オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2013/10/09 17:07

ニュース

人狼ゲーム“観戦”イベント「異種格闘技人狼」が明日開催。イシイジロウ氏や男色ディーノ氏がプレイヤーとして参戦

人狼ゲーム“観戦”イベント「異種格闘技人狼」が明日開催。イシイジロウ氏や男色ディーノ氏がプレイヤーとして参戦
 2013年10月10日,ドイツゲームスペース@Shibuyaの主催による人狼ゲーム観戦イベント「異種格闘技人狼」が,東京の「原宿ヒミツキチオブスクラップ」にて開催される。

 このイベントは,最近テレビで取りあげられるなど,人気が沸騰しているアナログゲーム「人狼」を,テレビ番組のプロデューサーやゲーム制作者など,さまざまな業界の人狼愛好家がプレイし,その様子を観客が観戦するというもの。また観客は,ただ観戦するだけでなく,投票を行うことでゲームの行方を左右することも可能という,参加型のイベントとなっている。
 今回参加するプレイヤーの中には,レベルファイブのイシイジロウ氏や,弊誌でライターとして活躍する男色ディーノ氏なども含まれていて,4Gamer的にも見逃せないイベントといえるだろう。

 イベントは開場が18:00で開演が19:00。終演は21:30から22:00頃が予定されている。当日チケット(税込2500円)もあるそうなので,都内近郊の人狼ファンは,足を運んでみてはいかがだろうか。

「異種格闘技人狼」公式サイト


ドイツゲームで遊べる「ドイツゲームスペース@Shibuya」を運営する有限会社ことり(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:阿藤雄馬)は、原宿ヒミツキチオブスクラップにて、10/8(火)10/9(水)10/10(木)の3日連続で人狼ゲームのイベントを行うこととなった。

10/8(火)10/9(水)は人狼ゲームの大型イベント「大人狼村」。6回目を迎える本イベントは、毎回チケットが完売。当日キャンセル待ちの列ができるほどである。
人狼ゲームをプレイしながら、他の村(他のグループ)も一緒に、全部でひとつの大きな村として、事件に巻き込まれていく。

10/10(木)は、新しいイベント『異種格闘技人狼』。人狼業界関係者、愛好者による人狼ゲームを観戦&投票できる参加型人狼イベントとなっている。
人狼ゲーム関係者や愛好者によってプレイされる人狼は、まさに異種格闘技!
あなたの一票で人狼を見つけれるか、それとも騙されるのか・・・。

●出演予定者●
児玉健(ドイツゲームスペース@Shibuya ゲームマスター)
白坂翔(株式会社人狼 代表取締役予言者)
イシイジロウ(ゲームクリエーター レベルファイブ所属)
中島啓介(「ジンロリアン」「リアル脱出ゲームTV」TBSプロデューサー)
鈴木教久(iPhoneアプリ「人狼ゲーム〜牢獄の悪夢〜」作者)
奥井晶久(ワンナイト人狼・作者)
男色ディーノ(人狼愛好ゲイプロレスラー)
大久保康平(人狼愛好マジシャン)
石井由多加(舞台人狼TLPT出演・役者)
and more!!

■2013年10月8日(火)9日(水)10(木)
OPEN18:30 
START19:00
※21:30〜22:00終了予定。

■イベントUR
<大人狼村>
http://realdgame.jp/ajito/harajuku/event/jinro5.html
<異種格闘技人狼>
http://realdgame.jp/ajito/harajuku/event/post_5.html

■料金
<大人狼村>
前売2.500円
当日3.000円
チケットはe+にて発売中
<異種格闘技人狼>
前売2.000円
当日2.500円
チケットはe+にて発売中

■会場
原宿ヒミツキチオブスクラップ
住所:東京都渋谷区神宮前4-28-12 ジャスト原宿B1
アクセス:東京メトロ明治神宮前駅 徒歩2分 JR原宿駅 徒歩5分

■問合せ
ヒミツキチオブスクラップ
TEL 03-6804-1021

■主催
ドイツゲームスペース@Shibuya(有限会社ことり)
TEL 03-3797-4224
MAIL boardgame@cotori.net

 人狼ゲームは、嘘つき推理ゲームで世界中で行われているゲームである。プレイヤーは村人側か狼側のどちらかに割り振られ、村人の中に紛れ込んだ狼を、推理して暴いていくゲームである。協力が目的のゲームではあるが、協力している村人の中に「協力をしたフリをしてミスリードをさせる人狼」がいるため、「一見協力していながら、ホント/ウソを言っているのは誰だ?」という状態になる。これがこのゲームの面白いところである。
ドイツゲームで遊べる「ドイツゲームスペース@Shibuya」を運営する有限会社ことり(所在地:東京都渋谷区、代表取締役:阿藤雄馬)は、東京都渋谷区に人狼ゲームを実際にプレイできる『人狼ルーム@Shibuya』を7 月にオープンしたばかり。
 
 ここ2年ほどで各地でイベントやオフ会が多く開催され、TBSやフジTVではテレビ番組としても放送、ブームになっている。
ルールの特性上、

(1)プレイヤーとは別に、司会進行役が必要である
(2)9人以上でないとプレイできないため、人数集めが大変
(3)大人数でゲームをする場所がない

という声が多いことから、「人狼ルーム@shibuya」オープンの運びとなった。
「人狼ルーム@shibuya」および「大人狼村」では、

(1)ゲームマスターと呼ばれる司会進行役が常駐し、
(2)各イベントでは、お一人で参加が可能
(3)貸し切りも可能

である上、ゲームマスターが、一からルール説明を行うので、初心者にも安心である。
 オープンから2ヶ月。来客層は女性が30%、まったくの初心者が約半数と、一見馴染みのないドイツゲームというジャンルの敷居を低くすることにも成功している。また男女を問わず20 代から40 代が中心に来店。会社の同僚同士でも、初対面の人ともゲームで盛り上がり、会話も弾む。営業時間は24 時まで、完全予約制。
 有限会社ことりは、アーティストと企業のマッチングを行う上で「コミュニケーション」の在り方について常に重要視しており、今後はドイツゲームの楽しみ方を提案するだけではなく、「教育、福祉、文化」などの多角的な観点でドイツゲームをコミュニケーションツールとして使う仕掛けを生み出していく。
  • この記事のURL:

キーワード

下線
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月19日〜09月20日