オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
コール オブ デューティ ブラックオプス公式サイトへ
読者の評価
62
投稿数:14
レビューを投稿する
海外での評価
88
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/11/26 21:50

ニュース

「コール オブ デューティ ブラックオプス」日本語吹き替え版のプレイムービーが,スクウェア・エニックスのYouTube公式チャンネルで公開


 スクウェア・エニックスは本日(11月26日),YouTubeの同社公式チャンネルである「YouTube スクウェア・エニックス チャンネル」で,日本語吹き替え版「コール オブ デューティ ブラックオプス」PlayStation 3/Xbox 360)のプレイムービーを公開した。



YouTube スクウェア・エニックス チャンネル

「コール オブ デューティ ブラックオプス」公式サイト(要年齢認証)


 11月18日にリリースされた字幕版に続き,2010年12月16日に発売される予定の日本語吹き替え版は,タイトルを見てもムービーを見ても一発で分かるように,音声はすべて日本語に吹き替えられている。当たり前ですね。
 ムービーに描かれているのは,CIAが亡命キューバ人を武装させてキューバに送り込もうとした有名なピッグス湾事件にまつわる出来事と,ソ連のヴォルクタ強制収容所における反乱の様子だ。どちらも主人公はアレックス・メイソンで,キューバの市街地で起きる戦闘と,蜂起した囚人達が,収容所を支配していく一連のシーンが,例によってスピーディに展開していく。なにしろ日本語なので,何が起きているのか非常に分かりやすい。

コール オブ デューティ ブラックオプス

 2010年9月1日に掲載した記事でもお知らせしたとおり,声優陣は非常に豪華。以下に改めて掲載するが,ゲイリー・オールドマン氏やエド・ハリス氏など,ハリウッドスターをボイスアクターに起用した英語版に比べても,ある意味負けていないのではないかと思う。
 「やはり海外ゲームは英語でしょ」と思っていた人も,この布陣を見れば,うっ! と思ってしまうかも。
 世界中で,過去の記録を塗り替えるような歴史的セールスを挙げつつある本作。すでに発売された字幕版も非常に好調なようで,日本語吹き替え版がどのようなスコアを記録するか楽しみだ。


吹き替え版の主要キャスト(敬省略)


アレックス・メイソン:堀内 賢雄
ジェイソン・ハドソン:井上 和彦
フランク・ウッズ:小山 力也
ジョセフ・ボウマン:浪川 大輔
グレゴリー・ウィーバー:安元 洋貴
ヴィクトル・レズノフ:大塚 芳忠
ニキータ・ドラゴヴィッチ:若本 規夫
レブ・クラフチェンコ:楠 大典
フリードリッヒ・シュタイナー:飛田 展男
ダニエル・クラーク:富田 耕生
ディミトリ・ペトリェンコ:東地 宏樹
カルロス:遠藤 大輔
ネイトッシュ:白熊 寛嗣
ブルックス:高橋 圭一
スウィフト:伊丸岡 篤
クロスビー:四宮 豪
ネフスキー:櫛田 泰道
ジョン・F・ケネディ:こぶし のぶゆき
ロバート・マクナマラ:ふくまつ 進紗
フィデル・カストロ:石川 ひろあき
リチャード・ニクソン:楠見 尚己
デンプシー:楠 大典
タケオ:林 和良
リヒトーフェン:青山 穣
ニコライ:間宮 康弘
  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • 関連タイトル:

    コール オブ デューティ ブラックオプス

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月24日〜04月25日