オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
パッケージ
The Tower of AION公式サイトへ
読者の評価
69
投稿数:395
レビューを投稿する
海外での評価
81
Powered by metacritic
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2009/06/12 10:30

プレイレポート

天族と魔族どちらを選ぶ? 「The Tower of AION」のFFTプレイレポートを掲載

The Tower of AION
 本日(6月12日)16:00より,エヌ・シー・ジャパンのMMORPG「The Tower of AION」(以下AION)のクローズドβテスト(CBT)が開始される。AIONの前評判はずば抜けて高く,CBTの応募者数が10万以上という類い稀な数字を叩き出しているが,ついにその実力を一般プレイヤーが直接目にするときがきたのだ。

 熱心なファンならご存じかと思うが,このCBTに先駆けた6月5日から11日までの間,業界関係者や各種コミュニティサイト管理者などを対象とした「ファミリー&フレンズテスト」(FFT)が行われている。今回は,FFテストを通じて分かったAIONの各種ゲームシステムを,プレイレポートとしてお届けしていこう。これからCBTに参加する人は,本稿で予習してもらえると幸いだ。

 ちなみに今回の執筆にあたり,天族と魔族の両種族のキャラクターを“ディーヴァ”まで育てている。FFTでは片方の種族しか作れない人が大半と思われるため,FFテストの経験者にとっても,今回掲載したスクリーンショットは,敵対種族の様子が確認できるという意味で興味深いはずだ。CBTでは新たなワールドが追加される予定なので,もう片方の種族でキャラクターを育成してみると,また新たな発見もあると思われる。

 なお,記事の内容的には,以前掲載した先行プレイレポートからの続きとなっている。今回AIONを初めてチェックするという人は,先にこちらの記事で基本情報をおさらいしてから読み進めてほしい。


キャラクター作成から転職までの全体的な流れ


転職前の段階は,基本的にソロプレイで十分に進められる。レベルが17前後になると,次第にパーティプレイ向けのバランスになるらしい
The Tower of AION
 まずはキャラクターを作成して,転職クエストを行うまでの部分をざっと見ていこう。作成されたキャラクターは,天族の場合は“ポエタ地域”,魔族の場合は“イスハルゲン地域”へと降り立つことになる。
 両地域は,それぞれ八つのエリアで構成されており,トータルで見るとかなりの広さだ。そしてキャラクターは,転職するまでのほぼすべての時間を,この地域で過ごすことになる。クエストやミッションの依頼を受けるたびに,冒険の場が少しずつ広がっていき,だいたいレベルが1〜2上がると新たなエリアへと足を踏み入れられる感じだ。

天族のキャラクターが,転職までの期間を過ごすポエタ地域。マップの南西にあるアカリオス草原からスタートし,ぐるりと回って最終的に北西部へと到達する
The Tower of AION
 ここで“地域”を強調しているのには理由があって,AIONでは同じ地域内にいる間は,ローディングでの画面切り替えが行われない。ゲームを起動してログインする際のロード時間は長いのだが,それを過ぎてしまえば転職するまで,ひたすらシームレスで続くのである。背景グラフィックスなどのクオリティを考えると,さりげなく凄いことを行っているような気がしないでもない。
 冒険中にエリア間をまたいで移動すると,景観や光源などが繊細な色合いでフェードしていく。この瞬間は何度繰り返し見ても飽きない。それを強く実感するのが,「飛行テレポーター」でエリア間を大きくショートカットするときだ。


The Tower of AION
アクティブモンスターに探知されると,警告音とともに「!」マークがポップアップ。この段階ではリンク時の対処法が少ないため,1対1でのバトルが基本となる
The Tower of AION
なにげなくドロップアイテムを確認したら,そこからクエストが始まってしまった。メッセージを読み飛ばしたりしない限り,シナリオの満足度は全体的に高い
 経験値稼ぎに関しては全体的にテンポがよく,クエストやミッションに沿ったプレイを心がけていれば,それだけで自然とレベルが上がっていく。少なくとも転職するまでの間で,経験値を稼ぐためだけにモンスターを狩る必要はない。まぁ,別にモンスターを狩り続けてレベルを上げても一向に構わないのだが,FFテストではそういう人はどちらかというと少数派だったと思われる。

 クエストの具体的な内容は,モンスターを討伐したり隣町のNPCへ荷物を届けたりといった定番系のほかにも,多彩なパターンが用意されている。例えば,モンスターがドロップしたアクセサリーを調べると,とある亡霊の紛失物で,その相手を探しにいくというクエストが発生。また,これは少し先のエリアになるが,フィールド上でモンスターの頭上に「!」マークがあるので話しかけてみると,実はそれはモンスターに姿を変えられたNPCで,彼を助けてあげるクエストなのであった。

 AIONの世界観は従来のファンタジーとは違い,(これは前の記事でも記したが)神話世界の一員としてロールプレイを繰り広げる印象を受ける。クエストやNPCとの会話などで表現されるこの世界には,一貫性が感じられた。

The Tower of AION
AIONのグラフィックスは全体的に美しいのはもちろんだが,とくに光源処理に目を奪われてしまう。しかも必要とするマシンスペックが低いのだ
The Tower of AION
池にはフラミンゴのような鳥が生息しており,別の場所ではトラ系のモンスターが家畜を追い回していたりする。各マップにあわせたシチュエーションが目に付く

The Tower of AION
徒歩のみの移動だと時間がかかってしまうので,各種移動システムの使い方を覚えておこう。“リターン”のスキルはこれからも重宝する
The Tower of AION
しばらく冒険してから拠点へ戻ると,クエストやミッションの進展を示すマークをちらほら発見できる。ゲームの目的を見失うことはないだろう
 飛行や滑空が行えるようになるまでの間は,基本的に徒歩(走り)による移動が中心となる。スプリントなどの,いわゆるダッシュ系のスキルとは当分縁がないので,移動を手助けしてくれるシステムを積極的に利用したい。まず,上のムービーで紹介した“飛行テレポーター”は,料金がリーズナブルということもあって基本中の基本だ。
 そのほか,すべてのキャラクターは,最初から“リターン”というスキルを習得しており,これでホームポイントへ直ちに帰還できる。ほかのMMORPGでも多く見かけるスキルではあるが,再使用時間が20分と意外に短く,非常に使いやすい。出先でクエストを行って「さて帰ろうかな」というときに使えたりすると,ちょっと得した気分だ。

 移動に関連したほかのシステムとしては,地域単位で“チャンネル”と呼ばれる世界のコピーが存在する。チャンネル間の移動は数秒で行えるが,再度移動するためには3分のインターバルが必要だ。FFテストの際は,ポエタ/イスハルゲン地域で12のチャンネルが,その次の地域では7のチャンネルが用意されていた。

The Tower of AION
レベルが6〜7になると,敵地へ進入するタイプのクエストが増えてくる。こういったときも,人が多めのチャンネルを選べば,ソロでも十分にクリア可能だ
The Tower of AION
背景グラフィックスは細部まで丁寧に描かれており,ときおり立ち止まって存分に眺めてみたくなる。先を急ぐようなプレイスタイルは,このAIONではもったいない
 チャンネルの活用テクニックとしては,例えばフィールド上にポップするクエスト用アイテムを探す際は,空いているチャンネルへ移動すれば,取り合いが生じないので楽だ。また逆に,ダンジョンを探索したりといったシチュエーションでは,人数の多いチャンネルを選ぶことで,すんなり奥へ到達しやすくなる。もちろん,パーティプレイの仲間を探す際もこれは有効だろう。どうやらログイン時に,チャンネル1から順番に埋まっていくようなので,プレイ目的に応じて選ぶとよい。

 プレイ時間に関しては,MMOの経験者なら初プレイの場合でも,ソロプレイで1時間程度でレベル5まで到達できるだろう。そこから先は,アクティブ系やリンクするモンスターが次第に増えてくるため,若干ペースが落ちてくる。しかしストレスを感じるというほどではなく,慣れれば3〜4時間程度で転職まで行えそうだ。

 また,ライトプレイヤーも心配することはない。AIONではチュートリアルやクエストナビなどがしっかり作り込まれており,各種ゲームシステムへと段階的にアクセスできる。たとえAIONが初めてのMMORPGだという人でも,転職を終える頃には,大まかな基本知識が自然と身についていることだろう。このあたりのレベルデザインは,ライト/ベテランのどちらの視点から見ても満足できる完成度だ。


冒険を手助けしてくれるシステムの数々


 ゲームの序盤はハードルが低めに設定されているので,適当にプレイしていても,なんとなく先へ進めるだろう。しかし細部へ目を向けると,前回のプレイレポートでも紹介していないようなシステムがいくつも確認できる。どれも知っておいて損はしないものばかりなので,まとめて紹介しておこう。FFテストの経験者もひととおりチェックしておくといいだろう。


The Tower of AION
 クラスごとに用意されたスキルは,さまざまな発動条件がある。なかでも順番に繋げていくタイプのコンボ系のスキルは,一連の動作をマクロキーに登録しておくとすこぶる楽だ。

The Tower of AION
 ステータス割り振り作業はないが,その代わりアイテムなどでキャラクターの個性を追求できる。いい換えると,“育て間違え”の危険性は少ない。

The Tower of AION
 一部の装備アイテムは,最初に使用する際に“魂の刻印”を行う必要がある。それを行った時点で,他人へのトレードは不可能となる。

The Tower of AION
 “封魔石”と呼ばれる,武器のダメージをブーストする消耗品が装備できる。装備したあとに“Bキー”で使用のオン/オフが瞬時に切り替えられ,ピンチのときは重宝する。

The Tower of AION
 アイテムのアイコンを“CTRLキーを押しながら”クリックすることで,ペーパードール上で試着が行える。購入や魂の刻印を行う前に,装備時のグラフィックスが確認できるというわけだ。

The Tower of AION
 特別なクエストを達成することで,キャラクターの“称号”を獲得できる。称号を付けると,称号に応じたステータス上昇などの効果が得られるので,状況に応じて切り替えていこう。

The Tower of AION
 AIONのキャラクターは水が苦手なようだ。水深が深いところへ行くと泳ぐことができず,短時間にかなりのダメージを受けてしまうので,くれぐれも気をつけたい。

The Tower of AION
 チュートリアルで触れられているほかにも多くのシステムが搭載されており,これらはゲーム内ヘルプでも一部説明されている。一度,軽く目を通しておくとよいだろう。



レベル9以降はゲームとしての幅が一気に広がる


AIONのキャラクターは,転職を行って初めて一人前だ。このタイミングで冒険の舞台とキャラクター育成の両面で,ゲームの幅が一気に広がっていく
The Tower of AION
 キャラクターがレベルが9になった段階で,転職クエストが発生する。このクエストは複数のパートによって構成されており,最後までクリアした時点で,自動的にレベルが10へと上がる仕組みだ。よって転職(=ディーヴァへの覚醒)は,実質的にレベル10で行われるものと考えてよいだろう。またこのタイミングで,首都エリア(天族エリュシオン/魔族パンデモニウム)への移動も行えるようになる。

 それまでは比較的オーソドックスな展開だったが,転職を境に,ゲームとしての幅が急速に広がっていく。このあたりは,初プレイの際はきっと驚きの連続だろう。
 まずは,首都エリアを一通り探索した後,“ベルテロン地域”(天族)および“アスガルド地域”(魔族)への移動が可能となる。これらの地域ではレベル10以降を対象とするクエストやミッションが,たっぷりと用意されている。転職直後はポエタやイスハルゲンのクエストがまだ残っているかもしれないが,ゆくゆくはホームポイントをここへ移すことになるだろう。

天族の首都エリア「エリュシオン」と魔族の首都エリア「パンデモニウム」
The Tower of AION The Tower of AION

 次に,転職後のクラスに応じた,新たな武具種別に関するマスタリースキルが習得できる。このあたりから少しずつ,同じクラスのキャラクターでも個性が芽生えてくるようになるのだ。さらにクラス専用のコンボも登場するので,スキルトレーナーやショップのラインナップを一度じっくりと見てみるとよい。ちなみに筆者は,本稿の執筆時点では計4体のキャラクターを育てているのだが,転職後のコンボツリーを見る瞬間がとくに楽しかった気がする。

 そして最後に,ベルテロン/アスガルドの地域から,ついに空を飛べるようになる。飛行と滑空は似ているようで全然違うのだが,とりあえずは以下のムービーを見比べてみてほしい。



 両者に共通するメリットは,徒歩と比べてスピードがかなり高いため移動時に重宝することだ。先ほど,AIONにはダッシュ系のスキルがないと述べたが(クラスによっては取得できる),このような事情でダッシュは導入されなかったのだろう。ただし,両方ともに万能ではなく,性質を見極めたうえで使いどころを考える必要がありそうだ。

The Tower of AION
飛行は,羽ばたいて空を自由に飛べる。ただし,飛行中は最長で1分間のゲージを消費していき,ゲージがゼロになると墜落してしまう。ゲージのリチャージには,飛行の約3倍の時間を要する。飛行時間を延長する薬品や,装備アイテムといったものもある
The Tower of AION
滑空は,羽ばたかないため上昇が行えず,飛行のように空中で静止することもできない。その代わり,飛行禁止区域でも飛べるのが魅力だ。再び滑空を行う際は,約10秒を要する


FFテストの期間中は,ときどきGMイベントが開催されていた。AIONの必要スペックは意外と低いのだが,流石にこれくらい密集すると環境設定を若干下げる必要がある
The Tower of AION
 注目すべきは,戦闘時における飛行の活用である。分かりやすい例で考えると,空中にいる間は直接攻撃系のモンスターからの攻撃が届かない。ピンチに陥っても,空を飛ぶことで安全に離脱できるだろう。さらに遠距離攻撃系のクラスであれば,その状態から一方的に攻撃もできそうだが,現時点ではまだ詳細までは確認できていない。

 とりあえず,FFテストを2〜3日プレイして分かった要素はこんなところだ。4Gamerでは近日中にスクリーンショット集や,クラス別のガイドなどの掲載も予定しているので,残念ながらCBTに落選してしまった人も,期待してほしい。

The Tower of AION
画面はベルテロン地域における最初の街エリア。よく見ると空を飛んでいるキャラクターを確認できるが,AIONではごく自然な光景だ
The Tower of AION
こちらはアスガルド地域の様子。一見すると普通の街に思えるが,この場所の真上には巨大な浮遊物があり,NPCが普通に活動していたりする
The Tower of AION
転職後は装備できる武具種別が増える。それぞれにメリット/デメリットが用意されており,単純に優越を決めるのではなく,プレイスタイルに応じて選んでいくのだ
The Tower of AION
転職のタイミングで,クラス専用のスキルが数多く習得できる。コンボのチャートも広がり,ここからが本番だと実感できるだろう
The Tower of AION
エリュシオンやパンデモニウムの首都エリアでは,下り坂のたびに滑空している人を頻繁に見かける。まぁ,自分もその中の一人なのだが
The Tower of AION
転職後からは世界が一気に広がっていく。このタイミングで新システムが多く登場するので,一つずつ落ち着いて確認していこう
The Tower of AION
ベルテロン/アスガルド地域では“委託販売”が行える。出品したアイテムが落札されると,どこにいてもその旨がメッセージで表示されるのが嬉しい
The Tower of AION
ポエタ/イスハルゲンでの冒険と同様に,クエストを通じて活動範囲が広がっていく。FFテストのレベルキャップは17だが,プレイ時間さえ確保できれば,かなりスムーズにレベル上げは可能だ
  • 関連タイトル:

    The Tower of AION

  • この記事のURL:
AD(最終更新日:2017/06/21)
タワー オブ アイオン スターターキツト
発売日:
価格:
amazonで買う
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:06月23日〜06月24日
タイトル評価ランキング
88
82
ARMS (Nintendo Switch)
82
NieR:Automata (PS4)
75
鉄拳7 (PS4)
69
2016年12月〜2017年06月