オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
Dota 2公式サイトへ
読者の評価
80
投稿数:1
レビューを投稿する
海外での評価
89
Powered by metacritic
Dota 2
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「プロチーム運営」「ゲーム実況」「イベント・大会の開催」を柱に,認知度を向上し世界を目指す
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2018/03/07 16:13

イベント

吉本興業がeスポーツ事業に本格参入。「プロチーム運営」「ゲーム実況」「イベント・大会の開催」を柱に,認知度を向上し世界を目指す

よしもとクリエイティブ・エージェンシー スポーツ事業センター センター長 星 久幸氏。ちなみに,吉本興業のeスポーツ事業への参入に,JeSU(日本eスポーツ連合)と関連はなく,今後,何かを一緒にやる予定もないらしい
 2018年3月7日,東京・渋谷にある「ヨシモト∞ホール」にて,吉本興業による「eスポーツ事業概要発表記者会見」が行われた。
 本稿では吉本興業がeスポーツにおいて,どういった事業を展開していくのか,記者会見で語られた内容を紹介しよう。

 よしもとクリエイティブ・エージェンシースポーツ事業センター センター長の星 久幸氏の説明によると,吉本興業がeスポーツ事業に参入するにあたって,3つの柱が用意されているという。

「Dota 2」で世界を目指す「よしもとデトネーター」について語る,GamingD代表取締役 江尻 勝氏。ご存じDeToNatorのボス
 1つめはプロチーム「よしもとゲーミング」の運営だ。「DeToNator」「アキハバラ エンカウント」「Libalent」と,すでに活躍しているプロチームに加え,ライブストリーミング配信事業を展開する「Extractor」とタッグを組み,4つのプロチームを運営する。
 よしもとゲーミングの運営には2つの方向性があり,「よしもとデトネーター」は「Dota 2」をメインタイトルに据え,フィリピンを活動拠点に,外国人選手でチームを編成し,世界一を目指していく。
 「Overwatch」をメインにし台湾リーグに参戦する「よしもとエンカウント」,「Shadowverse」をメインにした「よしもとリバレント」,「ポッ拳」をメインにした「よしもとエクストラクター」の3チームは,日本人選手を中心にチームを編成し,国内でeスポーツの認知拡大などを目的としていく。

左から,GamingD代表取締役 江尻 勝氏,ウォールラン代表取締役 森山進太郎氏,よしもとクリエイティブ・エージェンシー 星 久幸氏,慶應義塾大学教授 中村伊知哉氏,Libalent esports Divisionチーム代表 西田 遼氏,Extractorプロデューサー 別城 翔氏

 また,プロゲーマーの発掘と育成にも注力する方針で,吉本興業で活動していた芸人のジョビンさん西澤祐太朗さん(裏切りマンキーコング),小池龍馬さん(マケレレ)の3名を同社初のプロゲーマーとして契約している。3人のプロフィールは以下の資料を見てほしい。
 ちなみに吉本興業の所属芸人は契約書もなく,給料も完全歩合制らしいのだが,この3名は契約書を交わし,固定給+出来高払いで活動していくことになる。

前列左から,ジョビンさん,西沢祐太朗さん,小池龍馬さん


・ジョビン
 「ストリートファイター」シリーズを得意とする。NSC大阪校27期生として,センターマイクでコンビ結成して芸人活動する傍ら,格闘家でもあり,DEEP フェザー級第四代チャンピオンとなる。コンビ解散後,ピン芸人として活動していたが,今後,プロゲーマーに専念して活動する。

・西澤祐太朗
 「スプラトゥーン」シリーズを得意とする。NSC東京校16期生。現在,裏切りマンキーコングとしてコンビ活動。ゲーム実況YouTubeチャンネル「Ch 裏切りマンキーコング」は,チャンネル登録者数:約8万人,総再生回数:4500万階以上を誇る。株式会社Libalentのチーム「Libalent Calamari」で活動。

・小池龍馬
 「コール オブ デューティ」シリーズを得意として,世界ランカー。NSC東京校18期生。マケレレとしてコンビを活動,ゲーム実況YouTubeチャンネル「マケレレ小池のゲーム実況」も人気を誇る。今後,プロゲーマーに専念して活動する。

発表会の2部「プロゲーマーの実力を体験!」に出演した。ゲーム好き芸人,次長課長の井上 聡さん,トータルテンボスの藤田憲右さん,パンサーの菅 良太郎さん,しずるの池田一真さん。司会はロンドンブーツ1号2号の田村 淳さんだ
 2つめの柱は「ゲーム実況配信」で,TwitchやYouTube Gaming,Extractor.liveなどの配信プラットフォームでゲームの実況配信,AbemaTVなどのインターネット配信場組でのゲーム番組出演などで,タレント活動を行っていく。
 ゲーム実況に特化したタレントの育成にも注力するようだ。(株)はつださんの「はっちゃんねる」や,エリック・ニコラスさんの「エリック・ニコラスのゲームチャンネル」などで,すでにゲーム実況芸人として活動している人もいる。

 そして最後の柱は「イベント・大会の実施」だ。同社が運営している劇場や,大型ショッピングモール・映画館などでeスポーツイベントを開催していくという。eスポーツ初心者向けの体験イベント,小規模大会,eスポーツファン向けの観戦イベントなど,さまざまなコンテンツ展開が予定されている。

 直近で開催が発表されたのは「よしもと GAMING プロ選抜大会」と呼ばれるeスポーツ大会だ。
 アメリカのラスベガスで開催される,4Gamerの読者ならお馴染みの格闘ゲームの祭典「Evolution Championship Series 2018」に向けた大会で,「EVO2018」の競技タイトルを使用して行われる。
 上位入賞者はよしもとクリエイティブ・エージェンシーがプロ契約を結び,ラスベガスまでの渡航費・宿泊費をサポートするとのことだ。
 開催は4月以降が予定されており,e-sports SQUARE AKIHABARAで行われる。詳細は「YOSHIMOTO Gaming」の公式サイトで発表するとのことなので,定期的にチェックしておこう。

「ストリートファイターV」でプロゲーマーのジョビンさんに挑戦する池田さんと管さん。太刀打ちできず

「目隠ししても勝てる」と豪語したジョビンさんに対してガチで挑む井上さん
そして勝ちどきをあげる井上さん。やはり目隠しは厳しかったようだ

体力10分の1からスタートするハンデをもらって挑む藤田さん
ハンデを全く生かせず,敗れて呆然


「YOSHIMOTO Gaming」公式サイト

  • 関連タイトル:

    Dota 2

  • 関連タイトル:

    オーバーウォッチ

  • 関連タイトル:

    Overwatch

  • 関連タイトル:

    Overwatch

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    Shadowverse

  • 関連タイトル:

    ポッ拳 POKKEN TOURNAMENT

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日