オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2012/01/11 10:00

連載

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」



 あけましておめでとうございます。皆さんは良い年末年始をお過ごしになったでしょうか。筆者は都市伝説級の魔窟と化していた我が家に対してこれまでで最大規模の攻勢(大掃除)をかけ,人類として初めて“開かずの戸棚”や“人跡未踏のスチールラック”を攻略するなど,一定の成果を上げました。
 しかし,そうした成果に対し,専門家の間では「それは縦のものを横にしただけで,問題の先送りに過ぎない」とする見方も出ており,これ以上の異界化を食い止められるかどうか,依然として予断を許さぬ状況です。

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

 まあ,そんなことはさておき,2012年最初となる「インディーズゲームの小部屋」の第212回では,トッパツプランのアクションゲーム「ヒツジシツジ」を取り上げよう。今年の干支は辰だが,本作の主人公はその名のとおり,2015年の干支であるヒツジだ。早々に今年はあきらめて,3年後から頑張るという前向きな決意を込めて本作を紹介したい。ということで,今日はもう帰ってもいいですか? ダメですね。すみません。

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

 ゲームの舞台となるのは,ここではないどこかにある,ヒツジ達が住むヒツジの王国“アリエース”。イオンパワーとダブルポリマーの効果で驚きの白さに仕上がる洗剤に似ているが,もちろんそれとは関係ない。隣国との平和協定が結ばれて数百年,まったりと平和を満喫してきたアリエース王国だったが,そんな毎日に飽き飽きしていたお姫様・メリーノが,退屈しのぎに家来のヒツジ執事を“試練のほこら”に放り込んでしまったから,さあ大変。すべての宝玉を集めなければ外に出られないという試練のほこらから,ヒツジ執事は無事脱出できるのだろうか……。

ちょっとアレなお姫様・メリーノ()と,ヒツジ執事(
インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

 こうして,不幸にも姫の気まぐれに巻き込まれてしまったヒツジ執事を操作し,ほこらから脱出するのがゲームの目的。キャラクターの操作は方向キーでの移動と,Zキーでのジャンプのみと,非常に簡単だ。また,ヒツジ執事は壁に接触すると頑張って張り付き,ゆっくり滑り降りたり,壁から壁へとジャンプでよじ登ったりもできる。そして,明らかにヤル気満々のトラップが仕掛けられたステージのどこかにある宝玉を入手し,ゴールに辿り着けばステージクリアだ。

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

 本作にはゲームオーバーが存在しない代わりに,ほこらの中は触れただけで一発死してしまうトラップが満載となっている。とにもかくにも,宝玉を取ってゴールに飛び込めばクリアとなるが,クリアにかかった時間が短いほど高ランク評価を得られるので,いかに素早くステージを突破するかがポイントだ。本作では,ノンストップで一気に駆け抜けたほうがクリアしやすいトラップ配置が多く,狙いどおりのアクションが決まったときの爽快感はなかなかのもの。ただし,タイミングはシビアなので,健気なヒツジ執事はメェメェ言いながら何度もリトライすることになるだろう。

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

 また,本作に用意されたリプレイ機能では,クリアまでの全履歴が一斉に再生されるのが特徴だ。つまりどういうことかというと,例えば10回リトライしてクリアした場合,リプレイを再生すると10匹のヒツジ執事が一斉にわらわらと走り出し,途中で次々と脱落していく様子が見られるのだ。リトライ回数が多くなるほど,リプレイに登場するヒツジ執事の数も増えるので,見た目のインパクトもあって楽しい機能となっている。


インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」
 ちなみに,こんな風にしてヒツジ執事が頑張っているあいだ,姫様は何をしているのかというと,魔法を使って自分だけさっさと部屋に帰ってしまい,画面下でゲームにはほとんど関係ないことをぶつぶつとつぶやいている。ときには足を止めて,姫様のつぶやきに目を通してみるのも本作の楽しみの一つといえるだろう。

 このほかにも,ノーマルモードクリアや“ヒツジメダル”の全回収で新たなゲームモードが開放されるなど,じっくり楽しめる良質のアクションゲームに仕上がっている本作。トッパツプランの公式サイトでは本作の体験版が公開されているので,興味を持った人はまずはそちらをお試しあれ。また,製品版は1365円(税込)にて発売中だ。
 なおトッパツプランでは,今後,ですのや☆とのコラボレーションで「不思議な月の夜のとばり」の雰囲気を取り入れたステージ追加などを予定しているとのこと。「不思議な月の夜のとばり」は次回紹介する予定なので,こちらもお楽しみに。

■トッパツプラン公式サイト
http://totupura.sakura.ne.jp/

インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」
インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」 インディーズゲームの小部屋:Room#212「ヒツジシツジ」

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:02月25日〜02月26日