オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」プレイレポート。一見キワモノだが,釣りへのこだわりはかなりのもの
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/12 00:00

プレイレポート

「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」プレイレポート。一見キワモノだが,釣りへのこだわりはかなりのもの

 スクウェア・エニックスは2017年11月21日,PlayStation VR専用タイトル「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」(以下,MONSTER OF THE DEEP)を発売した。

MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 「FINAL FANTASY XV」PS4 / Xbox One。以下,FFXV)本編でも楽しめた釣りがさらにパワーアップし,凶暴なモンスターである「シガイ」との戦いまで展開する本作は,VRタイトルらしく,FFXVの世界に入り込めるのも魅力。本編では主人公のノクトを操作したが,本作では自分自身のアバターを作って,ノクトたちとの出会いも楽しめるのだ。
 本稿ではそんなMONSTER OF THE DEEPのプレイレポートをお届けしよう。なお,本作はPlayStation Moveでも操作可能だが,今回はDUALSHOCK 4でプレイした。

 プレイヤーはメルダシオ協会に所属する「ハンター」の1人となって,各地の釣り場に現れるシガイを討伐していく。ゲームは主に一人称視点で進行するので,プレイ中に自分の姿を見ることはほとんどないのだが,アバターは細かい設定が可能だ。

男女を選び,祖先の顔からアバターの基本的な顔つきを決定。そのほかにも髪型や体形,タトゥーなどを細かく設定可能で,ゲーム中に設定し直すこともできる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 そうしてゲームを開始すると,まず小雨が降る静かなスポットでの釣りが始まるのだが,水中から突如現れた魚型のシガイに襲われて,主人公(プレイヤーキャラクター)は気を失ってしまう。そこをFFXV本編でもお馴染みのシドニーに救われてホーム(自宅)に送り届けられ,再びシガイ討伐へ挑む……というのがプロローグだ。

MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 ゲームモードにはここから続く「ストーリー」と,アンロックされたロケーションで自由に釣りを楽しむ「フリー」,依頼された魚を釣り上げて報酬を稼ぐ「討伐依頼」,オンライン/オフラインのプレイヤーと釣果を競う「大会」などが用意されている。最初はストーリーモードしか選べず,ゲームを進めていくとほかのモードが開放される仕組みだ。

ホームの車に乗り込んでモードを選択
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 釣り場はいずれもFFXV本編に登場したもの。どこもVRで体験するにふさわしい景観で,思わず見入ってしまう美しさがある。魚がいそうな雰囲気もばっちりで,世界のどこかに実在する釣り場のようでありながら,ゴブリンやカトブレパスなどのモンスターがFFXVの世界であることを主張しているという演出だ。

ゲームを進めると新たな釣り場に行けるようになる。カトブレパスの前での釣りも
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

FFXV本編で釣りのクエストを依頼してきたネイヴィスさんも登場
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 手元に見えるロッドやリール,あるいは釣った魚のアゴを掴んで取り込むフィッシュグリップなどのタックル(道具)一式は,意外と言っては失礼だが,リアルに描かれていて驚かされた。
 実を言うと筆者の趣味はルアーフィッシング。この手のゲームをプレイするときは,まずタックルのデザインでギャップを感じることが多いのだが,本作は近年のスタイリッシュなタックルをしっかり再現していると感じた。それらをVRで間近に眺められるのも嬉しいところだ。

 細かく説明すると,リールは大物や引く力の強い魚に向いたベイトキャスティングリールで,ロッドはそれに合わせたベイトロッド。やや扱いが難しく,中級者以上が使うタックルなので,これらを使いこなしているノクト達は,釣りをやり込んでいると想像できる。

プレイヤーとは釣り仲間で,ライバルでもあるという設定のノクト
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 ルアーはチョコボやモンスターなどをデザインしたもので,実際のルアーと同じように「ポッパー」「ミノー」「バイブレーション」といった種類が用意されている。もちろん対象の魚に合わせたものを使うと釣りやすくなるシステムだ。
 引いているときの挙動や音もなかなかリアルで,ルアーの種類を知っていれば,より楽しくなるのは間違いない。

道具を手元に近づければ,じっくり眺められる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

手持ちがあれば,タックルはその場で変更できる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

FFファンには馴染みのキャラクターがルアー化。実際に発売してほしい
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

ルアーをはじめとするタックルは,討伐依頼の報酬として入手したギルで購入できる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 プレイヤーはタックルに加えてソナーを持っており,これを起動することで魚がいる場所を見つけられる。“見えない水中の魚を探す”というストレスになりうる行為を省いてしまう,ゲームらしい仕様だ。

ソナーを使うと魚の居場所を確認できる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 魚の場所が分かったらキャスティングだが,ゲーム中のロッドとリールの操作には「カジュアル」「スタンダード」の2タイプがある。カジュアルはロッドを振るだけでルアーが飛んでいき,スタンダードはキャスト時にルアーを放す動作やサミング(ラインが出ていくのを指で止める動作)をボタンで行う,現実に近いスタイルだ(操作タイプはゲーム中の切り替えが可能)。

 スタンダードは横や下からのキャスティングもできるので,慣れてしまえばポイントを狙いやすくなるのだが,操作タイプよりも重要になるのは,ロッドを振るときの力加減だと感じた。
 ただ,本作では水面や水中のストラクチャー(障害物)にルアーが引っかかるようなことはないので,狙った場所に届かなかったらやり直せばいい。あまり気にする必要はないだろう。

手に持ったコントローラの傾きに合わせて,ロッドがリアルタイムに動くので,没入感はバッチリ
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 ソナーを使って水面に表示されたポイントにキャストし,ルアーを引いているとアタリの矢印が表示されるので,そこでロッドを上げると魚がヒット。魚が向かう方向にロッドを倒しながらラインを巻き上げ,手前まで引き寄せれば釣り上げられる。
 キャッチした魚は図鑑に記録されるほか,記念撮影も可能で,このときは自身のアバターや,PS VRを装着しているプレイ中の自分の姿も写真に収められるようになっている。

ピンクの矢印は魚がルアーをくわえた合図。足元でヒットすることもあるので気を抜かないように
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

ヒット中の魚は左右に走ることがあり,正しい方向にロッドを倒せないと逃げられてしまうことも
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

見事にキャッチ!
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 釣れる魚は「アルストバス」や「ルシス錦鯉」など,実在する魚をモチーフにしたものから,FFならではと言いたくなるようなモンスターフィッシュまでさまざま。釣り場の変更やルアーの使い分けなどで,これらをコンプリートするのも目標の1つとなるだろう。

当然ながら釣り場によって釣れる魚は異なる
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

釣った魚は最大サイズと釣った数がリストに記録される
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 釣りのシステムは紹介したとおりだが,ストーリーモードでのシガイとの戦いには,まったく異なるゲームシステムが用意されている。
 魚を釣ると画面にゲージが表示され,これが一杯になるとシガイが登場。するとプレイヤーキャラクターはロッドをボウガンに持ち替えて,ここからシューティングゲームとなるのだ。水面に現れるシガイを撃って体力を削り,シガイが弱ったところで再びロッドを手に取って,これを釣り上げるのである。

 率直に言ってしまえば少々強引な展開だが,ゲームとしてはメリハリがついて楽しいシステムだ。もちろんシガイのほうも,ストーリーを進めるごとに違った特徴を持つものが出てくるので,飽きが来ない。

襲いかかってくるシガイにボウガンで応戦。弾切れはないので撃ちまくろう
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

弱ったシガイにルアーをキャストすると食いつく。おぼれる者は……ということだろうか
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 シガイとの戦いという特殊な要素はあるものの,釣りゲームの部分は基本を押さえていて,各ロケーションの雰囲気もバツグン。ちゃんと釣りをしている気分になれるので,FFXVを知らない釣りファンでも楽しめるのではないだろうか。もちろん,FFXVファンなら,あの世界に入り込んでノクトたちとコミュニケーションできる,という点も大きな魅力になるだろう。

ノクトとの釣り勝負が展開するシーンも。時間内により多くの魚を釣る
MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

 FFXVの世界へと入っていけるVR体験に,釣りという付加価値が加わった本作。意外な組み合わせから生まれたVRタイトルをぜひ楽しんでみてほしい。

「MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV」公式サイト

  • 関連タイトル:

    MONSTER OF THE DEEP: FINAL FANTASY XV

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月20日〜04月21日