オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
バットマン アーカム・アサイラム公式サイトへ
読者の評価
86
投稿数:3
レビューを投稿する
海外での評価
91
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

募集中
LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2010/01/06 10:30

ニュース

海外で高い評価を得た「バットマン アーカム・アサイラム」が,日本語版になっていよいよ発売!

 2009年8月に海外で発売されるやいなや,完成度の高さで大絶賛された「バットマン アーカム・アサイラム」。その日本語版がPlayStaion 3Xbox 360で,スクウェア・エニックスより2010年1月14日に発売される。

 本作はタイトルどおり,コミックや映画で有名なアメリカンダークヒーロー「バットマン」を題材としたアクションアドベンチャーで,ファンならばお馴染みの精神病院「アーカム・アサイラム」を舞台に,バットマンと宿敵ジョーカーの新たな戦いが描かれている。

バットマン アーカム・アサイラム
舞台となるアーカム・アサイラムは,非常に広い敷地を持ち,建物も複数に分かれている。いったいジョーカーはどこに潜んでいるのだろうか

 アーカム・アサイラムというのは凶悪犯を収容する施設であり,ここにジョーカーが移送されてくるところから物語はスタート。しかしバットマンが同行していたにも関わらず一瞬のスキに逃走を許し,あろうことかアーカム・アサイラムが占拠されてしまうのだ。

 再びジョーカーを拘束するべく即座に動き出すバットマンであったが,行く手には解き放たれた犯罪者達が立ち塞がる! はたしてバットマンはこの混乱を収拾できるのか? 映画やコミックでは見られない,ゲームならではのオリジナルストーリーに酔いしれよう。

バットマン アーカム・アサイラム
完全に拘束されて運び込まれたはずのジョーカーだったが,収容前に逃げてしまう
バットマン アーカム・アサイラム
アーカム・アサイラムの各施設は原作の雰囲気を損なうことなく緻密に描かれている。この中を歩き回れるだけでも嬉しくて仕方のないファンも多いだろう


強靱な肉体と多彩なガジェットを武器に,凶悪犯達を叩きのめせ!


 プレイヤーはバットマンに扮し,犯罪者達を倒しながらジョーカーを追い詰めていくことになる。だが,アーカム・アサイラム内で派手に暴れ回ればよいというわけではない。闇にまぎれて敵を急襲するというバットマンの設定が踏襲されており,本作でも影から影へ飛び移り,ときには背後から忍び寄り,ときには宙から舞い降りて不意を突くというステルスアクションが不可欠となってくるのだ。

バットマン アーカム・アサイラム
敵に気づかれないように移動したり,不意打ちを仕掛けたりする際にはカバーアクションが有効
バットマン アーカム・アサイラム
バットマンが身を潜める場所は物陰のみとは限らない。高所にあるオブジェクトを利用して隠れれば敵の位置も容易に把握でき,さらに攻撃を仕掛けやすくなる

 そしてそれをサポートするのが,バットマン御愛用のさまざまなガジェット類。高所へ移動するときはグラップリング,足場のない場所ではラインランチャーを使うなどすれば,敵の警備をかいくぐって視界の外から一撃を食らわせることができる。また投擲武器のバットラングで,敵が所持している銃器を叩き落としてから格闘に持ち込むといったことも可能だ。このほかにも複数のガジェットが登場するのだが,どれもゲームを進めていくうえで欠かせない存在。アクション一辺倒にならないよう,こうしたギミックが随所にバランスよく配置されているところが,プレイヤーを飽きさせない秀逸な点ともいえるだろう。

バットマン アーカム・アサイラム
バットラングは,強化することで複数同時に投げられるようになり,投擲後にコントロールして障害物をかわすといったことも可能となる
バットマン アーカム・アサイラム
捜査モードを使うと,そのエリアに仕掛けられたギミックを見破れるほか,指紋や足跡などの痕跡まで見つけられる。怪しい場所は徹底的に調べよう

バットマン アーカム・アサイラム
 ステルスアクションが不可欠になるとはいえ,アーカム・アサイラム内は犯罪者が数多く徘徊していて,とてもそれだけで捌ききれるものではない。ときには強靱な肉体を武器として,凶悪犯達に格闘戦を挑むことも必要だ。

 本作の格闘システムはフリーフローコンバットと呼ばれ,簡単な操作でシームレスにコンボがつながっていくため,アクションがやや苦手という人でも華麗にバットマンをコントロールできるようになっている。主に使用するのは攻撃ボタンとカウンターボタン,そしてケープを使った目くらましの三つ。攻撃ボタンを連打するだけで連続攻撃が繰り出され,一人倒しても自動的に近くの敵を狙うようになっており,その間に背後から別の敵が襲いかかってきた場合でも,カウンターボタンを押せばそれを受け流して反撃を加えてくれる。

バットマン アーカム・アサイラム
フリーフローコンバットでコンボをつなげば容易に敵を倒せるが,調子に乗ってよいのは序盤〜中盤まで。いくらバットマンでも,銃器を持った相手に正面から挑んではいけない

 また特殊警棒を構えた敵に対してはケープを翻して視界を遮り,油断したスキにパンチを叩き込むといったことも可能だ。こちらは何も複雑なことをしていないのに,画面の中ではバットマンが次々と敵を蹴散らしていってくれるので,非常に気持ちよくプレイできる。バットマンファンはもちろんだが,ファンならずとも十分にアクションゲームとして楽しめるだけの完成度に達しているといってよいだろう。むしろファンでないことを理由に敬遠してしまうことのほうがもったいないぐらいだ。


ファンならニヤリとできる,個性的な登場人物達にも注目


 本作で最終的に捕らえなければならないのは宿敵ジョーカーだが,それ以外にもかつてバットマンが捕らえた数々の犯罪者達が行く手に立ちはだかる。コミックや映画のバットマンを知らずにプレイしても,彼らの存在は個性的な中ボスとして印象に残ることは間違いないだろうが,バットマンファンにしてみればニヤリどころではない大サービスといったところだ。
 というわけで,そんな犯罪者四名を紹介する。彼らともフリーフローコンバットで戦うことになるが,当然そこらの犯罪者達のように簡単に倒せる相手ではない。覚悟して発売日を迎えよう。

■ハーレークィン
バットマン アーカム・アサイラム
 アニメ版に初登場し,コミック版でも描かれたハーレークィンは,元アーカム・アサイラムの心理学者。獄中のジョーカーを慕うようになり,脱獄までさせたうえ,自らも片腕として行動を共にするようになる。原作では道化師の衣装に身を包んでいるが,本作ではツインテールの髪型に,衣装はゴスロリ風。セクシーさが際立ち,ある意味ジョーカーよりも目立つ存在に。


●キラークロック
バットマン アーカム・アサイラム
 先天的に爬虫類のような皮膚をもって生まれてきたため,親にさえ恐れられ,捨てられてしまったという過去を持つ。殺人を犯して服役したのち,一時はレスラーとして活動していたが,ゴッサム・シティで再び犯罪に手を染めてしまう。原作に登場した当初はまだ人間に近い状態であったが,病気の進行が原因なのか,もはや誰であったかすらわからない程にビースト化している。


●ポイズン・アイビー
 元々は大学で植物学を専攻する内気な少女であったが,教授の実験に巻き込まれて植物との融合を果たし,キスした男の理性を奪ったり,植物を自在に操ったりすることができるようになった。ゴッサム・シティに胞子を撒き散らして人々を窒息させようという計画を企てるが,バットマンに阻止されてアーカム・アサイラムに収容された。映画「バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲」ではユマ・サーマンがポイズン・アイビーを演じているので,未見の方はぜひ。
バットマン アーカム・アサイラム


●ベイン
 獄中で生まれ育ったベインは,成人になった後,ヴェノムという麻薬の実験台にされてしまう。その結果として屈強な肉体を手に入れた彼は,バットマンを倒すために用意周到な計画を練り上げる。そしてバットマンの背骨を砕いて一度は引退へ追い込み,“Broken the Bat”の異名を持つようになった。こちらも映画「バットマン&ロビンMr.フリーズの逆襲」に登場している。
バットマン アーカム・アサイラム

「バットマン アーカム・アサイラム」公式サイト

  • 関連タイトル:

    バットマン アーカム・アサイラム

  • 関連タイトル:

    バットマン アーカム・アサイラム

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:03月27日〜03月28日