オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
FINAL FANTASY XV公式サイトへ
読者の評価
70
投稿数:46
レビューを投稿する
準備中
FINAL FANTASY XV
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
耐えて一撃! “王の盾”たる男の魅力が炸裂するFFXVのDLC「エピソード グラディオラス」のプレイレポート
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/03/18 00:00

プレイレポート

耐えて一撃! “王の盾”たる男の魅力が炸裂するFFXVのDLC「エピソード グラディオラス」のプレイレポート

 スクウェア・エニックスは,2017年3月28日に「FINAL FANTASY XV」PS4 / Xbox One)のDLC「エピソード グラディオラス」を配信する。その名のとおり,グラディオラスを主人公とした物語が展開され,本編とは違ったシステムによるバトルを楽しめる内容だ。4Gamerでは本DLCを30分ほど試遊できたので,プレイレポートをお届けしよう。


 「エピソード グラディオラス」は,本編から独立したコンテンツとなっている。本編をクリアしていなくてもプレイできるが,クリア後のほうが物語をより深く楽しめるだろう。
 プレイヤーが操作するグラディオラス(グラディオ)のレベルは本編と関係なく固定され,上がることはない。オープンワールドマップは存在せず,あるダンジョンの攻略が目的となる。グラディオを操作してバトルを楽しむコンテンツという印象だ。

 グラディオは,FFXV本編の主人公・ノクティス(ノクト)を守る「王の盾」という任を帯びた青年。その役目にふさわしい力を手に入れるため,伝説の存在である剣聖ギルガメッシュと戦うことを決意し,かつて同じ試練に挑んだコル将軍と2人でギルガメッシュのいるダンジョンへ向かう。

グラディオは仲間から1人離れて試練に挑む
FINAL FANTASY XV
FINAL FANTASY XV

 グラディオのバトルアクションはとにかく豪快の一言に尽きる。大剣での攻撃は攻撃範囲が広いうえに重量感があり,雑魚敵をなぎ倒していくのが気持ちいい。ダンジョンのところどころにある「朽ちた柱」を引っこ抜いてモンスターを殴りつける様などは,身軽なノクトと対照的だ。

 バトルシステムもFFXV本編(ノクト)とは異なっている。敵に攻撃すると「ブレイクゲージ」,ガードで攻撃を防ぐと「ダメージ倍率」が上昇する仕組みになっており,これがバトルを制するカギだ。
 ブレイクゲージが溜まると,[△]ボタンで「ブレイクアーツ」が発動できる。ブレイクゲージの量によって発動する技が異なっており,1ゲージで剣を突き立てる「ヘヴィストライク」,2ゲージで大剣を振り回す「オービタルエッジ」,3ゲージで周囲をなぎ払う「テンペスト」という感じだ。当然ながら,ブレイクゲージを多く使う技ほど威力が大きくなる。

FINAL FANTASY XV
FINAL FANTASY XV

 ダメージ倍率は,本DLCの中でも印象的なシステムだ。敵の攻撃を盾でガードしたり,ダメージを受けたりすると上昇し,攻撃時により大きなダメージを与えられる。[□]ボタンを押しっぱなしにすれば盾を構え続けることができるが,画面右下にある「ガードゲージ」が減少していき,ゼロになるとしばらくガード不能になる。また,ダメージ倍率は一定時間が経過すると下がっていく仕組みだ。

 “勝つために耐える”という,なかなかストイックなシステムだが,それだけに相手の動きを見極めて次々にガードを決め,一気に大ダメージを食らわせたときは実に爽快。「王の盾」というグラディオの立場とゲームシステムがシンクロしているように感じられ,なかなか味わい深い。

ガードを成功させるとダメージ倍率が一気に上がる
FINAL FANTASY XV

 [△]にブレイクアーツが割り振られている辺りでピンと来た人も多いと思うが,グラディオはノクトと違って瞬間移動の「シフト」が使えないため,離れた敵には自らの足で接近しなければならない。とはいえ舞台はダンジョンなので,バトルの場所もそう広くはなく,テンポが悪く感じられることはなかった。

 本編ではあまり出番がなかったコル将軍との共闘も見どころ。ただし,道中にあるいくつかの“試練”には1人で挑むように促されるし,グラディオが瀕死になっても助けてくれないので,“敢えて手を貸さず,距離をとって見守る”というところは本編とブレていないようだ。プレイヤーはあくまで自分の力で進まなくてはならない。

FINAL FANTASY XV

 ちなみに本編では,「ノクトが魔力で市販の栄養ドリンクをポーションに変えている」という設定があるが,ノクト不在の本DLCでも問題なくポーションで回復できる。キャンプ時の食事は,イグニスがいないのでカップヌードルのみだが,本編のエピソードで描かれたように,グラディオはカップヌードル好きなので,不満はないようだ。食事のバフ効果もしっかりと付く。

FINAL FANTASY XV

 筋骨隆々のグラディオが,敵の攻撃を耐え抜いて必殺の一撃を放つ様は,ある意味でノクト以上に主人公っぽい。「王の盾」たる青年の魅力を再確認できるDLCなので,ぜひプレイしてほしい。
 なお,「エピソード グラディオラス」の配信と同じタイミングで実施される無料のアップデートで,本編にもグラディオを操作できるパートが追加されるとのこと。こちらも確認してほしい。

「FINAL FANTASY XV」公式サイト


  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XV

  • 関連タイトル:

    FINAL FANTASY XV

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:08月22日〜08月23日
タイトル評価ランキング
92
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
2017年02月〜2017年08月