オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
鉄鬼公式サイトへ
読者の評価
79
投稿数:35
レビューを投稿する
準備中
鉄鬼
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/01/20 17:34

ニュース

メカアクション好きには見逃せない! 韓国でOBT中の「METAL RAGE」のプレイムービーを掲載

鉄鬼
 現在,韓国GameHiにてオープンβテスト中のロボットTPS「METAL RAGE」プレイムービー3本を,4Gamerに掲載した。
 本作は,近未来を舞台にメカ同士の戦闘が繰り広げられる,TPSタイプのオンラインゲーム。日本でもゲームヤロウでのサービスが予定されている。その無骨な機体デザインと,多種多様な武装のカスタマイズ要素で,メカ好きにはたまらない期待作となっている。




 ムービー中でプレイしているのは,「ボスミッション」と呼ばれるモード,これは他のゲームでいうところの,いわゆる護衛ミッションにあたる。攻撃側と防御側に分かれ,攻撃側はクモ型(?)の巨大兵器が敵に破壊されないようゴールまで守りきること,防御側はその逆で,ゴールまでに巨大兵器を破壊することがゲームの目的となる。
 とはいうものの,ほぼ初プレイに近い状態で撮影してしまったので,地形もちゃんと把握できていなかったり,あまり戦局を考慮していないムービーとなっている。そういうわけなので,あまり活躍できていない点についてはどうかご容赦いただきたい。

 本作では,現時点で8種類ある機体のそれぞれに,様々なカスタマイズを行うことが可能だが,ムービー中では,まったくカスタマイズを行っていない初期状態のものを使用している。1本目の序盤で使用している「VANGUARD」は,連射の速いマシンガンをメイン武器とした突撃タイプだ。長いブーストゲージを備えており,高速な移動が行えるのも特徴といえる。
 1本目のムービーの1分50秒から登場する「DUAL」は,回転ノコギリによる格闘戦を得意とする機体。相手に近づくことさえ出来れば,強力無比な攻撃力を発揮する。ブーストは短距離のショートダッシュに限られるが,格闘機体にふさわしい高い瞬発力を備えている。
 2本目のムービーの4脚砲台の「BLITZ」は,いわゆるスナイパータイプの機体にあたる。強力な砲を搭載するものの,無傷の相手を倒すには最低2発の命中弾を得る必要があるようだ。なおこの機体についてはブーストは使用できない。


 もちろんこれらは初期装備の特徴で,カスタマイズすることで性能は変わってくると思われる。カスタマイズについては3本目のムービーで確認できるが,変更可能な武装はメインウェポンとライト/レフトのサブウェポン,そしてブースターの計4箇所。例えばブースターはVANGUARDにDUALのものを搭載するといったことも可能になる。残念ながら現時点のプレイではカスタマイズの結果までは試していないので,これら機体性能はあくまで参考程度にとどめてほしい。

鉄鬼 鉄鬼
鉄鬼 鉄鬼

 さて実際にプレイしてみた感じでは,まず全体的なグラフィックスセンスの良さに驚かされる。欧米系の最新タイトルに比べるとさすがに若干見劣りはするものの,近未来の戦場の雰囲気が,Unreal Engine 3を使った迫力のある描画とエフェクトで,画面から伝わってくる。その点については,日本のユーザーの期待にも十分に応えるタイトルといえるだろう。

 プレイフィールに関しては,とにかく敵が固いのが印象的だ。メカ相手だけに当然といえば当然かもしれないが,人間対人間のFPSのように,火力とAimに任せて連続キル,というわけにはいかない。ゲーム内の表示を見る限り,ヘッドショット判定があるようなのだが,相手の機体形状も様々なだけに,どの部分を狙って撃てば良いのか,いまいちよく分からないのが難点だ。
 Aimについては基本的に甘めに設定されているようで,マシンガン系の武器でもリコイルコントロールの必要はあまり感じられなかった。遠距離であってもおおまかに照準に入っていればヒットするのが確認できる。
 なおムービーには映っていないが,敵の攻撃によって部位が破壊され,一部の武装が使用不可能になってしまう状況も,プレイ中には発生した。部位破壊の詳しい発生条件までは分からなかったが,恐らく側面からの攻撃を受けた場合などが該当するのではないか。

 以上の特徴から考えるに,本作はプレイヤーの個々の能力よりは,使用している武器や機体の特性に合わせた立ち回りと,味方チームとの連携(工作機や偵察機といった機体ごとの役割分担)を重視するタイプのように思われる。なにぶん短いプレイ時間での印象なので,やり込むとまた変わってくるのかもしれないが,ムービーを眺めつつ今からあれこれ立ち回りを想像してみるのもいいかもしれない。

 その他,モデリングやカラーリングの関係から,敵と味方の区別がつきにくいことや,TPS視点であるがゆえに発生する,射線が通っているかどうかの判別の難など,細かな部分で不満を感じる部分もあるが,これは今後の調整に期待したいところだ。

 なお以前の記事でもお伝えしている通り,日本でのサービスも7月に予定されている。メカものファンの人は,楽しみに本作の続報を待っていてほしい。

鉄鬼 鉄鬼
鉄鬼 鉄鬼
  • 関連タイトル:

    鉄鬼

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:11月24日〜11月25日
タイトル評価ランキング
82
ARMS (Nintendo Switch)
74
鉄拳7 (PS4)
73
スプラトゥーン2 (Nintendo Switch)
70
2017年05月〜2017年11月