オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/03/26 13:30

イベント

多くのドラマが生まれた「BLAZBLUE」シリーズ史上最大の祭典――「BLAZBLUE REVOLUTION」の模様をレポート


 アークシステムワークスは2012年3月24日,ディファ有明にて2D対戦格闘ゲーム「BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II」の全国大会「BLAZBLUE REVOLUTION」(以下,ぶるれぼ)を開催した。
 同大会ではなんと,優勝チームに100万円,準優勝チームに30万円,ベスト4チームにはそれぞれ10万円が贈られるという,国内の対戦格闘ゲームイベントでは史上最高レベルの賞金が用意された。格闘ゲーム業界全体から見ても,非常に興味深い本イベントの模様をレポートしていこう。


チーム戦ならではの盛り上がりを見せた決勝大会


 全国から選りすぐりの猛者たちが集まった大会当日。予選トーナメントも見どころ満載で,早い段階から会場は凄まじい熱気に包まれた。
 しかも,トーナメントの合間に行われたスペシャルステージでは,3月24日に掲載した速報記事でもお伝えしたように,アークシステムワークスの「アドベンチャーProject」第1弾,「XBLAZE(仮)」がサプライズ発表。さらに,BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT IIのテーマソングを担当する飛蘭さんのライブが行われるなど,熱気はさらに高まった。

 激闘を勝ち抜き,準々決勝にコマを進めたのは「わぁいオリーブオイルあかりオリーブオイル大好き」(以下,もこみち),「サウスタウン」「アルカード家」「西日暮里勢の日常」(以下,日常),「個人情報@立川八軍」(以下,立川八軍),「乾坤一擲@立川五軍」(以下,立川五軍),「画竜点睛」,そして「円周率は3ではなく3.14です!!」(以下,3.14)の8チーム。

【速報】アークシステムワークスが贈る“アドベンチャーProject”第1弾「XBLAZE(仮)」,「ぶるれぼ」スペシャルステージで発表

大会の実況解説は,プランナーのパチ氏(左)とGODSGARDENの神園氏(右)が担当した

 第1試合ではまず,もこみちとサウスタウンが激突し,ソウジ氏の使用するアラクネが圧倒的な強さを見せつけてサウスタウンが勝利。続く第2試合ではアルカード家と日常の対戦となったが,エリオ氏の使用するアラクネがこちらでも大暴れし,アルカード家が勝ち進む。

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II

 第3試合は立川八軍vs.立川五軍という面白いカードになり,立川五軍は「もう少しアラクネ我慢して!」と前置きしたうえで,先鋒にふも氏が使用するアラクネをチョイス。一方立川八軍側は,たこす氏のハクメンをぶつけてきた。
 またもやアラクネが猛威を振るうのかと思いきや……ここでたこす氏が見事な刀さばきで勝利をもぎ取り,アラクネの流れを断ち切ることに成功。さらに,ごろ氏のマコトまで撃破するも,立川五軍側の大将であるアキラ氏が操るテイガーの,攻め始めたら止まらない重戦車の如き猛攻に破れてしまった。

 試合は大将決戦までもつれ込み,アキラ氏のテイガーvs.りゅうせい氏のカルルという,立川五軍側にとって厳しい戦いに。予選で相性の悪いアラクネをテイガーで完封した超実力者のアキラ氏だけに,ワンチャンスあるのではないかと思われたが……りゅうせい氏の操るカルルの動きは見事というほかなく,白熱の立川決戦は最終的に八軍が勝利を収めた。


 準々決勝最終試合,画竜点睛vs.3.14では,石田氏のバングとアルセーヌ氏のバングによる同キャラ対決が見どころに。実力は拮抗していたが,タオカカを操る大将テツ氏の画竜点睛が勝利をもぎとった。

BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II
BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II
 以上の経過を経て,準決勝に勝ち進んだのはサウスタウン,アルカード家,立川八軍,画竜点睛の4チーム。第1試合ではサウスタウンとアルカード家が激突し,試合はソウジ氏アラクネvs.エリオ氏のアラクネというムシキング決戦に発展。互いに蟲の動きを知り尽くしていることもあり,攻撃を避ける避ける! まさにニュータイプ同士の戦いといった様相を呈しつつ,1戦目ではソウジ氏がタイムアップで勝利。2戦目ではエリオ氏がタイムアップで首の皮一枚をつなぐも,3戦目でソウジ氏が蟲の王たる貫禄を見せつけて,同キャラ対決を制した。
 続く2試合。立川八軍vs.画竜点睛という,お互いに今大会で猛威を振るうアラクネ使いがメンバーにいないというカードになっており,接戦が予想されたが……テツ氏のタオカカが恐ろしいまでの強さを発揮し,なんと3タテで圧勝。いよいよクライマックスを飾る決勝対決チームが決定した。

 サウスタウンvs.画竜点睛の決勝ラウンドがいよいよ始まると,会場の誰もがソウジ氏のアラクネvs.テツ氏のタオカカによる頂上決戦を想像せざるを得ない好カードとなったが,思ったとおりにはいかないのが今大会の,そしてチーム戦の面白いところだ。


 まずは南氏のバングと石田氏のバングによる,同キャラ対決でスタートした決勝戦。共に一歩も譲らぬ接戦で魅せてくれたが,僅差で南バングが勝利。先手を取られた画竜点睛側は,次鋒に早くもテツ氏のタオカカを送り出し,石田バングを撃破するも,なんとサウスタウン側の次鋒ヒマ氏のヴァルケンハインに敗れてしまうという波乱が。
 予想外の展開でざわめく会場を尻目に,大将R-1氏のノエルと対峙したヒマヴァルケン。1戦目,R-1ノエルによるスキのないマシンガンコンボで先勝を奪われるが,続く2戦目ではヴォルフの力でR-1ノエルを翻弄して挽回。そしてギャラリーが固唾を飲んで見守る3戦目,大歓声の中で勝利をもぎ取ったのは,ヒマヴァルケンだった。
 第1回ぶるれぼの優勝に輝いたのはサウスタウン。決勝においてまさかの出番なしだった蟲の王と,最後の最後で研ぎ澄まされた牙を剥き出しにしたヒマヴァルケン。チーム戦の醍醐味が凝縮されたような展開に,会場全体が興奮の波に飲み込まれた。

試合終了後,ベスト3に輝いたチームの表彰式と,観客に向けたプレゼント抽選会が実施された


森プロデューサーにショートインタビュー


 なお,大会終了後,プロデューサーの森 利道氏に短いながらもインタビューできたので,最後にその内容をお届けしよう。

4Gamer
 今回,国内の格闘ゲーム大会史上最高額といわれる賞金を用意して開催された「ぶるれぼ」ですが,気合の入りっぷりに森さんの「ゲーセンを,格ゲーを盛り上げたい」という想いが込められているように感じられます。いかがでしょう?

森氏
 もちろんです。以前から大会をやるなら賞金を出したいと言い続けていたので,ようやく願いを一つ,かなえることができました。これ1回で終わらせたくないので,今後ともプレイヤーや店舗の協力が得られればやっていきたいと思っています。

4Gamer
 数多くの名勝負がありましたが,森さんの中で「とくにこれは燃えた!」というような試合はありましたか?

森氏
 一番印象に残っているのは,アキラ氏ですね。とくにテイガーでアラクネを完封した試合は,ヤバかった。

4Gamer
 確かに……。大会だとアラクネは台風の目ですね。

森氏
 いつもならその対抗馬になりそうなヤツらが出てくるものなんですが,それが今回はたまたま別のところに行っちゃってたんですよ。だからソウジ氏のブロックは,実力はもちろん,かなり運も良かったんじゃないかと思います。今回は,優勝候補がDブロックに集まって地獄でしたから(笑)。

4Gamer
 決勝戦では多くの人がソウジ氏のアラクネとテツ氏のタオカカのガチンコになると予想してたと思うんですが,そこでヒマヴァルケンが優勝を決めたのはアツかったですね。

森氏
 それがチーム戦のいいところなんですよ! 1人じゃなく,チーム力で勝つというのが見たかったから,3on3にしたんです。ギルティの頃から,僕は3on3が好きだったんですけどね。

4Gamer
 では,次回以降の大会も3on3で?

物販コーナーにて。カメラに向かってドヤ顔でサムズアップする,おちゃめな森 利道プロデューサー

森氏
 はい。もちろんです。それに,キャラクターが増えてくると,3on3の方が楽しいんです。いろいろなキャラクターの活躍を見れますし,精神的な部分での駆け引きも楽しめる。3on3は,エンターテイメント性に優れているんです。

4Gamer
 近々,また「ぶるふぇす」をやりたいというのは本気ですか?

森氏
 やりたいですね。実現するため,ぜひ皆様に協力いただければと思います。これは声を大にして言いたいのですが,「ぶるらじ」もタダでできるわけではないので(笑)。

4Gamer
 本日発表された「XBLAZE(仮)」について,現時点で何か言えることはありますか?

森氏
 もう一つの“蒼”の物語です。僕は原案とストーリープロットを担当して,頑張って作っていますよ。これは第一弾でして,第二弾以降も作っていく予定です。

4Gamer
 蒼の物語ということは,「BLAZBLUE」シリーズと何らかの関係があるのでしょうか?

森氏
 ありません。設定だけを残しているという感じですね。……とはいえ,僕の言うことですので,全部ウソかもしれませんけど(笑)。まぁ,今後の情報公開を楽しみにしていてください。

4Gamer
 ありがとうございました。

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II

  • 関連タイトル:

    BLAZBLUE CONTINUUM SHIFT II

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月20日〜11月21日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
76
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年05月〜2017年11月