オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
「第3回 ポケモン竜王戦」に羽生善治竜王が登場決定。優勝賞品は特製の将棋駒
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー

メディアパートナー

印刷2017/12/22 18:32

リリース

「第3回 ポケモン竜王戦」に羽生善治竜王が登場決定。優勝賞品は特製の将棋駒

第3回ポケモン竜王戦
配信元 ポケモン 配信日 2017/12/22

<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>

羽生竜王が「第3回 ポケモン竜王戦」に登場!

株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、 2018年1月14日(日)に実施する「第3回 ポケモン竜王戦」についてお知らせいたします。

「第3回 ポケモン竜王戦」の表彰式に、先日将棋の「竜王戦」で勝利し史上初の永世七冠となった、羽生善治竜王が来場することが決定いたしました。

「ポケモン竜王戦」を勝ち抜いた優勝者に、羽生竜王自ら優勝賞品となるオリジナルの特製将棋駒を渡します。

羽生竜王について
1970年生まれ。
1989年、自身初のタイトルとなる竜王位を獲得。
当時、19歳でのタイトル獲得は史上最年少。
1996年、王将位を獲得し、史上初となるタイトル七冠を制覇。
今年2017年、通算7期目となる竜王位を獲得することにより、「永世竜王」の資格を得る。
これにより、史上唯一の永世七冠の資格を持つ棋士となった。

「ポケモン竜王戦」開催記念!
本日より、読売新聞ビルに巨大な「ピカチュウバルーン」を設置!


2018年1月14日(日)によみうり大手町ホールで開かれる「第3回ポケモン竜王戦」を記念し、会場のある読売新聞ビル1階ロビー吹き抜けに巨大な「ピカチュウバルーン」が掲出されます。バルーンの中には、小さな「ピカチュウバルーン」がたくさんあり、その中には、メタモンが変身したピカチュウもいます。
また併せて、墨絵師の御歌頭(おかず)氏が「ポケモン竜王戦」のために特別に書き下ろしたメインビジュアルをあしらった開催PRバナーも設置されます。

詳細は下記の通りです。

【バルーン・バナー詳細】
◇巨大バルーン:縦4.5m、幅5.1m、奥行き3.5m
◇PRバナー:縦7m、幅2.1m

【設置場所】
読売新聞ビル(東京都千代田区大手町1-7-1)1階ロビー吹き抜け
日比谷通り側にバルーン、サンケイ寄りにバナー

【設置期間】
2017年12月22日(金)〜2018年1月14日(日)まで(開館時間: 午前8時〜午後9時)
※12月29日(金)〜1月4日(木)および日曜日は閉館

ポケットモンスター ウルトラサン
ピカチュウ型巨大バルーン
ポケットモンスター ウルトラサン
PRバナー

イベントメインアート公開!
優勝賞品、ストリーミング配信決定!


株式会社ポケモン(東京都港区、代表取締役社長:石原恒和)は、2018年1月14日(日)に実施する「第3回 ポケモン竜王戦」について、以下お知らせいたします。

・「第3回 ポケモン竜王戦」のメインアートを公開!
・賞品発表! 優勝賞品はウルトラネクロズマの特製将棋駒!
・ストリーミング配信決定!
ニコニコ生放送では、はじめしゃちょーの「サニーゴ」をプレゼント!


・「第3回 ポケモン竜王戦」のメインアートを公開!

第3回目となる「ポケモン竜王戦」のメインアートは、伝説のポケモン「ウルトラネクロズマ」、「ホウオウ」、「レックウザ」を墨で描いた特別なアート。白熱したバトルの様子を描いています。

・賞品発表! 優勝賞品はウルトラネクロズマの特製将棋駒!

優勝者には「第3回 ポケモン竜王」の称号に加え、ウルトラネクロズマの特製将棋駒をプレゼントいたします。さらに参加する選手には、大会オリジナルTシャツをプレゼントいたします。

【優勝賞品】
飛車の成り駒「竜王」を「ウルトラネクロズマ」の姿で手彫りした特注駒入り

ポケットモンスター ウルトラサン

【参加賞】
ポケットモンスター ウルトラサン

※色は選べません。予めご了承ください。

・ストリーミング配信決定!
ニコニコ生放送では、はじめしゃちょーの「サニーゴ」をプレゼント!

2018年1月14日(日)東京・よみうり大手町ホールで開催する「第3回 ポケモン竜王戦」のストリーミング配信が決定! グループリーグの様子から決勝戦まで、手に汗握るバトルの様子をたっぷりお届けいたします。

【放送日時】
2018年1月14日(日) 9:45〜18:45(予定)

【ゲーム部門 チャンネルURL】
・YouTube Live:https://www.youtube.com/watch?v=PXZGxjCV0ko
・ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv309435436

【カードゲーム部門 チャンネルURL】
・YouTube Live:https://www.youtube.com/watch?v=sUxdy3rw5_Y
・ニコニコ生放送:http://live.nicovideo.jp/watch/lv309435550

※カードゲーム部門の決勝戦の様子は、ゲーム部門番組での放送となります。
※番組内容は予告なく変更する場合があります。


さらに、ニコニコ生放送の視聴者には、はじめしゃちょーの「サニーゴ」を特別にプレゼント!
詳しい受け取り方法はニコニコ生放送の番組ページをご確認ください。

ポケットモンスター ウルトラサン

■イベント概要

イベント情報
・イベント名/第3回 ポケモン竜王戦
・開催日/2018年1月14日(日)
・開催場所/よみうり大手町ホール(東京)
・主催/株式会社ポケモン
・共催/読売新聞社、日本将棋連盟
・出場条件/対象となる大会の上位入賞者と、特別招待選手

・イベント公式サイト/http://www.pokemon.co.jp/ex/pokemonryuoh3/

「ポケモン竜王戦」は、将棋界最高峰の公式戦「竜王戦」を主催する読売新聞社と日本将棋連盟の全面的サポートを受けて誕生した大会です。将棋界最高峰のタイトル「竜王」の名を冠した、ポケモンバトルの最強プレイヤーを決定する大会で、ゲーム部門とカードゲーム部門に分かれて戦います。
ゲーム部門は『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』を、カードゲーム部門は『ポケモンカードゲームXY〜サン&ムーン』を使用して、バトルを行います。
2014年よりスタートし、今回が3回目の「ポケモン竜王戦」。第2回までは小学生限定の大会でしたが、今回より全年齢に拡大。あらゆる世代のプレイヤーが、入り乱れながらバトルを行います。「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2017」、「ポケモンカードゲーム 日本チャンピオン決定戦2017」、「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」などの対象大会で上位入賞した強豪プレイヤーが集結。「ポケモン竜王」の名誉をかけて、熱いバトルを繰り広げます。

ポケットモンスター ウルトラサン
<「第2回 ポケモン竜王戦」開会式の様子>
ポケットモンスター ウルトラサン
<「第2回 ポケモン竜王戦」表彰式の様子>

【ゲーム部門】
「第3回 ポケモン竜王戦」のレギュレーションと出場者選抜の対象となる大会


ゲーム部門

レギュレーション
・使用ゲームソフト
『ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン』

・対戦ルール
シングルバトル

・バトルチームに登録するポケモン
3〜6匹
※すべてのポケモンは、自動的にレベル50になります。

・バトルに選出するポケモン
3匹

・使用できるポケモン
全国図鑑No.001〜806のポケモン
(ただし、ミュウ、セレビィ、ジラーチ、デオキシス、フィオネ、マナフィ、ダークライ、シェイミ、アルセウス、ビクティニ、ケルディオ、メロエッタ、ゲノセクト、ディアンシー、フーパ、ボルケニオン、マギアナ、マーシャドー、およびサトシゲッコウガを除く)
※『ポケットモンスター サン・ムーン・ウルトラサン・ウルトラムーン』で手に入れたポケモンに加え、3DSダウンロードソフト『ポケモンバンク』を使って過去作からつれてきたポケモンを、そのまま使用することができます。
※以下のポケモンは、この中から最大でも1匹までしかバトルチームに登録できません。
ミュウツー、ルギア、ホウオウ、カイオーガ、グラードン、レックウザ、ディアルガ、パルキア、ギラティナ、レシラム、ゼクロム、キュレム、ゼルネアス、イベルタル、ジガルデ、コスモッグ、コスモウム、ソルガレオ、ルナアーラ、ネクロズマ

・使用できるどうぐ
ポケモンに「どうぐ」を持たせることができます。
ただし、バトルチームに登録するポケモンのうち2匹以上のポケモンに同じ「どうぐ」を持たせることはできません。

出場者選抜の対象となる大会
以下のイベントの上位入賞者を、ご招待いたします。

【開催済みの大会】
・2017年6月18日(日)
「ポケモンジャパンチャンピオンシップス2017」
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

・2017年8月18日(金)〜20日(日)
「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

・2017年12月1日(金)9:00〜4日(月)8:59
インターネット大会「第3回 ポケモン竜王戦 予選」
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

※招待選手は、上位入賞者のうち、日本在住の方に限ります。
※そのほかに特別招待枠がございます。


カードゲーム部門

レギュレーション
スタンダードレギュレーション
・60枚デッキ/サイド6枚
・ポケモンカードゲーム XYシリーズ〜サン&ムーンシリーズ

出場者選抜の対象となる大会
以下のイベントの上位入賞者を、ご招待いたします。

【開催済みの大会】
・2017年6月25日(日)
「ポケモンカードゲーム 日本チャンピオン決定戦2017」
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

・2017年8月18日(金)〜20日(日)
「ポケモンワールドチャンピオンシップス2017」
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

・2017年9月3日(日)
ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018 横浜
ジュニア・シニア・マスターの各カテゴリ

・2017年11月26日(日)
ポケモンカードゲーム チャンピオンズリーグ2018 公認大会 1st

・2017年12月9日(土)〜10日(日)
第3回 ポケモン竜王戦(カードゲーム部門)ラストチャレンジ

※招待選手は、上位入賞者のうち、日本在住の方に限ります。
※そのほかに、特別招待枠がございます。


特別招待選手

特別招待選手とは?
「ポケモン竜王戦」出場選手32名の一部を、「特別招待選手」として様々な分野で活躍をされているポケモンプレイヤーの方のご招待を予定しております。

第3回を迎える「ポケモン竜王戦」では、年齢・分野を超えた様々なポケモンプレイヤーが集い、同じ舞台で競い合う、熱い戦いをお届けいたします。

【カードゲーム部門 特別招待選手】
糸谷哲郎八段(29)
第27期竜王



【コメント】
『ポケモン』は私たち世代に非常に馴染みの深いゲームです。ちょうど小学生の頃に『ポケットモンスター 赤・緑』が発売され、ゲームボーイで夢中にやっていたことを思い起こします。その懐かしいゲームを、また新しい形でプレイできる喜びとともに参加させて頂きたく存じます。

【ゲーム部門 特別招待選手】
山口恵梨子女流二段(26)



【コメント】
初めてのゲームは『ポケットモンスター 赤』でした。幼なじみのカビゴン使いの男の子に通信対戦で何度勝負しても勝てず、攻略本を読みながら必死でハクリューを育てたのを昨日のように覚えています。女流棋士らしい戦いができるように頑張ります!

【解説】
橋本崇載八段(34)



【コメント】
「ポケモン竜王戦」出場者の皆さん、いよいよ待ちに待った大会が迫ってきましたね。今年からあらゆる世代の方に頂点の可能性が与えられます。好きなことに挑戦するドキドキ、ワクワクを忘れず、楽しみながら戦ってください。熱い熱い戦いを期待しております。

【解説】
香川愛生女流三段(24)
第35〜36期女流王将



【コメント】
シリーズを通して何千時間もプレイした作品です。対戦動画や大会配信も一時期日課にするくらい好きだったのですが、現地で観るのは初めてなので、熱い試合や大好きなはがねタイプのポケモンの活躍に期待しています。選手の皆さん、がんばってください!

【ゲーム部門 特別招待選手】
株式会社ゲームフリーク
バトルデザイナー 森本茂樹



【コメント】
ポケモン竜王戦、昨年は解説者として出演させていただきましたが、なんと、今年は選手として出場することになりました! ゲーム内に登場するモリモトとして、バトルシステムを作っている開発者として負けられない戦いとなります。全国のみなさん、ぜひ、モリモトを倒しに来てください!

【カードゲーム部門 特別招待選手】
株式会社クリーチャーズ
ゲームデザイナー 辻川亮



【コメント】
株式会社クリーチャーズのポケモンカード開発本部で、ゲームデザイナーとしてロジックやゲーム環境など、ポケモンカードゲームの遊びの核となる部分を手掛けています。参加している方々はみんな強敵ばかりですが、開発者として負けないように頑張ります。

【ゲーム部門 特別招待選手】
YouTuber はじめしゃちょー



【プロフィール】
「自由」をモットーにしている超フリーダムなYouTuber。
実験系をメインにオールジャンルでなんでもしたいことを動画にしており、体を張ったネタや、誰もしないような斬新で手の込んだ動画で、若年層より圧倒的な支持を得ている。740人だるまさんが転んだで2015年10月ギネス記録を取得。

【コメント】
「ポケモン竜王戦」に参加される皆さんこんにちは、はじめしゃちょーです。
「ポケモン竜王戦」に参加されるという事は絶え間ない努力と研究を積み重ねここまで来られたんだと思います。
自分のポケモンを信じ、悔いのない様に最後まで戦い抜いてください。僕も負けない様に頑張ります!

【ゲーム部門 特別招待選手】
ヒャダイン



【プロフィール】
3歳の時にピアノを始め、音楽キャリアをスタート。動画投稿サイトへ匿名のヒャダインとしてアップした楽曲が話題になり屈指の再生数とミリオン動画数を記録。
ヒット曲を量産し続け、アイドル、J・POPからアニソン、ゲーム音楽など幅広い楽曲提供を行う他、タレントとしても多数のメディアに出演中。
レギュラー出演している情報番組『ポケモンの家あつまる?』(テレビ東京系 毎週日曜日8時00分〜8時30分)では、高度な戦術を駆使したポケモンバトルに定評がある。

【コメント】
ポケんちでたくさんのポケだちと対戦して技を磨いてきました! 一生懸命育てたポケモンたちを信じて頑張りたいと思います!

【カードゲーム部門 特別招待選手】
あばれる君



【プロフィール】
2008年ワタナベエンターテインメント主催「笑樂祭」にて、特別賞受賞をきっかけに、ワタナベコメディスクールに特待生入学し、卒業後は、熱血ピン芸人として活躍中。
特技はフリースタイル(即興ラップ)。
小学校四年生の時にポケモンカードゲームに触れたのがポケモンとの出会い。現在、情報番組『ポケモンの家あつまる?』にレギュラー出演中。

【コメント】
空を向いて叫ぼう。「頂上からの景色が見てみたい!」
日本最高峰と言っても過言ではない「ポケモン竜王戦」に出場させていただく運びとなり、本当に感謝の心でいっぱいです。
雨の日も風の日も、ポケんちで培ったポケモン愛を今こそ見せつける時。そして、何より感じること。それは、僕のポケモンカードゲームの強さは衰えていなかった! 知っているか全国のポケだち諸君! かつて、あばれる君はゲームボーイを買ってもらえず、ひたすらにポケだちとカード交換を繰り返し、血と涙で作り上げたデッキを使いこなし地元のおもちゃ屋で二回優勝したことを!
言い切ろう! 「今季の“ポケモン竜王戦”は、あばれる君の優勝の為にある!」

【カードゲーム部門 特別招待選手】
アーティスト 岡崎体育


【プロフィール】
京都在住の男性ソロプロジェクト。2016年4月に公開した「ミュージックビデオあるある」を題材にした「MUSIC VIDEO」のミュージックビデオが大きな話題を呼び、5月にアルバム『BASIN TECHNO』でメジャーデビュー。その後テレビ東京系アニメ「ポケットモンスター サン&ムーン」エンディングテーマに抜擢される等多方面で活躍中。今年2nd ALBUM『XXL』をリリース。

【コメント】
アイテムブロック系の遅延戦法が好きなので、自分の得意な形で「ポケモン竜王」の座を手にいれたいです。また自分が大会に出てプレイを楽しんでいる姿をたくさんの子供たちに見てもらい、ポケモンカードゲームの普及に尽力したいです。

「ポケットモンスター ウルトラサン・ウルトラムーン」公式サイト

「ポケモンカードゲーム」公式サイト

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ウルトラサン

  • 関連タイトル:

    ポケットモンスター ウルトラムーン

  • 関連タイトル:

    ポケモンカードゲーム

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
最新記事一覧へ新着記事10件
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:05月26日〜05月27日