オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ぞんびだいすき公式サイトへ
読者の評価
75
投稿数:1
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2011/01/20 14:24

プレイレポート

ゾンビが苦手な人にも,RTS初心者にも楽しめる“ぞんびぞろぞろアクション”。NDS「ぞんびだいすき」のインプレッションをお届け

ぞんびだいすき
 チュンソフトは1月20日,ニンテンドーDS向けタイトル「ぞんびだいすき」を発売した。本作はゾンビ達を操作して“悪い人たち”と戦いながら,牧場を復興させていくという“ぞんびぞろぞろアクション”である。本稿では,実際にプレイした印象を交えながら,ゲームの特徴と魅力をお伝えしていこう。


関連記事:“もともと人間だった”ゾンビ達のピュアな思いを表現。往年のB級映画へのリスペクトが詰め込まれた「ぞんびだいすき」タイトル発表会レポート

「ぞんびだいすき」公式サイト


ぞんびだいすき ぞんびだいすき
ぞんびだいすき ぞんびだいすき


RTS感覚も味わえるアクションパート


 本作には大きく分けて,“アクションパート”“牧場パート”という二つのパートがある。まずはアクションパートについて説明しよう。
 アクションパートは,主にクエストの遂行を目的とした内容となっており,プレイヤーはゾンビ達をタッチペンで操作して,さまざまな難局に立ち向かっていく。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 操作方法は至ってシンプルで,目的の方向にタッチペンをスライドさせれば通常移動,素早く3回スライドさせればダッシュ,ゾンビ達を丸で囲んでからスライドさせればまとめて移動させられる。

ぞんびだいすき
 ほかにも,画面右側にあるコスチュームボタンを押すことによって,ゾンビの服の色別(赤/黄/青/緑)に指示を出すこともできる。状況に応じて使い分けるといいだろう。
 また,マップの1点をタッチし続けると,ゾンビ達を1か所に集められる。これは手強い人間を襲いたいときなどに有効だ。逆に,集まっているゾンビ達を散らしたいときには,1点を3回タッチすればいい。“散らす”が何に役立つのか,ということは文章だけではなかなか説明しづらい部分もあるのだが,例えばボス級の敵がめちゃくちゃ強い技を発動したときなどの緊急回避に役立ったりする。
 ともあれプレイヤーは,上記のようなアクションを駆使しながら,“悪い人たち”を容赦なくやっつけていくのだ。ちなみに,ゾンビにやっつけられた悪い人たちは,クエストのクリア後にゾンビとして復活し,仲間になることがある。クエストを有利に攻略するためにも,どんどん人間をかじり,仲間を増やしていきたいところだ。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき
ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 アクションパートでは,特定の条件を満たすことで発動する“スペシャルスキル”の存在も見逃せない。スペシャルスキルには,ゾンビ全員のHPを回復させる“ヒール”や,隕石を落として攻撃する“デスメテオ”,やられたゾンビを復活させる“ライズアップ”といったものがある。もちろん,これ以外にもさまざまなスペシャルスキルが存在し,どれも不利な状況を好転させる威力を秘めている。

 体験版をプレイした人ならば理解できるだろうが,本作のアクションパートは,リアルタイムストラテジー(RTS)ような感覚で楽しめる。アクションパートでは,敵(人間)味方(ゾンビ)がリアルタイムで動き回るため,状況は刻一刻と変化していく。ゲームを効率的に進めるには,その場その場での的確な判断が重要になってくるのだ。
 ……なんて書いてしまうと,かなり難しそうなゲームに思われてしまうかもしれないが,筆者がプレイした印象としては,タッチペンとRTSの親和性はとても高く,ゲーム自体の難度もさほど高くはない。国内では「難しそう」というイメージが強いためか,注目される機会の少ないRTSだが,本作をプレイすれば,そんなイメージはすぐに払拭されるだろう。

ぞんびだいすき ぞんびだいすき ぞんびだいすき
ぞんびだいすき ぞんびだいすき ぞんびだいすき

 加えて本作は,ゾンビこそ登場するものの,心臓に悪いホラー要素は一切なく,雰囲気はかなりコミカル。8ビットテイスト溢れるレトロなBGMも,その雰囲気に拍車をかけている。キャラクターデザインもポップな絵柄で,コアなゲームファンだけではなく,ライト層でも楽しめるRTSの入門編としてオススメできそうだ。
 ちなみに,みんなのニンテンドーチャンネル(12月22から1月25日),DSステーション(12月24日から1月26日),ニンテンドーゾーン(12月24日から1月27日)にて,ぞんびだいすきの体験版が配信されている。購入しようか迷っているなら,まずはダウンロードして試してみるといいだろう。


作物を育てて,立派なゾンビに育てよう。


ぞんびだいすき
ぞんびだいすき
 続いては“牧場パート”について説明しよう。ゾンビ達の拠点でもある牧場には畑があり,クエストで手に入れたタネやアイテムをまくことによって,作物が育てられる。育てた作物を食べさせることで,ゾンビ達の能力を強化できるのだが,“なんでもたべろ”“こうぶつをたべろ”“かってにたべるな”という三つの方針が設定可能だ。
 タネまきに関しては,手動だけでなくオートでまくこともできる。準備段階の手間を省きたい人は,オート機能を活用するといいだろう。ちなみにタネが立派な作物に育つには(ゲーム内時間で)数日かかる。

 加えて牧場では,“DIARY”機能でプレイしたクエストの内容/結果を確認したり,手に入れたアイテムや,これまでに訪れたアクションステージ,ゾンビが覚えたスキル,登場したキャラクターなどを閲覧したりもできる。
 また,“みんなであそぶ”を選ぶことで,敵チームを倒しながらゴールを狙う“DEAD SAL(デッドサル)”というフットサル的なゲームや,ほかのプレイヤーと協力してボスを倒す“PARTY HUNT(パーティハント)”といった,本作ならではのミニゲームが楽しめる。DEAD SALに関しては,「ぞんびだいすき」のソフトを持っていない人ともプレイできるので,家族や友人と気軽に遊んでみるといいだろう。

ぞんびだいすき
ぞんびだいすき
 アクションパートの印象から,「ぞんびだいすき」を“ゾンビものRTS”と考えると,なにやら人を選びそうなタイトルに思えるかもしれないが,グラフィックスにしても,ゲームの難度にしても,実際にはかなり遊びやすいゲームに仕上がっている。タッチペンによる直感的な操作がゲーム性にもマッチしており,プレイアビリティの向上に直結している点も好印象だ。
 ゾンビが人を襲いまくるゲームであることは間違いないものの,恐ろしさやおぞましさを感じさせない工夫が随所にほどこされており,そういった意味でも人を選ばない作品と言える。ちなみにゾンビや悪い人たちには,それぞれ名前が付けられている。可愛らしいグラフィックスや,どこかユーモラスなセリフとも相まって,お気に入りのゾンビがきっと見つかるはずである。
 一度ハマると病みつきになること請け合いの“ぞんびぞろぞろアクション”。興味がわいたという人は,ぜひ購入を検討してみてほしい。

「ぞんびだいすき」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ぞんびだいすき

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月02日〜09月03日
タイトル評価ランキング
92
Smite (PC)
83
83
80
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
2014年03月〜2014年09月