※見出しをクリックすると記事が読めます
DMMゲームズ号外を自動表示しない
号外No.1
東京ゲームショウレポート
今熱い最新タイトル情報
話題の記事

事前登録受付中!

オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
Wizardry 〜生命の楔〜公式サイトへ
  • Genterprise
  • 発売日:2009/11/19
  • 価格:5229円(税込)
  • Amazonで買う
レビューを書く
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

いまから始めるオンラインゲーム
モバイル版4Gamer(β)
※ドコモ旧機種には対応してません
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/08/21 12:48

ニュース

11月19日発売! NDS用新作RPG「Wizardry 〜生命の楔〜」の公式サイトでプロモムービー公開

 11月19日にGenterpriseから発売予定のニンテンドーDS用新作RPG,「Wizardry 〜生命の楔〜」(いのちのくさび)の公式サイト内「Special」コーナーで,ゲームの特徴を紹介するプロモーションムービーが公開された。

 本作は,コンピュータRPGの礎を築いた傑作としてUltimaと並び称される,Wizardryシリーズの流れを汲むダンジョン探索型3D RPGだ。
 リリース文によれば,本作は,シリーズ作品の中でも人気の高い,第1〜3作および第5作のシステム,雰囲気をベースに制作されている。倒されたキャラの蘇生に失敗すると,そのキャラが永久に失われてしまうという,Wizardryシリーズならではのシビアなゲーム性は,本作品にもしっかりと受け継がれているという。

 ダンジョンは20階以上からなり,想定クリア時間は40〜50時間とのことで,ボリュームはかなりのものといえそうだ。
 各階には,モンスターが出現していないときも探索そのものを楽しめるように,さまざまな仕掛けやトラップが用意されている。それらのギミックはリアルタイムで動作し,例えば,もたもたしていると,転がってくる岩や下がってくる天井に押しつぶされたりしてしまう。



 また,タッチペンで触れた場所の周囲だけ「魔法の松明」で照らしたり,ひびの入った壁をタップすることで壊し,隠された通路を通れるようにしたりできるといった,NDSならではの要素も盛り込まれている。
 さらに,著名なイラストレーター陣がモンスターイラストを手がけていることもウリの一つだ。下のリリース文で,参加しているイラストレーターや,公開されているイラストを確認してほしい。

 公式サイトではムービーのほか,ゲームの概要や壁紙も公開されており,今後,キャラクター/モンスターや,ゲーム内容などの情報が追加される予定となっている。本作に関心を持った人はお気に入りに入れてチェックしよう。

 なお本作は,Amazon.co.jpで限定販売されることがアナウンスされており,すでに予約受け付けがスタートしている。

Wizardry 〜生命の楔〜 Wizardry 〜生命の楔〜 Wizardry 〜生命の楔〜

「Wizardry 〜生命の楔〜」公式サイト



◆ゲーム概要
 本作品は、歴代Wizardryのナンバータイトルの中でも、特にユーザーに人気の高いWizardry#1、2、3、5といった、いわゆる「古典的Wizardry」のシステムや雰囲気をベースにした3DダンジョンRPGで、古き良きWizardryへの回帰を図っています。
 また、Wizardryシリーズでは、伝統的に「キャラクターの死」が重く取り扱われており、蘇生に失敗してしまったキャラクターは永久に失われてしまいます。本作品では、そのシステムがストーリーや世界設定に関連し、重要な要素になっています。

◆ゲームの特徴(1) ダンジョンを探索するだけで楽しめる
 本作品では、プレイヤーに「ダンジョンの構造で楽しんでもらえる」ことをメインコンセプトにし、バトルが無くても歩きまわるだけで楽しめるよう様々な仕掛けや罠が施されています。
 また、ダンジョンの深さは20階以上のフロアが存在し、想定クリア時間は平均40〜50時間と、ボリューム面でも非常に歯ごたえのある作品となっております。

◆ゲームの特徴(2) 「リアルタイム制ダンジョン」を採用
 本作品では、新フィーチャーとして、ダンジョンにリアルタイムで動くトラップが数多く設置されている「リアルタイム制ダンジョン」を採用しており、より緊張感溢れるダンジョン探索を楽しめます。
 ダンジョン内に設定されている動くギミックは、プレイヤーの行動に関わらずリアルタイムで動いており、例えば、通路で立ち止まっていると、転がってくる巨大な岩に押し潰されたり、制限時間以内に脱出しなければ天井に押し潰されてしまう部屋などが存在します。

◆ゲームの特徴(3) ニンテンドーDS版ならではのギミック
 本作品では、ニンテンドーDS版ならではの要素として、タッチペンを使った仕掛けがあります。
例えば、真っ暗なダークゾーンでは「魔法の松明」を使って、タッチした周辺だけを灯りで照らすことができたり、ひびの入った壁をタッチペンで叩くと隠された通路が現れたりします。

◆ゲームの特徴(4) 戦闘を彩る多彩な「スキル」と数多くの魅力的な「アイテム」
 本作品には、150種類におよぶ豊富な「スキル」が用意されています。しかし、パーティがダンジョンに持ち込めるスキル数には限りがあるため、取捨選択する戦略性を求められます。
 また、Wizardryといえば、「村正」「盗賊の短刀」といったアイテムの探索も大きな魅力の一つです。
本作品でも、これらのおなじみのアイテムに加え、プレイヤーの収集意欲をかきたてるようなレアアイテムが追加されています。

◆ゲームの特徴(5) 有名イラストレーターによるモンスターデザイン

・モンスターデザイン・総合美術監修
 末弥純(「Wizardry」シリーズ)

・モンスターデザイン
 池田正輝(ファイナルファンタジーXII)
 折戸健一
 かどつかさ
 草■※琢仁(グランディア)
 副島浩幸
 鷹木骰子
 槻城ゆう子
 TOHRU(「三国志大戦」シリーズ)
 tomatika(ポイズンピンク)
 本間章浩
 緑川美帆(Wizardry「戦闘の監獄」)
 yocky
 米田仁士(ソーサリアン)
 綿貫透
 渡部義雄

 等多数

※なぎは弓ヘンに「剪」)

◆「Wizardry」モンスター

アークデーモン
グレーターデーモン
ダークライダー
ウィッチ
サッキュバス
クリーピングコイン


◆「Wizardry Renaissance」(ウィザードリィルネサンス)とは?
 Wizardryは、1981年に生まれたRPGで、コンピュータRPGの始祖とされる、世界的な人気作です。その後シリーズ作が続々と作られ、ゲーム界の人気ブランドといえる存在となっています。生誕から29年を経た今もなお、関連グッズやタイトルが次々と生まれています。
 Wizardry Renaissanceは、現在の版権所有者であるIPM主導で、Wizardry世界を新たに再構築し、ブランド価値を維持、高めようというプロジェクトです。
 ニンテンドーDS用ソフト以外にもライセンスを受けた各会社より様々なタイトルがリリースされる予定になっており、Wizardry全体のクオリティの統一化を図り、Wizardry市場を活性化していきます。

「Wizardry Renaissance」公式サイト
http://www.wizardryworld.com/

◆本作品の販売について
本作品の取り扱いは、Amazon.co.jpによる限定販売となっております。
詳しくは下記URLをご覧ください。

▼2009年8月3日(月)配信プレスリリース
http://www.genterprise.jp/press/pdf/press_090803_01.pdf


【商品概要】
タイトル: Wizardry 〜生命の楔〜
ふりがな: うぃざーどりぃいのちのくさび
ジャンル: 3DダンジョンRPG
発売日: 2009年11月19日発売予定
希望小売価格: 5,229円(税込) 4,980円(税別)
対応機種: ニンテンドーDS
発売元: 株式会社Genterprise
プレイ人数: 1人
通信: なし
CEROB区分(12歳以上対象)
著作権表記: (C)2009 SUZAK “Wizardry(R)” is a registered trademark of IPM Inc. All rights reserved.
  • 関連タイトル:

    Wizardry 〜生命の楔〜

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月24日〜10月25日
タイトル評価ランキング
88
TERRA BATTLE (iPhone)
83
81
マリオカート8 (Wii U)
81
人狼オンライン (BROWSER)
2014年04月〜2014年10月