オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
アイドルマスター2公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:11
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/07/08 02:23

イベント

全国ツアーの開幕を告げるアイマス8周年記念ライブ,「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!! @NAGOYA0707」レポート

アイドルマスター2
 2013年7月7日,七夕。織姫と彦星が年に1回出会うというこの日,バンダイナムコゲームスは,「アイドルマスター」シリーズのライブイベント「THE IDOLM@STER 8th ANNIVERSARY HOP!STEP!!FESTIV@L!!! @NAGOYA0707」を名古屋市のZepp Nagoyaで開催した。えへへ,開催しちゃったんですぅ。タイトルからも分かるように,「アイドルマスター」誕生8周年を記念する今年は,全国5都市7公演の“ツアー”というスタイルで開催されることになっており,今夜がその初日,幕開けとなる真夏の夜の祭典というわけだ。

 ちなみに,この全国ツアー,名古屋に続いてこのあと,大坂,横浜,福岡,そして,どう考えても「東京ゲームショウ2013」開催中としか思えない千葉・幕張でフィナーレを迎える予定となっているので,つい想像をたくましくしてしまう。ええ,TGSにはいろいろと思い出があるんです,あたし。

Vault That Borderline!
I'm so free!

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト


神SUMMER!!
 もう一つちなみに,今回の「全国ツアー」というスタイルは,2009年の4周年記念「THE IDOLM@STER 4th ANNIVERSARY PARTY SPECIAL DREAM TOUR'S!!」以来,隔年で行われているようだが,一昨年の6周年記念ツアー「THE IDOLM@STER 6th ANNIVERSARY SMILE SUMMER FESTIV@L!」では私,TOKYO DOME CITY HALLの東京公演だけを取材して事足れりとしたため,あとでたいへん後悔した。ああ,札幌でラーメンを食べたり,大阪でお好み焼きを食べたりしたかったなあ……というわけではなくて,せっかく取材できたんだから,なぜ行かなかったのかということだ。
 「チケットないから行かない」なんて言ってないで,飛行機なり新幹線なりに乗ってしまえばよかったじゃないかと思うわけで,私は決めました。来ていいと言われる限り,行こうと。観客席に立つのは相変わらずの夢だけど,読者か偉い人から,もういいと言われるまでは書き続けるべきだと。どのみち,この先十年も今の仕事を続けられるわけじゃないんだから,客席に立つのはそのあとでもいいはずだ。あの星 一徹氏も言っている。「ロウソクは,消え去る直前が最も明るく激しく燃えあがるのだ」と……おい!

 えーと,意味のない前置きが長すぎた気がするが,待望のツアー開幕ということで軽く盛ってみました。それはともかく,きらめくステージに立ったのは以下の皆さんだ。

■出演:
・中村繪里子さん(天海春香役)
・長谷川明子さん(星井美希役)
・今井麻美さん(如月千早役)
・下田麻美さん(双海亜美/真美役)
・沼倉愛美さん(我那覇 響役)
・滝田樹里さん(音無小鳥役)

■ゲスト:
・山本希望さん(城ヶ崎莉嘉役)
・佳村はるかさん(城ヶ崎美嘉役)
・大橋彩香さん(島村卯月役)


 そうなの。知っている人は2か月ぐらい前から知っていると思うが,今回の8周年記念ツアーのトピックとして,ゲストの参加が挙げられるのだ。ここ名古屋では,Mobageでサービス中のソーシャルゲーム「アイドルマスター シンデレラガールズ」から,城ヶ崎姉妹役の山本希望さんと佳村はるかさん,そして島村卯月役の大橋彩香さんがゲスト出演した。
 歴史をヒモ解いてみると,「アイドルマスター ディアリースターズ」の声優さん達がサプライズゲストとしてライブに登場した例があるようで,必ずしも初めての試みというわけではないようだが,個人的にとても興味深いところだ。
 果たして,実際のステージではどのような展開になるのか,と職業的緊張感をもって身構えた瞬間,「プロデューサー諸君,元気かねー!」という聞きなれたあの人の声に私の緊張感は木っ端ミジンコ。いきなり別世界。もう,仕事なんか忘れちゃっていいですよね。ダメですか。

アイドルマスター2
 まずは765プロ社長高木順二朗氏の挨拶,および諸注意が会場に告げられたのだが,高木氏によれば,このところライブの諸注意は765プロの若いもの(つまり,アニメ「アイドルマスター」で赤羽根健治さんが演じたプロデューサー)に任せていたが,本日は久々に自らがソウルフルで,ハートが震えるような諸注意を行うとのこと。具体的には,地球に接近中の隕石に攻撃を行うかどうかを指示しなければならない合衆国大統領のほかは携帯の電源を切っておくこと,派手な応援行為を慎み,まるで大空に浮かぶ金のシャチホコのようなゆったりとした気分でいることなどで,さすがは社長,かつてのキレは衰えていない。

 ここで改めて高木社長の口から,8週年記念ライブの重要な出来事としてゲストの参加が告げられ,ぜひゲストアイドル諸君を盛り上げてほしいと要請。さらに,今回の全国ツアーのテーマが「お祭り」であること,さらに「新しいものは,混沌の中から生まれ出る」とし,さまざまなものが混じりあった最高のお祭りをぜひ楽しんでほしいと結んだのだ。

 というわけで,セットリストは以下のとおり(文中敬称略)。

1.神SUMMER!!(中村,長谷川,今井,下田,沼倉,滝田)
2.MC(1)
3.Vault That Borderline!(今井,沼倉)
4.I'm so free!(長谷川,滝田)
5.MOONY(下田)
6.太陽のジェラシー(中村)
7.MC(2)
8.お願い!シンデレラ(大橋,佳村,山本)
9.DOKIDOKIリズム(山本)
10.TOKIMEKIエスカレート(佳村)
11.S(mile)ING!(大橋)
12.MC(3)
13.“HELLO!!”(中村,今井)
14.乙女よ大志を抱け!!(中村)
15.黎明スターライン(下田)
16.マリオネットの心(長谷川)
17.arcadia(今井)
18.MC(4)
19.空(滝田)
20.Brand New Day!(沼倉)
21.約束(今井)
22.笑って!(中村)
23.MC(5)
24.カーテンコール(中村,長谷川,今井,下田,沼倉,滝田)
アンコール1.READY!!(中村,長谷川,今井,下田,沼倉,滝田)
アンコール2.THE IDOLM@STER(中村,長谷川,今井,下田,沼倉,滝田,大橋,佳村,山本)


 チラ見でもすぐにお分かりかと思うが,選ばれた楽曲は新旧取り混ぜて実にバリエーション豊かで,アーケード版「アイドルマスター」が初出となる「太陽のジェラシー」から,アニメ「アイドルマスター」の楽曲を集めた「THE IDOLM@STER ANIM@TION MASTER 生っすかSPECIAL」の収録曲,さらに昨年(2012年)10月にリリースされた「アイドルマスター シャイニーフェスタ」の「Vault That Borderline!」など,高木社長の言葉どおり,さまざまなものが入り混じったお祭り状態といえるかもしれない。
 オープニングの「神SUMMER!!」から太陽のジェラシーまでは夏をイメージさせる曲であり,この日,最高気温35度を記録した酷暑の名古屋にあって,会場の気温はさらに急上昇したという感じだ。「MOONY」の歌詞には七夕を思わせるところがあり,ちょうど七夕の今日,この曲を聞けたのは名古屋公演に来た人だけの特権であり,それをプレゼントできて嬉しかったと,後のトークで下田さんが語った。

MOONY
太陽のジェラシー

 また,写真にもあるように(見えにくいかもしれないけど),今回のライブも,2月に開催された「THE IDOLM@STER MUSIC FESTIV@L OF WINTER!!」と同じく,生バンド付き。ベース,ギター,そしてドラムスという編成で,最初から最後まで弾きまくりの叩きまくり。ライブにさらにパワーを与えてくれたという印象だ。トークで明らかにされたことだが,今回の全国ツアーでは,ほかのすべての公演でも生バンドが予定されているほか,ステージに立てられたパネルも全国を回るとのこと。大坂公演以降のチケットを持っている人は楽しみにしていよう。


 ということで,沼倉さんが「生で初めて聞いた」という太陽のジェラシーのあと,いよいよゲストがステージに招かれた。
 揃いの衣装で登場したシンデレラガールズの3人は,キャラクターの属性としては,暑い夏にふさわしく「パッション」成分多め(「パッション」2名,「キュート」1名)で,まずは,来場者に彼女達の人となりを知ってもらいたいということで,765プロのメンバーから質問が行われることになった。最初,大橋さんには,彼女が生ハムを食べているのを見た長谷川さんから,塩辛いものが好きですかという質問が出て「好きです」というお答え。続いて,佳村さんには,下田さんから(あだ名の)“るるきゃん”のるるとは何かという質問が出たものの,なにやら話が紆余曲折して,るるきゃんの半分は「やさしさ」で,そして半分は「知性」でできているとのお答え。えーと……。最後に山本さんには,滝田さんから「たくさん食べると聞きましたが,もしそうなら親近感を覚える」という質問が行われ,「たくさん食べます」とのお答え。以上,都合で内容を大幅にはしょったのだが,まさにそれぞれの人となりがよく分かる,アイドルらしい答えだったような,そうでもないような感じだった。えーと,どうしよう?

お願い!シンデレラ
DOKIDOKIリズム
S(mile)ING!

TOKIMEKIエスカレート
 そんなこんなで,シンデレラガールズのライブコーナーがスタートした。まずは全員による「お願い!シンデレラ」が披露され,以下,セットリストのとおりに進んだのだが,このうち山本さんの「DOKIDOKIリズム」は本邦初公開になるとのこと。また,大橋さんの「S(mile)ING!」は,曲を知っている人なら分かると思いますけど,歌詞はまさに今回のライブのような状況を歌っており,ステージのそでで3人のパフォーマンスを見ていた今井さんはあとで,彼女達のステージに「胸がキュンとした」と述べた。オレもオレも。個人的には,4曲すべてに会場から大きな歓声とコールが送られたことも素晴らしく,プロデューサーさん達ってステキだ。

 ステージ終了後は,名古屋公演のリーダー役を務める中村さんと今井さん,そしてシンデレラガールズの3人が「足跡を残す」と発表。上にも書いたように,ステージに立てられたパネルは,全国を回る予定になっており,その土地土地で,リーダーとゲストが何かを書き込み,千秋楽となる幕張に着く頃には,書き込みで一杯になっているという趣向なのだそうだ。なるほど。というわけで,それぞれが足跡,天むす,とてもそうは見えないきしめんのイラストなどを書き込んだあと,シンデレラガールズはここでステージを降り,続いてリーダー2人によるリクエスト曲の発表が行われた。

 リクエスト曲とは,各地の公演でリーダーに歌ってほしい曲をあらかじめ募集するという企画で,読んでいる人の中にも「応募した」という人も多いんじゃないかという気がするが,選ばれたのは,なんと……などとひっぱっても,セットリストに書いてあるのでモロバレだが,なんと“HELLO!!”。言うまでもなく,この“HELLO!!”は「アイドルマスター ディアリースターズ」のテーマ曲であり,なんというか,この選曲はお祭りならではという感じだろう。アイドルマスターシリーズの名曲の集大成をやっているような雰囲気もあるなあ,今回。

“HELLO!!”

 そのあとも,「乙女よ大志を抱け!!」や「arcadia」,「空」など,ファンにはすっかりおなじみの人気曲が続き,力強いバンドの威力もあって,私を含めた来場者にとって非常に満足度の高いステージだったはずだ。「約束」のあとに「笑って!」なんて,オレを泣かしにきているのかと思ったほどで,やっぱり泣いちゃいました。誰も気にもとめてなかったと思うけど,バレないように,写真撮ってるフリを必死にしていたのだ。50歳を過ぎるといろいろ面倒だ。

乙女よ大志を抱け!!
黎明スターライン
マリオネットの心
arcadia
Brand New Day!
約束
笑って!

 以上,駆け足で紹介してきたが,最後に,全員でお別れの挨拶をして,全国ツアーの開幕を告げる名古屋公演はつつがなく終了した。
 再びステージに上がったシンデレラガールズの3人は,それまで気丈に笑顔を浮かべていたものの,やっぱり最後の挨拶あたりでは泣き出しちゃって,そんな彼女達に優しく接する765プロのメンバーの姿に私は,きっと,こうやって広がり続けていくんだろうなと思った。終わらないですね,たぶん,ずっと。
 おっとっと,最後の最後は,再登場した高木順二朗氏の音頭でおなじみの一本締めが行われ,こうして名古屋の熱い夜は本当に終わりを告げたのだった。


最後は9人で華やかにTHE IDOLM@STER

 個人的に首都圏以外で行われるライブを取材するのは初めてのことなので,荷造りして新幹線に乗って,慣れない土地へ見に行くという行為そのものから楽しかったし,ライブもまた,最高だった。
 そして,最後は仲間同士で集まって,あの場面がよかったの,あのシーンでウルッときただのと語り合うことまでひっくるめてライブなのだろうという気はするものの,くっそー! 私はこうやって原稿書いるんです。今頃,喫茶店で,夜汽車の中で,そしてホテルの部屋で余韻に浸っている人達なんか,うらやましくないですよーだ。
 それはともかく,全国ツアー第2弾となる大阪公演が,7月20日,21日の両日にわたって開催される予定だ。無理にとは言わないけど,こちらもぜひ楽しみにしていてほしいな

 ……と,これで終わっちゃいけないんだった。ここで,ちょっとした情報をお届けしたい。実は,このたびのアイマス8周年記念全国ツアーを応援するスペシャルなムービーが公開されており,応援メッセージを送っているのは,バンダイナムコゲームスが2013年6月20日に発売した「クマ・トモ」の主人公である,クマのぬいぐるみ。
 おしゃべりするクマのぬいぐるみと生活していくことでプレイヤーとクマが親友になっていくというクマ・トモだが,割とアイドルマスターに詳しいらしく,なんだか私も友達になれそうな気がしてきた。
 ちなみにこのムービー,ライブのスタートを待つ会場にも何度か流されて,そのつど来場者に大うけだったので,気になる人はぜひチェックしてほしい。

「アイドルマスター」シリーズ公式サイト


  • 関連タイトル:

    アイドルマスター2

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター2

  • 関連タイトル:

    アイドルマスター

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:12月14日〜12月15日
タイトル評価ランキング
83
82
ARMS (Nintendo Switch)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年06月〜2017年12月