オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
魔法少女まどか☆マギカ オンライン公式サイトへ
  • S&P
  • 発売日:2012/09/04
  • 価格:サービス終了
読者の評価
28
投稿数:54
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/06/01 15:00

インタビュー

「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」はどんなゲーム? ようやく姿が見えてきた話題作のゲーム内容についていろいろ聞いてきた

 2011年を代表する人気アニメ「魔法少女まどか☆マギカ」は,現代社会を舞台とした「魔法少女」達の物語だ。なんの変哲もない日常を過ごす普通の少女達は,心に秘めた願いをかなえるため,謎の小動物「キュゥべえ」と「契約」を交わして「魔法少女」となる。しかし,その代償は恐るべきものだった……。理不尽な「契約」と代償に打ちひしがれながらも,運命に果敢に立ち向かう少女たちの姿を描いた本作は,一つの社会現象ともなっていた。
 そんな「魔法少女まどか☆マギカ」の世界で遊べるブラウザゲームが「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」(以下「まどか☆マギカ オンライン」)だ。

 2011年12月の制作発表後,プレオープンサイトにはいくつかのコンテンツが公開されたものの,ゲーム内容については長く不明なままだった。ようやく,いくつかのゲーム画面などが公開されるようになってきたが,いまだにどんなゲームなのかつかみかねている人も多いと思う。今回は,制作を担当するストラテジーアンドパートナーズのブラウザ事業グループ開発チームプロデューサーである藤井俊成氏に,少し詳細なゲーム内容について聞いてみた。
 はたして,あの独特な作品世界がどのようにゲーム化されているのか。気になるファンの方はぜひご一読を。



「僕と契約して魔法少女になってすごろくしてよ!」


ストラテジーアンドパートナーズ ブラウザ事業グループ開発チームプロデューサー 藤井俊成氏
4Gamer:
 本日はよろしくお願いします。さっそくですが,「まどか☆マギカ オンライン」とは,いったいどんなゲームなんでしょうか。

藤井俊成氏(以下藤井氏):
 簡単に言うと,自分の分身となる魔法少女を作り,原作に登場する魔法少女やほかのプレイヤーさんと一緒にすごろくで遊ぶRPGですね。
 キャラクターデザインに関しては,フィギュアシリーズ「ねんどろいど」を展開しているグッドスマイルカンパニー様に監修していただいていますので,かなりクオリティの高いものになっていると思います。魔法少女のアバターは,顔や髪型,服装や武器,アクセサリなどを,かなり細かくカスタマイズすることができるのも特徴の一つです。

グッドスマイルカンパニーの監修による,ねんどろいどタイプのアバター

4Gamer:
 ゲームの進め方や特徴を教えていただけますか。

藤井氏:
マップ内の宝箱からアイテムを入手できることも
 ゲームは大きく分けてソロプレイモードとマルチプレイモードの二つがあります。
 ソロプレイモードでは,原作となるアニメ版の脚本を担当しておられる虚淵 玄先生の監修協力の下,ゲームオリジナルのストーリーを楽しめるようになっています。プレイヤーがクエストを受けて,すごろくでマップを歩き回って魔女を探し,出合った魔女や使い魔と戦闘を繰り返していきます。

 ソロとはいっても,プレイヤー以外に鹿目まどか暁美ほむら巴マミ美樹さやか佐倉杏子といった,原作に登場した魔法少女を自分のパーティに加えられます。また,仲間にできる魔法少女は,最初は好きなキャラクターを一人だけですが,ゲームが進行していくと,ほかの魔法少女も仲間にしていくことができます。

 仲間の魔法少女は,キャラクターごとに武器やアクセサリなどを持たせてカスタマイズすることも可能です。また,ゲーム内には,魔法少女の能力を上げたり,必殺技を使えるようにする「スキルカード」というものも用意されています。
 スキルカードの絵柄には原作の名場面があしらわれていますが,レアリティが高いカードにはゲームオリジナルの描き下ろしイラストを採用していきます。描き下ろしイラストは,もちろんアニプレックス様の監修によるオフィシャルなものになります。

 そのほかでは,画面上でキュゥべえがナビゲートキャラクターとして登場し,状況にあわせた解説などをしてくれます。

ソロプレイモードでは,クエストが会話シーンによって進行していく

ソロプレイモードの会話シーンで使われるキャラの立ち絵

 マルチプレイモードは最大4人で遊べます。すごろく対戦や,協力して強力な魔女に挑むといったものが予定されています。お互い,協力したいなら協力クエストへ,対戦したいのであればプレイヤーさん同士のバトルも発生する対戦クエストへ参加するなど,プレイスタイルに合わせて遊んでいただけます。マルチプレイですと,ソロプレイよりもらえる経験値が多いですし,専用のレアアイテムなども用意しています。

マミさんレベルアップ。魔法少女は個別に経験値を持っている

4Gamer:
 「魔法少女まどか☆マギカ」の世界はループを繰り返していますが,世界観的には,その一つという感じなんでしょうか。

藤井氏:
 そういう形になります。ソロプレイでは,原作に登場する魔法少女達と一緒に物語を進めていくことになります。原作の魔法少女たちはマルチプレイでも使用できます。

4Gamer:
 このゲームをデザインするうえで,なぜすごろくが採用されたのでしょうか?

藤井氏:
 ゲーム企画を考える過程ではいくつもアイデアは出ましたが,大衆化しつつある「魔法少女まどか☆マギカ」というコンテンツにジャンルを合わせる必要があると考えました。そこでターゲットの間口が広がり,かつ,誰でもハードルが低くプレイできるジャンルとして,多くの人が入りやすいボードゲームを選びました。
 ライトユーザーさんに遊んでいただきたいので,ゲームシステムはできるだけシンプルにしています。今までオンラインゲームやブラウザゲームを遊んだことのない方でも大丈夫です。

4Gamer:
 ブラウザゲームといいますと,「何時間かに一度ゲームに接続して農場の世話や領地の内政をする」というようなタイプのものを思い浮かべる人が多いと思うんですが,「まどか☆マギカ オンライン」は違うんでしょうか?

藤井氏:
 それは,いわゆる「非同期型」というタイプのブラウザゲームですね。「まどか☆マギカ オンライン」のマルチプレイは,その場にいるプレイヤーさん達に集まって遊んでいただく,ブラウザで遊ぶパーティーゲーム的なもので,原作について語らいつつ,すごろくを楽しんでいただくようなものになっています。すごろくのようなボードゲームは,やはりみんなで集まってやらないと面白くないと思うんですよ。
 アニメのファンの方は,ゲームに関してはライトな方が多いと思われますので,プレイ時間は1回当たり15〜20分くらいです。長すぎるとプレイヤーさんの負担になりますので,そこはできるだけ短めに設定しています。

4Gamer:
 とはいえ,すごろくだと,ゲーム性の点でもの足りなく思う人もいるのではないでしょうか。

藤井氏:
暗闇では周囲の状況が把握しにくくなる
 すごろくと言いますと,運に左右される部分が多いと思われるかもしれません。
 しかし,少し特殊なサイコロを使うことで,運の部分があまり大きくならないようにしています。また。魔法少女を成長させて能力をアップさせたり,戦闘で使うスキルをセットしたり武器を強化したりといった戦術的要素も含まれています。

4Gamer:
 その「特殊なサイコロ」というのはどういったものですか。

藤井氏:
 普通のサイコロでは1〜6の数字が出ますが,「まどか☆マギカ オンライン」のサイコロは1〜5の数字に加えて,主人公であるまどかの顔のある面が用意されています。
 まどかの顔が出ますと,1〜6のうち好きな数字を選んで,自分の望みのマスに移動できるんですね。例えば,「宝箱のアイテムがほしい」とか「HPが減っているので体力を回復したい」など,運に頼らない移動もできるんです。さらにマップ上には分岐などもありますので,状況を見据えて有利なほうへ移動することも重要になります。
 このゲームの企画段階では本当にいろいろなアイデアが出されて,検討を重ねたのですが,システムを複雑にすればするほどゲームプレイのハードルを上げてしまいます。そこで,誰でも間違いなくプレイできるというところまでゲーム要素を削り込んで,少しずつゲーム性ややり込み要素を加えていきました。

モンスターのいるマスに止まると,戦闘マップに強制移動となる

4Gamer:
 基本的なところから確認しますが,すごろくといいますと,ゴールへ向かって進んでいくようなものなんでしょうか。

藤井氏:
 勝利条件やルールはクエストごとに異なります。「ゴールへ到達する」というスタンダードなものはもちろん,「原作に登場した魔女を倒す」「アイテムを規定数集める」「使い魔を規定数倒す」など,バリエーションを持たせています。

4Gamer:
 それに加えてRPG的な要素が含まれているということですか?

藤井氏:
戦闘はオートで進行する。ランダムでスキルの発動も
 そうです。魔法少女は「体力」「攻撃力」「防御力」といった能力値を持っていまして,強力な武器を持たせたり,パラメータを上げたり必殺技を発動させる「スキルカード」を装備することでパワーアップします。
 クエストをクリアして経験値を入手し,レベルアップさせることで好きな能力を伸ばせます。武器には「剣」「銃」「長銃」「槍」「弓」といった原作でお馴染みの5種類がありまして,武器や「スキルカード」同士を掛け合わせる「合成」で強化することができます。
 どの能力を伸ばすか,どう武器を強化するか,そしてどの「スキルカード」を装備するかで,自分なりの魔法少女を育てられるというわけです。

4Gamer:
 このゲームにおける戦闘とはどういったものなのでしょう?

藤井氏:
 敵のいるマスに止まったり,対戦クエストで他のプレイヤーさんがいるマスに止まるなどすると発生します。前者は魔女や使い魔との戦闘に,後者はプレイヤーさん同士の戦闘になります。
 戦闘はオートで行われますので,難しいコマンド入力や反射神経などは必要ありません。


4Gamer:
 すごろくは1日に何度でもプレイできるのですか? すごろくをプレイするに必要な条件はありますか。

藤井氏:
 プレイヤーさんの魔法少女が持っている「AP」という値が必要になります。
 APはクエストごとに必要な値が決まっていて,高レベル向けのクエストになるほど多くのAPを要求されます。APは時間経過で回復していきますし,魔法少女のレベルを上げることで最大値が上昇していきます。

4Gamer:
 キャラクターのレベルが違ってくると,始めたばかりの人はベテランプレイヤーにはとうてい勝てそうにないと思われるのですが,対戦で負けることでペナルティなどはありますか?

藤井氏:
 ないです。ライトユーザーさん的には嬉しくないですからね。対戦があまり好きではないプレイヤーさんは,みんなと力を合わせて魔女を倒すといった協力プレイだけでも,十分に楽しんでいただけると考えております。

4Gamer:
 ライトユーザー向けということで,画面やキャラについても可愛い系でまとめられていますが,原作はいろいろとダークな面もある内容でしたよね。そのあたりは出てこないのでしょうか。

藤井氏:
 そういった要素を含めての「まどか☆マギカ」ですので,虚淵先生監修協力のクエストに期待してください。


幅広いキャラクターカスタマイズ


4Gamer:
 ねんどろいどタイプのアバターをデザインするうえでの苦労話などありますでしょうか。

藤井氏:
 ねんどろいどは立体物なので3Dでの表現ですが,「まどか☆マギカ オンライン」のキャラクターは2Dですので,全体的なバランス取りが困難でした。グッドスマイルカンパニー様にも何度も監修チェックをいただき,原作ファンにも満足していただける可愛らしさにできたと思います。
 また,非常に細かいところですが,各キャラクターが持つ独特の表現もできていると思いますので,ぜひプレイして発見してください。

4Gamer:
 キャラクターのカスタマイズの幅がかなり広いですよね。

藤井氏:
 「顔」「前髪」「髪型」「服」「武器」「アクセサリ」をそれぞれ自由に設定することで,好みの外見の魔法少女が作れます。
 「顔」「前髪」「髪型」はいつでも自由に変更できます。
 「服」「武器」「アクセサリ」はクエストや実績達成の報酬として手に入りますし,実績達成のポイントで交換することもできます。レアリティが高い「服」や「アクセサリ」は能力値を上げる効果もありますので,戦闘を有利にしてくれる働きもあります。

自分だけの魔法少女を作れる。ちなみに,画面のキュゥべえ帽子は,CBTとOBTの両方に参加した人に贈られるアイテムだ

4Gamer:
 何通りくらいの組み合わせになるんでしょうか。

藤井氏:
 制作途中の時点で40万通り以上だったのですが,現在ではもっと増えていますし,正式サービス以降も拡充する予定です。あとは,肌の色や髪の色についても変更できますので,ゲーム内で同じようなアバターが並ぶということはないんじゃないでしょうか。

4Gamer:
 武器にはどんなものがあるんですか?

藤井氏:
 武器は,現状で約150種以上を用意しています。大きく「剣」「銃」「長銃」「槍」「弓」といったカテゴリーに分けられ,原作に登場したものから,釘バットのようなおふざけ的なものまで幅広く取り揃えていますし,どんどん追加していく予定もあります。たとえ弱い武器であっても「合成」を繰り返すことでどんどん強化していけますので,気に入った外見の武器を使い続けていただけるようにしています。

4Gamer:
 武器にはカテゴリーがあるそうですが,カテゴリーごとの特性や相性といった要素はあるのでしょうか。

藤井氏:
 ありません。あくまでパラメータの違いだけになります。特性や相性といった要素を入れれば確かにコアゲーマーの方は喜んでくださるのでしょうが,先ほども述べたように「魔法少女まどか☆マギカ」のファンの方はゲームに関してはライトな方も多いと考えていますので,そこに合わせた形となります。


原作の魔法少女たちを育成&コレクション


4Gamer:
 原作に出てきた魔法少女達はどうやって増やしていくんでしょうか。

藤井氏:
 「実績」という要素がありまして,「レベルを上げる」「ボスを何体か倒す」など,定められた条件を満たすと,魔法少女がもらえることがあります。
 そのほか「キュゥべえBOX」でも入手できます。これはランダムで「武器」や「服」,「スキルカード」や「魔法少女」などが手に入るというものです。実績達成でもらえるポイントを集めてチケットと交換したり,有料ポイントをご購入いただくことで使用可能となります。有料ポイントがあればより早く武器や服などを集められますし,なくても実績達成でもらえるポイントなどを使えばいいわけです。
 また,同じ魔法少女であっても服装のバリエーションなどがありますので,コレクションを楽しむことができます。

仲間の魔法少女を増やしていこう

4Gamer:
 同じ魔法少女を何人もパーティに入れられるということなんですか?

藤井氏:
 そうです。全員さやかちゃんのパーティなども可能ですね。パーティは最大6人で,最初は2人からスタートし,その後,段階的に増えていきます。
 服装に関しては季節に応じたバリエーションをご用意させていただいていますし,例えば「アルティメットまどか」のように原作で特別な位置づけの魔法少女をゲームに登場させることも考えております。

4Gamer:
 それは,そういう初期衣装のキャラがいるということですか。

藤井氏:
 このゲームでは,プレイヤーキャラクターは服の着せ替えができますが,原作の魔法少女については服装が固定されています。ですので,服装違いのキャラは,それとは別物として実装されることになります。
 服装以外の部分,例えば武器やスキル,アクセサリなどは自由に変更していただけますし,プレイヤーさんの魔法少女と同様,経験値を溜めてレベルを上げていくことも可能です。パーティ全員でかぶりものを統一したり,原作では「長銃」を装備していたマミさんに別の武器を装備させたりなど,自分好みに育てたりカスタマイズできるんですね。
 カスタマイズの一つとして,原作の魔法少女達にも「スキルカード」を装備できます。
 ただし,「スキルカード」の必殺技には特定タイプの武器が必要で,例えば「ティロ・フィナーレ」であれば「長銃」を装備する必要があるといった具合ですね。もちろん,「スキルカード」と「長銃」が人数分あれば全キャラクターで「ティロ・フィナーレ」を撃ちまくるパーティを編成できますよ。

 また,原作の魔法少女達のほかに,フレンド登録したプレイヤーさんの魔法少女をパーティに加えることもできます。これはフレンドさんの魔法少女のコピー的なもので,フレンドさんがゲームに接続していなくても使うことが可能です。

4Gamer:
 それではサービスに向けての意気込みをお願いします。

藤井氏:
 長らくお待たせしてしまった分,内容に関しては満足いただけるものになっていると思いますので,クローズドβテストにご期待ください。

4Gamer:
 本日はありがとうございました。


 話題作「魔法少女まどか☆マギカ」のブラウザゲーム化ということで注目を集める「まどか☆マギカ オンライン」だが,このゲームシステムなら自分にも遊べそうだ,と思ったファンの方も多いのではないだろうか。手軽と言われるブラウザゲームでも,実際にプレイするとなるといろいろ面倒な要素があるものが多い。そういった部分を徹底的に廃して作られた本作のシステムは,非常にシンプルなところからスタートしている。オンラインゲームなどをやったことがないというライトユーザーに向けた作りが志向されているのだ。
 その一方で,キャラクターグラフィックスなどへのこだわりは凄まじく,原作の魔法少女のコレクションや,自分の魔法少女のオシャレなど,ファンの心を刺激してくれるものとなっている。
 本作のクローズドβテストは6月22日からのスタートとなる。なお,クローズドβテストとオープンβテストの両方に参加すると,テスター限定アイテムとして,魔法少女に装備できるアクセサリ「キュゥべえ帽子」が正式サービス開始時にプレゼントされる。こちらもファンとしては見逃せないアイテムとなりそうだ。

※掲載されている画像はすべて開発中のものです

「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」プレオープンサイト


1万人の魔法少女を募集中。「魔法少女まどか☆マギカ オンライン」クローズドβテスター募集開始,4Gamer枠は1000名

  • 関連タイトル:

    魔法少女まどか☆マギカ オンライン

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月22日〜11月23日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月