵理,伊達朱里紗,のぐちゆり,東山奈央)
・トーク
22.「夢色ハーモニー」(CINDERELLA GIRLS)
アンコール
23.「EVERMORE」(CINDERELLA GIRLS)
・終わりの挨拶
24.「お願い!シンデレラ」(CINDERELLA GIRLS)


「THE IDOLM@STER CINDERELLA GIRLS 5thLIVE TOUR Serendipity Parade!!!」情報ページ

「アイドルマスター シンデレラガールズ」公式サイト

「アイドルマスター シンデレラガールズ」ダウンロードページ

「アイドルマスター シンデレラガールズ」ダウンロードページ


「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」公式サイト

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」ダウンロードページ

「アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ」ダウンロードページ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター シンデレラガールズ スターライトステージ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月25日〜05月26日