オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
トイ・ウォーズ
読者の評価
75
投稿数:16
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/12/24 22:54

イベント

「トイ・ウォーズ」の最強チームを決める決勝大会「TWGP」が開催に。2012年アップデート方針なども発表

トイ・ウォーズ
 2011年12月24日,東京都内のベルサール秋葉原で開催中の「第4回 秋葉原PCゲームフェスタ」で,オンラインシューティング「トイ・ウォーズ」のオフラインイベント「TWGP(トイ・ウォーズ グランプリ)」が行われた。このイベントでは,事前に行われたオンライン予選を勝ち抜いた6チームが日本一の座をかけて決勝トーナメントを戦ったほか,2012年の同タイトルにおけるアップデートプランなどが発表された。

「トイ・ウォーズ」公式サイト


「トイ・ウォーズ」プロデューサーの小島幸博氏は,バズーカ型のクラッカーを手にTWGPの開会を宣言した
カンファレンスに先駆け,開発元であるSK imediaのキム・ソンチョル氏とアン・テヒョン氏のビデオメッセージが上映された。両氏は日本のプレイヤーに感謝を述べ,2012年も日本展開に注力していくと語っていた

トイ・ウォーズ
 「TWGPカンファレンス」のコーナーでは,ガンホー・オンライン・エンターテイメント トイ・ウォーズ運営チーム 制作担当 齋藤和寛氏より,2012年のマーケティング/開発プランが発表された。
 齋藤氏によれば,トイ・ウォーズの2012年におけるタイトルコンセプトは「もっとトイ・ウォーズ」とのことで,具体的にはユニークアイテムやキャンペーンによって“もっと遊べる”,アニメや声優とのコラボレーションを“もっと増やす”,オフライン/オンラインイベントの開催による“もっと楽しむ”の3点が掲げられた。これらの方針により,“フィギュアで戦うシューティング”としてのトイ・ウォーズらしさを追求していくとのことだ。

 また2011年には,公認ネットカフェにおいてイベント「T-1カーニバル」を計11回開催し,延べ950人以上の来場者を記録したそうで,2012年も引き続き展開していく。直近では2012年1月8日に東京で,続く1月29日には愛知でそれぞれ開催する予定だ。さらに2012年には「ネットカフェポイント」の導入も検討しており,詳細は追って発表される。

トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ

 アバターコレクションでは,アニメ「ギルティクラウン」と「ラストエグザイル−銀翼のファム−」とのコラボレーションがあらためて紹介された。さらに2012年3月には「BLACK LAGOON」,4月には「GOSICK」とのコラボレーションが予定されているとの発表もあった。

トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
2012年1月に実装予定のアバターコレクション「ギルティクラウン」
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
2012年2月実装予定のアバターコレクション「ラストエグザイル−銀翼のファム−」
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
2012年3月実装予定のアバターコレクション「BLACK LAGOON」

トイ・ウォーズ
2012年4月実装予定のアバターコレクション「GOSICK」
 2012年のトイ・ウォーズの開発方針としては,初心者の離脱増加や,ゲーム内でやれることが不足していることを踏まえ,“カジュアル性の強化”を掲げる。これは同タイトルが当初から課題としていた“初心者と上級者が共存できるゲーム作り”と関連があり,具体的にはストーリーの強化や,ゲームモードのリニューアル/追加が挙げられた。
 またそれらに先駆け,2011年12月26日のアップデートでは,使用武器の種類を制限して操作を簡単にする「武器選択システム」などが実装され,関連キャンペーンも展開される。また2012年1月のアップデートでは,新たに「Office Map」が追加されるとのことだ。

ストーリーの強化に伴い,フィギュア部のライバルとなる「ホビークラ部」がついに登場する。今回は,部員の使用するフィギュアも発表された
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
新たなモードや機能を追加することで,さまざまなプレイヤーに遊びやすい環境を提供し,初心者と上級者の双方が楽しめるゲームにしていく予定だ
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
直近の2011年12月26日に行われる大型アップデートの紹介も行われた
トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ
トイ・ウォーズ

決勝トーナメントの実況/解説を務めたトイ・ウォーズ公式DJの安部官房長官さん
 TWGP決勝トーナメントは,オンライン予選を勝ち抜いた「wasd」「傀儡子」「Boss」の3チーム(「霧隠の葉月」は棄権)と,「T-1甲子園」の第1回優勝チーム「Sossu Ne Hi!」,第2回優勝チーム「V1vace」が,以下のルールでトーナメント戦を行った。

モード:クラン戦(サボタージュ)
マップ:ナイト・イン・ザ・ハウス
人数:5vs5
条件:5ラウンド先取
時間:1ラウンド2分
アイテム:使用可能

トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ

 準決勝第1試合は,シードのV1viceと,不戦勝で勝ち上がったwasdが1ラウンドずつ交互に獲得しあうというシーソーゲームを展開。V1vaceはトイ・ウォーズの個人ランキング上位選手が集う強豪チームだが,wasdも拮抗する実力を見せ,最終的に前者が5対4で勝負を決めた。

 準決勝第2試合は,ストレートでBossを下した傀儡子と,シードのSossu Ne Hi!が対決。傀儡子はトイ・ウォーズ公式DJのなっぽん選手をはじめ,ゲーム内の有名プレイヤーが在籍するチームで,一方のSossu Ne Hi!は同タイトルをサービス開始当初から盛り上げてきた立役者だ。両チームはこれまでにも幾度か対決してきた経緯があるそうだが,今回は傀儡子がチームワークで一歩上回り,5対2で試合を制した。

 決勝戦では,傀儡子が準決勝突破の勢いに乗るかと思いきや,V1vaceが実力者揃いの貫禄を見せ,5ラウンドを一気に獲得。もともと「ナイト・イン・ザ・ハウス」は試合展開が速くなる傾向にあるとのことだが,それにしても極めてスピーディーに試合を決めてしまい,傀儡子のメンバーも圧倒的な強さに驚いていたようだった。

トイ・ウォーズ トイ・ウォーズ

 表彰式では,準優勝の傀儡子と3位決定戦を勝ったSossu Ne Hi!のメンバーが,今回,敗退した悔しさをバネに次回以降の大会で優勝を狙いたいとコメント。
 また優勝したV1vaceのメンバーも,互いの活躍を称えるとともに次回も頑張りたいと,意気込みを見せていた。
優勝した「V1vace」
トイ・ウォーズに登場するキャラ/フィギュアのボイスを演じる声優陣のトークショーも行われた。左から岡本信彦さん,佐藤利奈さん,近藤 唯さん,岩瀬修平さん

イベントの最後には,恒例となった「じゃんけんレボルト」が行われた
トイ・ウォーズ

「トイ・ウォーズ」公式サイト

  • 関連タイトル:

    トイ・ウォーズ

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月24日〜03月25日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年09月〜2017年03月