オススメ機能
Twitter
お気に入り
記事履歴
ランキング
パッケージ
グルーヴコースター公式サイトへ
  • TAITO
  • 発売日:2013/11/05
読者の評価
76
投稿数:3
レビューを投稿する
準備中
お気に入りタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

最近記事を読んだタイトル/ワード

タイトル/ワード名(記事数)

LINEで4Gamerアカウントを登録
QRコードでLINEの4Gamer
アカウントを友達登録すると
月〜金の週5回,21時に厳選
ニュースをお届けします!
※購読にはLINEアプリが必要です
[JAEPO2014]「グルーヴコースター」は,「BLAZBLUE」や「ガンスリンガー ストラトス」などとコラボ。ノリをパワーアップさせる「グルーヴステージ」も参考出展
特集記事一覧
注目のレビュー
注目のムービー
印刷2014/02/15 18:14

イベント

[JAEPO2014]「グルーヴコースター」は,「BLAZBLUE」や「ガンスリンガー ストラトス」などとコラボ。ノリをパワーアップさせる「グルーヴステージ」も参考出展

グルーヴコースター
 2014年2月14日,タイトーはジャパン アミューズメント エキスポ 2014の同社ブースで開催したステージイベントで,リズムゲーム「グルーヴコースター」(アーケード版)の新曲情報を紹介した。また会場では,同作のグルーヴ感を強化するという新デバイス「グルーヴステージ」も参考出展されていたので,曲の情報と合わせてその概要をお伝えしよう。

 ステージでは,グルーヴコースターのディレクターである「DJ 87GT」こと花形琢真氏と,アシスタントディレクターである「てらま」こと寺田 舞氏が登壇。新曲に関する情報を公開した。

グルーヴコースター
ディレクターである花形琢真氏(右)と,アシスタントディレクターである寺田 舞氏(左)
 まずは2月20日に「コネクト」「残酷な天使のテーゼ」「創聖のアクエリオン」「白銀ディスコ」「THE BLUE」「Whereabout of curry」が追加される。3月以降に「ガンスリンガーストラトス」「てくてくビート」の楽曲が,さらにその後「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」及び東方Projectアレンジ曲が追加されるという。

 また,「LORD of VERMILION III」「ヤタガラス Attack on Cataclysm」,そしてボーカロイドのIAとのコラボについても言及されたが,曲目や実装時期はあらためて告知されるとのことだった。

●アニメソング (※は2月20日に追加,それ以外は配信日未定)
・「コネクト」(魔法少女まどか☆マギカ)※
・「残酷な天使のテーゼ」(新世紀エヴァンゲリオン)※
・「創聖のアクエリオン」(創聖のアクエリオン)※
・「白銀ディスコ」(偽物語)※
・「マジLOVE1000%」(うたの☆プリンスさまっ♪マジLOVE1000%)

●M.S.S Project(※は2月20日に追加,それ以外は配信日未定)
・「THE BLUE」※
・「Whereabout of curry」※
・「CELESTIAL」

グルーヴコースター グルーヴコースター

●東方Projectアレンジ曲(春以降に追加)
「魔理沙は大変なものを盗んでいきました」
「チルノのパーフェクトさんすう教室」

●「ガンスリンガーストラトス」(3月以降に追加)
「Choose Your Way」
「The Future」
「outsider」
「Transfer」

グルーヴコースター グルーヴコースター

●「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」(春以降に追加)
「Rebellion」
「Catus Carnival」
「Awaking The Chaos」
「CHRONOPHANTASMA」

●「てくてくビート」(3月以降に追加)
「Rotten da Moon」
「Hard Head」
「TGM in the Bottle」
「Night Life」
「Sakura Mankai」

グルーヴコースター グルーヴコースター

グルーヴコースター グルーヴコースター

会場では,寺田氏が「BLAZBLUE CHRONOPHANTASMA」のタオカカステージのテーマ曲「Catus Carnival」にチャレンジしていた。寺田氏はタオカカのアバターを使ってパーフェクトを目指すが,残念ながら1度だけミスしてしまった。アドリブも100%取っていただけに惜しい!
グルーヴコースター グルーヴコースター

タオカカのアバター
グルーヴコースター グルーヴコースター

グルーヴコースター
 花形氏は最後に「グルーヴコースターはこれからもアップデートしていきます。お客様が繰り返し遊びたくなるような内容になっていくと思いますので,これからもご期待ください」と挨拶。アップデートへの意欲を見せた。

 また,会場では「グルーヴコースター」用の新デバイス「グルーヴステージ」も参考出展されていた。これは「グルーヴコースター」の筐体の前にセットされたマットのようなデバイスで,上に乗ると楽曲に合わせて「グルーヴステージ」が振動し,曲のビートをより深く体感できるというデバイスだ。

 プレイ前に,振動の強さを「OFF」〜「強」の4段階から選択できる。ビートをより楽しみたければ「強」を,振動が不要なら「OFF」にするなど,状況と好みに応じて使い分けられるのだ。

新デバイス「グルーヴステージ」は上に乗ってプレイする
グルーヴコースター グルーヴコースター

 「グルーヴステージ」の上に乗り,振動を「強」にしてプレイしてみたが,曲のビートに合わせて突き上げるような振動が発生し,体感ゲーム機のようだった。タイトルにもあるグルーヴ(ノリ)をよりパワーアップさせるデバイスとなっており,今後の発表が楽しみだ。

グルーヴコースター グルーヴコースター

「グルーヴコースター」公式サイト

  • 関連タイトル:

    グルーヴコースター

  • この記事のURL:
line
4Gamer.net最新情報
トピックス
スペシャルコンテンツ
注目記事ランキング
集計:09月25日〜09月26日