オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/05/22 10:03

プレイレポート

昔のゲーマーは,こういうゲームに熱くなっていたんです。自分だけのレトロゲームセンターを作り出す「Game Room」(ゲーム ルーム)の魅力を,動画を交えて紹介

 先日,マイクロソフトがPCおよびXbox 360向けにダウンロード販売を開始した「Game Room(ゲームルーム)」は,Atari,Intellivisionなどの古いゲーム機のタイトルや,80年代のアーケードゲームなどを遊ぶことができるという,レトロゲーマー垂涎のコンテンツだ。

Game Room(ゲームルーム)

 Game Roomの概要については,「こちら」の記事でも紹介しているが,「実際,どういうものなの?」と,今ひとつピンとこないという人も少なくないだろう。とくにXbox 360ユーザーにとっては,Xbox LIVE アーケード(以下,XBLA)というダウンロード専用タイトル群が存在しており,「ゴールデンアックス」や「斑鳩」「餓狼 MARK OF THE WOLVES」などのレトロなタイトルが,以前から楽しめているからだ。


 そこで本稿では,Game Roomの概要と魅力を,プレイムービーを交えて紹介していきたいと思う。実際に動画を見てみれば,XBLAとはずいぶんコンセプトの異なるコンテンツ群だということが理解できるだろう。

PC版「Game Room」公式サイト

Xbox 360版「Game Room」公式サイト


Game Room(ゲームルーム) Game Room(ゲームルーム)

※本稿で使用しているスクリーンショット/ムービーは,筆者のフレンド達に許可を得て撮影/掲載したものです


「Game Room」で自分だけのレトロゲームセンターを手に入れよう


Game Room(ゲームルーム)
Game Room(ゲームルーム)
 Game Roomは,“レトロなゲームが楽しめるゲームライブラリー”ともいうべきコンテンツで,PC やXbox 360にダウンロード&インストールすることで,レトロゲームをダウンロード購入できるようになる。PC版は「Games for Windows - LIVE」のマーケットプレースから,Xbox 360版は「Xbox LIVE マーケットプレース」から無料でダウンロードできる。まずはGame Roomという“ゲームセンター”を無料で入手し,レトロゲーム群をダウンロード購入する準備を整えよう。

 Game Roomでは,購入したレトロゲームを配置したり,テーマや動くマスコットなどで飾り付けたりして,まさに自分だけのゲームセンターを作ることが可能だ。もちろん,レトロゲームそのものを遊ぶのがプレイの基本になるのだが,環境ソフトのような楽しみ方もできるので,レトロゲーマーならグッとくること請け合いである。


 なお,Game Roomをプレイするために必要なWindows LIVE IDおよびゲーマータグは,PC版でもXbox 360版でも利用可能だ。ダウンロード販売されているGame Room用タイトルは,いずれかのプラットフォームのみでプレイする場合には,240マイクロソフトポイント/1タイトル,両方のプラットフォームで楽しみたい場合は400マイクロソフトポイント/1タイトルを支払えばいい。ちなみに,いずれかのプラットフォームで購入したゲームを,160マイクロソフトポイントでアップグレードし,ダブルプラットフォームライセンスにアップグレードすることもできる。
 「こちら」で紹介したように,複数のレトロゲームがセットになった「Game Pack」も配信されているので,好みやプレイスタイルに応じてレトロゲームを集めていくといいだろう。


意外に充実した機能にも注目!


 上記のように,ゲームを購入/設置さえすれば,レトロゲーム専用エミュレータとしての機能は十分に果たしているといえるのだが,今の時代,それだけでは目の肥えたユーザーは納得しない。付加価値がなければ,1本あたりの単価が安いといっても,なかなか手を出せないという人も多いのではないだろうか。
 そこで見てもらいたいのが以下の動画になる。これは設置済みのゲームで遊ぶときに選択できる“クラシックモード”というもの。このモードではゲーム筐体が忠実に再現されており,基盤に電源を入れたり,コインを投入してクレジットを増やしたり,DIPスイッチ調整の画面で難易度などを選択したりもできる。さすがにスイッチそのものまでは再現されていないのだが,なかなか雰囲気は出ている。筆者など,これでJAMMAハーネスとか出てきた日には,心の何かが弾けてしまいそうだ(そこまでは出てこないが)。

Game Room(ゲームルーム)

 さらにクラシックモードには,巻き戻し機能も用意されている。ゲーム中いつでもでも,どこでも時間を巻き戻すことができるのだ。XBLA用タイトル「Braid」の巻き戻しと同じような感覚で,実に気軽に巻き戻せる。これで,昔クリアできなかったゲームのワンコインクリアという偉業を,技術の力を借りつつ達成することができるだろう(偉業にはならないが……)。
 すべてのゲームが巻き戻し機能に対応しているわけではないのだが,筆者が遊んだ複数のゲームでは,すべて巻き戻しが可能だったので,基本的に対応していると考えていいだろう(ランクモードは除く)。



フレンドのGame Roomに乗り込め!


Game Room(ゲームルーム)
Game Room(ゲームルーム)
 自分好みのGame Roomを構築し,自分の好きなゲームをひたすら遊ぶだけでも楽しいが,筆者のようなおっさん世代にとっては,それだけでは物足りない。ゲームは“集まって遊ぶ”のが楽しいわけで,とくにアーケードゲームは,友達同士で競い合えるのが魅力だった。昔はゲームセンターなんて名称の場所は少なかったが,街のさまざまな施設にゲームがあった。おばあちゃんが営んでいる駄菓子屋の10円ゲームや,デパートの屋上にあるゲームコーナーなどで,シンプルなゲームを夢中になって遊んだものだ。そして,そこには必ず友達がいた。

 PCおよびXbox 360でGame Roomを楽しむのであれば,オンライン機能を活用しない手はない。先述のようにGame Roomでは,自分だけの部屋を作ることができるのだが,フレンドの作った部屋に遊びに行くことが可能なのだ。
 ちなみに筆者が,同世代の友人の部屋に遊びに行ったところ,置いてあるゲームがほとんど同じだった。Game Roomでは,友人の部屋に置かれているゲームをプレイすることもできる(初回に限り無料プレイ。以降40マイクロソフトポイント/1プレイ)のだが,“カスタム チャレンジ”を作成して技術を競い合えるのも面白い。これは,自分のハイスコアを破れるかどうかを,アバターの挑発的な態度とともにフレンドに突きつける機能だ。
 挑戦状を叩きつけられたほうは,チャレンジを行ってもいいし,拒否してもいい。しかし,Game Roomを楽しんでいる古兵であれば,その挑戦を無視するわけにはいかないだろう。これは燃える。



“自分だけのゲームセンター”が賑わうような

ラインナップの拡充に期待!


Game Room(ゲームルーム)
Game Room(ゲームルーム)
 Game Roomをプレイしていると,XBLAと比べてゲーム1本あたりの単価が安いこともあって,思わずアレコレ購入してしまう。マイクロソフトポイントがいくらあっても足りない! というほど大量のコンテンツがあるわけではないのだが,30代後半ゲーマーとしては,正直なところ溺れるぐらいのラインナップの洪水を期待してしまう。“レトロゲーム”というくくりで考えても,Game Roomで遊べるゲームのラインナップは,かなり対象ユーザー層が狭く,日本の主要ゲーマー層には刺さりにくいかもしれない。しかし,PlayStation 3のゲームアーカイブスや,Wiiのバーチャルコンソールなどでは遊べないタイトルも数多く含まれているので,レトロゲームファンを自認する人には,ぜひ一度はGame Roomをチェックしてもらいたい。
 先日(5月5日),「Game Pack 003」の配信がスタートし,タイトル数も順調に増えているGame Room。Xbox 360というハードの性質上,そしてレトロゲームの性質上,どうしても洋ゲー中心のラインナップになっているのだが,今後日本のメーカーの参入が活性化すれば,Game Roomの対象ユーザー層は格段に広がっていくだろう。かつてゲームセンターで,80年代のアーケードゲームに接していた人や,見たことも聞いたこともないレトロゲームに興味津々な若年ゲーマーは,そのあたりの動向に注目しつつ,Game Roomを楽しんでみてはどうだろうか。

Game Room(ゲームルーム)

動画撮影機材:トムソン・カノープス HDRECS
動画編集用ソフト:トムソン・カノープス Edius Pro 5
  • 関連タイトル:

    Game Room(ゲームルーム)

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:01月23日〜01月24日