オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
World of Tanks公式サイトへ
  • Wargaming.net
  • 発売日:2011/04/12
  • 価格:基本プレイ無料
読者の評価
82
投稿数:75
レビューを投稿する
準備中
World of Tanks
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
大量の戦車が整然と展示されるロシアの「Patriot Park」と,なんといってもマウス重戦車が魅力の「クビンカ戦車博物館」に行ってきた
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/07/01 20:46

イベント

大量の戦車が整然と展示されるロシアの「Patriot Park」と,なんといってもマウス重戦車が魅力の「クビンカ戦車博物館」に行ってきた

 2016年,モスクワ近郊(電車で1時間ちょっと)のクビンカに「Patriot Park」という名前の施設がオープンした。簡単にいうとロシア軍のクビンカ基地の拡張版といったところで,シューティングレンジなども備えた,総面積54平方kmという超大型の施設である。
 「World of Tanks」PC/PlayStation 4/Xbox One)のファンなら大好きな戦車が多数展示されており,さらに,航空機やロケットなどの展示もある。

World of Tanks

「World of Tanks」公式サイト


 だが,事情に詳しい人ならご存知のとおり,クビンカにはもともと「クビンカ戦車博物館」という施設があって,三度のご飯より戦車が大好きな4Gamerの編集者など,クビンカを複数回も訪れているという。そして,Patriot Parkに展示されている戦車は,このクビンカ戦車博物館から順次移送されているというのだ。

 このため今,特定の戦車を目当てにクビンカ戦車博物館に行くと,「展示されていると聞いていたのに,ないじゃないか!」という事態に陥る可能性がある。とはいえ適宜移送中でもあるので,Patriot Parkに行っても「クビンカ戦車博物館から移されたと聞いていたのに,ないじゃないか!」という状況に陥る可能性もある。

 このジレンマに対するWargaming.netの解答は,「だったら両方見ればいいじゃないか」という,実にシンプルなもので,両方見るという大胆な企画が立案された。「World of Tanks」最強チームを決める世界大会「The Grand Final 2017」の日程に合わせてプレスツアーが開催されたので,以下,その模様を写真を中心にお届けしたい。

World of Tanks

関連記事:

「World of Tanks」の世界大会「The Grand Finals 2017」の決勝戦がモスクワで開催。ドラマチックな展開と様変わりしていくゲームの現状が見られたイベントの模様をレポート

「World of Tanks」の世界大会決勝戦,The Grand Finals 2017のプレスカンファレンスをレポート。9.19アップデートでランク戦が実装


 ちなみにクビンカ戦車博物館の場合,館内の表示がすべてロシア語なので,筆者の知識では「これは何?」となってしまう車両が少なくないことをあらかじめおわびしたい。一方,インバウンドの取り込みも狙っているらしいPatriot Parkには,英語で解説してくれるガイドさんもいるので,外国の旅行者にとって優しい。

Patiot Parkの展示(戦車のみごく一部)


 まずは,Patriot Parkで見ることができた戦車だ。繰り返すが,展示の戦車は移送中であり,今後,展示内容が変わる可能性もある。また,掲載したのはその展示品のごく一部で,ソビエト時代のさまざまな戦車は非公開の別棟にあるという。

Patriot Parkの入り口
World of Tanks
(左)花壇は見事な星のマーク。(右)軍の施設が併設されており,係員は基本軍服。なお中央の人はツアーコンダクターで,その右はバスガイドさん
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
館内の照明はやや薄暗い。天井は非常に高く,戦車と戦車の間隔も広々としている。このあたり,のちほど掲載するクビンカ戦車博物館の写真と比較してほしい
World of Tanks World of Tanks
(左)みんな大好きタンケッテ,T-27。(右)バレンタイン Mk.III。人気車両らしく,展示されている場所が良い
World of Tanks World of Tanks
I号戦車。マネキンを乗せるなんて,クビンカではちょっと考えにくい豪華な展示方法
World of Tanks
(左)T-50。古いバージョンの「World of Tanks」を知っている人なら,「あいつか!」という気持ちになるはず。(右)ルノーR35
World of Tanks World of Tanks
BT戦車は,車内の様子も見られる
World of Tanks World of Tanks
解説のお兄さんは「このあたりのエリアにはTier 3くらいまでの戦車が展示されています」と説明。ゲームについてもご存知の模様だ
World of Tanks
(左)割と遠慮なくハーケンクロイツ。(右)T-26
World of Tanks World of Tanks
(左)T-37A。(右)フランスのパナールAMD35装甲車
World of Tanks World of Tanks
IV号戦車
World of Tanks
(左)Sd Kfz222。(右)T-34。IV号戦車ともども,良いスポットに展示されている
World of Tanks World of Tanks
M3中戦車リー。しかし,マネキンはなぜこの制服なのか
World of Tanks World of Tanks
stug33b突撃砲
World of Tanks World of Tanks
(左)軍用トラックなどもしっかり展示されている。いや,トラック大事ですよね。(右)M5A1軽戦車
World of Tanks World of Tanks
マチルダII歩兵戦車I
World of Tanks
ルノーUE。ほんとに小さい。オモチャ?
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
イタリアのC.V.35
World of Tanks
KV-85
VI号戦車ティーガーI
World of Tanks
(左)Strumpanzer IV,あだ名なブルムベア。(右)多連装ロケット砲カチューシャ。正確には,そのランチャー
World of Tanks World of Tanks
SdKfz301の左側に,クビンカで謎のオーラを放っていた球状の物体が
World of Tanks
謎のボール戦車の解説。ご査収ください
World of Tanks World of Tanks
(左)SU-122。(右)ゴリアテが挨拶しているようだ
World of Tanks World of Tanks
フェルディナント重駆逐戦車。のちにエレファントに改称
World of Tanks
フェルディナントの正面装甲を横から撮影してみた。まさに,鉄の塊
World of Tanks World of Tanks
SU-152
World of Tanks World of Tanks
VI号戦車ティーガーII
World of Tanks
World of Tanks
自走砲シュトルムティーガー。解説員は「すごい威力ですが,発射速度に難がありました。カチューシャを数並べたほうが,ずっと効率的でした」と辛口の評価
World of Tanks World of Tanks
モノとしてはありふれたT-34/85なのだが,車内が見られるとなると,勢い込んで撮影してしまう
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
SU-76M
World of Tanks
駆逐戦車ヤークトパンター
駆逐戦車ヤークトティガー
World of Tanks World of Tanks
ヤークトティガーの正面装甲
World of Tanks
(左)対戦車自走砲ナースホルン。(右)この手の資料もいくらか展示されていたが,数は多くない
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
九七式軽装甲車 テケ
World of Tanks
九五式軽戦車をベースにした車両
九八式軽戦車 ケニとのこと
World of Tanks
World of Tanks
九七式中戦車 チハ
World of Tanks
九五式軽戦車 ハ号


そして舞台はクビンカ戦車博物館に


 Patriot Parkからバスで移動することしばし,プレスツアーは続いてクビンカ戦車博物館へと向かった。かなりの数の戦車がPatriot Parkに移動してしまったので,マウスが置いてあるドイツ棟はガラガラ感が強かった。

クビンカ戦車博物館の入り口
クビンカに行ったことがある人なら必ず見たであろう,地雷除去用の車両がお出迎え
World of Tanks
World of Tanks World of Tanks
こんな感じで,割と雑然と戦車が展示されている。Patriot Parkと比べて展示の完成度は低め
World of Tanks
World of Tanks
カール自走臼砲
World of Tanks World of Tanks
マウス。カールと並んでいると大きさの感覚が狂う。戦車というよりは「建物」といったほうがしっくりくるサイズ
World of Tanks
World of Tanks
「World of Tanks」でもおなじみのヴァッフェントレーガー
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
V号戦車パンター
World of Tanks
III号戦車
戦車の移動がまだ行われていない展示棟もある。アメリカ,イギリスの戦車を収めた棟はこんな感じ。ぎゅう詰めである
World of Tanks
(左)「これは,全部写真撮るだけで大仕事だな……」的な雰囲気。(右)フランスで戦後に開発されたAMX-13なども置いてある
World of Tanks World of Tanks
World of Tanks
スウェーデンのStrv.74戦車
World of Tanks
同じくスウェーデンのStrv.103主力戦車

「World of Tanks」公式サイト


 というわけで,ごく一部だが,Patriot Parkとクビンカ戦車博物館の模様をお届けした。筆者の考えるに「よい展示状態で,とにかくたくさんの(とくにソビエト時代の)戦車が見たいならPatriot Park」で,「マウスやカールが見たいならクビンカ戦車博物館」という状況だと思う。
 ただ,マウスやカールを筆頭に,アメリカ,イギリス,フランスの戦車といった面々もいつPatriot Parkに移動してしまうか分からないので,このあたりは結局,どちらかではなく両方行くような計画を立てたほうがよさそうだ。どちらも真剣に見て回ると1日以上かかるので,2日間は必要だが,クビンカ周辺にこれといった宿泊施設がないのが難点だろう。

 交通機関としては,モスクワからクビンカまで電車が走っており,そちらを使ったほうが無難なように感じた。今回はバスで移動したが,途中で渋滞につかまると大変なことになりそうだ。電車の乗り降りが難しいならUberなども考えられるが,ただし,クビンカからの帰りにUberがつかまるかどうかは未知数だ。

 筆者は実を言うと,「クビンカではマウスが見られるけど,まあしょせんマウスだしなあ……」という先入観を持っていた。だが実際に実物を見て受けた印象は予想と大違いで,簡単に言ってすごいな,に尽きた。なるほど,大きな物体が与えるインパクトは凄まじい。

 というわけで,けして日本から簡単に行ける場所ではないものの,もしクビンカ戦車博物館周辺に行くことがあれば,ぜひマウスは見てほしい。「こんなのを作って,何をするつもりだったんだ」「こんなの作ってる場合じゃないだろう」という常識的な思いと同時に,「なるほどこんなのが実際に動いたら『これで戦況は一変する』みたいな妄想を(一瞬なりとも)抱いちゃうかもなあ」という感慨も湧き上がる,素晴らしい逸品と言えるからだ。
  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • 関連タイトル:

    World of Tanks

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:07月15日〜07月16日