オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
4Gamer.net
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
Steam Greenlightで「ロードランナー・レガシー」が公開。一人称視点でのプレイやステージ交換など新要素も追加して2017年夏配信を予定
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2017/04/07 21:23

ニュース

Steam Greenlightで「ロードランナー・レガシー」が公開。一人称視点でのプレイやステージ交換など新要素も追加して2017年夏配信を予定

 Steam Greenlightで本日(2017年4月7日),ロードランナーシリーズ最新作となる「ロードランナー・レガシー」(Lode Runner Legacy)が公開された。

ロードランナー・レガシー

 Steam Greenlightとは,Steamで新たにゲームの配信を始めたい開発者がゲームの情報を投稿し,ユーザーに投票してもらうことでSteamで配信する価値があるという支持を取り付けるための仕組みだ。本作は,「ロードランナー」の商品化権を日本市場で独占的に保有するというTozai Games/Tozaiが提供予定のタイトルで,2017年夏の配信開始を予定している。

ロードランナー・レガシー
 「ロードランナー・レガシー」は,ランナーが敵に捕まらないようにしながら,地面のブロックを破壊してステージ内の金塊を回収するという,アクション要素とパズル要素をミックスさせたコンセプトはそのままに,さまざまな新要素を導入している。
 ステージのサイズはもちろん,新たな動きをする敵,テクニカルボーナスの組み合わせ,さらには一人称視点カメラなどが用意されるという。また,ステージエディットができるのはもちろん,インターネット経由でステージの交換,さらにはキャラクターやエネミー,金塊のエディットも可能になるそうだ。
 そのほか,Apple II版を3Dで再現したという「クラシックモード」では,150のステージを楽しめるとのこと。
 本作をプレイしたいと思った人は,Steamにアクセスして投票してほしい。

ロードランナー・レガシー ロードランナー・レガシー
ロードランナー・レガシー ロードランナー・レガシー


Steam Greenlight「ロードランナー・レガシー」ページ



<以下,メーカー発表文の内容をそのまま掲載しています>


ビデオゲームの偉大なる遺産、ロードランナーが帰ってきた!
「ロードランナー・レガシー(Lode Runner Legacy)」がSteam Greenlightにて公開

 株式会社Tozai Games (神奈川県川崎市、代表取締役: 坂野 拓也、以下、Tozai Games)とTozai, Inc.(アメリカ合衆国ワシントン州ベルビュー、社長Sheila M. Boughten)は、2017年4月7日よりロードランナーシリーズの最新作「ロードランナー・レガシー(Lode Runner Legacy)」をSteam Greenlightにて公開致しました。

「ロードランナー・レガシー」のSteam Greenlightページはこちら。
http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=894389640

「ビデオゲームの歴史の偉大なる遺産、ロードランナーが帰ってきた!」

ロードランナーについて
「ロードランナー・レガシー」は1983年に米国でダグ・スミスの手により生まれたアクションパズルゲームの決定版「ロードランナー」の最新作です。プレイヤーはランナーとなり邪悪な帝国の迷宮に侵入し、時に地面を破壊し時に敵をかわしながら奪われた金塊を奪い返して脱出します。

元祖パズルアクション
「ロードランナー」の特徴であるアクションゲームとパズルゲームとの絶妙な融合が「ロードランナー・レガシー」にも受け継がれています。ランナーは敵を倒したりジャンプすることは出来ませんが、地面のブロックを破壊することができます。正しい順序で地面を破壊しないと取れない金塊や、敵を誘導することで取れる金塊など、プレイヤーの知性と反射神経を刺激します。

「ロードランナー・レガシー」の新要素
「ロードランナー・レガシー」は伝統を守りつつ様々な新要素を導入し、新しい「ロードランナー」体験を提供します。ステージは小サイズから特大サイズまで様々なサイズが存在し、新たな動きをする敵や様々なテクニカルボーナスとの組み合わせにより更にゲームは奥深いものとなっています。更にズームやFPS視点のカメラにも切り替えることが出来ます。ロードランナーを主観視点で遊ぶことなど想像したことがあったでしょうか。

進化した「ステージエディット機能」
「ロードランナー」でお馴染みのステージエディット機能ももちろん健在です。「ロードランナー・レガシー」ではネットワークを介して世界中のプレイヤーとステージを交換することができます。自分が作ったステージを世界中のプレイヤーに遊んでもらったり、世界のステージ職人が作った自慢のステージを遊ぶことができます。良くできたステージには「いいね!」を付けてあげましょう!

世界でひとつだけの「ロードランナー」を作ろう!
エディットできるのはステージだけではありません。「ロードランナー・レガシー」ではプレイヤーキャラクターやエネミー、金塊のデザインもエディットすることが出来ます。自作したステージと組み合わせることにより世界でひとつだけのロードランナーを世界中のプレイヤーに届けることができるのです!

クラシックモード搭載
オールドゲーマーに朗報です。「ロードランナー・レガシー」には、1983年のApple II版を3Dで再現した「クラシックモード」を搭載します。昔懐かしい150ステージを夜を徹して遊んでみるのはいかがでしょうか。

進化する「ロードランナー・レガシー」
「ロードランナー・レガシー」は追加コンテンツや変形マップなど進化の余地が無限に残されています。レガシーとして過去から引き継ぎ未来に残すためには、ユーザーの皆様の応援を必要としています。

Tozai Games共同創業者 スコット津村のコメント
「ロードランナーが色褪せないのは、アクションゲームとパズル要素の組み合わせが決して古びれることがないからです。往年のロードランナーファンも、ロードランナーを遊んだことのない新しいプレイヤーも、ロードランナー・レガシーという最新作をSteam Greenlightで応援して頂けることを願っています。」

【ロードランナー・レガシー Steam Greenlightキャンペーン概要】
タイトル ロードランナー・レガシー(Lode Runner Legacy)
ジャンル アクションパズル
プラットフォーム PC(Steam)
発売元 株式会社Tozai Games/Tozai, Inc.
配信開始日 2017年夏
価格 未定
Steam Greenlightページ http://steamcommunity.com/sharedfiles/filedetails/?id=894389640
コピーライト表記 Tozai Games and Lode Runner are trademarks of Tozai, Inc. registered or protected in the US and other countries.
Lode Runner is protected under US and international copyright laws ©1983-2017 Tozai, Inc. All rights reserved.

  • 関連タイトル:

    ロードランナー・レガシー

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:04月26日〜04月27日
タイトル評価ランキング
87
82
NieR:Automata (PS4)
70
FINAL FANTASY XV (PS4)
2016年10月〜2017年04月