オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
TOP
PC
Xbox
PS4
PSV
Switch
3DS
スマホ
女性向け
VR
ハードウェア
ハードウェア
レビュー
テストレポート
インタビュー
ムービー
ドライバ
ベンチマークレギュレーション
AC
アナログ
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/11/28 13:21

ニュース

泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場

 自社ブランド製品の企画・開発や輸出入を手がけるビーズは,同社のインテリアブランド「Bauhutte」(バウヒュッテ)の「カーシート再現系シリーズ」となる「Bauhutte V」から,クルマ系ゲーマー向けチェア3製品を,2014年秋に相次いで発売した。

 ラインナップは,競技車両をモチーフにした「RS-350R HOCKENHEIM RINGER」(以下,RS-350R),GTカーがモチーフの「GT-1000 MID-OHIO SHADOW」(以下,GT-1000)および「GT-1100 TALLADEGA SUN」(以下,GT-1100)の3モデル。別途,ラグジュアリーカーのイメージを採用する「LX」という製品ラインも用意されているので,そこに新製品が追加されたというイメージでいい。
 価格はRS-350Rが2万8000円,GT-1000とGT-1100が2万4000円(いずれも税別)なので,単純計算した税込価格は順に3万240円2万5920円となる。

左から順にRS-350R,GT-1000,GT-1100。いずれもブラックを基調色とした1モデル展開で,実車に用いられる素材やデザインを採用してあるとのこと。Talladega Superspeedway(タラデガ)やMid-Ohio Sports Car Course(ミッドオハイオ),Hockenheimring Baden-Württemberg(ホッケンハイム)といった実在のサーキットから愛称が与えられている
泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場 泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場 泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場

泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場
 なんと言っても目を引くのは,競技車両モチーフとなるRS-350Rだろう。
 いわゆるオフィスチェア然としたチェアでありながら,バケットシートタイプで,しかも4点ハーネスを搭載し,ご丁寧にハーネスホールも用意されている外観はインパクト大だ。
 Bauhutteいわく,「機能的には不要であっても、それがあることで視覚的満足度を得られるのであれば、Bauhutteはそこへコストを投入します」(※製品情報ページより原文ママ)と,清々しい。ゲームプレイでは“横G”がかからないわけで,4点ハーネスが必要なほど身体が振り回される状況は極めてまれだと思うが,雰囲気を味わう分には文句なしといえる。

泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場 泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場

泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場
 続いてGTカーがモチーフとされるGT-1000は,レーシングストライプの採用がポイントになっている。Bauhutteによれば,このストライプは,チェアの形状やサイズに合わせてミリ単位で調整され,ショルダー部のデザインが黄金比となるよう配置されているそうだ。しかも,ストライプ部分には起毛素材が使用されており,身体のずれを防止するという機能も備わっているという。4点ハーネスほどではないが,ここでも“横G対策”が入っているわけである。
 GT-1100も基本的には同じタイプの製品だが,こちらはストライプ部分に起毛素材が採用されていない。デザイン上のインパクト重視ならこちらといった感じだろうか。

GT-1000
泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場 泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場

GT-1100
泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場 泣く子も黙る“4点ハーネス付き”モデルも。クルマ系ゲーマー向けのチェア3製品がBauhutteから登場

 自動車系ゲーマー向けではあるものの,基本的にはいわゆるオフィスチェア系製品ということもあり,3製品はいずれも,可動式のアームレストや,ロッキングメカニズム,座面高変更用ガスシリンダーなどといった基本機能を備えている。普段使いとしての機能と,クルマ系タイトルをプレイするときのちょっとした没入感向上,両方を求めているなら,検討の価値があるかもしれない。

BauhutteのRS-350R HOCKENHEIM RINGER製品紹介ページ

BauhutteのGT-1000 MID-OHIO SHADOW製品紹介ページ

BauhutteのGT-1100 TALLADEGA SUN製品紹介ページ

BauhutteのBauhutte Vシリーズ特設ページ

  • この記事のURL:

キーワード

下線
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:10月19日〜10月20日