オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
ALIENWARE公式サイトへ
  • Dell
  • 発表日:2009/06/03
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/04/28 00:00

広告企画

【PR】11.6インチ液晶のノートPCで,本当に3Dゲームはプレイできるの? 「Alienware M11x」が持つ実力を,洗いざらい明らかにしてみた


Alienware M11x
BTO標準構成価格:9万9800円(※2010年4月28日現在)
デルの直販サイトで購入する
ALIENWARE
 デルが国内展開する「Alienware」(エイリアンウェア)は,基本的にハイエンドのゲーム環境を志向したゲーマー向けPCブランドだ。そのように理解している4Gamer読者は多いだろうし,実際,その理解は正しいが,それだけに,2010年2月5日に,BTO標準構成価格9万9800円(税込)で登場したノートPC「Alienware M11x」は,大きなインパクトを持っていた。
 リトルグレイ型エイリアンをモチーフにした,個性的かつ完成度の高いデザインのゲーマー向けPCが,いきなり10万円を切っているのだから,クラっと来た人は,かなりの数に上ったのではないだろうか。

 ただ,複数の部品を組み合わせることで完成品となるPCの場合,販売価格が低いということは,それだけ,かかっているコストが低い=スペックが低いということにもなる。もっとはっきり言えば,本機の上位モデルたるノートPC,「Alienware M17x」「Alienware M15x」ほどの3Dゲーム性能は望めないかもしれない,という不安がよぎるわけだ。
 では実際のところ,Alienware M11xは,どれだけゲームが動いて,どんなゲーマーに向くのか。ハードウェアの完成度ともども,じっくりと掘り下げてみたいと思う。

Alienware公式サイトでAlienware M11xをチェックする



11.6インチワイド液晶パネル採用の筐体に

インテル® Core™2プロセッサとGeForce GT 335M搭載


Alienwre M11x。「AlienwareのノートPC=巨大」というイメージを持っているほど,その小ささに驚くはずだ
ALIENWARE
 Alienware M11xは,AlienwareブランドのノートPCにあって,初めて,そして現時点において唯一,モバイルを志向したモデルだ。そのサイズは285.7(W)×233.3(D)×32.7(H)mmと,机上の専有面積はA4クリアファイル程度。重量は最小構成(≒BTO標準構成)で約1.99kgとなっているので,成人男性なら片手で持てるレベルだ。

 AlienwareのPCは,ロゴマーク入りの袋に包まれて出荷されてくるのだが,この袋ごと鞄に放り込めば,容易にどこへでも持って行ける重さになっている。

注文すると,Alienware M11xは,凝りに凝った製品ボックスに包まれてやってくる。大文字の「ALIENWARE」ロゴ入りソフトケース(袋)に入ってくるのも同じだが,モバイル用途を考えると,このソフトケースは役に立ってくれそうだ。ACアダプタが小振りなのも○
ALIENWARE ALIENWARE

外付けの単体GPUと,チップセット統合型グラフィックス機能は,[Fn]+[F6]キーに割り当てられたBinary GFXによって切り替えながら利用できる。なお,GeForce GT 335Mの動作クロックは,コア450MHz,シェーダ1080MHz,メモリ1580MHz相当(実クロック790MHz)だった。メモリインタフェースは128bitだ
ALIENWARE
 そんなAlienware M11xは,大きく分けて以下の二点において画期的である。
 一つは,このコンパクトな筐体に,L2キャッシュ容量3MBを内蔵したデュアルコアCPU「インテル® Core™2 Duoプロセッサー SU7300」に,「CUDA Core」と名付けられたシェーダプロセッサを72基搭載するGPU「GeForce GT 335M」を詰め込んでいること。もう一つは,Alienware独自の拡張版Switchable Graphics(スイッチャブル・グラフィックス)技術「Binary GFX」(バイナリグラフィックス)によって,グラフィックス機能統合型チップセット「モバイル インテル® GS45 Express」と,GeForce GT 335Mを簡単に切り替えられるようになっていることだ。

主要なインタフェースは本体の両側面に集められている。外部ビデオ出力インタフェースとしてDisplayPort,HDMI,D-Sub 15ピンの三系統を持つのが目を引きがちだが,小型ノートPCながら,左右に散った形でUSBポートが三つ用意されているのも,ゲーム用途でマウスなどを差すという観点では注目しておきたい
ALIENWARE ALIENWARE

 外付けGPUを無効化すれば,最長8時間39分のバッテリー駆動時間を実現し,有効化していても,最長5時間35分の動作が可能。これは,持ち運ぶことを考慮せずにひたすらパフォーマンスを追求した結果,バッテリー駆動時間はせいぜい2時間程度で,数十分というものも少なくない,“一般的な”ゲーマー向けノートPCとは,一線を画す仕様だ。

ALIENWARE ALIENWARE
底蓋を外すと,長時間バッテリー駆動を実現するバッテリーユニットが,全体のかなりのスペースを占めているのが分かる。底面にはバッテリー残量インジケータも用意されており,PCがオフのときにも,バッテリー残量を確認可能だ
ALIENWARE ALIENWARE
底蓋を開ける過程で目に留まったのは,底蓋を固定するネジが,2か所を除いてすべて脱落防止タイプになっている点。ストレージデバイスの交換などで底蓋を外そうとして,ネジをうっかりロストした記憶があるベテランユーザーほど,この配慮にはグッときそうだ

 冒頭でもお伝えしたとおり,Alienware M11xでは,11.6インチのワイド液晶パネルを採用している。ディスプレイ解像度は1366×768ドットで,アスペクト比は定番の16:9だ。パネルサイズに対して解像度が高めなので,やや文字が読みづらいのではないかと危惧していたのだが,実際のところ,そういった心配はまったくの無用だ。なお,液晶パネルにガラスを貼ったグレア処理によって,コントラスト比の高い,くっきりした映像が得られるメリットは,上位モデルと同じだ。

光沢のあるガラスを貼ることで,液晶パネルは非常に見やすくなっている。とくに,コントラスト比の高さは,ゲーム画面の鮮やかさに直結している印象だ。テストする前は気になっていた文字の読みづらさに関しては,右にアイコンを示したが,まったく問題なく文字を視認できる
ALIENWARE ALIENWARE

 キーボードは,デル製のノートPCで最近よく採用されている,[Enter]キーの右に,[Home][Page up][Page down][End]キーが並んだもの。小型のモバイルノートらしく,向かって右側のキーピッチはややつまり気味だが,メインキー部分のキーピッチは実測17.5mmと,十分な余裕が確保されている。キータッチは相当に軽いため,人によっては最初,不安を覚えるかもしれないが,打鍵感自体はしっかりしているので,慣れれば問題ないだろう。

モバイルノートにしては十分に余裕のある配列のキーボード部(左)。[W/A/S/D]キーに“エイリアン語”が刻まれているのも特徴だが(右),同時押し入力に対する特別な設計があるようには思えない。もっとも,本機の位置づけを考えるに,そう大きな問題ではないだろう
ALIENWARE ALIENWARE

AlienFXのスクリーンショット
ALIENWARE
 なお,AlienwareのPCには欠かせない専用ソフトウェアツール「Alienware Command Center」は,Alienware M11xでももちろん搭載。同ツールの一機能である「AlienFX」を使えば,キーボードバックライトや,電源ボタンにして,充電中インジケータ,そして(目の部分が)HDDアクセスインジケータとしても機能する“エイリアンの頭部”「ALIENHEAD」や,ALIENWAREロゴなどを個別に20色から設定可能だ。

 また,電源設定を一発で編集&選択できる「AlienFusion」,タッチパッドに関する設定を行う「AlienTouch」,内蔵Webカメラでユーザーの顔を認識する技術を利用したセキュリティ機能「AlienSense」も,上位モデルと同様に実装されている。

AlienFXで,消灯も含めた全20色の中から,さまざまにLEDの色を設定してみたところ。写真を並べてみると,ずいぶん印象が異なる
ALIENWARE ALIENWARE ALIENWARE


で,実際,どこまでオンラインゲームはプレイ可能なの?

〜6タイトルでフレームレート推移を徹底検証


 以上,筐体デザインから,モバイル用途を強く感じられる設計のAlienware M11xだが,実際のところ,3Dゲームタイトルを前にすると,どの程度のパフォーマンスを発揮できるのか。インテル® Core™2 Duoプロセッサー SU7300とGeForce GT 335の組み合わせは,決してハイエンド構成ではないが,それだけに,「性能的な限界がどこにあるのか」が分かれば,読者それぞれのプレイスタイルに合致するかどうかが分かるはずだ。
 というわけで今回は,に示したAlienware M11xのBTO標準構成モデルで,オンラインゲームを実際にプレイし,その間のフレームレートを計測することによって,「どこまでオンラインゲームをプレイできるのか」を推し量ってみることにしたいと思う。


 テストに用いたタイトルは,まずFPSから,グラフィックス品質に定評あるオンライン専用タイトル「Alliance of Valiant Arms」(以下,AVA)と,いま最も対戦が熱いマルチプレイタイトルの一つである「Battlefield: Bad Company 2」(以下,BFBC2)。続いてMMORPGからは,上位モデルのAlienware M15xで推奨認定を獲得している「The Tower of AION」(以下,AION)と,筆者がいま最もよくプレイしている「World of Warcraft」(以下,WoW)を用意した。さらに,カジュアルなアクションタイトルとして,定番どころから「モンスターハンター フロンティア オンライン」(以下,MHF)と「スカッとゴルフ パンヤ」(以下,パンヤ)といった具合に,ジャンル別の計6タイトルを用意した次第だ。

 以下,タイトルごとにチェックしていこう。基本的には,グラフィックス設定と,ベンチマークソフト「Fraps」(Version 3.2.2)を用いた実際のフレームレート推移をベースに語っていくが,タイトルごとに補足説明が必要な場合は,随時述べていきたい。


特定の条件のみやや厳しいものの

オンラインゲームはほぼ快適に動作可能


●Alliance of Valiant Arms


(C)NEOWIZ GAMES.All right reserved. (C)REDDUCK., All rights reserved. NVIDIA and The Way Its Meant To Be Played are registered trademarks of NVIDIA Corporation. All rights reserved. (C)2008 GameOn Co., Ltd. All Rights Reserved.
ALIENWARE
 「Unreal Engine 3.0」ベースで開発されていることもあり,オンライン専用FPSのなかでは相当に高いグラフィックス品質を誇るAVA。本作は同時に,参加のハードルを下げるべくパフォーマンスを最適化しており,それほどスペックの高くないPCでもプレイできるようになっている。
 そういった事情を踏まえ,今回はグラフィックスオプションをすべて最高に設定。ゲーム側の解像度はディスプレイと同じ1366×768ドットにし,そのうえで,16人が参加するチームデスマッチ「殲滅戦」に参加し,決着が付くまでのフレームレート推移を追ったのがグラフ1だ。

 AVAにおいては,フレームレートが30fpsを超えていれば,操作に不満を持つことはないが,ご覧のとおり,スコアはその水準をほぼ安定的に上回っている。平均フレームレートは計算すると39.3fpsだが,実際,FPSにおいて致命的となるマウスカーソルの追従性にも,不満はまったくないし,違和感もなかった。


●Battlefield: Bad Company 2


(C)2009 EA Digital Illusions CEAB, All rights reserved.
ALIENWARE
 続いては,最新世代の3Dゲームエンジン「Frostbite 2」を採用したFPS,BFBC2である。
 本タイトルには,シングルプレイでシナリオをクリアしていくキャンペーンと,マルチプレイの二つが用意されている。ひとまず,Alienware M11xのポテンシャルを推し量るべく,ゲーム側で用意されているグラフィックス設定のプリセットを「MEDIUM」,解像度1366×768ドットに設定してみると,シンプルプレイでは概ね20〜24fps程度のフレームレートが得られており,まずもって問題のないプレイフィールが得られることを確認できた。

MEDIUM+:1024×768ドット設定時のスクリーンショット
ALIENWARE
 ただ,先ほども述べたとおり,FPSで対戦するに当たっては,30fpsを超えてくるかどうかが,快適さを語るうえで一つの基準になる。そこで,本番となるマルチプレイの検証に当たっては,シングルプレイ時と同じ設定だけでなく,解像度を1024×768ドットに落としつつ,MEDIUMプリセットをベースに,「テクスチャクオリティ」を「HIGH」から「MEDIUM」に,「アンチエイリアス」を「2x MSAA」から「1x MSAA」に落とした状態(以下,MEDIUM+:1024×768ドット),そして,同解像度でグラフィックス設定プリセットを[LOW]へ下げた状態の,計3パターンで,テストを行ってみることにした。

 その結果がグラフ2だ。今回は,16対16のマルチプレイに参加した結果になるが,MEDIUM:1366×768ドットだと,多少厳しい印象。LOW:1024×768ドットだと,フレームレート的にはほぼ満足できるレベルだが,遠方が見づらく,スナイパーの認識がしづらかったり,目の前に突然,ぽん,と木が生えてきたりしたので,MEDIUM+:1024×768ドットをベースに,たとえば影のディテールを下げるなどして,パフォーマンスを稼いでいくのがよさそうに思われる。

 スコアを見る限り,最新世代の3Dゲームを,自宅と同等のグラフィックス品質でプレイしたいという要求には,さすがに応えられない。しかし,外出先からオンラインで取り急ぎ仲間と合流する必要があるといった場合に,ひとまずプレイアブルな環境を構築できるのは,Alienware M11xの強みと言えそうだ。

※グラフ画像をクリックすると,別ウインドウで拡大版を表示します
ALIENWARE

●The Tower of AION


多くのプレイヤーキャラクターが集まるプリモム要塞でテストを行った
The Tower of AION. is a trademark of NCsoft Corporation. Copyright (c) 2009 NCsoft Corporation. NC Japan K.K. was granted by NCsoft Corporation the right to publish, distribute and transmit The Tower of AION. in Japan. All rights reserved.
ALIENWARE
 お次はMMORPG。まずAIONからだ。
 AIONは,オンラインRPGのなかでもグラフィックスオプションが比較的豊富なほうで,スライダーによって細かく設定を追い込めるのが特徴だ。また,PCのスペックに合わせて,グラフィックス周りを自動設定してくれる機能や,負荷状況に応じて,プレイヤーキャラクターの表示数を抑制する機能も用意されるなど,PC初心者や,負荷の高い局面で描画がガクガクしてしまいがちな低スペックPCのユーザーに対する配慮も見られる。

 今回はせっかくなので,自動設定機能を利用してみたところ,グラフィックス設定のスライダはほぼ中間に固定された。この状態を「中間設定」として基本線としつつ,さらに,フレームレートを稼ぐため,すべてのグラフィックス設定を最小にした「最小設定」,そして,上で紹介したキャラクター表示数抑制機能「キャラクター表示制限」を,最も少ない数で機能する「低」に設定した「最小設定+キャラ制限低」の3パターンについて,いずれも1366×768ドット解像度でテストした結果がグラフ3だ。

中間設定(左)と最小設定(右)とでキャラクターなどの描画を比較したところ(※いずれも,サムネイルをクリックすると,別ウインドウで全体を表示します)
ALIENWARE ALIENWARE
 テストに当たっては,テクスチャデータの読み出しが一段落して安定するまで待って,そのタイミングから,建物の内外で,複数のプレイヤーがいるシーンを走り回るという,「ある程度,プレイヤーキャラクターで混み合っている」状況,すなわち,負荷の高い状況を想定しているが,全体としては,グラフィックス設定に応じたフレームレートという印象だ。
 平均フレームレートは,中間設定で17fps程度のところ,最小設定および最小設定+キャラ表示低では25fps程度。後二者では,オンラインRPGのプレイに当たって問題のないスコアが得られているのだが,一方で表示範囲が近景に限られるため,大規模な対人戦では多少なりとも不利な思いをすることがあるだろう。その意味でAlienware M11xは,あまりプレイヤーキャラクターの多くないシーンでなら,快適にプレイできる程度のパフォーマンスを持っているといえそうだ。

※グラフ画像をクリックすると,別ウインドウで拡大版を表示します
ALIENWARE

●World of Warcraft


 続いてもMMORPGから,WoWである。
 WoWのグラフィックス設定項目は,AIONのそれに輪をかけて多い。スライダーを使って,相当細かいところまで設定できるのだが,今回はあえて,最高設定でテストしたい。
 というのもWoWの場合,敵が誰/何なのかを問わず,「魔法やスキルの発動エフェクトが見えない」だけでパーティが壊滅してしまう場面が多いためだ。また,画面内の情報を管理する意味では高解像度が必須となるため,今回はディスプレイ解像度と同じ1366×768ドット,最高設定を選択した次第である。

プレイヤーキャラクターが多く集まる場所ということで,街中のテストには,2008年11月リリースの拡張パック「World of Warcraft: Wrath of the Lich King」における中心都市「Dalaran」を用いた
(C)2010 Blizzard Entertainment. All rights reserved.
ALIENWARE
 さて,今回は,メインコンテンツの一つである最大25人のRaidボス戦と,街中の移動,インスタンスの3パターンで,テストしてみた。その結果がグラフ4となる。Raidのみ,「対象のボスモンスターが計測中に倒された」という理由で,折れ線グラフは150秒前後で切れているが,ともあれ,Raidと街では,少々厳しく,一方,数人のパーティで臨むインスタンスでは,まったく問題ないということが見て取れるはずだ。
 AIONと同様の結果だが,「がっつりRaid」というよりは,やはり,どこからでもさっとオンラインで合流したいニーズに応えられる程度の3D性能,と見るべきだろう。なお,影やテクスチャ圧縮,エフェクトの詳細設定などをスライダから調整すれば,街中でもプレイに支障のないフレームレートが得られたことは,ここに明言しておきたい。

※グラフ画像をクリックすると,別ウインドウで拡大版を表示します
ALIENWARE

●モンスターハンター フロンティア オンライン


(C)CAPCOM CO., LTD. 2007, 2010 ALL RIGHTS RESERVED.
ALIENWARE
 カジュアルなアクションタイトルとして用意したMHFは,最大4人でモンスターを狩る「クエスト」が主体だ。一方,ログイン後に入ることとなる「メゼポルタ広場」(以下,広場)は,AIONやWoWにおける街と同様に,多くのプレイヤーキャラクターでごった返すことになるため,どうしてもここは負荷が高くなる。そのため今回は,ディスプレイ解像度と同じ1366×768ドット設定で,この2条件について,フレームレート推移をテストしてみることにした。

 その結果がグラフ5だが,クエスト時のフレームレートはゲーム側の上限である30fpsにほぼ張り付いており,狩りにおいて不満を感じることはないと断言できる。Alienware M11xとの相性が非常にいいタイトルだといえそうだ。
 なお,広場だと,フレームレートはクエスト時の半分程度にまで落ち込むが,それでも,広場で行う作業である,アイテムの売買やクエストの受注が,カクついてどうにもならないというレベルではまったくない。クエスト時があまりに優秀なので,気になる人はいるかもしれないが,ここはむしろ,「広場で求められる必要十分のフレームレートは確保できている」と見るべきだろう。


●スカッとゴルフ パンヤ


(C)2004 Ntreev Soft Co.,Ltd. All Rights Reserved. Exclusive License (C)2004 HanbitSoft, Inc., All rights reserved. (C)2004 Gamepot Inc., All rights reserved.
ALIENWARE
 最後は,カジュアルタイトル定番中の定番となるパンヤだ。解像度が800×600ドットと低いこともあり,Alienware M11xが発揮するパフォーマンスには期待が高まるが,果たして,実際にプレイしたときのフレームレート推移をまとめたものがグラフ7を見てみると,フレームレートはほぼ常時30fps超え。通常時は30fps強,ボールを打ったあと,カメラがボールを追いかけるシーンになると,地表近くを描画することが多くなって負荷が下がり,フレームレートも上がっていくが,いずれにせよ,プレイフィールは完璧といっていい。

 なお,ゴルフゲームであるパンヤの場合,ショットを打つときには,「ショットの強さを決めるバー」のアクション性を確保するため,それ以外のオブジェクトは動作が停止する。そして,ショットを打つ間のフレームレートは1000fps前後に達してしまうため,下に示したグラフは,その部分をカットし,見やすくした抜粋版になることを,念のためお断りしておきたい。

※画像をクリックすると(データ的に意味があるかどうかはさておくとして)抜粋版でカットした部分を含む完全版を表示します
ALIENWARE


まさに「持ち運べるゲームPC」

好きな場所でゲームへアクセスしたいあなたに


 ねちねちと,さまざまな描画負荷のオンライン&マルチプレイタイトルで,Alienware M11xの持つポテンシャルをチェックしてきた。プレイヤーキャラクターが多く集まり,画面内でそれらが描画される局面だと,どうしても,搭載するCPUの動作クロックに依拠した結果となる点は否定できないので,「3Dゲームに関するすべてを1台のノートPCで賄いたい」という場合には,Alienware M15xやAlienware M17xといった上位モデルを考慮すべきだろう。

液晶パネルを開いても閉じてもコンパクトでありながら,AlienwareブランドのPCであることを常に主張し続けるデザインだ
ALIENWARE
ALIENWARE
 ただ,それ以外の人にとっては,恐るべきパフォーマンスを持ったモバイルノートPCに仕上がっているのも,また,否定しがたい事実である。普段はカジュアルなアクションタイトルをメインにプレイしている人にとって,Alienware M11xの3D性能は申し分ないし,また,そこからちょっと背伸びして,最新世代の3Dゲームをプレイしたいと思ったとき,少なくとも「カクカクでどうにもならない」といった事態に陥る心配はほとんどない。
 もちろん,セカンダリアカウント用や,サブでプレイしているタイトル用,あるいは情報収集用のサブPCとして,メインPCの傍らで利用するという用途でも,期待には完璧に応えてくれるだろう。

 そしてなにより,「持って歩ける」のが,Alienwre M11xが持つ最大の強みだ。有線&無線LANに標準対応しているため,コンパクトな筐体をバッグに入れて使いつつ,どうしても外出先からクラン/ギルドメンバーとゲーム内でコミュニケーションを取りたい,せっかく取ったのならちょっとプレイもしておきたいといったとき,すぐにゲームへログインできる。
 そう,Alienware M11xは,「屋内外を問わず,好きな場所でゲームの世界へアクセスしたい」という,そんなあなたにうってつけのノートPCなのである。


Alienware M11xをデルの直販サイトで購入する


宇宙最強のPCシリーズをAlienware公式サイトで見比べる


4GamerのAlienware関連情報をまとめてチェックする

  • 関連タイトル:

    ALIENWARE

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月29日〜04月30日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
69
2016年10月〜2017年04月