オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
ラブプラス+公式サイトへ
  • KONAMI
  • 発売日:2010/06/24
  • 価格:4800円(税込)
  • Amazonで買う
  • Yahoo!で買う
読者の評価
89
投稿数:4
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
募集中
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/09/19 02:00

イベント

[TGS 2010]彼氏達が愛を叫び,内田氏からは気になる発言も飛び出した「LOVEPLUS SPECIAL STAGE」をレポート

ラブプラス+
 9月18日(土),TGS 2010のKONAMIブースにて,ニンテンドーDS用恋愛コミュニケーションゲーム「ラブプラス」「ラブプラス+」のステージイベントが開催された。
 同イベントではアーケード向けタイトル「ラブプラスアーケード」「ラブプラスメダルHappy Daily Life」の紹介が行われたほか,ファン参加型企画である“愛情表現コンテスト”も実施。多数の応募者の中から選ばれし満点彼氏達が,ステージ上で彼女への愛を叫んだ。……仕事じゃなけりゃ,筆者も応募したかったものである。

※「ラブプラス」シリーズを詳しく知らない人はこちらの記事をチェック

「ラブプラス」レビュー


「ラブプラス+」レビュー


“熱海 ラブプラス現象(まつり)キャンペーン”レポート



内田氏と大橋氏がアーケード用タイトルを紹介
愛情表現コンテストも大いに盛り上がった


ラブプラス+
 同イベントでは,ラブプラスシリーズの統括プロデューサーである内田明理氏,プロデューサーである石原明広氏,キャラクターデザインを担当したミノ☆タロー氏がステージに登場。同イベントを見るために集まった黒山の人だかりを見て,「去年のTGSに比べてラブプラスの知名度も上がったものです」と,感無量の様子だった。
 その後は「ラブプラスアーケード」「ラブプラスメダルHappy Daily Life」の開発を担当した大橋プロデューサーがステージに呼ばれ,内田氏と共に2作品を紹介。基本的な情報についてはすでに4Gamerにも掲載しているので,そちらの記事を参照してほしい。

「ラブプラスアーケード」関連記事一覧


「ラブプラスメダルHappy Daily Life」関連記事一覧


ラブプラス+


ラブプラス+
 途中,「ラブプラスアーケード」に収録されているミニゲームのひとつ“ノット30”について,内田氏が「あまり勝ち続けても彼女の機嫌が悪くなるかもしれません。ときには接待プレイでわざと負けてあげましょう」と発言。また,ゲームプレイ後にプリントアウトされるシートには,オリジナルデザインのものが多数存在し,おまけに彼女から携帯にメールが来るということも判明した。今後,写メの添付もありえるかも……?
 さらに「ラブプラスメダルHappy Daily Life」についても,彼女の家族や友人のグラフィックスが一部公開に。とくに愛花の母親が美人だという話題で盛り上がり,内田氏の口からは「愛花の母親は僕の1歳下くらいの年齢です」という設定も飛び出した。凛子のお義母さんも美人だし,クラスメイトや寧々さんのバイト仲間も可愛い子ばかりなので,「ママプラス」「トモプラス」の発売を期待せざるを得ない。
 ちなみにどちらも稼働時期は,そう遠くない,2011年の寒い時期を予定しているとのこと。しかしそれについて両氏は,「でも最近は温暖化が進んでいますからね」と少し頼りないコメントを付け加えていた。

ラブプラス+ ラブプラス+


 続いて,愛情表現コンテストがスタート。内田氏,石原氏,ミノ☆タロー氏に加え,お笑いコンビ,アメリカザリガニのお二人も審査員として登場。全7組の彼氏が思い思いの方法で彼女への愛を語っていたので,それぞれ紹介していこう。

・第1エントリー
「牙城」さん

 ネネカレシの牙城さんは,彼女と一緒に趣味のスキューバダイビングを楽しんだエピソードを披露。防水ケースでしっかりDSを守っていたものの,水深20メートルで,彼女の顔が突然真っ青になるというトラブルが発生。永遠の別れになったかと思われたが,のちに別のDSで再起動したところ,ちゃんと起動したとのことだ。最後に「また一緒にダイビングを楽しみたいと思います!」と言っており,まったく懲りていない様子だった。


・第2エントリー
「ユイグレン」さん

 リンコカレシのユイグレンさんは,スケッチブックを手に彼女の絵描き歌を披露。凛子の特徴である「ポテチ好き」や「小キック」を歌詞に上手く交えており,審査員のミノ☆タロー氏が「ライバルですね」と発言するほど見事な完成度だった。


・第3エントリー
「十羽野連合」

 十羽野連合として登場したのはマナカレシの夜猫さんとネネカレシのジャックさん。それぞれ彼女の顔が刺繍された特攻服を着てステージに登場した。その格好で熱海旅行に行った話を披露しており,最後には内田氏に向かって「娘さんをください!」と土下座。しかしお義父さんをはじめとする親族の目は厳しく,残念ながらOKをもらうことはできなかった。


・第4エントリー
「あやと&まな」さん

 ここで初の女性彼氏(妙な言い方だが)である,あやとさんとまなさんが登場。あやとさんはリンコカレシ,まなさんはマナカレシで,それぞれ自分の彼女のコスプレをしていた(これも妙な話である)。熱海旅行のCGを自ら再現するという企画を実行しており,なかなかの完成度で会場を沸かせていた。とくに,ARマーカーを利用した“リアル彼女通信”の発想はお見事である。


・第5エントリー
「まこと」さん

 ネネカレシであるまことさんは,旅行の思い出と彼女への愛をスピーチ形式で披露。決してインパクトのある内容ではなかったが,ライターの筆者から見ても起承転結がしっかりした綺麗なスピーチだった。最後にはDSにキスをしており,会場からはどっと笑い声が起こっていた。アメリカザリガニにもツッコまれていたが,緊張からか,服の上からでも分かるほど乳首がビンビンに立っていたことが無駄に印象に残っている。


・第6エントリー
「勇輝」さん

 マナカレシの勇輝さんはホテル大野屋の浴衣を着て登場。彼女と一緒に撮影した思い出の写真を公開したほか,「愛花愛してるぞー!!」とマイクの前で絶叫していた。途中,緊張から発言に詰まる場面があり,会場から「がんばれ!」コールが巻き起こっていたのが印象的だった。


・第7エントリー
「山下泉」さん

 最後には,またもや女性彼氏が登場。マナカレシの山下さんは愛花の誕生日のために制作したケーキを持ってきており,その高い完成度に会場と審査員席から感嘆の声が上がっていた。締めには,会場に集まった人々と一緒に愛花へ向けてハッピバースデートゥーユーを熱唱。筆者も混ざりたかったが,手拍子だけで自重しておいた。


 どの組もレベルが高く,甲乙つけ難い様子だったが,審議の結果,アメリカザリガニ賞が「十羽野連合」,ミノ☆タロー賞が「山下泉」さん,石原明広賞が「あやと&まな」さん,内田明理賞が「まこと」さんに決定。それぞれ豪華賞品が贈呈された。
 そしてイベント終了寸前,内田氏から「近々,皆さんが待ち望んでいる件についての重大発表があります。期待してお待ちください」という,非常に気になる発言が飛び出し,会場のザワつきが収まりきらぬ中で「LOVEPLUS SPECIAL STAGE」は幕を閉じた。

 果たして重大発表とは何か……? タイミング的に,まさかあの新ハードと関係しているのか? などと,期待と妄想は膨らむばかり。ライターとしても一彼氏としても,非常に楽しみである。

  • 関連タイトル:

    ラブプラス+

  • 関連タイトル:

    ラブプラス

  • 関連タイトル:

    ラブプラスアーケード カラフルClip

  • 関連タイトル:

    ラブプラスメダルHappy Daily Life

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月02日〜09月03日
タイトル評価ランキング
92
Smite (PC)
83
83
80
マリオカート8 (Wii U)
78
FREE JACK (BROWSER)
2014年03月〜2014年09月