オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/03/28 13:00

インタビュー

あすかさんがご乱心です。「マージャン★ドリームクラブ」のPV収録現場で,原田ひとみさん,児玉明日美さん,廣田詩夢さん,平田真菜さんに話を聞いた

 間もなく発売される「マージャン★ドリームクラブ」PlayStation 3 / Xbox 360)は,恋愛シミュレーション「ドリームクラブ」のキャラクターが勢揃いする麻雀ゲームだ。

 ピュアな心の持ち主だけが入店を許されるという大人の社交場「ドリームクラブ」。その系列店「麻雀ドリームクラブ」の会員となったプレイヤーが,ホストガール達との本格的な麻雀に挑むことになる。

マージャン★ドリームクラブ マージャン★ドリームクラブ

 系列店になぜ本店のホストガール達が勢揃いしているのか,どうして入口に受付ちゃんまで立っているのか,本店の営業はどうなっているのか。そんなプレイヤーからのさまざまな疑問を“ピュアだから”の一言でうやむやにしつつ,マージャン★ドリームクラブは間もなく開店する。

 総勢14名が登場するオフラインモードには,対局中のホストガール達の会話や特別なカットイン,そして衣装の着せ替えといったキャラクター麻雀ならではの要素が多数用意されている。シングルプレイ用のリーグ戦「夢王位」では,ホストガールとのちょっとしたイベントも待っているらしい。

マージャン★ドリームクラブ

 また,ホストガールでもないのに高い人気を集めていた“受付ちゃん”がゲームに正式参戦するというのもファンにとっては嬉しいポイントだろう。彼女は通常の対局に加えて,麻雀初心者のためのチュートリアルとなる「入門モード」でピュアな解説を披露してくれる。

 もちろん,ほかのプレイヤーとのオンライン対戦にも対応しており,キャラクターや牌の可愛さとは裏腹に,本格的な対局が楽しめるのも大きな魅力となっている。

 ともあれ今回は,そんなマージャン★ドリームクラブのプロモーションビデオ撮影現場にお邪魔して,原田ひとみさん(るい役),児玉明日美さん(アイリ役),廣田詩夢さん(あすか役),平田真菜さん(受付役)に撮影を終えた感想や,実際に作品をプレイした感想などを聞いてきた。

原田ひとみさん(るい役)
児玉明日美さん(アイリ役)
廣田詩夢さん(あすか役)
平田真菜さん(受付役)


――本日はよろしくお願いします。まず,PVの撮影を終えた感想を教えてください。

原田ひとみさん(以下,原田さん):
 同じ事務所に所属する4人での撮影だったので,和気あいあいと気楽にできましたね。とても楽しくて,あっという間に撮影が終わってしまったように感じます。

廣田詩夢さん(以下,廣田さん):
 私はたくさん動いて疲れました。ゲームしているだけのはずなのに,おかしいですよね。今日のメンバーは顔なじみですし,あすかは演じたことのあるキャラクターなので,気疲れするようなことはなかったのに……。多分,私はピュアなんですね!

児玉明日美さん(以下,児玉さん):
 みんな顔なじみだったのでPVの撮影は安心でした。ただ,麻雀のルールをまったく知らなかったので,それを覚えるのに必死でしたね。ルールさえ覚えられたら,次はもっと楽しめると思います。

平田真菜さん(以下,平田さん):
 私はコンピュータ麻雀が好きでそれなりにやっていたんですけれど,実際に人と向かい合って対戦するのは,今回が初めてでした。児玉明日美ちゃんとタッグでやらせてもらって,最初はああだこうだ言い合いながら遊ぶのは大変だなと思っていたのですが,慣れてくるととても楽しく感じられました。
 あと,動画撮影に慣れていなかったので,とても緊張しました……。


――平田さんを除いて,皆さん麻雀は初めてとのことですが,実際にやってみていかがでしたか?

マージャン★ドリームクラブ
マージャン★ドリームクラブ
原田さん:
 今回はあらかじめルール(役)の書いてある表を用意していただいたんですけど,遊んでいるときはそれを見る余裕が全然なくて,「どれっ? どれっ?」って牌の中の数字を数えるのに必死でした。周りには麻雀をやる方がいっぱいいらっしゃるのですが,私にはちょっと難しいなというのが正直な感想です。

 ただ,やっていくうちになんとなく「こうしたらいいのかな?」というポイントは分かったので,もうちょっと続ければ成長できるかも?

廣田さん:
 私は普段からカードゲームなどをやっているので,覚えるのは得意なんですよ。麻雀は初めてでしたけど,控え室で先に遊んだときには冷静にプレイできたので,「みんなとやるときは手加減してやるか!」と思っていました。

児玉さん:
 初めてなのになんで上から目線なの……(笑)。

廣田さん:
 撮影前は余裕があったの! だから本番では「キャラクターが可愛い!」とかコメントしようと思っていたのに,まったくできませんでした……。

児玉さん:
 私は撮影するまで麻雀って難しいものだと思っていたんです。実際,役の紙を見せてもらってもまったく分からなくて,とにかく人から教えてもらうアドバイスを何とか飲み込もうと必死でしたね。本番で遊んでみたら,今度は10秒の「チッチッチッ」っていう音に追われちゃって何も考えられなくなっちゃって……。あれってすっごく焦るんですよ。

廣田さん:
 あれは焦るよね! セコンドが魅杏ちゃんだと「早くしなさいよ!」って言われるから……ちょっとだけムカっとする(笑)。

児玉さん:
 私も正直なところ,イラっとしました(笑)。でも「この子たちも,自分のためを思って言ってくれてるんだな」って思いながらやってましたね。撮影後に感じたのは,この作品は何回もやりこまないと完全には楽しめないんだろうなということです。
 セコンドにはいろいろ言われますけど,慣れてくれば「ああ,また言ってるよ,この子」という風に愛着が湧いてきますよ。

平田さん:
 私はやっぱり代打ちシステムが良いなと思いました。代打ちしてもらえると,何をしているのかが分かりやすくなるので,とても勉強になると思います。

廣田さん:
 コメントがプロっぽい(笑)。

平田さん:
 麻雀ゲームは結構やったから!
 あと,「こういう役を作ったら?」とキャラクターがアドバイスしてくれるのは初めてだったので新鮮でした。かなり細かいアドバイスをしてくれるので,麻雀初心者の方にはありがたいシステムだなと思います。実はゲームには「入門モード」が入っていて,そこでは私が一生懸命喋りましたので,ぜひ聞いてほしいです。



――受付ちゃんは本作で初めて歌いますね。平田さんの感想はいかがですか?

原田さん:
 今回は受付ちゃんだけで歌うんですか?

平田さん:
 ええ,ソロで歌わせていただきます。シングルも出ますよ。

廣田さん:
 ……受付ちゃんのシングルぅ!?

児玉さん:
 あすかさんがご乱心です!

一同:
 (爆笑)

平田さん:
 えっと曲の感想でしたね。
 元々,私はmomoさん※の楽曲が大好きでしたから,レコーディングのときも「好き」というオーラをmomoさんに向かってずっと発してました。

 あと,受付ちゃんはホストガールではないので,OLが休日にプライベートでカラオケに行った,というシチュエーションをイメージして歌いました。たまにカラオケにいくと,妙に声が上ずったり,可愛い声を出したりしますよね。そういう,ある意味で生々しい感じを出せていたらいいなと思います。

廣田さん:
 あすかだってシングルはないのに……!

※momo:「ドリームクラブ」シリーズで数多くの作詞/作曲を手がける。サウンドエイムス所属

マージャン★ドリームクラブ


――アフレコを振り返って,今だからこそ言えるエピソードはありますか?

原田さん:
 私は,麻雀の専門用語を間違っているにも関わらず“ドヤ顔”で言い続けていました(笑)。専門用語って,まずイントネーションから覚えなくてはいけないので苦労しましたね。あとはカタカナ。噛んでいるのに気付かないまま収録していたものがありました……。

廣田さん:
 私も専門用語を言いすぎて,ゲシュタルト崩壊を起こしました!

児玉さん:
 私も。とあるセリフを連続で言うというシーンで,アクセントが途中から麻痺して,「このアクセントで合ってるのかな?」と疑心暗鬼なりましたね。しかもアイリちゃんだけ皆と違うセリフを収録し続けていたので余計に混乱して,何回も録り直したんですよ。でも思い返してみると,その部分がプレイヤーの皆さんのキュンとなるポイントだったのかな?

平田さん:
 私も皆さんと一緒で,日本語がゲシュタルト崩壊しました。チュートリアルのワードを録っている時に「ツモです」の一言が言えなくて,10回以上録り直したんです。「ドリーム☆クロック」では365日分の台詞を録ったのですが,今回はそれ以上に大変でした。


――ドリーム☆クラブが麻雀ゲームになるって知ったときの第一印象はいかがでしたか?

原田さん:
 私はとくに驚きませんでした。ドリーム☆クラブがこの先も広がっていくのであれば,パチスロとか麻雀とか,そういう大人の遊びになっていくのだろうと思っていましたから。ドリーム☆クラブを遊ばれる紳士の方には,きっと麻雀をされる方も多いと思いますからピッタリですよね。

廣田さん:
 私は正直なところ……脱ぐのかなって(笑)。

原田さん:
 なるほど(笑)。

廣田さん:
 DLCでテープとか貝とか,どんどん衣装の布の面積が狭くなっていくから……。もちろん冷静に考えれば,脱ぐのはありえないってことくらいは分かっていますよ?

平田さん:
 さすがに,脱ぐのは受付のほうで止めますよ(笑)。

児玉さん:
 ドリームクラブは恋愛が1つの魅力ですから,麻雀ゲームになったとき,そこで恋愛ができるのかなと疑問でした。実際,うまく勝ち進んでいけば恋愛要素もあるというのを聞いて「ありだな……!」と思いましたよ。

平田さん:
 私はひとみさんと一緒で,麻雀になってもおかしくないだろうと思ってました。むしろ期待していましたね。キャラクター麻雀は大好きなので,そういうものがドリームクラブで遊べるのはすごく嬉しいです。

マージャン★ドリームクラブ


――それでは最後に,読者へのメッセージをお願いします。

原田さん:
 マージャン★ドリームクラブは,ドリーム☆クラブを遊んだことのある紳士の皆様はもちろん,ドリーム☆クラブを遊んだことのないという人にもオススメできるゲームになっています。私の演じた「るい先生」の,セクシー番長ならではのサービスシーンも必見です。ぜひとも色んな方にプレイしていただきたいと思います。

廣田さん:
 受付ちゃんだけシングルCDが出るというのが気になっています。ほかのホストガールも出るといいな。ね,代表?

児玉さん:
 いろいろなキャラクターが皆さんの手となり足となり心の糧となりながら,麻雀を教えてくれます。あわよくば,あんなことやこんなこともあるかも? ぜひ楽しんでください!

平田さん:
 麻雀ゲームなのにキャラクターの魅力がたっぷり詰まっていて,無駄のない作りだなって思いました。お気に入りの子を思う存分指名して,何回も何回も楽しんでいただけたら嬉しいです。今までは感情を表に出してこなかった受付ちゃんですが,今回はいろいろな限界に挑んでいます。ご指名の際は,そのあたりを感じ取ってほしいなと思います。

ドリームエックスクリエイト代表:
 平田くんを除き,麻雀をまったく知らないメンバーを集めたのだが,簡単なレクチャーだけで和気あいあいとプレイできたのだから,成果はまずまずといったところなのではないかな?麻雀のルールを知らないかよわい女性でも,十分楽しめるということが実証できたということさ。全国100万人のピュア紳士諸君,ピュア雀士デビューを目指して頑張るのだぞ!

――ありがとうございました。

  • 関連タイトル:

    マージャン★ドリームクラブ

  • 関連タイトル:

    マージャン★ドリームクラブ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月28日〜03月29日